ブログネタ
韓国映画 に参加中!
海にかかる霧グエムル 漢江の怪物』の」ポン・ジュノが製作を務めポン・ジュノが監督した『殺人の追憶』で脚本を担当したシム・ソンボがメガホンをとり監督デビューを果たした作品で、2001年に韓国で実際に起こった「テチャン号事件」を題材にした舞台劇「海霧(ヘム)」を映画化したというサスペンス・ムービーです。

出演はその他に、パク・ユチョン、ハン・イェリ、イ・ヒジュン、ムン・ソングン
監督:シム・ソンボ

+++ちょいあらすじ
韓国経済が不況の最中、漁船チョンジン号のカン船長は不漁に苦しみ漁船の修理代を捻出するために中国からの密輸業を請け負っているヨ社長から朝鮮族の密航の仕事を引き受けることに。相談もなく命令された6人の船員たちは躊躇うが強引なカン船長と突きつけられた前金に納得してしまうが・・・
+++

大作ではないし、むしろ低予算だったんじゃないかと思うけど、俳優さんたちの迫真の演技が物凄くてとても観応えのある作品でした。

物語の舞台は1998年の韓国は麗水の漁村。不況に苦しむ漁船チョンジン号のカン船長は独断で密航砂を運ぶの仕事を請負い出航します。やがて中国船との合流し数十名の朝鮮族を引き取ったまでは良かったが、船上で予期せぬ出来事が起きていくのです。

ある意味これは密室劇。ワンシチュエーションのサスペンス・ドラマですね。不測の事態を引き金に物語が大きく転調し狂気に満ちていく展開はとてもスリリングでホラーな緊張感が漂いました。

しかもコレって実際にあった事件が原案なんですよね。目撃者も極めて限定される海の上で起きた事件ですし、どこまで事実かわかりませんが、かなりリアルに感じられたのは、出演者たちの熱演によるところが大きいでしょう。

欲を言えば小さな漁船なのだから、映像はもっと揺れていないとおかしいのだけど、そこまでリアルにしたら画面酔いしそう(笑)。


堪能度★★★★