ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
パシフィック・リム04金曜になるとまた新しいIMAX作品が公開になるのでそうなると吹替板をIMAXで観られるチャンスも無くなるかもと思い新作よりも優先して二度目を観に行ってきちゃいました。

声の出演はその他に、古谷徹、三ツ矢雄二、池田秀一、千葉繁、浪川大輔
監督:ギレルモ・デル・トロ
二度目もおなかいっぱい面白かったです。今回、二度目を観たいと思ったのは吹替版の声は誰が担当しているのかな?とちょっと気になって映画サイトを覗いてみたのがそもそものきっかけです。何とも拘りの感じられる声優陣ではありませんか。個人的には古谷徹さんの名前にビビっときちゃいました。古谷徹さんが実写映画の吹替役って珍しいんじゃないのかな?基本的に吹替版観ない派なので知らないだけかもですけど。

それにしても不思議と吹替板になったほうが怪獣映画っぽさを感じるのは何故なんでしょうね?やっぱり感覚的に親和性があるのかも。ニュートン・ガイスラー役の古谷徹さんとゴットリープ役の三ツ矢雄二さんのやりとりは字幕版では味わえない魅力だったかも。菊池凛子さんの姿で声が綾波レイというのは変な感じですね。というか日本人を別の日本人が吹き替える意味ってあるのでしょうか?

パシフィック・リム03初見の時は芦田愛菜ちゃんに気をとられすぎたのか同じ場面に登場するイェーガーをよく観ていませんでした。たしかにあれは日本版イェーガーのコヨーテ・タンゴでしたね。肩にはキャノン砲を装備してガンキャノンを彷彿させる姿です。せっかく登場してきたのに戦闘シーンが描かれなかったのはちょっと残念。

そうそうそれから、字幕版の劇中でマコとペントコストが時々日本語で話していた場面ですが、この吹替板ではそういうくだりは一切ありませんでした。でもまんじゅうさんがコメントで教えてくださった情報によればまんじゅうさんが観た吹替板では英語になっていたそうですので、このIMAX-3Dの吹替板はそれとは違う別バージョンになるのかもしれませんね。

字幕版であったマコとペントコストの日本語でのやりとりはこの吹替版ではなかったですね。うろ覚えですがセリフそのものが変更されてたように思うけど、違うかな?


狩人度★★★★★

パシフィック・リム IMAX-3D 字幕版』2013.8.10
パシフィック・リム IMAX-3D 吹替版』2013.8.20