ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
キングスマンキック・アス』のマシュー・ボーン監督がコリン・ファースを主演に描くバイオレンス・スパイ・アクション・ムービーです。

出演はその他に、マイケル・ケイン、タロン・エガートン、マーク・ストロング、ソフィア・ブテラ、サミュエル・L・ジャクソン、ソフィー・クックソン、マーク・ハミル、ハンナ・アルストロム
監督マシュー・ヴォーン

+++ちょいあらすじ
ロンドンにある高級テーラード店“キングスマン”。その実態はどこの国にも属さない世界最強の国際スパイ機関。ある日エージェントの一人が作戦中に殺害され、リーダーのアーサーは新たな候補者を選出するよう命じる。エリートエージェントのハリーは自身の命を守って殉職したかつての仲間の息子エグジーの可能性を見出し・・・
+++

メチャメチャ面白かったーこれは期待してた以上でしたね。大雑把に言えば『キック・アス』のスパイ版ってところでしょうか。それじゃ大雑把過ぎますけど、ヒーローごっこが出発点だった『キック・アス』に対して今作は本格的かつスタイリッシュにユーモア交えて描く痛快なスパイ映画です。

物語の主人公ハリーはどこの国にも属さない世界最強のスパイ機関“キングスマン”の凄腕エージェント。ある日仲間が作戦中に殺されてしまったことから、新たな候補者を探すことになり、かつて自分を助け亡くなった仲間の息子エグジーにその才能を見出しスカウトします。

映画の序盤はコリン・ファース演じるハリーを軸に“キングスマン”の存在を描きますが、軸はすぐにエグジーにと移りエグジーが他の候補者たちと共にエージェントになるためのテストをクリアしていく姿が描いていきます。実はこれが本編の半分以上占めてる感じでその所々でサミュエル・L・ジャクソン演じる敵ヴァレンタインの陰謀を描いて、終盤にて怒涛の対決を繰り広げていくわけです。

これが『キック・アス』と同様に見事な脚本と演出で、さらにコリン・ファースら重鎮がさらに格調を高めていくんですよね。エグジーの成長の一方で着々と進行していく巨悪の陰謀。終盤での主役交代はある意味『スターウォーズ』のオビワンとルークだと思ったのは私だけ?(笑)

オーダースーツを身にまとい華麗に戦うキングスマンは武器も拘り度高くエレガント。伝統的な様式美と斬新な映像演出や音楽とのマッチングがお見事。クライマックスで「威風堂々」が流れるシーンは圧倒されながらも大笑いさせられました。

ぜひシリーズ化希望だけど『キック・アス』とコラボしても面白そう。


娯楽度★★★★★