ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ブラック・ハッカーイライジャ・ウッドの主演でインターネット社会を舞台にサイコパスなハッカーに狙われた女優の危機と彼女を救うために奔走する青年の運命を描いたサスペンス・スリラー・ムービーです。

出演はその他に、サーシャ・グレイ、ニール・マスケル、アダム・キンテーロ、イバン・ゴンサレス、レイチェル・アリエフ、ハイメ・オリアス
監督:ナチョ・ビガロンド

+++ちょいあらすじ
新作映画のプロモーションイベントで主演女優のジルと一緒にディナーをする権利を得たブロガーの青年ニックはホテルの部屋で予告編試写イベントをPCで視聴していたところ、マネージャーだという男から連絡を受けディナーはジルの都合でキャンセルになったと告げられるが、その後男の指示に従っていくと・・・
+++

良し悪しはともかくとして斬新な手法での演出でしたね。というのも本編のほとんどがPC上に映し出される映像によってドラマを描いていくのです。原題も『OPEN WINDOWS』だからこの邦題から受ける印象とはちょっと違っていわゆるハッカーものではないんですよね。実はイライジャ・ウッドが演じる主人公がハッカーなんだとばかり思っていたのは内緒です(笑)。

物語の主人公ニックは人気シリーズ映画「ダーク・スカイ」の主演女優ジルの追っかけサイトを主催するプロガーで記念イベントのジルとのディナー権に当選しロサンゼルスからフランスへとやってくるのですが、ホテルの部屋でPCでのイベント視聴中に謎の男から通信を受け応じていくと恐ろしい出来事に巻き込まれてしまうのです。

突拍子なオチにわけがわからなくなりました。ニックとあの男はどこで入れ代わったのでしょう?最初から騙されていたフリをしていたってことなのかな?振り返ってみるとツッコミどころ満載な気がしてくるんだけど、もうどうでもいいって感じ。複数のボールカメラ映像で3D化って何?(笑)。

たいした内容ではなかったけど、この演出手法を試みた意欲は認めてあげたいですね。「ダーク・スカイ」のB級感も嫌いじゃないし(笑)。


娯楽度★★★