ブログネタ
日本映画3 に参加中!
劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇前作の『劇場版 SPEC〜天〜』から1年半ほど経ってのようやく続編の公開となりましたが、ちょっと時間かかり過ぎじゃない?記憶がすっかり薄れちゃってます。というわけでTVシリーズと前作を駆け足で復習して観に行ってきました。


出演はその他に、加瀬亮、向井理、大島優子、竜雷太、有村架純、浅野ゆう子、神木隆之介、福田沙紀、城田優、田中哲司、安田顕、真野恵里菜、北村一輝、栗山千明、香椎由宇、遠藤憲一、イ・ナヨン、三浦貴大
監督:堤幸彦

+++ちょいあらすじ
最強のSPECホルダーであり弟でもあるニノマエのクローンと相棒の伊藤との死闘を勝利した当麻紗綾と瀬文焚流。瀬文は瀕死の状態で病院に運ばれたが奇跡的な快復をしていった。しかし、その一方でSPECホルダーと人類による人種間戦争が勃発しようとしていた・・・
+++

直前までシリーズ全作を一気観したこともあってストーリーが頭の中でしっかり繋がって楽しめましたけど、でもこれならこの前編をテレビスペシャル版で放送して後編だけを劇場版にすれば良かったのではないでしょうか?

さて、感想といってもこれはまだ前フリの段階ですからなんとも言いようがないんですよね。劇中様々な事件が起こるもののストーリー的には大きな進展はなくてまだ肝心のメインディッシュを口にしていなものも同然なのです。

ついに人類とSPECホルダーの間で人種間戦争が勃発。各国の思惑が入り乱れる中でシンプルプランをめぐっての攻防が激化していきます。そして自身がモンスターとなることを危惧する当麻はSPECを封印し自分がこの事態に何も出来ないことに激しく苦悩し葛藤していくのです。

なんだか『X-MEN』な展開になりそうな雰囲気でしたけど、それならそれでSPECホルダー同士のバトルが見たいところなんですが、当麻は未だ封印したまま。あれだけ何度も大怪我しながら復活してくる瀬文は十分SPECホルダーなんじゃないでしょうか?(笑)。

ここまでくる間にシンプルプランに5つのパーツが必要でそのうちの3つは阻止して野々村係長がマイクロチップみたいなのを隠してましたけどアレはまだ秘密のままなんでしょうか?向井理さんの役どころまだ謎めいたままだし、青池はどこに消えてしまったのでしょう?キャスティングを見て吉川が出てくるのは知ってましたけど、まさかの裏技でしたね(笑)。

それにしてもイ・ナヨンが出てきたのには驚きましたが、まだ出番も絡みも少なめ。後半、重要な存在となるのでしょうか?野々村係長のエピソードは愛着あるキャラだっただけに衝撃的でしたけど、野々村係長あっての雅ちゃんは今後どうなるのか気になりますね。

でもね、私が何が一番ビックリしたかって言えば、最後がエンドロール無しでいきなり終わってしまったことでした。さすがにあれはかなり意表をつかれました。ある意味本編を台無しにしかねない演出だったかも(笑)。


満足度★★★

シリーズ作品
劇場版 SPEC〜天〜』2012.4.10
劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 漸(ゼン)ノ篇』2013.11.6
劇場版 SPEC〜結(クローズ)〜 爻(コウ)ノ篇』2013.12.2