2010年06月11日

野球遠征

ec80c71d.jpg東京から神戸へはJRバスを愛用しています。今日もバスセンターは混雑。


時間かかる、狭い、寝れないの三拍子がそんなにいいかね…。バスはいつも満員なのです。

私?どこでも寝ます。狭いのは私の隣の人。時間を感じるのは寝れない人。鍛えられてきたおかげ。

深夜バスは私にとって野球の遠征バス。値段のおかげで、東京からコーチ業が続けられます。いつまで続けなければならないのか?まもなく東京単身赴任生活一周年。


baseballcoach at 21:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年03月28日

ワイルドな人とマイルドな人とワイルドボーイズ

今週も多数の体験の方にグランドに来ていただきました。
何度も参加いただき、本当にありがたい限りです!
是非、来週も足を運んでいただけるととてもうれしいです!
 
今週は甲子園にセリーグも開幕し、野球の話題がつきません。
 
ワイルドボーイズには光陽と快晴という兄弟がいます。
今世紀に2度起こるかどうか判らないことですが、
何と甲子園で向陽高校と海星高校が1回戦で対戦が見られました。(すごい!)
試合は年上の光陽ならぬ、向陽が接線をものにしましたが、
皆さんご存知の通り、快晴の方が、いや、海星の方は少々やんちゃで負けず嫌い・・・。
世間を巻き込んで、やんちゃぶりが報道されました。
ここでは否定も肯定もしません。
海星の問題とは視点が変わりますが、同じ21世紀枠でも近畿大会に出たチームは
出る理由があります。近畿内の高校を転戦してまいりましたが、
力と技と工夫と運が無ければ、とても近畿大会に到達できません。
そして、一発勝負のトーナメントの中で、本来の力を出せなかった実力校が数多あり、
21世紀枠はその中から厳選された1校が選ばれます。
つまり、極端に言うと、21世紀枠の代表校の方が全国の代表校より底力があることがありえます。もっと言うと、全国レベルでも21世紀枠にも選ばれないチームが全国に多数あります。
春の甲子園では秋の結果は過去のものということです。
そして、春の甲子園の結果すら夏には過去のものになります。
 
快晴君にはそんな世の厳しさを教えつつ、個性は活かしてほしいと思いますが、
少々のことでは一生懸命やってきた野球(人生をかけた野球)をやめてほしく無いと思います。続けてほしい。ワイルド海星監督。だんだんどっちのカイセイか判らなくなってきました。このくらいにしておきましょう。
 
ジャイアンツ2戦目
 9回の内海投手はガイエル選手に内角高目を投げました。ガイエル選手怒る!あわや乱闘の騒ぎ。その前に原監督がマウンドに行って、檄を入れています。その直後、アウトコース(真ん中より)高目をバックスクリーンに運ばれました。ノーワイルド!おそらくいろんなことがあるのでしょう。私も投手時代、打者の頭部に死球を与えたことがあります。半切れバッターとても怖いです。しかし、そこに飛び込んで行かなければ、未来はやって来ない。これは、野球も会社でのその他諸々同じだと思います。マイルド内海投手・・・。
 
ワイルドボーイズのワイルド
どちからというと、海星のワイルダーより、マイルドだった内海投手より、折れない心を指していると思います。チビやマッチ坊のようでも、こころは狼のマスコットのようにモリモリ!どんな逆今日の荒波をも乗り越える人間を目指したい。甲子園もWBC後面白くなってきたプロ野球もそんな目指す方向へのヒントがたくさんあります。写真の通り、みんなで甲子園に行ってきました。子供たちもいろんなことを感じてくれたことでしょう。甲子園ならずとも我等がワイルダーがグランドを熱くする日は近い。
 
三田ワイルドボーイズ通信 Vol8
 
 



baseballcoach at 20:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年03月27日

マスコット名投票

マスコット決選投票! 
2010年03月27日 | 日記
我が少年野球チーム、三田(さんだ)ワイルドボーイズのマスコット名を決める決選投票を開始しました!
 
コピーアンドペーストでアクセスしてください!
 
投票期間は本日から4月9日です!(PCのみ)
皆様、神戸市北区及び三田に在住の知り合いがいましたら、ホームページご紹介ください!幼稚園から中学生までを募集しています!
みなさんのイメージを投票ください!



baseballcoach at 23:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年03月22日

桃太郎野球教室

d232e400.jpg今週は甲子園、プロ野球はパ・リーグが開幕。いよいよ本格的な野球シーズンが始まりました。

気温もぐっと高くなってきましたが、全国的に春一番?が吹き荒れ、三田ワイルドボーイズの土日は強風に吹きさらされての練習となりました。

そんな中、今週も多くの体験生に参加をいただきました。ありがとうございました。どしどし、グランドに来てください。お待ちしています!

桃太郎野球教室

今週土曜日は県警桃太郎野球グラブの皆さんに野球を教えていただきました。キャッチボール、ノック、バッティングと、じっくり子供達を指導いただき、最後は模範プレーを披露。皆さん動きが軽い軽い!警戒ならぬ軽快なフットワークとグラブさばき、声の出し方は子供達にはとても良い見本となりました。お忙しい中、三田まで出張野球教室、本当にありがとうございました。


baseballcoach at 23:02|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年03月17日

マスコット登場!

d24661bf.jpg
20d24889.jpg
チームのマスコットを作ってもらいました。

名前を募集します。
何がいいかな♪

マスコットは1人ですが、変身します。そう。ワイルドボーイズで野球やっている間に本当にワイルドになるんです!

ワイルドボーイズ通信 号外


baseballcoach at 08:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年03月14日

ユニフォームでグランドへ!

今週は土曜日曇り時々雨、日曜日晴れの天気でした。
そんな中、土曜日は天理大学の野球部見学。関係者の皆様ありがとうございました。部員一同で大学生のプレーを目の当たりにし、改めて基本の大切さを実感しました。

また、今週日曜日も体験に4人も来ていただきました。ありがとうございました。一緒にユニフォームを来てグランドに立てるといいなと心より思います。
是非、来週以降も遊びに来てください。

今週はそのユニフォームが、ついに登場しました。三田ワイルドボーイズのユニフォームはアイボリーにエンジ色で「SANDA」帽子は白にワイルドボーイズの「W」。オーバーソックスはエンジ色と白。そしてアンダーシャツは白。
「長く野球が続けられる選手を育てる」チーム方針をユニフォームに込めるため、日本で最も伝統あるチームのユニフォームにあやかりました。
いつかこのユニフォームで、全国の強豪と対戦する日が来ます。その時、今日の日を思い出すでしょう。

ユニフォームを着たので、気合いが入ったのか、特に今日の最後のノックはよく声が出て気持ち良かったのではないでしょうか?まだまだ発展途上ですが、声のよく出る、元気のあるチームにしていきます。


ワイルドボーイズ通信vol6


baseballcoach at 22:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年03月09日

明元素と暗病反

明元素と暗病反

明元素とは、「できる」、「やれる」、「かっこいい」、「素敵だ」などのプラスイメージの言葉だと思っていただければよいです。反対の暗病反とは「無理」、「ダメだ」、「キモイ」、「ダサい」などの言葉を指します。明元素を発し続けると、明るくなり、力が出て、ついには現状打破してしまう、現状打破言葉と言われます。
反対の暗病反を発し続けると、いつまでも成長できない現状維持言葉と言われています。
社会でも、アスリートたちの勝負の世界でも、現状維持は求められず、現状を打破できる者が求められ、貢献度の高い成果を上げるのだと思います。

子供たちの将来を考えると、2社択一なら、現状を維持するより、現状を打破できる方になってほしいと思います。だから、グランドで「無理」という言葉を使うことは禁じたいのです。「嫌だ」、「ダメだ」、「できない」も同じです。(家庭に押し付けるつもりはありません。)少なくともグランドで「暗病反」言葉を私が聞いたら許しません。できる!絶対できる!お前ならできる!なぜなら、お前は輝いている!かっこいい!大丈夫!できるまでやるぞ!ワイルドボーイズはそういうチームにしていきます。


baseballcoach at 08:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年02月28日

中学部準備室

今週末はあいにくの雨でした。しかし、土曜日は午前は室内練習で、基本をみっちり確認、午後上津台に移動してノック。桃太郎(クラブチーム)の加藤臨時コーチに指導をいただきました。加藤コーチありがとうございました。
また、日曜日は万博で行われた「ちびっこマラソン」に出場し、一年生の田中君が見事7位に入りました!陸上クラブが多数参加する中のすばらしい成績です。 残念ながら、上位にいかなかったメンバーも、よく頑張っていました。来年はもっと上位を目指しましょう。

「中学部準備室」
小学校から中学校まで、じっくり選手を育て、中学を卒業しても長く野球ができるようにしたいとの思いから、中学部設立を決定しました。メンバーを募集します!是非、これから中学入学の皆様も体験にご参加ください。
※中学部も部費は小学部同様に五千円/月です。


baseballcoach at 22:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年02月07日

雪と棒振り

今週のワイルドボーイズは、雪で日曜日の練習ができずの週。

高校に回って、久々に声を出しまくってきた。

ふと、シャドウピッチングをしている選手に目がいく。シャドウは通常タオルを振るが、その高校生はその名も「投げルーン」という40cm位の棒を振っている。
これは、使えるかも…。早速、棒を買いにホームセンターに走り、そのまま家に帰って、「投げルーン」擬きを作ってみる。さて、実験。

我がジュニアに棒を振らせてみる。肘が下がる癖、踏み込む足が開く癖がある、ジュニアたち。

二点フォームの矯正ポイントを調整しつつ、棒を振らす。みるみる腕が良い感じで振れる。

やはり、使える。11日祭日の練習では、こいつを振らせてみよう。次の練習までの間、しばし、棒振りを命じ、自宅を後にする。帰東バスに乗り込む電車にて、これを記す。


baseballcoach at 21:04|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年01月24日

BASEBALLコーチ日記

小学生対象の新チームがスタートして、2ヶ月が経過。新星三田ワイルドボーイズは、いよいよユニフォームの発注まで進むことになった。

そして、たった2ヶ月だが、選手はめざましい成長をとげている。技術、礼儀、課題はあるものの、向上していることが明らかにわかる。

今日気付いた注意すべき点は低学年生が、上級生が使用してちょうどいい思いバットに振られていたことである。

やはり、自分の背にあったバットを使うべきである。その軽いバットをきちんと使えてこそ、本当のスイングができる。


baseballcoach at 22:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年07月26日

男祭り夏祭り

アレのことを標題で呼んでいます。
今年でお祭りも五回目出場。
今までで一番良いできでしたが、こういう時は周りも良くできているもんです。
二回戦への挑戦権がもらえるか否か。
天命をまちましょう。

さて、明日は重大発表があります。
もったいぶるものでもありませんが、
節度もあるので明日の夜が発表です。

明後日の朝にでも日記を見ていただけますと、幸いです。

今日はこのくらいで。


baseballcoach at 18:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2009年06月08日

締め切り

気がつけば願書締め切りの日。昨夜は眠い自分に喝を入れ、じっくり考えたい部分は本日早朝に回し、完成。

朝一で郵便局へ回ることにした。福岡、大阪、兵庫、兵庫、と、通算五回目。いつまで続けようかと思わず呟いた。

この野望を志した時にはまだ若かった。最大に時間がかかっても、この歳までにと思っていた。今年、その歳になった。

折れない心と撤退する勇気が、心の中で綱引きをしている。どちらが勝つか、自分の気持ち次第だ。


2009年06月01日

5度目の正直

 よもや、コーチ生活が始まった時、このカテゴリで「5年目」を記録することが
来るとは思っても見なかった。そして、この挑戦を開始してから8年が過ぎようとしている。時がたつのは早い。しかし、私の時間はいまだに止まっている。
 今年も、失った時間を取り戻す機会がやってきた。「夏祭り!男祭り!」。
その実態は、まだ、オープンにできないが、今年の夏も挑戦する。例年になく、
今年は順調に勉強してきた。チャレンジの中での苦手意識、膨大な知識の量に
立ちすくむことなく、前進してこられた。「今年こそは!」チャンスがあると
思える自分がやっといる。ここに到達するまで5年かかった。
 全体の流れを頭にいれ、現在は細かい暗記物を中心に進めている。いよいよ、
暗記。覚えるのだ。それは、勝ちにいくことを意味する。そして、今日から禁酒月間に入る。よほどのことが無い限り、勝負がつくまでは酒を飲まない!大きな希望を
もって、5年目勝負、最終章が始まる。

2009年02月16日

BASEBALLコーチ日記

昨日で冬のトレーニングを概ね終了した。今年は私が見てきた中でも最大規模の部員数。一人一人の力をどの位のばせるかが、最大の不安要素ではあったが、終わってみれば、順調にパワーアップ、ウェートアップしていた。

ここから、試験休みに入るにあたって、私の願いは蓄えた力を落とさないこと。
あわよくば、さらにパワーアップさせたい。

いつになく順調なトレーニング期間を終え、春が楽しみである。

追 自分自信にとっても激動の1週間だった。


baseballcoach at 08:27|この記事のURLComments(0)コーチ4年目 | 冬トレ

2009年01月21日

何かが呼んでいる

人生の転記が訪れようとしている。この日記を振り返ると、それは七年の時間待ち続けたことになる。

何かに引き寄せられるかのように自分も家族も動いている。

しかし、世は大不況の風が吹いている。この時世、誰も転職を認めない。

それでも、決心はかたまりつつある。今やっている勉強もこれまでで最もモチベーションが高い。
この2ヶ月はドラマが生まれそうだ。


baseballcoach at 06:54|この記事のURLComments(0)コーチ4年目 

2009年01月06日

微妙な立場

いよいよ新年が明けた。秋に巻いた種が花開く年。今、自分の立ち位置は微妙だ。

すなわち、新しい道を選ぶのか、これまで歩んできた道を走り続けるのか。

しかし、世は不況。失敗すれば自分はもちろん、家族にも影響がでる。

「待てば海路のみちひらく」だったか?今日の新聞に出ていた。
「迷ったら、新しい方に行け」
星野監督の言葉だ。
自分自信のスタンスは決めている。
波に乗れるか、数ヶ月の勝負。

baseballcoach at 08:14|この記事のURLComments(0)コーチ4年目 | 冬トレ

2008年10月13日

着々

先日、上司との面談で退職をほのめかした。
まず、第一段である。

このタイミングで仕事の内容が変更となった。
やめにくい環境になっている。
しかし、すでにボタンは押されているのだ。

世界史の勉強は本格化。なにせ、人に教えるレベルにならねばならない。
そこで、ホワイトボードを取り寄せ、それを使用して、模擬授業をやってみることにした。

頭の中だけで考えるのと、実際に声に出して、
人にわかるように説明するのは違う。

自分のできていない点がよくわかる。ちゃくちゃくと準備は進む。

2008年08月19日

決意の日

今年の夏祭りも残念ながら敗れた。

負けは負け。

されど、非常に勝ちに近い負けであった。

来年に向け勇気をもらった。

妻と話し合った挙句、ひとつの決断を下すことになる。

とても気持ちよい夜。

焼酎グラスを傾け、夜風にあたる

2007年07月17日

延命

 延命

 台風一過といえども露はあけず・・・。週末多くの試合が消化されたが、我がチームはゲーム中の降雨により、再試合となった。こういうこともあるものだ。私も選手も初めての経験。降雨の中断が幸か不幸か、さらに4日間、今のメンバーで野球を続けられる。気持ちを切り替えて試合に臨みたい。最後に監督さんが「ジェットコースターみたいや。」とおっしゃった。どういう意味なのか・・・。なんとなく察しはつきながら、真相はわからない。大会が終わってから聞くことにしよう。

 夏祭り

 兵庫の夏祭りにいってきた。いつも1週目は好感触だが、2週目の筆記が弱い。今は2週目に備えている。反省材料もたくさんあった。いつも意気込んで最初に発言すればよいというものではない。ボロが出た。しかし、終わったことは仕方がない。気持ちを切り替えて望む。野球と同じだ。

2007年07月01日

1週間前

 久しぶりに自分の高校生のときの夏の大会の新聞を見た。この時期になると思い出す。相手は秋の新チームのときにコールド負けをくらった私学。しかし、夏の大会では我々が先制。幾度も勝ち越しのチャンスを向かえながら、なかなか得点できず、最後は延長で力尽きた。
 何度も何度もチャンスがあった。しかし、届かなかった。何度もチャンスで回ったきた。しかし、打てなかった。キャッチャーとして投手は私のストレートのサインどおり投げた。そしてサヨナラ打を打たれた。カーブならどうなっていたか。
 もう、同じ思いをしたくない!大学3年の春、チームが入れ替え戦に進んだ。大詰めの3戦目。8回裏ワンアウト満塁2−4と2点リードを許していた時、打席に入る前に高校最後の夏を思い出した。ここで打たなければ人生一生負け組みで終る。本気でそう思った。
 一枚の新聞のたった50文字くらいの記事を見ただけで、そこまでの野球人生のVTRが鮮明に蘇り、息が詰まって、手に汗をかく。新聞は封印した。一本のセンター前ヒットが今の自分を支えている。また、たった一球のサインもまた自分を支えている。ちなみに「彼らの人生」そんなことは今考えていない。ただ、「目の前の敵を全力で倒す!」今週末から各地で決戦が始まる。

ところで、懲りない夏祭りもまた始まる。どうなることやら・・・