ブログネタ
韓国映画 に参加中!
マルティニークからの祈り麻薬密売容疑をかけられ2年以上も異国の地に拘留された韓国人女性の実話を基に『容疑者X 天才数学者のアリバイ』のパン・ウンジン監督が韓国屈指の実力派女優・チョン・ドヨンを主演に映画化したヒューマンドラマです。

出演はその他に、コ・ス、カン・ジウ、ペ・ソンウ、コリンヌ・マシエロ
監督:パン・ウンジン

+++ちょいあらすじ
夫ジョンベが友人ムンドの連帯保証人になったことから大きな借金を抱えることに生活が苦しくなった妻ジョンヨンはムンドが持ちかけた金の原石を運ぶ仕事を請け負うことに。2004年10月30日、フランスのオルリー空港に到着し入国手続きを終えたジョンヨンは突如麻薬捜査感に拘束。ジョンヨンが運んだ鞄の中から大量の麻薬が発見され・・・
+++

涙腺崩壊。これって決して美談とは言えないお話で不遇な主人公ジョンヨンとその家族に無条件に同情も出来ませんが、真実を丁寧に深く掘り下げジョンヨンが犯した罪にも真摯に向き合った上で痛烈な韓国社会への批判をこめて描かれているからこそ、ジョンヨンの姿と彼女の心情に強く引き込まれ怠慢にもほどがある駐仏韓国大使館の職員たちに怒りを抱くことになるのでしょう。

もちろんお金目当てで仕事を引き受けてしまったジョンヨンに責任はあります。その要因となった借金をこしらえた夫ジョンベはもっとダメ。でもだからといって異国で逮捕された自国民を放置するなんて国家としては無責任極まりないでしょう。案の定、報道をきっかけにネット世論が動きジョンヨンは2年越しにようやく裁判を受けることが出来たわけですが、何だかこの感じってセウォル号沈没事件の時とどことなく似てるような気がしてくるんですよね。

ラストシーンは感動の再会もさることながら何故かヘリンの髪飾りのキティちゃんに目がいってしまった(笑)。ま、それはともかくとして韓国映画らしい力強さを感じる渾身の作品でした。チョン・ドヨンの素晴らしい演技に大満足です。


社会度★★★★★