ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ターミネーター:新起動:ジェニシスシュワちゃんの出世作であるSFアクション・ムービー『ターミネーター』のシリーズ第5弾。『ターミネーター3』以来12年ぶりにシュワちゃん本人がシリーズに復帰しあのT-800型を演じるそうですが、今作ではちゃんと年老いた姿になってるらしい?

出演はその他に、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ、マット・スミス
監督:アラン・テイラー

+++ちょいあらすじ
2029年。ジョン・コナー率いる人類反乱軍はスカイネットの重要基地を襲撃し勝利する。しかしその直前にスカイネットはこの敗戦濃厚となった状況を打開するためジョンの母サラ・コナーを暗殺しようと時空転移装置で暗殺ロボットT-800を1984年に送り込んだ・・・
+++

面白かったァ。やっぱりこの『ターミネーター』シリーズはシュワちゃんがいてこその作品なんですよね。T-800がポンコツでも旧型でもいいんです。むしろ今作は旧型だからこそシュワちゃんが演じることで味わい深くなってるし。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のほうが超大作ですけど、シリーズならではの歴史と親しみが強いぶんこの『ターミネーター』のほうが私は断然面白く感じるのです。

ネタバレしちゃうとあれなんでざっくりとした感想にしちゃいますけど、もう何でもアリなだけにいろんなストーリーが創り放題(笑)。旧作とは歴史が変わってしまってるというのは予告編でも明らかにされてはいましたけど、1984年のサラが全てを知った上でT-800と共にカイルが未来から来るのを待ち受けてるという設定はいいアイデアでした。全てを知ってるということはジョンを生むためにカイルと結ばれなければならないわけで、悩む乙女なサラとやたら"合体"を促すシュワちゃんとのやりとりとか楽しかった(笑)。

歴史が変わったと言ってもあくまでも旧作の歴史の延長上にあるお話なので旧作は観ておいたほうがいいですね。というより歴史がどう変化したかの差異が面白いところでもあり知ってる前提で作られているので絶対旧作はみておくべきかもしれない。

それにしてもイ・ビョンホンの出番があの程度だったのはちょっと意外だったなぁ。それから特にSF映画はエンドロール中や最後にシークエンスがあったりするので席を立つのは場内が明るくなってからにしましょう。

グレードアップには笑ってしまったけど、次作どうなっていくのかメチャメチャ楽しみ〜


娯楽度★★★★★