ブログネタ
日本映画3 に参加中!
海街diary吉田秋生さんの同名コミックを原作に是枝裕和監督が映画化した海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流と家族の絆を描いていくヒューマンドラマです。


出演はその他に、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ
監督:是枝裕和

+++ちょいあらすじ
鎌倉にある古い一軒家で暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の三姉妹。ある日彼女たちのもとに15年前に家を出て疎遠になり再々婚して山形で暮らしていた父の訃報が届く。山形での葬儀に赴いた三人はそこで母親違いの妹となるすずと出会う。現在の義母とは血縁がなく身寄りをなくしたすずに幸は鎌倉で一緒に暮らさないかと誘うと・・・
+++

ヨカッター、まるで本当の四姉妹のようでしたね。物語としては他愛のないお話ではあるんだけど、むしろ大袈裟でなくとても自然に日常的に描くことで主人公たちの繊細な心の機微が映し出されていくとともに物語が紡がれていくのです。

15年も前に家を出て以来疎遠になっていた父親が他界し、身寄りがなくなってしまった腹違いの妹であるすずに鎌倉で一緒に暮らそうと誘った幸、佳乃、千佳の三姉妹。すずは優しく迎え入れてくれた異母姉たちを素直に受け入れ溶け込んでいき家族の絆を育んでいきます。しかしその一方で、自分の母が姉たちの父を奪ったという負い目を心の奥に抱えていたのです。

広瀬すずちゃんに完全に心掴まれてしまいました。凄いよこの子、凄すぎる。綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さんに、樹木希林さんに大竹しのぶさんを相手にしながら、全く引け目を感じない存在感を放つのですから、たいしたもの。かなり個性の濃い面々に囲まれていながらも、彼女が持つ瑞々しいピュアな透明感が周囲の人たちの色濃さまでも透き通らせていき、複雑な家庭状況にある四姉妹をとてもリアルな姿として映し出していたように思うのでした。

これっていい意味で環境映画というか、とても心が洗われる癒しの映画かもしれない。鎌倉を舞台にしただけあるシチュエーションの素晴らしさとも相まって、まるであの四姉妹の家族はすぐそばで暮らしてるかのように身近に感じられたし、自分も四姉妹の誰かの友人、知人として登場したくなるそんな気持ちで物語を見つめ続けてしまいました。


姉妹度★★★★★