ブログネタ
日本映画3 に参加中!
マエストロ!さそうあきらさんの同名コミックを原作に『毎日かあさん』のの小林聖太郎監督が松坂桃李さんを主演に映画化した作品なんですが、私が最初にこの映画化を知ったのはシンガーソングライターmiwaさんの映画出演発表だったのでわりと最近までmiwaさんの主演映画だと思ってました。

出演はその他に、miwa、、古舘寛治、大石吾朗、濱田マリ、河井青葉、池田鉄洋、モロ師岡、村杉蝉之介、小林且弥、中村倫也、斉藤暁、嶋田久作、松重豊、宮下順子、淵上泰史、木下半太、中村ゆり、綾田俊樹、石井正則、でんでん
監督:小林聖太郎

+++ちょいあらすじ
海外のオーケストラから不採用の通知が届き落胆していた香坂のもとに不況で解散した名門オーケストラ中央交響楽団再結成の知らせが届く。しかし練習場は倉庫のような場所で集まってきたのは再就職先が見つからなかった楽団員たちばかり。そして指揮者としてやってきたのは経歴もよくわからない謎の初老の男で、自分勝手な振る舞いにただ困惑するばかりだったが・・・
+++

ブラボーブラボー。 「天籟(てんらい)」そして「音は一瞬。でも響き合えばそれは永遠になる。」心に響きました。

オーケストラを題材にした作品は内外問わず多いし、しかも良作がたくさんという印象がありますけど、この作品も例に漏れずで、グイグイと引き込まれて程よい感動に包まれました。それもラストの天道じゃないけどお涙頂戴じゃないところがまたいいんですよね。

松坂桃李さんが西田敏行さんを怪物だと言ってましたけど、映画を観ていてもホントその通りだと実感ですよ。西田敏行さんがマエストロだなんてまったくリアリテイがないように思えましたが、西田敏行さんならではのマエストロ・天道の天才ぶりはもう圧巻でしたね。主演は松坂桃李さんではあるけれども実質的にこの物語を束ねて牽引していたのは、オーケストラを率いた天道と同じく西田敏行さんだったのでしょう。

実はmiwaさんのファンだったりもしてこの映画を楽しみにしてましたが、セリフこそややぎこちなかったもののそれも味わいとなっているような愛らしくて素敵なキャラでしたね。可愛かったァ。回想の震災シーン中は子役でしたけどシンクロさせながら演奏するあまねのフルートに思わず涙腺緩みました。

西田敏行さんが演じていたこともありますけど、なんとも松竹映画風な人情味溢れる素敵な作品でした。

ン、ジャジャジャーン♬


交響度★★★★☆