カノンな日々

愛する、えいが、さっかー、わんこ、おさけ、 おんがくに埋もれた日々を綴ります。

ごめん、愛してる/韓ドラ

ごめん、愛してる #16/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
a4e0192a.jpgついに最終回です。
えぇぇぇぇ、なんでぇ!!!
そんなのアリなの!!!!!!!!!!

クライマックスに激しく動揺・・・
続きを読む

ごめん、愛してる #15/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
6fa4d505.jpgいよいよ大詰めが迫ってきました。ムヒョクの人生があまりに辛く切ないです。そうか、「ごめん、愛してる」はウンチェからムヒョクへのメッセージだったんだね。

それにしても善人だとばかり思ってた元記者のお爺ちゃんは結局金儲けが目的のパパラッチだったとは、すっかり騙されてました。なんだよこの爺さん、偽善者ぢゃん、ふざけんなよぉ。
続きを読む

ごめん、愛してる #14/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
26bffc6a.jpgウンチェは悩み傷つきながらも再びムヒョクに気持ちが向かっていったことで、ムヒョクもやっと救われたって感じだね。でも、ムヒョクがウンチェを愛せば愛すほど、ウンチェには重い十字架がのしかかってくるんだね。それをまたムヒョクが悩み苦しみ、きっとこのドラマのタイトルにもつながっていくんだろうね。でも久々にムヒョクのいい笑顔も見られるようになりました。ムヒョクがお前の兄だという告白をユンが素直に信じましたね。何故現れたんだというユンの問いかけにムヒョクは「復讐」だと。そうかやっぱり復讐なのかぁ、でもその一方では母に愛してほしいという気持ちもあるんだよね。切ないなぁ。でも、ここにはまだ決定的な誤解が潜んでるんだよね。ユン母は双子を捨てていないし、存在自体を知らないってこと。この誤解が今後どうなっていくかはかなり気になるとこ。続きを読む

ごめん、愛してる #13/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
4fcca036.jpgウンチェがついにムヒョクの真実を知ったことで、ウンチェは今までムヒョクに冷たい態度をとってしまったことに罪悪感を持ってしまった様子。気付いてしまった今、当然ユンのとこにはいられないわけでムヒョクの元へ戻ろうとするのだけど、これを何故かウンチェ父が許そうとせず彼女を軟禁しちゃいました。こういう展開になっちゃうときっとウンチェは優柔不断だとかのバッシングの対象になっちゃったりするんだろうね。まぁこれに関してはムヒョクの普段の態度が原因にもなってるからなぁと一応ウンチェを庇っておきます(笑)。続きを読む

ごめん、愛してる #12/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

ブログネタ
韓国ドラマ に参加中!
b96cdd9d.jpgやっぱり、ここへきて週一放送の影響もありストーリーが停滞気味で大きな進展がないせいかちょっとダルくなってきちゃいました。それでもムヒョクには一向に何の光も射してこず、あのウンチェとの優しいひとときはどこへ行ってしまったんだろうって感じです。

ムヒョクに死が迫っていることを知ったユンはやっぱりウンチェに気遣ってるようだし、ムヒョクのことも心配はしてる様子。でもね、だったら、もっとムヒョクのことを気遣ってやれっちゅーのよ。お前の力で兄貴を助けようとか思わんのかい?ムヒョクはかつて溺れそうになってたお前を助けたことがあったじゃないかって。ホントにウンチェを想ってるならムヒョクを助けてウンチェを喜ばせろよ。この辺りがひっかかってどうもまだユンを全面的に信用できないんですよねぇ。続きを読む

ごめん、愛してる #11/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

38684f05.jpgムヒョクの生命をむしばもうとする銃弾。その事実にユンとウンチェ父が気付きました。ムヒョクがあっさりウンチェに事実を告白したから驚いたけど、肝心のウンチェはムヒョクの態度から本気と受け取ってないようなのでまだまだ波乱含み。死をただ待つしかない身にとっては、ムヒョクの決意も残された時間を愛するウンチェと過ごしたいという願いも切実なんだろうな。続きを読む

ごめん、愛してる #10/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

848ad003.jpgついに、ムヒョクの抱える爆弾が表面化してシリアスモード突入でしょうか。でも10話でこの展開となるとやっぱり週一放送はきついですね。この展開であと6週と3週とではテンポが違いすぎるよね。ホントは録りだめしてまとめて見るほうがいいのかも。

ムヒョクの頭の延髄ちかくの弾丸と、事故で悪化したユンの心臓。医学的な監修はちゃんと行っているんだろうかとついつい考えてしまうのだけど、そこに拘っていると話が全く進まないので無駄な抵抗はやめておこう(笑)。続きを読む

ごめん、愛してる #9/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

05832999.jpgユンの交通事故をきっかけにドラマが急展開!そしてあのムヒョクの名ゼリフの場面がついに登場!

「飯よりも俺と一緒に死ぬか」

意味わかんないけど、なんかスゴイ迫力に圧倒されちゃいます(笑)

以下、ネタバレしてますので、未見の方はご注意くらはい続きを読む

ごめん、愛してる #8/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

427694cc.jpgスゴイですヨ、この回。とんでもない事実があきらかになってしまいました。
衝撃的でしたねぇ、ネタバレは読みたくない方は回避してください。続きを読む

ごめん、愛してる #7/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

b95caa70.jpgやーっと、やっと。ムヒョクとウンチェの関係が、心の距離がぐっと縮まってきました。こーなると益々週1放送がじれったくなってきますね。ムヒョクは道を尋ねてきたお爺さんにパンマルで乱暴な口を聞いてウンチェに怒られ、電車の中で丁寧な話し方を教わります、このシーンはなんだか好きです。ムヒョクは降車した駅では重い荷物を持ったお婆さんを手助けして、ウンチェから合格をもらいました。なんだかとってもいい雰囲気じゃないですか。でもなんでムヒョクはウンチェの言うことは素直に従うんでしょうかね?(笑) 続きを読む

ごめん、愛してる #5/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

9ea4523e.jpg4話の続きから始まるのかと思いきや、突然翌朝になって母と姉の策略なのかウンチェがお見合いさせられます。ユンとミンジュのプールのシーンで既に翌朝だったみたいね、わかりにくぅぅ。お見合い相手はなんだか暗そうな男ななんだけど、ウンチェがタイプじゃないとか断られて、どこが気に入らないかと尋ねると顔だと言われてしまいました。ハァ?この場面は笑うとこなんでしょうか?(アセ)続きを読む

ごめん、愛してる #4/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

23482e45.jpgちょっとタカビーでイヤな奴っぽかったミンジュだったけど、ホントは胸の内でユンのことを想っていたんですね。でもウンチェのユンへの想いに気付いてたので、あえてユンを遠ざけるような態度をしたなんて、ミンジュも悪いヤツじゃないみたい。でもこういう気遣いってのはかえって人を傷つけたりもするんだよねぇ。案の定ウンチェはブロークンハートしちゃったうえにユンにも怒られちゃって踏んだり蹴ったり。とりあえずムヒョクはユンをやっつけちゃってください、私が許します(笑)。続きを読む

ごめん、愛してる #3/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

a8fcaaa1.jpg何でユンが韓国一の歌手なんだかまったくもってピンとこないので、なおさらこの母と子の関係がキモいです。でもミンジュに言い寄ってくるチョ・ヨンウもかなりキモい。こんなのが韓国の大スターという設定は韓国的にはどうなん?リアリティがあるのかそれとも皮肉をこめているんだろか?(笑)続きを読む

ごめん、愛してる #2/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

24a68a62.jpg前回の終盤で銃弾に倒れたムヒョク。王道の交通事故がド頭にきたような展開ですが、なんとか一命を取り留めるものの、生命のリスクを負った上に脳がダメージを受けていて人格が変わり凶暴になりやすくなってしまったらしい・・・そうか、このドラマはSFだったのか(笑)

スンゲぇ強引な展開ながらも舞台はさっさとオーストラリアから韓国へと。ムヒョクは肉親探しの番組に出演し、形見の指輪のネックレスのおかげで双子の姉と巡り逢いますが、彼女は子供の頃の交通事故で後遺症多々ありで記憶がとんじゃってるという不幸の連鎖状態。でもおかげで母親の存在までいっきにたどりつくわけですが、会いに行ってみると、どうもその母親というのがウンチェが恋するユンの母親で高慢な女優らしく、そこでばったりウンチェと再会、というところで第二話終了でした。続きを読む

ごめん、愛してる #1/ソ・ジソプ、イム・スジョン、チョン・ギョンホ、ソ・ジヨン

8c10a684.jpgついに日本でも放送開始となりました「ミアネダ、サラハンダ」、通称「MISA」です。物語の舞台はオーストラリアから始まるんですよね。韓ドラって海外ロケ大ブームですね。ストーリー的にはまだ手探り状態で面白くなるのかそうでもないのか、なんとも怪しい状態ではありますが、ただ登場人物のキャラ設定には魅力を感じてます。
続きを読む
Recent Comments
Archives
Information
ご訪問ありがとうございますッ。現在、TB・コメントは投稿受付後に承認制になっております。宣伝を目的としたもの、記事との関連性が見受けられないものや迷惑と判断したTB・コメントについては非掲載及び削除する場合があります。またその判断理由について報告、説明は致しません。以上、予めご了承くださいませ。

★勘定は★感情です。評価点ではなくあくまでもフィーリング、好みのレベルを表現しています。★3つは幅広いんですが、いずれも記事内容をご覧になって頂ければと思います。
記事検索
  • ライブドアブログ