ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
LUCY:ルーシーリュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンを主演に放つサスペンス・アクション・ムービーです。なんでもリュック・ベッソン監督の歴代1位を記録したそうですが、私はリュック・ベッソン監督の名前に関係なく劇場予告編を目にした時からこれはかなり面白そうだと楽しみにしていました。

出演はその他に、モーガン・フリーマン、チェ・ミンシク、アムール・ワケド、アナリー・ティプトン、ジュリアン・リンド=タット、ヨハン・フィリップ・アスベック、ピルー・アスベック
監督:リュック・ベッソン

+++ちょいあらすじ
台北で知り合ったばかりの男からある人物に鞄を渡せと無理矢理に任されてしまったルーシー。しかし相手は韓国人マフィアでルーシーは拉致されてしまう。鞄の中にはCHP4という新種の麻薬であり眠らされたルーシーが気付くと体内に麻薬が入った袋が埋め込まれており、そのまま帰国しろと脅迫され・・・
+++

チェ・ミンシク先生の登場に思わずどよめきました。面白かったァ。リュック・ベンソン監督らしいノンストップでジェットコースターなアクション・ムービー。SF的なロジックは例によってさっぱりわかりませんが、そんなことをじっくり考えさせるような余裕を与えないスピード感あふれる展開にハラハラドキドキどっぷり引き込まれてしまいました。

決して深みのある作品ではありませんが、そんなの最初から狙って作ってはいないでしょう。とにかく楽しませることに力を入れているから、あんなぶっ飛んだ展開も素直に受け入れ気持ち良く楽しめたのでしょう。

主役はスカちゃんだけど物語の舞台は台北とパリというのもいいんですよね。そして悪役サイドを韓国人キャストが担っているというのも素晴らしいキャスティング。決して皮肉ではなくて凄みある迫力に圧倒されるだけに物語のサスペンス度とバイオレンス度も高まって緊迫感に痺れました。

ところで100%覚醒したルーシーってさながら『最終兵器彼女』ですか?(笑)


覚醒度★★★★