ブログネタ
日本映画3 に参加中!
藁の楯 わらのたて予告編ではわかりませんでしたけど原作は人気コミック「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズの漫画家・木内一裕さんの小説家としてのデビュー作品なんだそうですね。そして監督を務めたのは日本におけるハードなアクション映画の第一人者と言える三池崇史監督。凶悪な殺人犯を殺害した者に被害者の祖父が10億円の報奨金を支払うと宣言したことから巻き起こるサスペンス・ストーリーです。

出演はその他に、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努
監督:三池崇史

+++ちょいあらすじ
7歳の少女が惨殺される事件が発生。8年前に少女暴行殺人事件を起こして服役し出所したばかりの清丸国秀に容疑がかかり警察が捜査に着手するが、殺された少女の祖父で政財界の超大物である蜷川隆興が大手新聞3紙に清丸を殺した者に10億円支払うとの全面広告を打ち出す。その直後、福岡にいた清丸は匿ってくれていた男に殺されそうになり身を守るために出頭。東京へ護送するために警視庁警護課の銘苅と白岩、捜査一課の二人が福岡へと向かうが・・・
+++

このお話って警察いいとこなしな上に面目丸つぶれのような気がするんですけど気のせいですか?

大胆な着想そのものは面白く感じられたのですが、なにぶんリアリティのなさがだんだん目につくようになってくるとテンションも下がりだしてしまうのでした。多少粗くてもアクションの勢いがあれば力技で押し切れもしますけど、そうじゃなくなってくると違和感のほうがどんどん増してきちゃうんですよね。

まだ、前半になるのかな?新幹線で清丸を護送する辺りまではなかなか面白かったんですよ。留置場では警察官に襲われ治療しに行った病院では看護士に襲われ、高速道路を大護送船団で走る中での大型トラックによるド派手な襲撃事件。移送手段を新幹線に変え小倉から乗り込んだものの今度は暴力団らしき人物たちと車内での銃撃戦。非常事態の発生に新神戸駅で別の車両に乗り換えることになるもそこには100名以上の機動隊員が待ち受けてると知り清丸の護送任務に就く主人公・銘苅ら4人は戦々恐々となるのです。

ところが新神戸駅で少女が男に人質にされたとこからおかしなことになりはじめたような気がします。あの場面、現場にはたくさん警察官や刑事がいたはずなのに銘苅と関谷しか犯人に向かわないってオカシクナイ?その後、徒歩で移動する銘苅たちの前に現れる車の男も居場所がバレる理屈はいいとしてもそれならもっとたくさんの人が来ても良さそうだし、それ以前に携帯やスマホ使ってたらダメでしょうに。突然現れ助けてくれた個人タクシーの運転手が説明もなく忽然と姿を消したのも不自然でしたし、SPなのに隙だらけで重大なミスをしでかす白岩には呆れてしまいました。警護が二人しかいなくて銘苅が別件に関わっていたら白岩が対象者から目を離しちゃダメでしょうにね。

結局、ストーリーを展開していく上でしっかり細部まで詰めずに都合よく話を進めてしまってるような印象なんです。どうせ荒唐無稽なお話なんだし三池監督なんですから、次から次へといろんなことが起こって考える暇を与えないようなハチャメチャな展開でもヨカッタのではないでしょうか?藤原竜也さんがせっかく非道な犯罪者を熱演されたのに何だかもったいない気がしました。

そもそもな話になっちゃいますけど、あれほど絶大な権力を有しているんだったらもっと手っ取り早く確実に復讐する方法があったんじゃないでしょうか?


警護度★★★