ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ミケランジェロ・プロジェクトジョージ・クルーニーが監督と脚本を務めていたのはつい最近まで知りませんでした。第2次大戦末期のヨーロッパを舞台にナチスに強奪された美術品を奪還の任務を遂行する美術分野の専門家チームの活躍を描いたサスペンス・アクション・ムービーです。


出演はその他に、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ボブ・バラバン、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット
監督:ジョージ・クルーニー

+++ちょいあらすじ
第二次世界大戦末期。ヨーロッパ各国に侵攻したドイツ軍は大量の美術品略奪を行っていることを危惧したハーバード大学付属美術館の館長フランク・ストークスはルーズベルト大統領を説得し歴史的建造物や美術品を守る特殊チーム“モニュメンツ・メン”を結成し・・・
+++

けっこう大作感があって観応えたっぷり面白かったです。ジョージ・クルーニーの人望で豪華キャストながらも予算を抑えた分をしっかり制作費にまわせたってことなのかな?

物語の舞台は第二次世界大戦末期のヨーロッパ。敗戦濃厚となったドイツ軍が撤退の最中で掠奪、破壊する美術品を守り奪還しようと特命任務に就く美術分野のスペシャリストたちが結集した“モニュメンツ・メン”の姿を描いていきます。

名もなきヒーローたち。今日においても多くの歴史的な絵画、彫刻を鑑賞出来るのは彼らのおかげなんですね。たしかにあの激闘の戦時下では美術品の優先度は高くなかったことでしょう。しかし未来のおいての損失の大きさ、その重要性を彼らは信じていたのですね。実に尊敬すべき人々なのです。今作はユーモアもありどこまでがホントかわかりませんが、おそらく奇跡的なことを彼らはやってのけたのではないでしょうか。

第二次世界大戦の戦争末期の実話をベースにしながらもエンターテイメントな作品に仕上がってるところは、さすがジョージ・クルーニーなんでしょうね。


堪能度★★★★