ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ホビット 決戦のゆくえ『ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚でフロドの父ビルボと仲間たちの冒険の旅を描くホビットシリーズの第3章完結編です。この長編大作もついに終わってしまうんですね。前作『ホビット 竜に奪われた王国』を復習鑑賞してテンション上げて観に行ってきました。

出演はその他に、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、エヴァンジェリン・リリー、リー・ペイス、ルーク・エヴァンス、ベネディクト・カンバーバッチ、ケン・ストット、ジェームズ・ネスビット、ケイト・ブランシェット、イアン・ホルム、クリストファー・リー、ヒューゴ・ウィーヴィング、オーランド・ブルーム
監督:ピーター・ジャクソン

+++ちょいあらすじ
はなれ山にあるドワーフの故郷エレボールにたどり着いたビルボ・バギンズとトーリンたちは邪悪な竜スマウグと戦い王宮を奪還。しかし怒り狂ったスマウグは湖の町を襲い焼き尽くそうとし、牢屋から抜け出したバルドは弓を手にスマウグに立ち向かうが・・・
+++

ビルボと仲間たちとの冒険の旅がついに終わってしまいました。何だか軽くロス状態、軽く放心状態でいったい何を書けばいいのやらって感じなんですが、とにかくお腹いっぱい観応えありました。

冒険の旅と言ってもこの第3章ドワーフの王国エレボールを巡っての苛烈な攻防を描く物語なのでビルボたちはほとんど移動してません。王宮から追い出した悪しき竜は町を襲いますがバルドと息子バインの活躍で撃退。しかし町は無残にも焼き尽くされたためにバルドたち町の人間ははなれ山に移住しようとドワーフの王トーリンに救いを求めるのですが、トーリンは竜が抱き続けてきた黄金の魔力によってそれまでとは別人のように変貌してしまうのです。一方、エレボールの竜が退治されたことが中つ国に知れ渡るとエルフ、そしてオークが大軍隊で押し寄せてくるのです。

クライマックスの戦争は何分くらいやっていたのだろう?40分くらいはあったんじゃないかな?もっとかも?レゴラス来るの遅いのに美味しいとこ持っていくからちょいイラっときた(笑)。今回大きな見せ場を作ったのはバルド、キーリ、そしてトーリンですね。特に愛する人を守るために戦ったキーリはメチャ格好良かった。トーリンはてっきりミスリルのくさびかたびら着込んでるとも思ったんだけどなぁ。ビルボにあげた1つだけだったのかな。そして結局アーケン石はどうなったんだろ?バルドが持ったまま?きっとドワーフに返してその御礼に町の再建に協力してもらったことでしょう。

素敵な素描のデッサンを背景に映し出されていくクレジット。超大作ならではの長いエンドロールもこの冒険の旅の余韻に浸るとてもいい時間を過ごせました。

そしておまけのようなラストシーン。あれを観たらもう一度『ロード・オブ・ザ・リング』が観たくなりましたが、それはまた息子ビルドたちのさらなる険しく過酷な冒険の旅の始まりになるんですよね。


冒険度★★★★★




シリーズ作品
ホビット 思いがけない冒険 IMAX-3D』2012.12.15
ホビット 思いがけない冒険 2D 通常版』2012.12.22
ホビット 竜に奪われた王国 IMAX-HFR3D』2014.3.1
ホビット 決戦のゆくえ』2014.12.16