ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
終戦のエンペラー岡本嗣郎のノンフィクション作品「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作に敗戦直後の日本を舞台にしてマッカーサー元帥の指示で天皇の戦争責任を調査する青年准将の姿と彼の目線を通して当時の日本を描いていく歴史サスペンスドラマです。日米合作なんですが監督は『ハンニバル・ライジング』ののピーター・ウェーバーということで外国映画にカテゴライズしちゃいます。


出演はその他に、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、西田敏行、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、桃井かおり、伊武雅刀、片岡孝太郎、コリン・モイ
監督:ピーター・ウェーバー

+++ちょいあらすじ
1945年8月30日。ポツダム宣言を受諾し戦争が終結。敗戦国となった日本に連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官ダグラス・マッカーサー元帥が降り立つ。マッカーサー元帥は日本文化に精通する知日派のボナー・フェラーズ准将に戦争責任者を捜し出す任務を命ずる・・・
+++

これは天皇・裕仁が神から人間となった瞬間を描く物語だったのですね。あのラストシーンに思いのほか感動しちゃってとてもいい余韻に浸りながら劇場を後にすることが出来ました。

物語の舞台はポツダム宣言を受諾した敗戦直後の日本です。GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による占領統治が始まり来日した司令官司令官としてダグラス・マッカーサー元帥は戦争責任者を拘束するための調査をボナー・フェラーズ准将に命じます。特に重要な焦点となるのは日本国民が神格化する天皇陛下の戦争責任の有無で、その結果いかんで事態が大きく左右されることが危惧されていたのです。一方、フェラーズ准将は音信不通となったまま消息のしれない日本人女性の恋人アヤ・シマダの行方を密かに捜すのです。

アメリカ人が日本を舞台にして作った映画にしては細部まで丁寧に描かれていたように思います。原作者が日本人で日本人スタッフも多数参加されていたようなので、その辺りはかなり力を入れたのかもしれませんね。敗戦直後の荒廃した街並みや皇居の風景などVFXの演出はよく描けているなぁと感心しながら観てましたよ。

日本史における敗戦直後の戦後処理の経緯は普通に知識としてありましたが、それが米国の目線でとなるとまた新鮮なものがありますし、日本人特有の心情や独特の価値観を浮き彫りにしていく辺りはとても興味深かったですね。フェラーズ准将とアヤのラブストーリーは一見どうでも良さそうなエピソードなんですが、当時の日本人像を描く上で重要な役割を果たしているんですよね。

神格化された天皇という存在は日本人である私でも戦後世代だけに実感しにくいわけですが、その意味では実は立ち位置や目線はマッカーサー元帥やフェラーズ准将と同じだったりして、それゆえにわかりやすく親和性を感じる物語だったのかもしれません

それにしても二日続きでトミー・リー・ジョーンズの映画を観ることになるとは思いませんでした。特に思い出し笑いするようなこともなくてヨカッタです(笑)。


歴史度★★★☆