バリックの音楽ひとりごと

クラシック音楽の音楽鑑賞をメインにした、音楽なんでも日記です

2018年4月20日

演奏者
指揮:カンブルラン
オケ:読響
コンマス:小森さん

曲目
アイヴス:ニューイングランドの3つの場所
マーラー:交響曲第9番

場所
サントリーホール(一階中央)


アイヴスはライブでは初めて聞く曲です。アメリカは身近ですが、アメリカの作曲家の音楽ってあまり聞く機会がないですね。まだ古典というかクラシックではないのか、あるいは演奏するには何かが足りない音楽なのか、、、アイヴスってかなり前に交響曲第3番を聞いて「まだ自分には早すぎ」と思って以来しばらく近づかなかった作曲家でした。

ニューイングランドというのは、どうでもいい事ではありますがアメリカの東北6州の事です。全体で自分が良く言っているミネソタ州と同じ大きさです。

この曲が作曲された1910年ごろのアメリカは「進歩主義時代」という時代に入っていて、腐敗の浄化とそれと一体化して進んだ禁酒法への前哨的な、一方で工業化の推進など激動の時代でした。この曲の作曲は、ニューイングランドが近代化まで推進したアメリカ建国に対して、コネチカット生まれのアイヴスが古き良き時代を懐かしむオマージュだったと思います。

そう思ってこの曲を聞くとこの曲の内容は良くわかります。懐かしみを感じさせる俗謡が多くあらわれてくる中で、工業化を表すような元気のよいマーチが現れ、かと思うとちぐはぐなスネアが奇妙なリズムを刻んで社会の混乱を映し出している、、、という曲の構成が良くわかります。アイヴスは結構世相を表す音楽が多いです。

スポティファイでも聞けますので、この読響の演奏を聞き逃した方はそちらを、、、

いやその読響が問題。というかカンブルランが問題。予め勉強していくと割とすんなり聞ける音楽ですが、前回も書いた通り、カンブルランは全部の音符を聞かせようとするので、難解な曲(さすがにアイヴスの初体験からx0年も経つとさほどでもないですが)は初めて聞く人にはやはり難解にしか響かないと思います。パンフレットに書いてあるような俗謡の音楽はどこに出てきたの?という事で終わったでしょう。

第2曲の「コネティカット州レディングのパトナム将軍の兵営」のマーチのノリの悪さは気に入りませんでした。打楽器は「社会の混乱」の模様なのですが、音楽が混乱していて「社会の混乱」までわからなかった。スネアは実は「シュッシュッポッポ」とかもやるんですが、、、、オルガンは第3曲の「ストックブリッジのフーサトニック川」で使われます。ベースやチューバと同じようにロングトーンだけじゃないところはちゃんと出てほしかったし。読響は現代曲はすっきりできないです。カンブルランのせいかな。


マーラーが当然メインです。9番というと若い頃何度も何度も聞いたものです。カラヤン/ベルリン・フィルでした。「箱」に入ったLPを買い、あ、まだ持っていると思いますね。いやはや何度も聞きました。9番に関しては、その演奏が染みついているので結構厳しく聞いてしまう癖があります。

しかし演奏全体は素晴らしかったです。
前回の読響の演奏は6年前で、指揮は尾高忠明でした。その時の演奏も良かった記憶がありますが、今回も良かったです。弦主体になる第4楽章は本当に素晴らしかった。
とは言っても通り言いたいことは結構あって、、、
  • 1楽章と4楽章のテンポは良かったです。しかし2楽章と3楽章はあんなに停滞する音楽では困る。3楽章のスケルツオ?ブルレスケ?に関しては、あのテンポで伝えたかった意図はわかるのです。4楽章のアダージョの第1テーマが3楽章に濃縮されて入っているというのを殊更聞かせたかったかな、と。かなり明確に聞かせてました。しかし後ろのめりのテンポじゃあ3楽章の快活さがなくてつまらない。
  • 2楽章はテンポと関係ありますが、あんな重い音楽にしちゃって。もっと軽くやっていただきたかった。音をいちいち立てて聞いてると疲れますよね。それは4楽章まで取っておきたいのです。4楽章は音を全部聞いて体にしみこませたい。という音楽なんですから2楽章でやらないで。
  • ホルンのゲシュトップの練習やり直してください。ゲシュトップとはビービーとやる演奏法の事です。「1楽章にはあんなにゲシュトップがたくさんあったんですね」って思わせちゃダメでしょ。緊張で音が上ずる件に関しては、はい、プロでもありますよね。それはいいのです。一方、松坂さんがトップでしたが、ほぼパーフェクトで素晴らしかったです。「それスラーでお願いします」って箇所は何かありましたがブラボーも結構でしましたし、たしかにそれに値する演奏でした。彼、最近太ってきているのが気になりますが。
自分は9番の4楽章に関しては、外から見ると「看取りの音楽」、自分主体だと「昇天の音楽」だと思っています。(3番の6楽章はもっと積極的に天に向かう音楽なので少しニュアンスが違う)いずれにしても9番の作曲でマーラーが自分の死を意識していたのは明らかです。第1テーマが簡単に展開しつつ最後まで続きます。上にも書いたようにそのテーマを第3楽章にも入れています。死のにおいを諧謔(ブルレスケ)=それまでの人生、の中に入れ込んだのですから。

マーラーはこの曲の演奏を聞かないで死んだようですが、彼の頭の中ではこの曲が鳴り続けていたのだと思います。変な比喩ですが、もし死の床でこの曲を最後まで聞いてしまうと死なないわけにはいかない感じはあります、この4楽章のエンディング。今日の演奏は最後はそんな風に締めくくってくれましたので、すべて「よし」でした。

ちなみに自分はラ・ヴァルスを聞きながら昇天したいです。楽しんで踊りまくった後に「コテ」っと。

サントリーホールの音響ですが、やはり1階と2階では下の方が低音が響くと思います。あと先週2階で気になった金属音がしませんでした。


演奏者
クラリネット:ポール・メイエ
指揮:シルヴァン・カンブルラン

曲目
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」からマーチ、金平糖の踊り、トレパーク、花のワルツ
モーツァルト:クラリネット協奏曲 
ドビュッシー:クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲
ストラヴィンスキー:春の祭典

ホール、座席
サントリーホール、2階右寄り

サントリーホールでは1階中央当たりの席に慣れているのですが、この名曲シリーズは2階右寄りの座席になっています。オケが鳴った瞬間に明らかに聞こえ方が違うと思いました。同じクラスのチケットですが、新しい席では弦楽器がより金属音的な響きがする感じがしました。弦楽器の皆さんが全員そろって弦を変えたはずはないので、間違いなく座っている場所の違いでしょう。さて。

くるみ割り人形では4つの曲のみでした。特に可もなく不可もなくという感じの音楽。花のワルツは大好きなワルツですが、なんだか盛り上がらないで終わってました。

メイエ期待の観客は多かったと思いますが、彼の音色はふくよかというよりも、太い骨格の音色です。超有名な曲なので楽しんで聞けました。。。特にこれといった印象もなく。自分にはメイエの音はあわない感じです。

3曲目のドビュッシーは初めて聞く曲でありました。特にこれといった印象もなく。

ハルサイは、良くも悪くもカンブルランが目指している音楽がようやくわかったと思える演奏でした。どういう事かというと、スコアの内容をできる限り明確に響かせようという事です。どの指揮者もそのように振りますが、そこには常に指揮者の解釈と、オーケストラの能力があるので、観客からすると、違った様に聞こえます。

去年のバッティストーニ、東フィルのハルサイは、極めて感動的でした。東フィルと読響を比較すると、弦楽器と木管楽器は圧倒的に読響がうまいですが、東フィルの演奏は「観客に対して」聞かせられる部分をちゃんと聞かせ、つまりその他は結構聞こえません。その為非常にわかりやすい演奏でした。

カンブルランと読響のハルサイは、どんちゃん騒ぎというより、結構音楽的でした。カンブルランは神経質な指揮者ですので内声の響きをも大事にしたい人ですが、そういう指揮者であればこそ、音楽が本来持っているすっきりしない部分というか意図された粗までも聞こえた感じがありました。

バッティストーニは金管と打楽器しか聞こえない分「あーすっきり」的な後味でしたが、カンブルランは全部を聞いてしまった分「んーそんなに難しい音楽かなあ」と考えてしまったハルサイでした。お祭り度としてはバッティストーニ・東フィルの方が上でした。




これはライブではないのですが、どうしてもメモしておかねばならない。
ライブは最近3つぐらいサボっています、、、

最近話題のクルレンツィスの「悲愴」を聞いてみました。かなりショッキングです。

これは録音ならではの音楽であり、録音としては間違いなく最高の出来でありましょう。逆に言うと絶対にライブではこういう音楽は聴けないという音楽です。奇跡の録音、、、いや録音だから奇跡はないか、、、まあいいや。

楽器一本づつの前に前にマイクを立てて、音源を別に取ってそして最後にミックスして作り上げたそんなスコアに忠実な完璧な音楽です。演奏家がどんなに素晴らしくても、ライブどりではこんな音楽はできないです。

それにしてもスタジオ録音であったとしても、これまでにこんなに完璧な「悲愴」の録音はなかったと思うのです。ピアニシモからフォルテシモへの展開とか、全く逆のフォルテからピアノへの展開とか、あえて弦楽器の駒を鳴らす音を入れるとか、弦のビブラートのピッチを合わせるとか、明らかに金管が全体を圧倒するところを、金管の(割れた)音質はそのままに、弦をことさらに聞かせるとか、、、スコアが目指した完璧な色彩感を達成する為の綿密な録音とミキシングをやったと思えます。

当然演奏上の特異性はあります。ことさらに音符が長いとか、短いとか、合わせにくいアタックを短く完璧に合わせたりとか、ポルタメント的にひかせるとか、パウゼの息遣いとか、はわかります。しかし音楽を作る為の楽器のレイヤーといいますか、際立たせたい音と、サポートする音と、後ろで響かせる音の組み合わせは録音のなせる業です。ライブではそうはいかない。

なんといっても最初から最後まで聞いてしまいましたからこの録音には相当に魅力を感じました。ライブを聞くように。最近は家で聞く音源はすべからくBGM程度か、勉強の為に部分的に取り出してスコアと見比べるとか、そういう事しかやっていなかったので、最初から最後まで一気に聞いたというのは本当にまれなことでした。

ライブみたいに聞こえてしまうのがまた最近の技術はすごいんだなあと、残響なども適度にあって嫌味っぽくなく、そして平板でもなく、いやはやすごい。あえて呼吸音まで入ってます。極めて作為的ですが、気にならない。

悲愴の録音としてはベスト録音になってしまいました。
来年来日するそうです。ライブでこの演奏ができるとは思いませんが、それなりに期待したいですね。録音とは全く異なるけれども、高い次元のライブ演奏を。



このページのトップヘ