生ハムが今、静かなブームの予感です。

ここで言う生ハムはスペイン産のハモンセラーノ(Jamon Serrano)のことで、それを原木(脚1本のカタマリ)で購入すると大体3万円弱。固定用の台座とナイフがセットで付いてきます。

なんだか高いように思えますが、骨までコミで6~7kgの生ハム、バーなどでちまちまちょっぴりで払う代金を考えればとってもオトク。生ハム生活の先達いわく、独身だと毎日ちょっとずつ食べても3ヶ月~半年はかかるとのことです。

朝は生ハムとバゲットでも組み合わせ、夜は生ハムに合う酒を吟味しつつ宅飲みを楽しむと考えるならば、外食が結果的に減ることによってトータルで節約にもなろうというものです。

で、さっそくAmazonでポチって巨大な肉塊が届いたのですが、すぐに食べられるわけではありません。密封されたまま、まずは室内で2~3日放置して温度変化に慣らし、しかる後に開封。そこで表面の汚れを拭き取ってオリーブオイルを丹念に塗り、さらに3日以上放置するのです。そうしてやっと、醗酵保存食品としてイイカンジになるのだとか。

で、あまりの存在感のある肉のカタマリ。せっかくなので黒ロール紙を買ってきて拙宅の一部をスタジオ化し、夜な夜な物撮りの練習をしておりました。

DSC_0862sc

こっちは皮側。美しい……。この写真を撮るまで3日かかりました。

続きを読む