カノンな日々

愛する、えいが、さっかー、わんこ、おさけ、 おんがくに埋もれた日々を綴ります。

演劇

ピース オブ ケイク/多部未華子

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ピース オブ ケイクジョージ朝倉さんの同名コミックスを田口トモロヲさんがメガホンをとり多部未華子さんを主演に映画化したラブストーリーです。予告編でのオネエみたいな松坂桃李さんが気になりました。

出演はその他に、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、中村倫也、安藤玉恵、森岡龍、小澤亮太、山田キヌヲ、宮藤官九郎、廣木隆一、柄本佑、峯田和伸
監督:田口トモロヲ

+++ちょいあらすじ続きを読む

死霊高校/リース・ミシュラー

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
死霊高校このタイトル観て邦画だと思ってたら米国産だった。ちなみに原題は『THE GALLOWS』「絞首刑」って意味みたい。レイティングはPG12なんでそんなにグロくはなさそうですが『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのスタッフが手がけたPOV方式の学園ホラーです。

出演はその他に、ファイファー・ブラウン、ライアン・シューズ、キャシディ・ギルフォード、トラヴィス・クラフ
監督:クリス・ロフィング

+++ちょいあらすじ続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/マイケル・キートン

ブログネタ
映画鑑賞日記4 に参加中!
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)第87回アカデミー賞では賞レースの中心的存在であったマイケル・キートン主演のブラック・コメディなダークファタジーなヒューマン・ストーリー。監督は『BIUTIFUL ビューティフル』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督。

出演はその他に、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ

+++ちょいあらすじ続きを読む

幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦/ももいろクローバーZ

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
幕が上がる、その前に。どうしても時間を潰さなきゃいけないためにこの映画を観てみることにしました。ももいろクローバーZ主演映画『幕が上がる』の舞台裏に密着したドキュメンタリー作品です。


出演は、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏、平田オリザ
監督:佐々木敦規

+++ちょいあらすじ続きを読む

幕が上がる/ももいろクローバーZ

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
幕が上がる以前にももいろクローバーZさんの映画、というかオムニバスドラマを劇場公開した『ももドラ momo+dora』ものを観たことがあってその印象が意外と良かったのと、平田オリザさんの原作を本広克行監督が映画化した作品ということで前向きに期待して観に行ってきました。

出演はその他に、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏、黒木華、ムロツヨシ、清水ミチコ、志賀廣太郎
監督:本広克行

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」/古田新太

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII」『ゲキ×シネ』シリーズ第12弾は劇団☆新感線の看板演目でも五右衛門ロックの第3作です。ワタシ的にはゲキ×シネと言えばやっぱりこの五右衛門ロックだけにメチャメチャ期待して観に行ってきました。

出演はその他に、三浦春馬、蒼井優、浦井健治、高橋由美子、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、村井國夫、麿赤兒
監督:渡部武彦、芳谷研

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「シレンとラギ」/藤原竜也

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ゲキ×シネ「シレンとラギ」映画の世界に演劇という新たなジャンルを創りだした劇団☆新感線のゲキ×シネ第11弾です。超鉄板と言えるこのシリーズですが、今作の主演は新感線初参加となる藤原竜也さんです。そして共演は19年ぶりに新感線の舞台に立つ永作博美さん。舞台経験豊富で評価も高い藤原竜也さんと劇団☆新感線のコラボに大きな期待をして観に行ってきました。

出演はその他に、永作博美、高橋克実、三宅弘城、北村有起哉、石橋杏奈、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、古田新太
演出:いのうえひでのり

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」/小栗旬、森山未來

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ゲキ×シネ「髑髏城の七人」待ちに待った「ゲキ×シネ」シリーズの第10弾は小栗旬さん、森山未來さん、早乙女太一さん、小池栄子さん、勝地涼さん、仲里依紗さんら人気、実力を兼ね備えた若手俳優らが顔を揃えた豪華共演作。天下統一を目指す豊臣秀吉を阻もうとする関東髑髏党とその野望に立ち向かう者たちの宿命の対決を迫力あるステージで描いた舞台の映像化作品です。

出演はその他に、早乙女太一、小池栄子、勝地涼、仲里依紗、高田聖子、粟根まこと、河野まさと、千葉哲也
演出:いのうえひでのり

+++ちょいあらすじ続きを読む

もうひとりのシェイクスピア/リス・エヴァンス

ブログネタ
映画鑑賞日記3 に参加中!
もうひとりのシェイクスピア今年最初の劇場鑑賞映画は昨年末忙しくて観に行けず年明け持ち越しとなったこの作品。考えてみたらシェイクスピアの作品に触れる機会はいろいろありましたけど、そのシェイクスピア本人についてはほとんど何も知らないんですよね。といっても今作は史実や人物伝ではないのですが、あの『インデペンデンス・デイ』などSF大作映画を手がけてきたローランド・エメリッヒ監督によるシェイクスピアの作品は別の人物によって執筆されたのではないか?という「シェイクスピア別人説」の謎に迫る歴史ミステリー作品なのです。「シェイクスピア別人説」というのも初耳だったりするのですが、予告編の印象では宮廷ラブサスペンスのような雰囲気もあって面白そうと楽しみにしていました。

出演はその他に、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジョエリー・リチャードソン、デヴィッド・シューリス、ゼイヴィア・サミュエル、セバスチャン・アルメストロ、レイフ・スポール、エドワード・ホッグ、ジェイミー・キャンベル・バウアー、デレク・ジャコビ、ヘレン・バクセンデイル、トリスタン・グラヴェル、サム・リード
監督:ローランド・エメリッヒ

+++ちょいあらすじ続きを読む

行け!男子高校演劇部/中村蒼、池松壮亮

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
行け!男子高校演劇部個性派俳優・池田鉄洋さん(名前を知らなくても顔を見れば「あぁ」とわかる俳優さんでしょう)が初めて手がけた映画脚本を『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』の英勉監督が映画化した作品です。廃部寸前の男子高校演劇部を舞台に繰り広げられる学園青春コメディーです。

出演はその他に、冨田佳輔、川原一馬、金子直史、稲葉友、佐藤永典、新川優愛、足立梨花、八木小緒里、西原亜希、スマイレージ、千葉雅子、菅沼司、中谷竜、広瀬友祐、鈴木拡樹、紅葉美緒、大和田伸也、池田鉄洋

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」/古田新太、天海祐希

ブログネタ
日本映画3 に参加中!
ゲキ×シネ「薔薇とサムライ」映画の世界に演劇という新たなジャンルを創りだした劇団☆新感線のゲキ×シネ第9弾です。シリーズを通しての圧倒的なクオリティの高さ、優れたエンターテイメント力は映画の枠におさまりきれないものがあるんですよね。今作はあの名作『ゲキ×シネ「五右衛門ロック」』の古田新太さん演じる石川五右衛門が17世紀ヨーロッパの小国を舞台に客演の天海祐希さんが演じる王国の女王となった女海賊との運命を描いていく物語です。

出演はその他に、浦井健治、山本太郎、神田沙也加、森奈みはる、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、藤木孝

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」/上川隆也、堺雅人

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
蛮幽鬼ほぼ鉄板と言ってもいいくらいの大アタリ率の高いゲキ×シネシリーズの第8作目です。今回は残念ながら劇団☆新感線の看板俳優の古田新太さんは出演されてないみたいなんですけど、そのかわりお気に入りの堺雅人さんが客演ということでそこんとこ楽しみに観に行ってきました。

出演はその他に、稲森いずみ、早乙女太一、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、山内圭哉、山本亨、千葉哲也

+++ちょいあらすじ続きを読む

ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い/ロレンツォ・バルドゥッチ

ブログネタ
映画鑑賞日記2 に参加中!
ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家「ドン・ジョヴァンニ」といえば、かのモーツァルトが作曲しスペインの伝説の放蕩者でプレイボーイのドン・ファンの物語を描いたオペラ作品。そしてこの映画は「フィガロの結婚」に引き続きその「ドン・ジョヴァンニ」の台本を担った劇作家ダ・ポンテに焦点を当てながら傑作オペラ誕生の過程を描いていく作品です。

出演はその他に、リノ・グアンチャー、エミリア・ヴェルジネッリ、トビアス・モレッティ、エンニオ・ファンタスティキーニ、フランチェスカ・イナウディ、フランコ・インテルレンギ、セルジョ・フォレスティ

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ 「髑髏城の七人 -アカドクロ」/古田新太、水野美紀

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
髑髏城の七人 アカドクロ記念すべきゲキ×シネ第一作目です。最初に公開されたのは2004年だったんですね。私のホームシアターの1つチネチッタでも2008年に上映されてるんですけど1週間限定だったこともあり観る機会がありませんでした。ところが先月横浜にオープンしたばかりの横浜ブルク13で『蜉蝣峠』がされているのに伴い過去5作品がレパートリー上映されることになり幸運なことに鑑賞することが出来ました。

出演はその他に、佐藤仁美、坂井真紀、橋本じゅん、河野まさと、インディ高橋、吉田メタル、保井健、中野順一朗、鹿野哲郎、右近健一、山本カナコ、前田悟、横山一敏、武田浩二、佐治康志、長谷川聖、大林勝、竹内康博、加藤学、矢部敬三、三住敦洋、杉本恵美、中谷さとみ、保坂エマ、中坪由起子、川田希、野口かおる、成田さほ子、秋山エリサ、磯野慎吾、川原正嗣、佐藤正宏、山本亨、梶原善

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「蜉蝣峠」/古田新太、堤真一

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
蜉蝣峠めちゃめちゃ楽しみにしていた劇団☆新感線のゲキ×シネ第7弾です。舞台作品を迫力ある臨場感そのまま(もしくはそれ以上だったり?)に映像化したスーパーエンターテイメント作品。今作『蜉蝣峠(かげろうとうげ)』は定番のいのうえ歌舞伎シリーズ『いのうえ歌舞伎☆壊<PUNK>』をクドカンこと宮藤官九郎さんが脚本を担当し舞台化されたパンクな冒険時代活劇です。

出演はその他に、高岡早紀、勝地涼、木村了、梶原善、粟根まこと、高田聖子、橋本じゅん

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「五右衛門ロック」/古田新太

ブログネタ
日本映画2 に参加中!
goemonrock.jpg「ゲキ×シネ」を鑑賞するのは一昨年に観た『ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」』に続いて2回目です。劇団☆新感線の舞台作品をスクリーン用に撮影したこの「ゲキ×シネ」の魅力は『ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」』の感想でも書きましたが、舞台を生鑑賞していても味わえないような迫力と臨場感が堪能出来るところにあります。これまでの映像化された舞台作品をそのままイメージしてたらビックリしますからね、ホントに。

出演はその他に、松雪泰子、森山未來、江口洋介、川平慈英、濱田マリ、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、北大路欣也

+++ちょいあらすじ続きを読む

ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」/市川染五郎、阿部サダヲ5

ブログネタ
日本映画 に参加中!
b01d759d.jpg映画と演劇を融合させた新感覚の劇場映画「ゲキ×シネ」。なんとなく気になる作品だったけど、確か新宿のシネコンで公開されていて足が向かなかったんですよ。それがホームシアターにしているチネチッタでも上映されることになったので、これはチャンスとばかり観に行ってきました。特別興業で2500円と高いけど途中休憩アリの長編作という事で楽しみです。

出演はその他に、秋山菜津子、真木よう子、古田新太、秋山菜津子、真木よう子、高田聖子、粟根まこと、小須田康人、田山涼成、逆木圭一郎、河野まさと、山本カナコ、磯野慎吾、吉田メタル、中谷さとみ、保坂エマ、村木仁、川原正嗣、前田悟、横山一敏、藤家剛、武田浩二、佐治康志、矢部敬三、加藤学、川島弘之、長谷川聖、愛田芽久、安藤由紀、池永悦美、岡久美香、戸田朱美、中間千草、NAMI、松下美穂、優花えり

+++ちょいあらすじ続きを読む
Recent Comments
Archives
Information
ご訪問ありがとうございますッ。現在、TB・コメントは投稿受付後に承認制になっております。宣伝を目的としたもの、記事との関連性が見受けられないものや迷惑と判断したTB・コメントについては非掲載及び削除する場合があります。またその判断理由について報告、説明は致しません。以上、予めご了承くださいませ。

★勘定は★感情です。評価点ではなくあくまでもフィーリング、好みのレベルを表現しています。★3つは幅広いんですが、いずれも記事内容をご覧になって頂ければと思います。
記事検索
  • ライブドアブログ