ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ゼロ・グラビティサンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーのオスカー俳優同士の主演で描くSF・サバイバル・サスペンス・ムービーです。ここ最近では『47RONIN』と並んで劇場予告編を目にする機会の多い作品でしたが、小出しに増えていく内容に当初はそうでもなかった期待感も次第に大きくなっていきました。宇宙空間を舞台にして遭難劇。果たして奇跡の生還劇となるのか否や。興味津々期待いっぱいで観に行ってきました。

出演はその他に、ジョージ・クルーニー
監督:アルフォンソ・キュアロン

+++ちょいあらすじ
地表から600kmの宇宙で船外でのミッションを遂行していたライアン・ストーン博士とマット・コワルスキー。そこへヒューストンから緊急の連絡が入りロシアが爆破した人工衛星の残骸がそちらに向かい衝突するため至急避難しろと言う。しかし時既に遅し、大量の残骸に巻き込まれた二人は宇宙空間に放り出されてしまう・・・
+++

臨場感ありすぎて壮絶な疑似体験を味わうことになってしまいました。IMAXシアター全体がスクリーンと繋がりまるで宇宙空間になったかのような感覚で気のせいか酸素濃度が薄いような?もちろん気のせいですけど(笑)、喉がヒリヒリカラカラ、ドリンクが手元にありましたけど飲んでる余裕すらないような緊迫感に飲み込まれておりました。

地上から600kmの宇宙空間で船外ミッションを行うエクスプローラーの宇宙飛行士ライアン・ストーン博士とベテランのマット・コワルスキーとシャリフ。そこへヒューストンからロシアが破壊した人工衛星が他の衛星と衝突して軌道を外れ残骸がそちらへ向かっているので至急船内に戻り離脱せよと指令が届きます。しかし時既に遅し。大量の残骸があっという間にエクスプローラーに衝突し直撃を受けたシャリフは死亡。ストーン博士も宇宙空間に放り出されてしまうのです。

なんせ先の展開が全く想像出来ないだけに何が起きるのか、この先どうなっていくのか全く見当が重度の緊張感に包まれっぱなしでしね。観ているこちら私自身にも余計なことを考えるような余裕なんか全く無くてひたすら凝視ひたすら集中しているような状態なんですよね。普通なら多少のツッコミどころが目についたりするものなんですけど、なんせ未知の世界ですしその圧倒的なリアリティによって問答無用にスクリーンの中に引き摺り込まれていった感じでしたよ。

本来、空気の存在しない宇宙空間では音は聴こえないはずなのですが、やはりそこは娯楽映画なので音響効果がないと味気ないですよね。あのソユーズが砕け散っていくシーンは迫力ありましたね。現実にも過去ロシアが人工衛星をミサイルで破壊して各国が警戒態勢に入ったなんてこともありましたけど、あの広大な海洋でも船舶の衝突事故があるくらいですから、決して絵空事というわけでもないのかもしれません。中国の宇宙ステーション天宮が鍵を握るというのは意外な展開でしたけど、つい先日、中国もついに月に探査機が到達したばかりだけにあながち現実味があるのかも。 ?操作パネルや音声ガイドがみな中国語というのは笑ってしまいましたけどね(笑)。

笑えたと言えばあの極度の緊張下の中でまさか爆笑シーンがあるとは思いもしませんでしたよ。全てはお茶目過ぎるジョージ・クルーニーの責任ですけど(笑)。ワタシ的にはあれが現実であって欲しかった気もするんですけどさすがにそんな奇跡は起きないですよね。ま、この物語自体が相当の奇跡なわけですけど。

あの「はやぶさ」の帰還はロマンあふれる天体ショーとして魅せられましたけど、さすがにこの生死を賭けた帰還はそんなこと言ってられない状況で、中国製の帰還ポッドの性能を祈ってしまったのでした。でも宇宙船の中身はロシア製だったのかも?

上映時間もさほど長くなくてワンシチュエーションの極めてシンプルなストーリーと言えますが、この迫力、圧倒的なスケール感はさすがと唸らされる観応えある作品でした。主演は別にサンドラ・ブロックじゃなくてもよさそうに思うけど、サンドラ・ブロックだからこそなんでしょうね。


生還度★★★★★