カノンな日々

愛する、えいが、さっかー、わんこ、おさけ、 おんがくに埋もれた日々を綴ります。

ドイツ

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲/ジョーフィア・プソッタ

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲劇場予告編を観た瞬間、これは犬版『猿の惑星』だと。でもSFではなさそうです。


出演はその他に 、シャンドール・ジョーテール、ラースロー・ガールフィ、リリ・ホルヴァート
監督:コルネル・ムンドルッツォ

+++ちょいあらすじ続きを読む

ミケランジェロ・プロジェクト/ジョージ・クルーニー

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
ミケランジェロ・プロジェクトジョージ・クルーニーが監督と脚本を務めていたのはつい最近まで知りませんでした。第2次大戦末期のヨーロッパを舞台にナチスに強奪された美術品を奪還の任務を遂行する美術分野の専門家チームの活躍を描いたサスペンス・アクション・ムービーです。


出演はその他に、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ボブ・バラバン、ヒュー・ボネヴィル、ケイト・ブランシェット
監督:ジョージ・クルーニー

+++ちょいあらすじ続きを読む

フューリー/ブラッド・ピット

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
フューリーエンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督がブラッド・ピットの主演で第2次世界大戦下のヨーロッパでたった一台の戦車"フューリー"で300人のドイツ軍部隊に戦いを挑んだ5人の兵士たちの姿を描いた戦争ドラマです。


出演はその他に、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド
監督:デヴィッド・エアー

+++ちょいあらすじ続きを読む

サバイビング・モロッコ/フェド・ベンシェムジ

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
サバイビング・モロッコ第62回ベルリン国際映画祭パノラマ部門CICA賞(って何だろ?)を受賞し第85回アカデミー賞の外国語映画賞にモロッコ代表作としてエントリーされたという作品です。WOWOWの作品紹介を観たら、これがいかにも良質なミニシアター系作品って雰囲気が漂っていて良さげだったので観てみることにしました。ベルギー、フランス、モロッコ、ドイツ、アラブ首長国連邦による製作で日本劇場未公開作品です。

出演はその他に、イマーネ・エルメクラフィ
監督:フォージ・ベンサイディ

+++ちょいあらすじ続きを読む

ソハの地下水道/ロベルト・ヴィエツキーヴィッチ

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
ソハの地下水道ナチス・ドイツ占領下にあるポーランドを舞台にユダヤ人たちを地下に匿い命を救ったという水道労働者ソハの実話を基にしたヒューマン・ドラマです。監督は『敬愛なるベートーヴェン』のアグニェシュカ・ホランド。監督ご自身がポーランド出身の方ですのでこの作品にかける意気込みも強そうですね。当初は英語作品として企画されていたのをポーランド語などに変更し2012年アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品です。

出演はその他に、ベンノ・フユルマン、アグニェシュカ・グロホウスカ、マリア・シュラーダー、ヘルバート・クナウプ、キンガ・プレイス
監督:アグニェシュカ・ホランド

+++ちょいあらすじ続きを読む

パッション/レイチェル・マクアダムス

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
パッション『殺しのドレス』『ミッション:インポッシブル』などで知られる巨匠ブライアン・デ・パルマ監督が『トゥ・ザ・ワンダー』のレイチェル・マクアダムスと『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』のノオミ・ラパスを主演にフランスのスリラー映画『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』をリメイクした官能クライム・サスペンス・ムービーです。

出演はその他に、ノオミ・ラパス、カロリーネ・ヘルフルト、ポール・アンダーソン
監督:ブライアン・デ・パルマ

+++ちょいあらすじ続きを読む

フライペーパー ! 史上最低の銀行強盗/パトリック・デンプシー

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
フライペーパー!ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の脚本家コンビ、ジョン・ルーカスとスコット・ムーアが再びタッグを組んで手がけた脚本を『ドラゴン・キングダム』のロブ・ミンコフ監督が
近距離恋愛』のパトリック・デンプシーの主演で映画化した犯罪コメディーです。


出演はその他に、アシュレー・ジャッド、ティム・ブレイク・ネルソン、メキ・ファイファー、オクタヴィア・スペンサー
監督:ロブ・ミンコフ

+++ちょいあらすじ続きを読む

ベルリンファイル/ハ・ジョンウ

ブログネタ
韓国映画 に参加中!
ベルリンファイル日本では久々に一般公開されることになった韓国映画界の重鎮ハン・ソッキュの主演作品ですね。しかも共演するのがチョン・ジヒョン、ハ・ジョンウ、リュ・スンボムといった実力派のヒットメーカーたちが顔を揃えた豪華布陣。もうこれだけでも私にとっては十分期待値大の作品なんですよね。『生き残るための3つの取引』のリュ・スンワン監督がメガホンをとり韓国と北朝鮮の秘密諜報員たちによる攻防を描くスパイ・アクション・ムービーです。

出演はその他に、ハン・ソッキュ、チョン・ジヒョン、リュ・スンボム、イ・ギョンヨン、チェ・ムソン、クァク・ドウォン、キム・ソヒョン、ミョン・ゲナム
監督:リュ・スンワン

+++ちょいあらすじ続きを読む

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀/マキシミリアン・ジモニシェック

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀作品の基になっている史実については、そういえばそんな事があったらしいですねと薄ら知識があるくらいでほとんど知らないに等しいです。1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフにした歴史ミステリー作品。不慮の事故なのかそれとも政治的陰謀か?史実では謎とされているようですが、今作は政治的陰謀によって爆弾が仕掛けられたとする設定で飛行船に乗り込んだ人々の数奇な運命と事故の裏に潜むある陰謀を描く物語です。

出演はその他に、ローレン・リー・スミス、グレタ・スカッキ、クリスティアーネ・パウル、ハイナー・ラウターバッハ、ウルリッヒ・ヌーテン、ステイシー・キーチ、ヒンネルク・シェーネマン、ユストゥス・フォン・ドナーニー、ハンネス・イェーニッケ、ピエール・ベッソン、ユルゲン・ショルナゲル、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、アンドレーアス・ピーチュマン、ミーガン・ゲイ
監督:フィリップ・カデルバッハ

+++ちょいあらすじ続きを読む

アイアン・スカイ/ユリア・ディーツェ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
アイアン・スカイ01もう発想からして最高ですよね。否が応でも期待が高まります。第2次世界大戦で敗北したナチス・ドイツが実はこっそりと月の裏側に逃げ延びていて秘密基地を構築し長年の月日を経てついに地球侵略作戦を実行するという、アンビリーバボな新機軸のSF映画です。日頃からナチスネタはいつまでも尽きないなぁと思うのですが、こんな題材にも使われるなんて感心しちゃいますね。ノリとしてはB級っぽさを感じますがそこも期待して観に行ってきました。

出演はその他に、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カレン、ウド・キア
監督:ティモ・ヴオレンソラ

+++ちょいあらすじ続きを読む

コッホ先生と僕らの革命/ダニエル・ブリュール

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
コッホ先生と僕らの革命ドイツ・サッカーの父と言われるコンラート・コッホ氏の伝記ドラマです。19世紀、帝国主義のドイツでは反英感情が根強く英国発のサッカーも反社会的なものとされているなか、コンラート・コッホ先生は学校教育にサッカーを取り入れ子供たちにフェアプレイの精神や協調性を学ばせ国籍や身分への偏見をもなくしていったのだそうです。そんなコッホ先生と子供たちの絆とドイツ・サッカーのルーツを描く物語です。

出演はその他に、ブルクハルト・クラウスナー、ユストゥス・フォン・ドーナニー、カトリン・フォン・シュタインブルク、トマス・ティーマ、テオ・トレブス、アドリアン・ムーア、ティル・ヴァレンティン・ヴィンター、ユルゲン・トンケル、アクセル・プラール、ヘンリエッテ・コンフリウス
監督:セバスチャン・グロブラー

+++ちょいあらすじ続きを読む

善き人/ヴィゴ・モーテンセン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
善き人英国の劇作家であるC.P.テイラーの舞台劇を原案にヴィセンテ・アモリン監督がヴィゴ・モーテンセンを主演に映画化した作品です。ナチス政権下にある1930年代のドイツを舞台にごく普通の市民であった大学教授が周りに流されるままナチ党に入党したことで葛藤の日々を過ごす姿を描いていくヒューマン・ドラマです。

出演はその他に、ジェイソン・アイザックス、ジョディ・ウィッテカー、スティーヴン・マッキントッシュ、マーク・ストロング、ジェマ・ジョーンズ、アナスタシア・ヒル
監督:ヴィセンテ・アモリン

+++ちょいあらすじ続きを読む

インクハート/魔法の声/ブレンダン・フレイザー

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
魔法の声聞いたところによりますと何でもいろいろな諸事情で長らくお蔵入りとなっていたのがようやく2009年になって全米公開にこぎつけ日本では劇場未公開となり同じ2009年の末にDVDでリリースされたんだそうでう。私はいつものようにWOWOW鑑賞。ポストJ .K ローリング とも呼ばれるドイツ児童文学の新星コルネーリア・フンケによる大ベストセラー『魔法の声』を映画化した作品だそうです。

出演はその他に、ヘレン・ミレン、ポール・ベタニー、ジム・ブロードベント、アンディ・サーキス、イライザ・ホープ・ベネット、ラフィ・ガヴロン、リチャード・ストレンジ、マット・キング、スティーヴ・スピアーズ、ジェイミー・フォアマン、スティーヴン・グレアム、ミラベル・オキーフ、ジョン・トムソン、テレーザ・スルボーヴァ、ジェニファー・コネリー

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲーテの恋 〜君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜/アレクサンダー・フェーリング

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ゲーテの恋『若きウェルテルの悩み』と聞くと『告白』で岡田将生さんが演じた教師を思い出してしまうのですが、要はあのキャラクターの元ネタみたいなものですよね。 1774年に刊行されたドイツの文豪ゲーテの小説『若きウェルテルの悩み』をモチーフに青年時代のゲーテの恋の物語を描いた作品です。監督は『アイガー北壁』のフィリップ・シュテルツェルです。

出演はその他に、ミリアム・シュタイン、モーリッツ・ブライブトロイ、ヘンリー・ヒュプヒェン、ブルクハルト・クラウスナー、フォルカー・ブルッフ、ハンス・マイケル・レバーグ
監督:フィリップ・シュテルツェル

+++ちょいあらすじ続きを読む

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 3D字幕版/ローガン・ラーマン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船予告編の音楽がなんとなく『パイレーツ・オブ・カリビアン』に似て聴こえるのは気のせい?「三銃士」を「34」にかけるなんて日本でしか通用しない洒落ですよね?そっか、オーランド・ブルームはもう34歳なんだ。原作はもちろんかの有名なアレクサンドル・デュマの『三銃士』ですけど、登場人物以外の原型はほとんど留めていないような気がしないではないです(笑)。しかしあのダ・ヴィンチの飛行船とやらにはかなり惹かれるものがありました。だから「ファイナル・ファンタジー」も好きなんです、と言えばきっとわかる方にはわかるでしょう(笑)。

出演はその他に、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツ、マシュー・マクファディン、レイ・スティーヴンソン、ルーク・エヴァンス、マッツ・ミケルセン、ガブリエラ・ワイルド、ジェームズ・コーデン、ジュノー・テンプル、フレディ・フォックス
監督:ポール・W・S・アンダーソン

+++ちょいあらすじ続きを読む

ミケランジェロの暗号/モーリッツ・ブライブトロイ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ミケランジェロの暗号学生時代から私の大好きな偉大なる画家ミケランジェロ。死ぬまでに一度はシスティーナ礼拝堂の天井画をこの目で見たいなと思っているのですが、といってもこの映画はミケランジェロのお話ではなくミケランジェロの名画を鍵にするサスペンス・ドラマです。第80回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『ヒトラーの贋札』のスタッフが映画化した作品だそうです。

出演者はその他に、ゲオルク・フリードリヒ、ウーズラ・シュトラウス、マルト・ケラー、ウーヴェ・ボーム、ウド・ザメル、ライナー・ボック、メラーブ・ニニッゼ、カール・フィッシャー、クリストフ・ルーザー、セルゲ・ファルク
監督: ヴォルフガング・ムルンベルガー

+++ちょいあらすじ続きを読む

ヒマラヤ 運命の山/フロリアン・シュテッター

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ヒマラヤ 運命の山私は山登りはしませんが山好き登山好きの母からいろいろ話を訊かされてるうちに山岳映画好きになってたみたいです(笑)。ま、疑似体験が楽しめるのも映画の魅力の一つですからね。1970年、多くの登山家たちを魅了しそして多くの命を奪ってきた標高8,125メートルのナンガ・パルバート峰でルパール壁の初登頂に成功した登山家・ラインホルト・メスナーの実体験を基に描かれる冒険の物語です。

出演はその他に、アンドレアス・トビアス、カール・マルコヴィクス、シュテフェン・シュローダー、ユール・ロンステット、レナ・シュトルツェ、セバスティアン・ベッツェル、フォルカー・ブルッフ、ミヒャエル・クランツ、マルクス・クロイヤー、ロレンツォ・ヴァルヒャー、マティアス・ハービッヒ
監督:ヨゼフ・フィルスマイアー

+++ちょいあらすじ続きを読む

レッド・バロン/マティアス・シュヴァイクホファー

ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
レッド・バロン何故か飛行機野郎のお話って好きなんですよね。ジブリ作品でも他作品と比べるとやや人気薄めな『紅の豚』が大好きだったりします。というのもレッド・バロンってフライング・エースに成りきるスヌーピーの宿敵で、この名前は幼少の頃から知っていましたが、実在した第一次世界大戦のドイツ空軍エースだと知ったのはもっと後の大人になってからのことでした。ちなみにスヌーピー好きだった私が愛犬ビーグルにバロンと名付けたのはこのレッド・バロンとテリー・ギリアム監督の『バロン』に由来していたのでした。

出演者はその他に、ティル・シュヴァイガー、レナ・ヘディ、ジョセフ・ファインズ、フォルカー・ブルッヒ、シュテフェン・シュローダー

+++ちょいあらすじ続きを読む

アンチクライスト/シャルロット・ゲンズブール

ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
アンチクライスト私の好きなラース・フォン・トリアー監督が私の好きなシャルロット・ゲンズブールを主演に描いたエロティック・サイコ・スリラー作品です。とはいえラース・フォン・トリアー監督が好きと言いつつ全作品を観てるわけじゃないんですけど、何でもこの作品はあの未完のカルト作品『キングダム』(コレはVHSで持ってます)にも通ずるアンダーグランド・ワールドなんだそうで(でも予告編の印象では『キングダム』な感じはしませんでしたけど?)まぁ実際のとこはともかくとして劇場で鑑賞出来るラース・フォン・トリアー作品ということでとにかく楽しみにしてました。

出演はその他に、ウィレム・デフォー、ストルム・アヘシェ・サルストロ

+++ちょいあらすじ続きを読む

白いリボン/クリスティアン・フリーデル

ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
白いリボンドイツの鬼才、ミヒャエル・ハネケ監督によるクライム・ミステリー。2009年カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品です。ぜひ観たいなとかねがね思ってはいたのですが、なかなかその機会が得られずにいて、もうDVDスルーでもいいかなと考えていたところ、昨年末の映画ブロガーさんたちの選ぶベスト作品にこの映画を挙げられている方も多くて、やっぱりこれは観ておかなければいけないなと行ってきちゃいました。

出演はその他に、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテルト、ミヒャエル・クランツ、ブルクハルト・クラウスナー、ライナー・ボック、スザンヌ・ロタール、ウルシーナ・ラルディ、シュテッフィ・クーネルト、ヨーゼフ・ビアビヒラー、ブランコ・サマロフスキー
監督:ミヒャエル・ハネケ

+++ちょいあらすじ続きを読む

ワルキューレ/トム・クルーズ、ケネス・ブラナー

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
31cf9deb.jpg『ワルキューレ』再鑑賞してきました。とてもサスペンスフルな展開でハラハラドキドキ、今回は睡魔にも負けることなくしっかり堪能してきちゃいました。オススメのコメントをくださったKLYさん、ゆかりんさん、ありがとうございました。

それにしてもヒトラーって悪運強いんですね。ヨーロッパの一国のクーデター事件なわけだけど、その結果が世界に与える影響がとても大きい歴史的な出来事を描いたエンタメ系社会派サスペンス作品です。続きを読む

わが教え子、ヒトラー/ウルリッヒ・ミューエ

ブログネタ
新・映画鑑賞日記 に参加中!
f36f6492.jpgこれもヒトラーの実話を描いた作品なのかと思ってたら、全くのフィクションなのだそうです。でもヒトラーに演説指導を行った人物は実在するそうで、それをモチーフにユダヤ人監督ダニー・レヴィが第二次世界大戦末期、敗戦直前のヒトラーとナチスの姿を皮肉を交えて描くヒューマンドラマです。

出演はその他に、ヘルゲ・シュナイダー、シルヴェスター・グロート、アドリアーナ・アルタラス、シュテファン・クルト、ウルリッヒ・ノエテン、ウド・クロシュヴァルト

+++ちょいあらすじ続きを読む
Recent Comments
Archives
Information
ご訪問ありがとうございますッ。現在、TB・コメントは投稿受付後に承認制になっております。宣伝を目的としたもの、記事との関連性が見受けられないものや迷惑と判断したTB・コメントについては非掲載及び削除する場合があります。またその判断理由について報告、説明は致しません。以上、予めご了承くださいませ。

★勘定は★感情です。評価点ではなくあくまでもフィーリング、好みのレベルを表現しています。★3つは幅広いんですが、いずれも記事内容をご覧になって頂ければと思います。
記事検索
  • ライブドアブログ