ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ダイバージェントNEOこれやっぱり続編あるんだね、という印象ではあるけれども一応シリーズものなので観に行くことに。前作は大まかな筋しか覚えてませんけど、何とかなるかな?

出演はその他に、テオ・ジェームズ、マイルズ・テラー、アンセル・エルゴート、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット
監督:ロベルト・シュヴェンケ

+++ちょいあらすじ
人々が博学、高潔、勇敢、平和、無欲という5つの性格別に振り分けたコミュニティで管理された近未来
世界。その中でそのどれにも属さない異端者=ダイバージェントであると診断されたトリスは危険分子とされ博学の権力者・ジェニーンに排斥されそうになるが、フォーと共に困難を乗り越え逃亡を続けていた・・・
+++

なんか前作よりも前のめりな感じで観れて面白かったです。

ま、第1作目は世界観の説明も多いし、物語にようやく馴染んできたところで終わってしまったのに比べると、もうその段階は通り過ぎて今度はストーリーも整理されてるし派閥がどうとかの設定のややこしさも解消された上にアクションと映像重視な展開なので、たいして頭使わずに楽しめたのも良かったのでしょう。

何のために祖先はメッセージをあの箱に隠して、その鍵を異端者の存在に委ねたのか?博学にとっては自分たちに都合の良いメッセージだという確信でもあったのかな?よくわかんないとこもいろいろあるけれど、あんまり理屈っぽいこと考えないで観たほうがいいかもしれないお話なんですよね。

次作できっとさらなる謎も何もかも明らかになるんでしょうけど、しょうもないオチだったらどうしよう?という不安もなくはなくいろんな意味で続編が楽しみです。

クレジットのトップが悪役でまだ続編あるのにあのラストっていろんな意味ですごい映画ね(笑)。


娯楽度★★★★

シリーズ作品
ダイバージェント』2014.7.12
ダイバージェントNEO』2015.10.21