ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ラスト・デイ劇場でもテレビでも宣伝を頻繁に目にしましたけどホントにこれでラストになるんでしょうか?シリーズ第5弾です。不死身の男・ジョン・マクレーン刑事に息子さんがいたんですね。もう細かい設定はすっかり忘れてます。第1作の妻とは離婚したんでしたっけ?毎度、大事件に巻き込まれてしまう不運なジョン・マクレーンですが今回はモスクワを舞台に息子ともども災難に見舞われ巨大な陰謀に立ち向かうことになるようです。


出演はその他に、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユーリヤ・スニギル
監督:ジョン・ムーア

+++ちょいあらすじ
過去に何度も凶悪テロ事件に立ち向かいアメリカを救ってきたニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事は疎遠になっていた息子ジャックがトラブルを起こし警察に捕まり終身刑は免れないかもと聞かされ急遽モスクワへと旅立った。見知らぬ国で気の好いタクシー運転手にも出会いバカンス気分に浸るジョンだったが、裁判所に着くとすぐに不穏な気配を察知し・・・
+++

冒頭からド派手&ド迫力な映像に一気に引き込まれてしまいました。そしてそこからラストまでほぼノンストップのジェットコースターな展開が痺れっぱなしで面白かったです。

ロシアで息子ジョンが逮捕され軽くても終身刑は免れないと教えられたニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事は休暇をとりすぐにロシアへ向かいますが、裁判所に着いて早々に長年のキャリアから不穏な空気を察知。すると直後に大爆発が起こり武装集団が突入しますが、入れ代わるようにしてジャックが被告人コマロフを連れて逃走する姿を目撃するのです。

ハッキリ言ってストーリーは軽いです。敵が誰とか陰謀がどうとかたぶんジョンにとってはたいしたことではなくて彼にとって重要だったのはお互いわだかまりを抱えたまま疎遠になってしまった息子ジャックの窮地を救うただそれだけの動機だったのでしょう。なので結果的にはロシアを舞台にジョン・マクレーンが息子ジャックと悪党相手に傍若無人の大暴れをしているだけのお話なんですが、そのぶん見た目の派手さハチャメチャさをとことん重視の割り切ったエンタメ作品と言えるでしょう。

それにしてもスーパーマンだって一応弱点が設定されてるのにこの男ときたら不死身にもほどがあるでしょうに。いったいぜんたい何十メートル飛び降りたんだか?そのうち空も飛べるんじゃない?(笑)。

主人公は世界で一番ツイていない男・ジョン・マクレーン刑事というふれこみですけど、実際はその真逆でメチャメチャツイてる男ですよね。出たとこ勝負で行動しても決まっていいほうに転ぶし、いくらゲレンデでもあんなメチャクチャな走り方はムリでしょう。相変わらずベンツの頑丈さも異常ですし。そしてあれだけ大暴れしておいてお咎め無しの無事帰国。どんだけ権力持っているんだか?(笑)。ツイていないのはむしろ車を破壊されたロシア国民だと思うんですけど?

IMAXシアターでの鑑賞だったのもあって映像、音響ともに素晴らしく臨場感は格別でした。カーチェイスに爆破シーン、銃撃戦とストーリーがそこそこでも十分楽しめるアミューズメント・ムービーでしたね。

それにしてもブルース・ウィリスのあの頭髪を放射能の被爆ネタに使うのはアリなんですね・・・


娯楽度★★★★


シリーズ作品
ダイ・ハード4.0』2007.7.1
ダイ・ハード/ラスト・デイ (IMAX)』2013.2.15