カノンな日々

愛する、えいが、さっかー、わんこ、おさけ、 おんがくに埋もれた日々を綴ります。

喪失感

流れ星が消えないうちに/波瑠

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
流れ星が消えないうちに橋本紡さんの同名小説を原作に朝ドラヒロインの波瑠さんの主演で映画化したヒューマン・ラブストーリーです。

出演はその他に、入江甚儀、葉山奨之、黒島結菜、小市慢太郎、西原亜希、岸井ゆきの、八木将康、渡辺早織、古舘寛治、石田えり
監督:柴山健次

+++ちょいあらすじ続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ/リース・ウィザースプーン

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
わたしに会うまでの1600キロアメリカ西海岸を南北に1600kmを3ヶ月かけて自然歩道踏破に挑んだ女性シェリル・ストレイドの自伝小説を原作にリース・ウィザースプーンの主演で映画化したヒューマンドラマです。


出演はその他に、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、ミキール・ハースマン、ギャビー・ホフマン、キーン・マクレイ、ケヴィン・ランキン、W・アール・ブラウン
監督:ジャン=マルク・ヴァレ

+++ちょいあらすじ続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所/クロエ・グレース・モレッツ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
イフ・アイ・ステイゲイル・フォアマンのヤングアダルト小説のベストセラー作品「ミアの選択」をクロエ・グレース・モレッツの主演で映画化した青春ファンタジー映画です。交通事故で家族を失い自身も昏睡状態になってしまった17歳のヒロインが“生”か“死”かという究極の選択を迫られるまでの24時間を描くヒューマン・ストーリーです。

出演はその他に、ミレイユ・イーノス、ジョシュア・レナード、ジェイミー・ブラックリー、ステイシー・キーチ、リアナ・リベラト、ガブリエル・ローズ、ジェイコブ・デイヴィーズ、アリ・ミルナー、アイシャ・ハインズ、ローレン・リー・スミス
監督:R・J・カトラー

+++ちょいあらすじ続きを読む

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/入野自由

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。TVアニメを見てこんな号泣したことは今までにないってくらいに泣いた珠玉の青春ファンタジー『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。なんとなくタイトルに惹かれてとりあえず録画してそれを何となく観始めたらこれが何と感動の宝石箱のような素敵な物語に涙腺決壊でした。本作劇場版はTVアニメの物語に1年後のエピソードや描かれなかった過去の出来事を織り交ぜて描いていきます。じんたん、めんま、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽは“超平和バスターズ”の仲間たちに再会出来るのをとても楽しみにしていました。

声の出演はその他に、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織、近藤孝行、田村睦心、瀬戸麻沙美、豊崎愛生
監督:長井龍雪

+++ちょいあらすじ続きを読む

アンコール!!/テレンス・スタンプ

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
アンコール!!STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス』ではバローラム最高議長を演じたテレンス・スタンプとオスカー女優のヴァネッサ・レッドグレーヴとの共演で、一組みの老夫婦の愛と絆を描いた物語です。なんでも監督を務めたポール・アンドリュー・ウィリアムズの自身の家族の体験を基に作り上げた作品なのだそうです。


出演はその他に、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェマ・アータートン、クリストファー・エクルストン、アン・リード、ジャメイン・ハンター、カリータ・レインフォード、ラム・ジョン・ホルダー
監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ

+++ちょいあらすじ続きを読む

ハル/細谷佳正、日笠陽子

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ハル「ハル」と聞いてまず思い出すのはスタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』森田芳光監督の『(ハル)』でどちらも私の中では名作だったりしますが、こちらの『ハル』は近未来の京都を舞台に人間とロボットの純粋な愛をアニメーションで描くラブ・ストーリーだそうで、偶然にも二つを足して2で割ったような映画?というのはかなりこじつけですが、何度か観た予告編は映像が綺麗で雰囲気も良かったので楽しみにしていました。

声の出演はその他に、宮野真守、辻親八、大木民夫
監督:牧原亮太郎

+++ちょいあらすじ続きを読む

桜、ふたたびの加奈子/広末涼子、稲垣吾郎

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
桜、ふたたびの加奈子シネコンに掲示されていた映画ポスターを見て吾郎ちゃんの映画なんて珍しい、て思っていたら通りすがりの人が同じことを口にしていました。吾郎ちゃんと言えば『十三人の刺客』での悪役が素晴らしく印象的でしたけど主演クラスの作品となると『笑の大学』まで遡ることになるのかな?本作は広末涼子さんの主演で最愛の娘を失った夫婦の姿を描くヒューマン・ドラマです。

出演はその他に、福田麻由子、高田翔、江波杏子、吉岡麻由子、田中里衣、永井秀樹、岸建太朗、戸田みのり、安藤聖、山城秀之、増本庄一郎
監督:栗村実

+++ちょいあらすじ続きを読む

世界にひとつのプレイブック/ブラッドリー・クーパー

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
世界にひとつのプレイブックザ・ファイター』のデヴィッド・O・ラッセル監督が亡くなった二人の名匠シドニー・ポラックとアンソニー・ミンゲラの意志を引き継ぎ映画化されたという作品です。それぞれ愛する人を失い心に深い傷を負った男女がダンスコンテストに挑戦し再生する姿を描くヒューマン・ドラマです。

出演はその他に、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーヴァー、クリス・タッカー
監督:デヴィッド・O・ラッセル

+++ちょいあらすじ続きを読む

その夜の侍/堺雅人、山田孝之

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
その夜の侍劇団「THE SHAMPOO HAT」で作・演出を手掛ける赤堀雅秋さんが同名戯曲を自らアレンジ、演出を施し映画化したという作品です。ひき逃げ事故で最愛の妻を失った主人公が出所したひき逃げ犯に復讐は果たすために狂気と日常の狭間でもがきながら生きる姿を描くヒューマンドラマです。物語にも興味津々ですが、対峙する被害者遺族と加害者を演じるのが堺雅人さんと山田孝之さんとあって公開をとても楽しみにしていました。

出演はその他に、綾野剛、高橋努、山田キヌヲ、坂井真紀、谷村美月、安藤サクラ、田口トモロヲ、新井浩文、でんでん、木南晴夏、峯村リエ、黒田大輔、小林勝也、三谷昇
監督:赤堀雅秋

+++ちょいあらすじ続きを読む

一枚のめぐり逢い/ザック・エフロン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
一枚のめぐり逢いきみに読む物語』の原作者であるニコラス・スパークスのベストセラー小説『ザ・ラッキー・ワン』を『幸せのレシピ』のスコット・ヒックスが映画化した純愛ストーリーです。主演のザック・エフロンが髭を生やしてイラクからの帰還兵を演じる姿にこれまでの主演作とは違う落ち着きと渋さが感じられて楽しみにしてました。

出演はその他に、テイラー・シリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート、ジェイ・R・ファーガソン
監督:スコット・ヒックス

+++ちょいあらすじ続きを読む

星の旅人たち/マーティン・シーン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
星の旅人たち聖地サンティアゴへの巡礼の旅を題材にした作品と言えばすぐに思い出されるのが『サン・ジャックへの道』です。美しいスペイン北部を背景に描かれる聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅の物語は2〜3ヶ月に渡る月日の中で様々な人と出会いいろいろな体験を経て主人公たちの心が変化していくドラマがとても魅力的でした。なのでこの作品にも同じ香りを感じて観に行くのを楽しみにしていました。

出演はその他に、エミリオ・エステヴェス、デボラ・カーラ・アンガー、ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン、ジェームズ・ネスビット、チェッキー・カリョ、レネ・エステヴェス、スペンサー・ギャレット、マット・クラーク、アンヘラ・モリーナ、カルロス・レアル
監督:エミリオ・エステヴェス

+++ちょいあらすじ続きを読む

ももへの手紙/美山加恋、優香

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ももへの手紙『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めたという沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させたおよそ12年ぶりになる劇場用長編第2作です。父を亡くし母と二人で東京から瀬戸内の小さな島へと移り住んだ少女が体験する不思議な出来事を通じて再生していく姿を描くファンタジー・ドラマです。短い予告編からも僅かにジワジワとくるものが感じられて、公開を楽しみにしていました。

出演はその他に、西田敏行、坂口芳貞、谷育子、山寺宏一、チョー
監督:沖浦啓之

+++ちょいあらすじ続きを読む

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

ブログネタ
BD.DVD.TV.映画鑑賞日記 に参加中!
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。01日本のTVアニメの質の高さって本当に凄いし素晴らしいですね。TVアニメを観ていてこんなに涙したのは初めてってくらいに感動的でした。『フランダースの犬』も『アルプスの少女ハイジ』もここまではなかったですもんね。毎話涙腺崩壊、最終話はひたすら号泣でした。

声の出演は、入野自由、茅野愛衣、戸松遥、櫻井孝宏、早見沙織、近藤孝行
監督:長井龍雪

ちょうど1年ほどまえにノイタミナ枠で放送された全11話からなる作品です。といってもリアルタイムでは全く知りませんで半年ほど前の4夜連続再放送を録画しておいたのをようやく鑑賞しました。続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/トーマス・ホーン

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ものすごくうるさくて、ありえないほど近いリトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を亡くした少年が父の最後のメッセージを探すためにニューヨークを巡り行く姿を描いたヒューマン・ドラマです。主演の少年役トーマス・ホーンは映画初出演ですが、その脇をトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドーらベテラン勢がガッチリ固める重量感に期待して観に行ってきました。

出演はその他に、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、ゾー・コードウェル
監督:スティーヴン・ダルドリー

+++ちょいあらすじ続きを読む

永遠の僕たち/ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
永遠の僕たちとりあえず、何はさておき加瀬亮さん目当てです。予告編での加瀬亮さんの特攻隊員の制服姿がミョーに似合っていたように思えるのは気のせいでしょうか?どうやら幽霊役らしいんですけどあの映像の中で彼が放っている空気感がいいんですよね。事故で両親を失った孤独な少年とガンで余命いくばくもない少女の交流を『ミルク』のガス・ヴァン・サント監督が繊細なタッチで描いていく作品です。主演のヘンリー・ホッパーはあのデニス・ホッパーの息子さんで本作で商業映画デビューになるんだそうです。

監督:ガス・ヴァン・サント

+++ちょいあらすじ続きを読む

ラビット・ホール/ニコール・キッドマン、アーロン・エッカート

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
ラビット・ホールピューリッツァー賞に輝いたデヴィッド・リンゼイ=アベアーの戯曲を基に劇作家のデヴィッド・リンゼイ=アベアーが脚本を手がけ『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督が映画化した作品なんだそうですが、いずれの名前も私の知識にはない未体験ゾーンの映画です。しかし主演はニコール・キッドマンにアーロン・エッカートとビッグネームが顔を揃えニコールは本作で2011年アカデミー賞主演女優賞にノミネートされているそうですね。幼い息子を失った夫婦の喪失感と再生を描くヒューマン・ドラマです。

出演はその他に、ダイアン・ウィースト、タミー・ブランチャード、マイルズ・テラー、ジャンカルロ・エスポジート、ジョン・テニー、パトリシア・カレンバー、ジュリー・ローレン、サンドラ・オー
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル

+++ちょいあらすじ続きを読む

その街のこども 劇場版/森山未來、佐藤江梨子

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
その街のこども 劇場版昨年、NHKでこのドラマが放送されたとき惜しくも見逃してしまいとても悔やんだのですが、世間でもよっぽど反響があったのか未収録分を加えて再編集し映画化に至りこうして劇場版として公開されることになりました。昨年のうちからこれはぜひ観ておきたいと思っていた作品です。

出演はその他に、津田寛治、白木利周、中川光子

+++ちょいあらすじ続きを読む

パーマネント野ばら/菅野美穂、小池栄子

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
パーマネント野ばら西原理恵子さんの原作を『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が映画化した作品です。「パーマ」は普通に耳にもしますけど「パーマネント」って久々に聞く単語ですよね(笑)。久々といえばTVドラマで活躍する菅野美穂さんも久々の主演映画ということで宣伝活動にも力が入るのかバラエティ番組にたくさん出演されてましたけど、あの気取らないキャラには好感もてちゃいますね。

出演はその他に、池脇千鶴、畠山紬、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、加藤虎ノ介、山本浩司
監督: 吉田大八

+++ちょいあらすじ続きを読む

ソラニン/宮崎あおい、高良健吾

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
ソラニンNANA-ナナ』ではバンドヴォーカルの親友役。『少年メリケンサック
』ではバンドのマネージャー役を演じた宮崎あおいちゃんがついにギター&ヴォーカル役に挑んだ作品です。私の大好物な青春バンド映画でさらにキャスティングも私好みの面々なのでとっても楽しみにしてました。

出演はその他に、桐谷健太、近藤洋一、伊藤歩、ARATA、永山絢斗、岩田さゆり、美保純、財津和夫

+++ちょいあらすじ続きを読む
Recent Comments
Archives
Information
ご訪問ありがとうございますッ。現在、TB・コメントは投稿受付後に承認制になっております。宣伝を目的としたもの、記事との関連性が見受けられないものや迷惑と判断したTB・コメントについては非掲載及び削除する場合があります。またその判断理由について報告、説明は致しません。以上、予めご了承くださいませ。

★勘定は★感情です。評価点ではなくあくまでもフィーリング、好みのレベルを表現しています。★3つは幅広いんですが、いずれも記事内容をご覧になって頂ければと思います。
記事検索
  • ライブドアブログ