ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
お引越し故・相米慎二監督の第10作目で第一回椋鳩十児童文学賞を受賞したひこ・田中さんの同名作品を原作に映画化した1993年の作品です。好きな映画だったので録画がてらに久々に鑑賞してみました。その後、朝ドラのヒロインを務めることになった田畑智子さんの子役時代の映画デビュー作品でもあるんですよね。

出演はその他に、桜田淳子、笑福亭鶴瓶、須藤真理子、田中太郎、茂山逸平、青木秋美、森秀人、千原しのぶ
監督:相米慎二

+++ちょいあらすじ
小学六年生の漆場レンコは父ケンイチが別居することになり母ナズナとの二人暮らしを始める。しかし父を厄介払いして清々したような母の態度や自由を手にしたような父の素振りに納得がいかず不満を募らせていったレンコは身勝手に離婚しようとする両親に自分の存在をもっと考えさせようと奮闘する・・・
+++

やっぱり少女が駆けるもしくは跳ぶ映画というのは良作が多いですよねぇ。等身大の小学生女子の瑞々しい躍動感と揺れ動く心の機微が繊細に描かれるジュブナイル・ムービー。1993年のバブル時代の作品で古さはそれなりに感じるものの今観ても十分堪能出来る作品でした。

クレジットの序列は当然ながら中井貴一さんが1番手になっていますが、物語上の主人公は田畑智子さんが演じる小学6年生の女の子・漆場レンコで実質的に彼女が主役と言っていいでしょう。タイトルの『お引越し』から連想しにくいですが、両親が別居をすることに離婚の危機に直面した少女がその小さな心を痛め悩み何とか止められないかと奮闘する姿を京都を舞台に描く物語です。

映画自体の評判も高かったこともあり田畑智子さんはこの映画で一躍その名前を知られるようになったんですよね。とはいってもまだ子役で女優としての地位を確立したのはNHK朝ドラ『私の青空』のヒロイン役からというのが私の認識です。田畑智子さんは京都の祇園の老舗料亭の娘さんということもあって今作の漆場レンコ役はとてもリアルなんですよね。今の子役たちがとても器用で大人びた演技をしているのに比べるとセリフまわしなんかがちょっと拙くて演技もどこか危なかしく思えたりもするのですが、それが等身大の子供らしさに映って魅力的に感じられるんですよね。実際、中井貴一さん、桜田淳子さん相手に堂々と演技しているのですから下手ということではないと思うんですけど、ワタシ的にはとても親しみやすいキャラクターなんですよね。

映画の話というより田畑智子さんの話になってしまいましたけど、相米慎二監督らしいこの人って映画わかってるよねぇという作品なんですよね。たんなる別居だと思っていたのが離婚の危機だと理解したレンコが子供なりに悩み考え悪戦苦闘していく姿は大人になって観てもいじらしく健気で感情移入して応援したくなってしまいました。

何とかして家族を繋ぎ止めようと琵琶湖への家族旅行を提案し実行したレンコ。しかしどうにもならない現実の壁に阻まれた夜の森を彷徨います。それはレンコの心の迷いを現していたのでしょう。やがて琵琶湖の湖畔にたどり着きそこで目にしたかつての幸せだった家族の姿に思いっきり大声で「おめでとうございます」と叫ぶのです。一番最初にこの映画を観た時はこのシーンの解釈に戸惑いましたけど、幸せだった家族の姿を思い出すことでレンコは漠然と抱えていた不安を吹っ切ることが出来て一歩前に踏み出す決意が出来たのでしょう。

大人には大人の事情があって子供にはどうしようもないことがこの世の中には多々あります。でもだからといってそんな勝手な事情をすんなり受け入れられないのが子供なんですよね。だから子供なりの知恵で精一杯抗ってみせてそして納得して受け入れることは自身を成長させることにもなるのでしょう。


成長度★★★★