ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ゲノムハザード ある天才科学者の5日間第15回サントリー・ミステリー大賞読者賞に輝いた司城志朗さんの同名小説を西島秀俊さんの主演で『美しき野獣』のキム・ソンス監督が映画化したサスペンス・アクション・ムービーです。韓国お得意のパワフルさが加味されての化学変化に期待して観に行ってきました。

出演はその他に、キム・ヒョジン、真木よう子、伊武雅刀、中村ゆり
監督:キム・ソンス

+++ちょいあらすじ
公募企画に応募したデザインが高く評価され就職しその後出会った女性と結婚し幸せな生活を送る石神武人。そんなある日、帰宅すると亡くなっている妻を発見する。ところが突然鳴り響いた電話に出ると妻の声で今日は実家に泊まるという・・・
+++

日韓合作映画と理解して観に行きましたけど、最初にLOTTEが出てきましたし監督も韓国人ですし内容的にも韓国映画としてカテゴライズすることにしました。ちなみに韓国題は『無名人』という表記でしたね。あのハングルは読めましたよ。

さてさて、面白いとかそういう以前にお話がややこしくて面倒くさいんですよね(笑)。複雑で混沌としているのはそれはそれでいいんですけど、楽しむためには頭の中で整理しながら観ていなきゃいけないわけですが、物語の発想そのものが飛躍し過ぎてるのか、咀嚼していくだけでいっぱいいっぱいって感じで物語に浸ってる余裕がありませんでした。

物語の主人公はイラストレーターの石神武人。ある日、石神武人が帰宅すると部屋の電気は点かずたくさんのロウソクが灯されていました。妻のサプライズと思い暗闇の中彼女の姿を探すとそこには息をしていない彼女が。しかし、そこへ妻からの電話がかかってくるのです。

全て観終えてしまえば一応物語の筋は納得出来るんですけど、ほぼ最初から終盤まで不可解な状況がひたすら続くので常に頭を回転させながら観ているわけですが、むしろそんなことをせず何も考えずに観ていたほうが楽しめたのかもしれませんね。だって考えたところでとても想像の枠を超えたところに真実があるのですから考えるだけムダみたいな(笑)。しかし、その不可解でミステリアスなところに引き込まれてしまうところもあってついつい謎解きに走ってもしまうのです。

これって映像にしてしまうことでかえってややこしくなるんでしょうね。特に序盤の妻の遺体を発見する場面が顕著。そこに倒れているのは中村ゆりさんなのに電話してきた妻の声は真木よう子さん。これが小説なら素直に同一人物として理解してしまうのでしょうが、明らかに別人なのですから混乱します。そもそも倒れている妻の声は聴いていないのですから同一人物なのかも判断出来ないのですから。

このわけのわからなさが面白いといえば面白いんですが、それならもうちょっとストーリーはシンプルにしたほうがよかったのかも。カウントダウンのタイマーは必要性を全く感じなかったですし韓国ロケは日本で出来ないカーアクションを撮りたいがためでしかなかったような?トリッキーなストーリーを面白く見せるところにもっと力を注いで欲しかったなぁ。たしかにアクションシーンはスリリングでサスペンスな展開は観応えありましたけどねェ。

原作でもこの映画同様に韓国絡みのお話になっているのでしょうか?役柄的には重要だったとは言え真木よう子さんの小さい扱いにはかなり不満が残るのでした。


堪能度★★★