ブログネタ
日本映画3 に参加中!
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN原作コミックが何やら凄いらしいということで放送の始まったTVアニメを観てみたら、これがメチャメチャ面白くて瞬殺でハマってしまいました。とにかくこの世界観は凄いですよね。実写がそれらを越えるのはかなりハードル高いんじゃないかとは思いますけど、そこは自分でさじ加減しながら楽しみたいと思いつつ観に行ってきました。

出演はその他に、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼
監督:樋口真嗣

+++ちょいあらすじ
謎の巨人たちが突如出現し人類の大半を喰い殺した。生き残った人類は三重になった巨大な壁を築きその内側で暮らし始めそれから100年の年月が過ぎ去った今では人々は惨劇の記憶すら薄らぎ平穏な生活を送っていた。しかし、そんな中で一番外側の門前町で暮らすエレンは外の世界に憧れ閉塞した状況に苛立ちを募らせていた・・・
+++

拍手を贈るほどではないけれど、なかなか面白かったです。PG-12なんであのエグい描写とかはあんまり期待できないかな?と思ってましたけど、人間の捕食シーンはちゃんとグロかったし、巨人もかなりキモくて実写映画化は健闘してるんじゃないでしょうか。

たしかにTVアニメと比べれば表現の自由度や尺も全然違うので物足りなさは否めませんけど、それに拘るとつまらなくするだけなので考えるのはやめました。

ストーリーもだいぶ端折って脚色してるので、あっという間に2年後になって既にエレンが立体機動装置を装着し武装調査団となっていてその間の話がすっぽりと抜け落ちてましたけど、まだまだ先の長ーいお話だけにむしろこの前編のラストであのクライマックスにたどり着けたのは良かったんじゃないかな。

なんせこの独特で謎めいた世界観だけにこの後どうなっていくのか?知ってる部分も含めて楽しみで仕方ないんですよね。キャスティングがどうとかにわかな私だって気になるとこでありましたけど、そこはいい意味で妥協して楽しみたいですね。

それにしても、まさかミカサがあそこで「The End Of The World」を弾いてるとは思わなかったなぁ。何故にその曲知ってるの?Skeeter Davisの「The End Of The World」は個人的に大好きな曲なんですが、ゆえに空想の世界から現実に引き戻されてしまいました(笑)。


巨人度★★★★




シリーズ作品
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』2015.8.5
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』2015.9.26