ブログネタ
日本映画3 に参加中!
恋する・ヴァンパイア桐谷美玲さん主演で描くヴァンパイアのラブストーリー。『トワイライト』シリーズとは逆に人間に恋してしまったヴァンパイアのヒロインを描く物語です。


出演はその他に、戸塚祥太、田辺誠一、大塚寧々、中川晃教、三戸なつめ、斎藤歩、チェ・ジニョク、イーキン・チェン、柄本明
監督:鈴木舞

+++ちょいあらすじ
横浜にあるパン屋BAN PANYAで祖父、叔母、叔父と共にパン職人として働くキイラはヴァンパイア族の娘として台湾で生まれ12才の時に両親を亡くし母の妹に引き取られ育った。ある日、パン屋に営業の青年が訪れ彼を見たキイラは驚く。彼は台湾にいた幼い頃に仲良く遊んだ初恋の相手・哲だった・・
+++

基本的にはアイドル映画ってノリではありましたけど、ななか楽しかったです。ベタなタイトル通りにベタベタなストーリーなんですけど、ブレがないのがいいんでしょうね。

物語の舞台が台湾から始まりお伽話的なお洒落な演出と語りに上手く引き込まれました。主人公のキイラは台湾ヴァンパイアの父と日本ヴァンパイアの母の間に生まれた少女。祖父ソウジロウの開発した人間らしく老化する薬を用いることで伝説通り大蒜とギンは苦手だが、太陽光と十字架は克服し人間と共存する生活を送っていました。キイラは晢という少年と出会いとても仲良くなりますが、ある日両親が悪なヴァンパイアに殺されてしまい祖父と日本へ逃げ延びます。そして7年後、母の妹夫婦と祖父が始めたパン屋を営み楽しく暮らすキイラはある日初恋の晢と再会するのです。

これって監督さんが原作と脚本も手掛けてるんですね。どうりで上手くまとまってたなと思うし、最近こういうオリジナル作品って少ないので好感持てますね。スバ抜けたところは何もありませんが、ムリなくまとめあげてる感じ。出演者目当てで観るぶんには楽しい作品になってると思うのです。桐谷美玲さんらしいチャーミングな映画でした。

それなりに面白かったのに、クライマックスのラスボス対決のところで叔母叔父夫婦と子分たちの戦いがごっそり端折られていたのはかなり残念。あそこはちゃんと描かないとストーリーとして不自然だと思うのだけど?ま、いいけど。

主題歌を歌い出演もされていた三戸なつめさん。前髪パッツン可愛かったし歌も良かったです。中田ヤスタカ組のアーティストなのかな?iTunesにあるのかな?探してみよっと。


堪能度★★★☆