今年の元旦は全国的に穏やかな小春日和で始まり各地で初日の出の御来光に手を合わせた人も多かったのではないだろうか。
去年の暮れ近く気象庁がエルニーニョ現象が発生したと発表したが正にそんな天候で今年の冬は暖冬であるらしい。

エルニーニョ現象はペルー沖の海水温が上昇しその影響で各地に異常気象をもたらすとされている。
その逆がラニーニャ現象東太平洋赤道上で海水の温度が低下する現象で
日本は猛暑、寒冬アメリカの穀倉地帯はホットアンドドライ、旱魃になることが多いと言われる。
CFTCの発表を見ても去年大暴れしたファンド筋も原油市場をほぼ撤退し今は穀物市場にその標準を合わせているようだ。

国内の食い合いは安値覚えか?値ごろ感からか?委託が売り越しになってるようだ、エネルギーを溜め込んでいるようにも見える。

今年の天候相場は熱い一年になりそうな、そんな予感がする。

↓ ↓ ↓ ご協力感謝します!!人気ブログランキング

 

コーヒーの香る朝 Topへ