ブログネタ
日本映画3 に参加中!
GAMBA ガンバと仲間たち子供の頃に放送していたTVアニメ版は大好きでした。すっかりいい年齢の大人になった今でも再放送観てました。原作である斎藤惇夫さん「冒険者」たちも当時読みました。こちらもずっと愛読書です。たぶんTVアニメの原作小説を読んだのはこれが初めてだったと思います。TVアニメの思い入れが強過ぎて、今作のキャラ造形にはかなり違和感ありましたけどそれでも好きな作品だし白組さんなので期待して観にいきました。

声の出演はその他に、神田沙也加、高木渉、矢島晶子、高戸靖広、藤原啓治、池田秀一、大塚明夫、野沢雅子、野村萬斎
監督:小川洋一

+++ちょいあらすじ
都会の片隅で暮らす町ネズミのガンバとマンプクはある日海を見に行こうと港へ向かう。そこで船乗りネズミたちの宴に紛れ込んで楽しんでいると疲れ果てて弱った島ネズミの忠太が助けを求めて現れる。忠太は島の仲間たちが恐ろしいイタチに襲われ苦しんでいるという・・・
+++


♬ガンバ、ガンバ、ガンガン、ガンバ♬♬♬

出来ればノロイとの決戦前に「尻尾を立てろ!」というセリフは使ってほしかったなぁ。

つくづく素晴らしい物語だと再認識させられました。何度観ても何度読んでも何度触れても感動する勇気づけられるんですよね。あぁ、ボーボー!

原作が素晴らしい物語なだけによっぽどのことがなければまずハズれることはないとは思ってましたけど、やっぱりその通りでビジュアルが許しがたく変えられても「冒険者たち」は「冒険者たち」でガンバもヨイショも仲間たちもそのまんまで、再び彼らに今度は大スクリーンで会えたことを素直に喜び味わいました。

ガクシャが白い悪魔と言えばもちろんノロイであることに間違いないけど池田秀一さんだと思うと絶対ガンダムだよね(笑)。


冒険度★★★★★