ブログネタ
日本映画3 に参加中!
超高速!参勤交代初めて予告編を観たときから、これは面白そうと公開日を楽しみにしてました。第37回城戸賞の入選作でもある土橋章宏さんの同名作品を『鴨川ホルモー』の本木克英監督が映画化した時代劇コメディーです。幕府から無理難題を押し付けられた小藩が藩と領民を守るために奮闘する姿を描いた物語です。

出演はその他に、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦、甲本雅裕、近藤公園、忍成修吾、和田聰宏、冨浦智嗣、舞羽美海、前田旺志郎
監督:本木克英

+++ちょいあらすじ
江戸時代、八代将軍徳川吉宗が治める頃のこと。磐城国の湯長谷藩の藩主・内藤政醇は参勤交代を終え江戸より藩へと帰ってきたが、その直後に再び幕府より参勤交代をするよう命じられる。しかも通常8日かかる道のりを5日で参るようにと。それは湯長谷の金山を手中に入れようとする老中・松平信祝の策略によるものだったが、わずか1万5千石の小藩にとって藩お取り潰しとなりかねない危機的状況だった・・・
+++


期待通りに楽しい映画でした。時代劇らしく緊張感のある殺陣やアクションの見せ場もありますが、基本的にはハートフルな人情劇コメディと言っていいでしょうね。

原作を知らないので映画の内容が忠実なのかはわかりませんが、キャスティングがとても良かったですね。主人公である湯長谷の藩主・内藤政醇を演じた佐々木蔵之介さんの持ち味と魅力がそのまま作品の心温まる雰囲気を創り出していたように感じられます。家老・相馬兼嗣役の西村雅彦さんも久々にガッツリと観たような気がしますが、西村雅彦さんならではの味わいがとても良かったです。

他の配役でもそうですが決して見た目豪華ではないものの個性的で味のある役者たちが揃ってるんですよ。そして、そんな個性的な面々が揃う中で異彩を放っていたのが深キョン。遊女役も色っぽくて可愛いかったです。


参勤度★★★☆