カノンな日々

愛する、えいが、さっかー、わんこ、おさけ、 おんがくに埋もれた日々を綴ります。

パリの恋人/韓ドラ

パリの恋人 地上波最終話/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

c5d43932.jpgBS日テレでの最終話のエンディングがオリジナルとは違うようだ<実際どう違ったのかわからないので教えてほしぃ>と先頃話題になったので、地上波を気にして見てたんだけど、特に大幅なカットがあるわけでもなく、地上波は同じにしたのかなぁと
思っていたら、な、なんとビツクリ・・・エンディングに注釈がついてる!? ナレーションは何も無くテロップで状況を説明してるではありませんか、なんじゃこりは???続きを読む

パリの恋人 #19#20/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

6044ef0b.jpgスカパーの「パリの恋人」はついに最終回を迎えました。これまでよりもネタバレは核心にふれぬようにして、さらに最終話は感想のみにしておきましたが、まだエンディングを知らない方は注意してくださいね。続きを読む

パリの恋人 #17#18/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

どうもスヒョクとテヨンの絡みが火サスじみてきたように思えるのは気のせいでしょうか?<笑>
物語もいよいよ終盤なのでネタばれ防止的に追記で書きます。続きを読む

パリの恋人 #15#16/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

なんだかきな臭い展開になってきました。まさかとは思うけど「バリでの出来事」みたいな結末にならなければいいんですけどね<汗>

あの理事さんってスヒョク母の事が好きだったのに一緒にさせてもらえなくて、それで会長を恨んでたんですよ。ねちっこい性格だこと。そんでもって何やってもキジュに勝てない上に好きな人もとられた<って別にスヒョクのもんじゃないけど>ってことで何故かスヒョクも憎悪の念にかられてます。この二人案の定意気投合してどうも会社に対して背任行為をやって復讐するつもりみたいですよ、本末転倒だにゃ。続きを読む

パリの恋人 #13#14/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

会長の言動に傷つけられたテヨンは傷心し、キジュの呼びかけにも応えずバスに乗り込みます。キジュはバスを車で追走しテヨンに呼びかけ次のバス停でバスの横に車を乗り捨てバスに乗り込みました。実はここからキジュがバス停前にとめた車のことが気になって気になって。だって端に寄せずに道路にとめたままなんですよ、めちゃく迷惑じゃないですか<笑>結局なにごとも無かったように後で車を運転してましたけどね<汗>続きを読む

パリの恋人 #11#12/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

テヨンとキジュの恋はついに本物に、二人はとても強い想いで結ばれてるみたい。一方それでも必死にアタックしてくるスヒョクにテヨンは彼を傷つけないようにと、ある本で読んだ話をして自分の気持ちを伝えます。それは「希望拷問」。「自分を想ってくれる人にしてあげられる一番いい事は同じように相手を好きになる事。もしそれが無理ならほんの僅かな希望も相手に与えてはいけない。相手にとって僅かな希望ですら大きな拷問になりえる」。確かにそーだ、ちょっと感心しちゃったけど日本語にすると変な題目。でもセリフでも「希望拷問」って言ってます<汗>続きを読む

パリの恋人 #9#10/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

けっこう笑いどころが多い#9#10、もちろんテヨンの涙にほろっとさせられぇのです。

ついにキジュが会長の前でテヨンが好きだと明言しました。恋に不器用なキジュが一生懸命庶民的カップルのデートをしようと努力する姿が楽しいですね。パク・シニャン、キム・ジョンウンも笑いのツボをよくわかってるようで、上手いよね。この二人スゴイや、テヨンもキジュもお似合いの可愛いカップルぶりには拍手もんですよ。続きを読む

パリの恋人 #7#8/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

今回の特に8話は特にイイですね。涙と笑いのテンションの高さが絶妙でグっとくる回です。冒頭が名場面集にもチョイスされてるテヨンがプールに身を投げるシーン。ダイジェストだと何故このシーンがいいのかいまいちわからなかったのだけど、なるほど、胸が熱くなる素敵なシーンでしたヨ。続きを読む

パリの恋人 #5#6/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

金銭的支援を断るテヨンに対しキジュは履歴書を書いておくように伝えます。しかもこれもテヨンは無視してお金に借りるために友人のユナのいるお店に会いに。

整形美人のユナに超タカビーなに自慢話を聞かされるテヨン。そこに偶然居合わせたキジュ。男友達に「あれはGD自動車のハン社長」だと教えられたユナはキジュに対して目の色を変えますが、テヨンに対し威圧的な態度のユナを見てキジュはテヨンを恋人のように振る舞い始めユナはめちゃくちゃジェラってます。頭にきてるユナは帰り際「お金の件はどうするんだ?」とでかい態度で詰め寄ると逆にキジュに最低の女だと逆に叱咤されてしまいました。キジュ、カッコイイじゃぁぁん。こんなに女性の扱いもとってもジェントルなのになんで愛想尽かされて離婚されちゃったんだろ?続きを読む

パリの恋人 #3#4/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

3話目にして早くも帰国です。パリロケはこれで終了か?
テヨンは父の一周忌のため一時帰国。
テヨンが愛する人というのは映画監督だった父のことでした。
父が生前パリの滞在経験をテヨンに話して「お前もパリを見ていれば」と
言ってたのが、テヨンのパリ留学の理由だったようです。

テヨンの伯父はお金にだらしないエロビデオの制作者で家賃と車のローンを滞納しており
自分の子供の世話をテヨンに押しつけて雲隠れしてしまいました。
そのうえ何故だかテヨンの父の形見のカメラを自動車屋に差し押さえられてしまい
パリに戻るに戻れなくなってしまいました。
なんで関係ない同居人の私物を差し押さえられるのかよくわかんないし
ローンは普通ローン会社と組んでるのとちゃうんかい?続きを読む

パリの恋人 #2/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

d9ccd827.jpg今回の2話目は人物説明的な要素が多く盛り込まれていて
事前情報が全くない視聴者にとっては話が整理できそうです。

テヨンは大好きな人が映画が大好きでそれで彼のためにラブストーリー専門の
映画館を作りたくてフランス留学してるんだって。テヨンがパリの街で感じたことを
録音してメモしたり写真に撮っているのはその彼のためのなのか?映画作りのためかな?
映画の勉強でいまどきパリか?って気もするんだけど、ドラマそのものが古典的名作映画
なんかをイメージしていて要するに「パリの恋人」ってあのオードリー・ヘプバーンの
「パリの恋人」なんだよね。こちらも古本屋で働く文学少女が、パリにてモデルに
なってロマンスが生まれるというシンデレラストーリー。

夜、キジュの家で二人で過ごすときのBGMは「ローマの休日」の「MOON RIVER 」。
なるほどそういうドラマのコンセプトなのね。テヨンがキジュに「哀愁」の名場面を
語ってたけど、名作ラブストーリー好きなヒロインが、それらドラマを彷彿させるような
体験をしなら自らシンデレラストーリーを歩んでいくのでしょう、発想は面白いカモ。
そう考えると第一話の「プリティウーマン」もどきも合点がいきますね。
これなから確信犯的にぱくっても演出的にはパクリじゃなくなるし<笑>
私も根っからの映画好きなんで、かつての名作を思い出させる演出はツボにはまります。
続きを読む

パリの恋人 #1/パク・シニャン、キム・ジョンウン、イ・ドンゴン

1a42d6e1.jpg待望の「パリの恋人」がいよいよ、スカパーで放送開始となりました。
ボジョレーヌーボーより待ち遠しかったよ<笑>
でも前評判が良すぎてずっこけたらどうしよ?という不安もあったんですが
初回のツカミはまずまずといった感じかな。

キム・ジョンウンはやっぱり「イヴのすべて」と比べると・・・
すっかりコメディエンヌですねぇ。この間の彼女の作品をちゃんと見ていれば
違和感ないのかなぁ?かなりの隔たりがあるようにみえるけど。
まぁ悪い意味じゃないんで別にいいんですけどネ。
話に聞くとこのドラマでは彼女の壊れっぷりがとにかく面白いということで大注目です。
続きを読む
Recent Comments
Archives
Information
ご訪問ありがとうございますッ。現在、TB・コメントは投稿受付後に承認制になっております。宣伝を目的としたもの、記事との関連性が見受けられないものや迷惑と判断したTB・コメントについては非掲載及び削除する場合があります。またその判断理由について報告、説明は致しません。以上、予めご了承くださいませ。

★勘定は★感情です。評価点ではなくあくまでもフィーリング、好みのレベルを表現しています。★3つは幅広いんですが、いずれも記事内容をご覧になって頂ければと思います。
記事検索
  • ライブドアブログ