ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
マラヴィータマーティン・スコセッシが製作総指揮を務めリュック・ベッソン監督がメガホンをとりロバート・デ・ニーロを主演に元大物マフィアファミリーが巻き起こす騒動を得がくクライム・コメディです。こちらもなかなかの豪華競演作で期待して観に行ってきました。

出演はその他に、ミシェル・ファイファー、トミー・リー・ジョーンズ、ダイアナ・アグロン、ジョン・デレオ
監督:リュック・ベッソン

+++ちょいあらすじ
フランス・ノルマンディー地方にある田舎町へと引っ越してきたアメリカ人家族。父親のフレッド・ブレイクは元マフィアで大物マフィアのボスから命を狙われておりFBIの証人保護プログラムの下で家族と共に各地を転々とする生活を送っていた・・・
+++

鑑賞前に軽くあらすじを読んで想像していたような展開と結末のライトな作品でしたけど、ブラックなコメディやマーティン・スコセッシの『グッドフェローズ』をネタにしてしまう辺りなどは予想を越えていてなかなか楽しめる作品でした。良くも悪くもリュック・ベッソン監督らしいと言えるんじゃないでしょうか?でもロバート・デ・ニーロが主演のせいかどことなくマーティン・スコセッシ色も感じられるような?

物語の舞台はフランスはノルマンディです。そして主人公はFBI証人保護プログラム下で各地を転々とする元マフィアの大物フレッドとマギーの夫婦と娘ベル、息子ウォレンの4人と愛犬マラヴィータの家族。彼らはFBI捜査官のスタンスフィールドらの監視のもとフレッドに恨みを持つマフィアの首領が差し向ける殺し屋から逃れるようにして暮らしていましたが、決してひっそりと身を隠すような生活には甘んじておらす各地でやりたい放題。フレッドはとても気が短いようでして腐ったロブスターを売りつけた店員を殺害したり、マギーはアメリカ人の悪口をまくしたてるフランス人の店を爆破し、ベルは自分のポシェットを盗んだ女子をボッコボコ。ウォレンは悪知恵を働かせ他人の弱みにつけ込み学校で荒稼ぎしているという、まぁこの両親にしてこの子ありなダークなファミリーなのです。

ロバート・デ・ニーロとトミー・リー・ジョーンズの2ショットはこんなライトな映画でもさすがに画が引き締まりますね。でもってブラックコメディなもんだから贅沢感もあったりしていい感じなのです。妻のマギーを演じたミシェル・ファイファーもヨカッタのですが、こういうお話で大事なとこで鍵を握るのはやっぱり定番の子供たちなんですよね。大物マフィアの子供として育てられたベルたちには高い潜在能力と教育が備わっているようで絶体絶命の窮地にも殺し屋たちに果敢に挑んでいく姿はなかなか痛快でした。

正直、リュック・ベッソン監督のアクション映画として考えると迫力不足で物足りなさがありますが、これは趣向を変えてのブラックなファミリー映画だと捉えればいい作品なのかもしれません。ファミリーの意味が微妙に違うかもしれませんが(笑)。


娯楽度★★★☆