カノンな日々

愛する、えいが、さっかー、わんこ、おさけ、 おんがくに埋もれた日々を綴ります。

リメイク

ダーク・ウォーター/ジェニファー・コネリー

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
ダーク・ウォーター鈴木光司さんの原作で中田秀夫監督が映画化した『仄暗い水の底から』を『モーターサイクル・ダイアリーズ』のウォルター・サレス監督がハリウッド・リメイクしたサスペンス・ホラー・ムービーです。2004年の作品でいまさらだし以前にも観てるのですが、また観てしまったので何かしら書き記しておこうかなと。

出演はその他に、アリエル・ゲイド、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス、パーラ・ヘイニー=ジャーディン、カムリン・マンハイム、ピート・ポスルスウェイト、ダグレイ・スコット、デブラ・モンク
監督:ウォルター・サレス

+++ちょいあらすじ続きを読む

イコライザー/デンゼル・ワシントン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
イコライザー劇場予告編では触れてなかったように思いますけど80年代に人気を博したTVドラマの映画リメイク版なんだそうですね。『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督がデンゼル・ワシントンと再タッグを組み元CIAの凄腕エージェントの戦いを描いたサスペンス・アクション・ムービーです。

出演はその他に、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ テリー
デヴィッド・ハーバー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ
監督:アントワーン・フークア

+++ちょいあらすじ続きを読む

容疑者X 天才数学者のアリバイ/リュ・スンボム

ブログネタ
韓国映画 に参加中!
容疑者X 天才数学者のアリバイ直木賞を受賞した東野圭吾さんのミステリー小説を韓国で映画化した作品です。監督は『受取人不明』のパン・ウンジン。日本版もあれだけの大ヒットを記録しましたし、主演が『 ベルリンファイル 』のリュ・スンボムで、そして共演には『光州5・18』のイ・ヨウォンと私の好きな二人の共演作ということもあってちょっと期待して観てみました。

出演はその他に、イ・ヨウォン、チョ・ジヌン、キム・ユンソン、キム・ボラ、イ・ソクチュン
監督:パン・ウンジン

+++ちょいあらすじ続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014) IMAX-3D/アーロン・テイラー=ジョンソン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
GODZILLA日本が世界に誇る怪獣映画『ゴジラ』のハリウッドによる再リメイク作品です。ローランド・エメリッヒ監督が手がけた1998年の『GODZILLA』があまりに酷い出来で失望させらましたが、今作は劇場予告編の印象ではかなり観応えありそうで期待して観に行ってきました。

出演はその他に、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッド・ストラザーン、ブライアン・クランストン、宝田明
監督:ギャレス・エドワーズ

+++ちょいあらすじ続きを読む

MONSTERZ モンスターズ/藤原竜也

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
MONSTERZ モンスターズ予告編の冒頭くらいですぐにこれは韓国映画『超能力者』のリメイクだと気付きましたよ。主演が藤原竜也さんと山田孝之さんというちょっと意外な感じもする組み合わせと監督があのホラー映画の名手中田秀夫監督ということもあって期待して観に行ってきました。

出演はその他に、山田孝之、石原さとみ、田口トモロヲ、落合モトキ、太賀、三浦誠己、藤井美菜、森下能幸、平山祐介、松岡恵望子、佐藤詩音、土師野隆之介、松重豊、木村多江
監督:中田秀夫

+++ちょいあらすじ続きを読む

キャリー (2013)/クロエ・グレース・モレッツ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
キャリー1976年にブライアン・デ・パルマ監督がスティーブン・キングの同名小説を映画化し大ヒットさせた名作ホラー『キャリー』をクロエ・グレース・モレッツ主演にリメイクした作品です。オリジナルのクライマックスのパーティ会場での惨劇は映画史に刻まれる名シーンだと思いますが、あのシーンがどう描かれるかだけでもけっこう楽しみですし、クロエ・グレース・モレッツにも大いに期待して観に行ってきました。

出演はその他に、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリア、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート
監督:キンバリー・ピアース

+++ちょいあらすじ続きを読む

101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜/リン・チーリン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
101回目のプロポーズ 〜SAY YES〜1991年に脚本・野島伸司さん、主演は浅野温子さんと武田鉄矢さんで製作、放送されたフジテレビの大ヒット月9ドラマ「101回目のプロポーズ」はその後にチェ・ジウ主演で韓中合作のTVドラマとしてもリメイクされましたが、この劇場版は物語の舞台を上海に移しての日中合作で映画化された作品です。主演は『レッドクリフ』シリーズのリン・チーリンと『ハーバー・クライシス<湾岸危機>Black & White Episode 1』のホァン・ボー。そして武田鉄矢さんは日本版と同じく達郎役で特別出演されてるんだとか。もとになってるドラマの出来がいいだけによっぽど下手なことをしなければハズすこともないでしょうと期待して観に行ってきました。

出演はその他に、ホアン・ボー、チン・ハイルー、カオ・イーシャン、武田鉄矢
監督:レスト・チェン

+++ちょいあらすじ続きを読む

レッド・ドーン/クリス・ヘムズワース

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
レッド・ドーン劇場予告編を初めて目にしたとき「北朝鮮がアメリカを占拠」というあまりに荒唐無稽な設定に笑ってしまいました。でも後で調べてみたらこの映画は1984年に製作された『若き勇者たち』のリメイク作品なんだそうですね。冷戦時代に製作されたオリジナルではソ連が敵国だったのが北朝鮮へと変わったようですが、直近の予告編だとどうやら敵は北朝鮮だけはなさそうで、何だか面白そうで楽しみにしてました。

出演はその他に、ジョシュ・ペック、ジョシュ・ハッチャーソン、エイドリアンヌ・パリッキ、イザベル・ルーカス、コナー・クルーズ。ジェフリー・ディーン・モーガン
監督:ダン・ブラッドリー

+++ちょいあらすじ続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D 吹替版

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
スター・トレック イントゥ・ダークネスせっかくのフリーパス期間中なので吹替版で再鑑賞してみました。
感想は基本的に初見時の記事に書いてありますので、こちらでは雑感を少々・・・続きを読む

許されざる者/渡辺謙、佐藤浩市

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
許されざる者あのクリント・イーストウッドの監督・主演による1992年の名作西部劇を『悪人』の李相日監督が開拓時代の北海道に舞台を移し江戸幕府最強の刺客として恐れられた男を主人公の物語にリメイクした作品です。『七人の侍』の逆パターンみたいなものですけど、予告編の重厚な雰囲気に期待して観に行ってきました。

出演はその他に、柄本明、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、近藤芳正、國村隼、滝藤賢一、小澤征悦、三浦貴大
監督:李相日

+++ちょいあらすじ続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199/第7章 そして艦は行く/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宇宙戦艦ヤマト2199:第七章 そして艦は行く第23話「たった一人の戦争」第24話「遥かなる約束の地」第25話「終わりなき戦い」第26話「青い星の記憶」を再編集した劇場版第7弾。2012年の4月に第1章が公開された今シリーズもこの第7章でついに完結です。およそ17ヶ月に渡る宇宙戦艦ヤマトの壮大な宇宙の旅と戦いの物語もこれでコンプリートだと思うととっても感慨深いものがありますね。イスカンダルで知る衝撃の事実。デスラー戦法、沖田艦長の死と、赤から青へと変わり輝く地球の姿など楽しみなシーンがいっぱいです。


出演はその他に、小野大輔、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、久川綾、内田彩、茅原実里、堀勝之祐、森田順平、秋元羊介、大塚明夫、山寺宏一
監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ
続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 第6章 「到達!大マゼラン」/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宇宙戦艦ヤマト2199:第六章 到達!大マゼラン地上波でも放送が始まりましたが、不朽の名作TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の完全リメイク版。この第6章は「第19話 彼らは来た」「第20話 七色の陽のもとに」「第21話 第十七収容所惑星」「第22話 向かうべき星」を再編集したもので副題にあるようにヤマトはついに大マゼラン銀河に到達。迎え撃つドメル将軍率いる空母艦隊と決死の攻防に期待です。

出演はその他に、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、久川綾、内田彩、茅原実里、堀勝之祐、森田順平、秋元羊介、大塚明夫、山寺宏一
監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ続きを読む

モネ・ゲーム/コリン・ファース

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
モネ・ゲーム犯罪コメディーの名画『泥棒貴族』をジョエル、イーサン・コーエン兄弟監督が脚本を手がけ『終着駅 トルストイ最後の旅』のマイケル・ホフマンがメガホンをとりコリン・ファースとキャメロン・ディアスの共演で描いたリメイク作品です。オリジナルは未見ですがシニカルな犯罪ドラマを数多く手がけてきたコーエン兄弟の手腕に期待して観に行ってきました。

出演はその他に、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、トム・コートネイ、スタンリー・トゥッチ
監督:マイケル・ホフマン

+++ちょいあらすじ
続きを読む

死霊のはらわた (2013)/ジェーン・レヴィ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
死霊のはらわた(2013)スプラッター・ホラーの金字塔を打ち立てたサム・ライミ監督による1981年の名作『死霊のはらわた』をサム・ライミが再びブルース・キャンベルと共にプロデュースしたリメイクした作品です。サム・ライミといえば最近は『スパイダーマン』シリーズなどの印象が強いですが、ある意味これは原点回帰となるのでしょうか?でもそれなら自身で撮ってほしいけど(笑)。監督は今作がこれが長編作品初となる新鋭フェデ・アルバレスだそうです。


出演はその他に、シャイロー・フェルナンデス、ジェシカ・ルーカス、ルー・テイラー・プッチ、エリザベス・ブラックモア
監督:フェデ・アルバレス

+++ちょいあらすじ続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 第5章 「望郷の銀河間空間」/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宇宙戦艦ヤマト2199 第5章シネコンでの上映は限定的なイベントですが回を重ねるごとに認知度も高まり、さらに地上波での放送も始まったようで話題性も高まってきてるみたいですね。新TVシリーズの「第15話 帰還限界点」「第16話 未来への選択」「第17話 記憶の森から」「第18話 昏き光を越えて」を再編集したこの第五章なんですが先日予告編を観たときビックリしました。「え?デスラー総統の暗殺???」「森雪がイスカンダル星人だったって何???」トレイラーとしては抜群の引き具合で、もうその真相が気になって気になって公開されるのを楽しみにしていました。

出演はその他に、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、久川綾、内田彩、茅原実里、堀勝之祐、森田順平、若本規夫、秋元羊介、大塚明夫、山寺宏一
監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ続きを読む

フットルース 夢に向かって/ケニー・ウォーマルド

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
フットルース夢に向かって1984年に公開された私の大好きな青春ダンス映画『フットルース』のリメイク版で2011の作品です。リメイクされてたんて全然知らなくて見つけてすぐに飛びつくように鑑賞しちゃいました。

出演はその他に、ジュリアン・ハフ、デニス・クエイド、アンディ・マクダウェル、マイルズ・テラー
監督:クレイグ・ブリュワー

+++ちょいあらすじ続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 第4章「銀河辺境の攻防」/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
第四章 銀河辺境の攻防1974年に放映された「宇宙戦艦ヤマト」のTVシリーズ第1作をベースにしたこの新シリーズもいよいよ物語中盤の第4章へと突入。第4章は第11話「いつか見た世界」第12話「その果てにあるもの」第13話「異次元の狼」第14話「魔女はささやく」の4編で構成されます。第3章ラストでヤマト艦内に取り残されてしまったガミラスのパイロットのメルダがその後どんな行動をみせるのか?そしていよいよ登場のガミラスの名将ドメルとヤマトの対決のその行方は?楽しみいっぱいで観に行ってきました。

声の出演はその他に、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、チョー、田中理恵、佐藤利奈、平川大輔、藤原啓治、土田大、久川綾、内田彩、広瀬正志、茅原実里、伊藤静、中田譲治、秋元洋介、大塚明夫、山寺宏一
監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ続きを読む

映画 妖怪人間ベム/亀梨和也、杏、鈴木福

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
映画 妖怪人間ベム子供の頃、夕方に放送されていたTVアニメが懐かしい世代です。画もストーリーもホラータッチで怖かった印象がありますがそこに社会風刺的な意味があったのを知ったのはもう少し大人になってからのことでした。実写版はアニメとは違うオリジナルストーリーにアレンジされていて自分たちの「出自」と「人間になること」がより大きなテーマになっていたように思いましたが、そういえばアニメの最終回ってどうなったんでしたっけ?人間にはなれずに何だか曖昧な終わり方だったような気がするんですけど、果たしてこの実写版ではどういう結末を迎えるのか楽しみです。

出演はその他に、柄本明、堀ちえみ、石橋杏奈、杉咲花、永岡佑、広田レオナ、あがた森魚、北村一輝、畠山彩奈、中村橋之助、筒井道隆、観月ありさ
監督:狩山俊輔

+++ちょいあらすじ続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 第3章 「果てしなき航海」/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宇宙戦艦ヤマト2199 第3章『宇宙戦艦ヤマト2199』全26話を全7章で再編し各章順次映画館にて公開していくシリーズの第3章です。今作は第7話「太陽圏に別れを告げて」第8話「星に願いを」第9話「時計仕掛けの虜囚」第10話「大宇宙の墓場」の4話で構成されガミラスとの接触など旧作にはなかったオリジナルストーリーも展開されていくそうです。

声の出演はその他に、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、チョー、田中理恵
監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ続きを読む

ブロブ 宇宙からの不明物体/シャウニー・スミス

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
ブロブ 宇宙からの不明物体子供の頃、テレビで観てけっこう好きだった作品なんですよね。たしかその頃にスライムなるものが流行ってたように思うのですが、そんなスライムみたいな巨大生物を町をを襲うSFモンスター.パニック.ムービーです。懐かしくてまた観てしまいましたが、邦題はこれではなくて『○○アメーバー』だったような?違うかな?1988年の作品です。

出演はその他に、ドノヴァン・リーチ、ケヴィン・ディロン、リッキー・ポール・ゴールディン、キャンディ・クラーク、ビリー・ベック
監督:チャック・ラッセル

+++ちょいあらすじ続きを読む

イエロー・ハンカチーフ/ウィリアム・ハート

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
イエロー・ハンカチーフ日本が誇る山田洋次監督の不朽の名作『幸福の黄色いハンカチ』を舞台をアメリカ南部の都市へと移しオスカー俳優のウィリアム・ハートの主演で描いたリメイク作品です。共演者には『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、そして桃井かおりさんも出演しています。日本公開時に気にはなっていたものの観に行けなかったのですが、ようやく鑑賞することができました。

出演はその他に、マリア・ベロ、エディ・レッドメイン、クリステン・スチュワート、エマニュエル・コーン、ヌリト・コーン、ヴェロニカ・ラッセル、桃井かおり
監督:ウダヤン・プラサッド

+++ちょいあらすじ続きを読む

トータル・リコール (2012)/コリン・ファレル

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
トータル・リコール1990年にポール・バーホーベン監督によるアーノルド・シュワルツェネッガーの主演で大ヒットした『トータル・リコール』を『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督がコリン・ファレルの主演でリメイクした大作SFアクション映画です。シュワちゃん版は近未来像の描き方がなかなか秀逸でその後のSF作品にも影響を与えたという話をずっと前に見聞きしたことがって、私の中では一応名作SFのカテゴライズに入れてあるもので、この新作リメイク版はついにきたねという感じでした。当時、人気絶頂だったシュワちゃん効果もあったとは思いますが、最新の映像技術で蘇る新たな世界を楽しみに観に行ってきました。

出演はその他に、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ
監督:レン・ワイズマン

+++ちょいあらすじ続きを読む

ピラニア リターンズ 3D 字幕版/ダニエル・パナベイカー

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ピラニア リターンズ日本ではB級映画もハイバジェットな大作映画と同じ目線で評価されてその面白さがなかなか認められないような風潮があったりもしますけど、私は『ピラニア3D』がスマッシュヒットでしたので、この続編も大歓迎。

これはパニック・サスペンス・コメディと言ってもいいジャンルで、恐怖感だけではなくありえないシチュエーションでのありえない展開に笑えることも重要なのです。コワオモシロです。いや正直恐さはどうでもよくて笑えるほう重視かも。予告編を観ると何だかグラインドハウスみたいなノリで面白そうでしたしR18+指定も期待できそうで観に行ってきました。

出演はその他に、マット・ブッシュ、デヴィッド・ケックナー、クリス・ジルカ、カトリーナ・ボウデン、ゲイリー・ビューシイ、クリストファー・ロイド、デヴィッド・ハッセルホフ
監督:ジョン・ギャラガー

+++ちょいあらすじ続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 第2章「太陽圏の死闘」/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宇宙戦艦ヤマト2199 第2章「太陽圏の死闘」宇宙戦艦ヤマト2199』の第2章です。第1話「イスカンダルの使者」第2話「我が赴くは星の海原」をまとめた第1章「遥かなる旅立ち」のラストで永きに渡り地底で眠っていた戦艦大和が宇宙戦艦ヤマトとして蘇り人類最後の希望を背負って遙か16万8000光年彼方にあるイスカンダル星への大航海へと旅立っていきました。

そしてこの第2章は第3話「木星圏脱出」、第4話「氷原の墓標」、第5話「死角なき罠」、第6話「冥王の落日」をまとめたものでこの中でSFアニメ作品として鮮烈な印象を与えてくれた「ワープ航法」「波動砲」といったヤマトならではのスーパーな装備を駆使しガミラス帝国との壮絶な戦いを繰り広げながら冥王星まで、すなわち太陽系の果てまでの旅の物語を描いていきます。

声の出演はその他に、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、細谷佳正、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、チョー、田中理恵
監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ続きを読む

愛と誠/妻夫木聡、武井咲

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
愛と誠幼稚園の頃、今の園児たちが『家政婦のミタ』に夢中になったように私はこの『愛と誠』に夢中になった覚えがあります。といってもドラマの内容なんてほとんど覚えてるわけもなく、微かな記憶にあるのが主人公で不良少年の誠の額の傷跡はスキー場で超・お嬢様の早乙女愛を事故から救った時の怪我で、それきっかけ二人のラブストーリーということくらいなんですが、予告編を観てビビビ、ビックリです。ミュージカル仕立てになってるはコメディになってるは『愛と誠』ってこんなヘンテコなドラマでしたっけ???

某劇場でたまたま小耳に挟んだこの映画の関係者らしき方の話によりますと三池崇史監督によるこの大胆な脚色が一般ウケするかどうか?が商業的には勝負らしいのです。でもその関係者さんは何やら不安そうな口ぶりでした(笑)。個人的には好きなのにちゃんとした記憶がないので正統派なドラマを期待していたのですが、主演の妻夫木聡さんも「変な映画」とコメントしてたくらいですから変わり種を楽しんできたいと思います。

出演はその他に、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、前田健、加藤清史郎、一青窈、余貴美子、伊原剛志、市村正親
監督:三池崇史

+++ちょいあらすじ続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199 第1章「遥かなる旅立ち」/菅生隆之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
宇宙戦艦ヤマト21991974年に放送された日本のスペースオペラの金字塔『宇宙戦艦ヤマト』のシリーズ第1作をベースに新たなスタッフの手でリニューアルされたTVアニメの第1話・第2話を第1章として劇場公開する作品です。

声の出演はその他に、小野大輔、鈴村健一、桑島法子、大塚芳忠、麦人、赤羽根健治、千葉繁、藤原啓治、久川綾、田中理恵、佐藤利奈、内田彩
総監督:出渕裕

+++ちょいあらすじ続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女/ダニエル・クレイグ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ドラゴン・タトゥーの女世界的なベストセラーとなったスウェーデンのスティーグ・ラーソンによる原作小説を映画化した『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』をデヴィッド・フィンチャー監督がハリウッドリメイクした作品です。ハリウッドでリメイクされると知ったとき、ミカエル役は私もダニエル・クレイグがいいかも?と思ったのですがズバリその通りになってしまいました。一方リスベット役は全く思い当たらりませんでしたが、何でもナタリー・ポートマンも候補になっていたんだとか。結局監督さんは無名なほうがいいということで『ソーシャル・ネットワーク』で主人公の恋人役を演じたルーニー・マーラーが抜擢されたそうですが、予告編を観たらノオミ・ラパスが演じたリスベットの雰囲気とソックリなんですよね。既にオチまで全部知っているミステリー作品なのでどういうスタンスで観るのがいいのか考えてしまうんですけど、オリジナルは少し忘れて新鮮な気分で臨んでみることにします。

出演はその他に、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーヴン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、ベンクトゥ・カールソン、ロビン・ライト、ゴラン・ヴィシュニック、ジェラルディン・ジェームズ、ジョエリー・リチャードソン、インガ・ランドグレー、ペル・ミルバーリ、マッツ・アンデション、イーヴァ・フリショフソン、ドナルド・サンプター、エロディ・ユン、ヨセフィン・アスプルンド、エンベス・デイヴィッツ、ウルフ・フリベリ
監督:デヴィッド・フィンチャー

+++ちょいあらすじ続きを読む

フライトナイト/恐怖の夜/アントン・イェルチン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
恐怖の夜最初に予告編を目にしたとき「アレ?コレと似たお話を観たことあるなぁ」と思ってたら最後にタイトルが表示されてリメイク作品だと気付きました。オリジナルは1985年に作られたトム・ホランド監督による青春ホラー映画なんですけど、あれってリメイクされるような有名な作品だったんですね。ストーリーには多少手を加えているようですが、映像はかなり派手に仕上げているようで面白そうに思いましたが3Dで観るかは考えてしまいます。しかし何よりヴァンパイアを演じるのがコリン・ファレルなのがいいですね。主人公の少年が『ターミネーター4』でカイル・リースを演じたアントン・イェルチンだというのはつい最近知りました。監督は『ラースと、その彼女』のクレイグ・ギレスピー。

出演はその他に、コリン・ファレル、クリストファー・ミンツ=プラッセ、デヴィッド・テナント、イモージェン・プーツ、トニ・コレット、デイヴ・フランコ、リード・ユーイング、ウィル・デントン
監督:クレイグ・ギレスピー

+++ちょいあらすじ続きを読む

シャッフル2 エクスチェンジ/サラ・ミシェル・ゲラー

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
シャッフル2 エクスチェンジ同じ『シャッフル』繋がりということで続けてエントリーしちゃいますが、こちらはサンドラ・ブロックの主演でシャッフルされてしまう1週間に翻弄されてしまう女性を描いたサスペンス・スリラー劇『シャッフル』のシリーズ第二作。とはいってもこちらも内容は全く違いますし関連性も無さそうです。いったいどうしてこういう邦題になったのでしょう?ちなみに原題は『POSSESSION』です。主演は『THE JUON/呪怨』のサラ・ミシェル・ゲラーと『落下の王国』のリー・ペイスです。

出演はその他に、リー・ペイス、マイケル・ランデス、ツヴァ・ノヴォトニー、チェラー・ホースダル、ポール・ジャレット、ウィリアム・B・デイヴィス、デヴィッド・ルイス、ピーター・ブライアント

+++ちょいあらすじ続きを読む

電人ザボーガー/板尾創路、古原靖久

ブログネタ
特選映画 に参加中!
電人ザボーガー宣伝ポスターでロボットみたいなオートバイにまたがる板尾創路さんのレトロチックな姿に心掴まれてしまいました(笑)。もともとは1974年にTVドラマとして放送された特撮ヒーロー作品で『富江 アンリミテッド』の井口昇監督がリメイク・映画化したものだそうです。このタイトルそしてTVドラマのことは何となく聞き覚えはありましたが、板尾創路さんがヒーローとしての活躍の場がすっかりなくなって落ちぶれてる?熟年時代の主人公を演じているという話を聞いてすごく興味津々。『富江 アンリミテッド』は映像的には面白かったですし、これはちょっと変わり種が観られそうな予感もして何気に楽しみにしてました。

出演はその他に、山崎真実、宮下雄也、佐津川愛美、木下ほうか、渡辺裕之、竹中直人、柄本明
監督:井口昇

+++ちょいあらすじ続きを読む
Recent Comments
Archives
Information
ご訪問ありがとうございますッ。現在、TB・コメントは投稿受付後に承認制になっております。宣伝を目的としたもの、記事との関連性が見受けられないものや迷惑と判断したTB・コメントについては非掲載及び削除する場合があります。またその判断理由について報告、説明は致しません。以上、予めご了承くださいませ。

★勘定は★感情です。評価点ではなくあくまでもフィーリング、好みのレベルを表現しています。★3つは幅広いんですが、いずれも記事内容をご覧になって頂ければと思います。
記事検索
  • ライブドアブログ