東日本巨大地震と津波による大災害に際しまして、被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
 また、被災で亡くなられた方のご遺族の皆様に、衷心よりお悔やみを申し上げます。
天災は地球の普通の営みの一つなのだろうが、甚大な被害を受けるたびに人類は大きな無力感に襲われる。
一分一秒を争う危機的な状況に何かをしなければならないと気持ちが焦る都市部の人々も多いと思う。
しかし、今都市部の人々が出来る事はむやみに動かず余分な買いだめに走らず待機している事が最大の貢献になる。

現地に必要な人材は専門知識及び技能を有する人で一般の人が活躍できるにはもうしばらく時間が必要である。

戦争状態とも言えるこの危機に政府は場当たり的な対応が目に付き、危機管理に最も必要である最悪な状況を一切想定していない様に映る。
普段から人望に欠ける人格は危機に際した場合、人に信用されない。
国民の命がかかっている。ヒステリーおやじには直ぐに辞めて貰うべきだ。
 
これだけ広範な地域が津波で破壊された。復旧するには膨大な資材が必要になる。
資源の無い日本は原材料を海外から調達しなければならない。

にも関らず次世代のリーダー?とか言われる野田佳彦財務相は円売り介入を行った。
通常危機に際した国の通貨は猛烈に売られ、その国に輸入インフレを齎す。
危機に瀕した国がインフレをコントロール、収束させるのは非常に困難である。

国民に一層の試練と負担を与える。

当然円高になれば、同じ金額でそれだけ多くの資材を輸入する事ができる。
馬鹿なマスコミと政治家ばかりの国だが、国民は世界から最大に評価されている。
国家の一つの評価基準である日本円が世界から信認されているのいるのである。
それを円売り介入するとは、信じがたい国賊政府である。

これから被災地のインフラを整備するのに最も早い世界の義援金とも言える円高を無にしようとしている。


この震災が起こった瞬間に物の流れが止まった。物資を持ってる業者は物を自分の倉庫に少しの間止めておくだけで値段が上がる事を知っている。
実際、ガソリン灯油市場の業転玉は一瞬にして無くなったそうである。先月の納会受け渡しに渡すべき玉も後回しにされているそうである。
その結果取引所の発表している先物価格を基準にした公価より5、6円高い闇価格が形成されているそうである。
需要側はそれでも仕入れないわけにいかないから泣く泣く仕入れているそうだ。
被災地の中小企業には倉庫にある在庫を全て無償で被災者に提供する男気のある経営者も存在する。
人の弱みに付け込んで暴利を貪ろうとする企業は国民がしっかりチェックして平時になったら仕返ししてやろうではないか。

闇市場が立っている現在は戦争状態である。政府はもっと危機感を持って・・と言いたいが、自らの感情もコントロールできない
ヒステリーおやじに何を言っても有効な対応策は望めそうにない。

それと、最近責任ある地位にある年寄りの暴言が目立つ。
天災を天罰だと言い放った東京都知事の石原新太郎氏。
被災地の避難民が1つのおにぎりを数人で分け合って食べている時に巨人軍を激励するパーティを開き酒盛りしている渡辺恒雄氏。

それに参加して一緒に酒盛りしているキャノンをはじめとする有力企業の財界人。

ご高齢者を悪し様に言うわけではないが、地位も名誉も極めて年金をもらえる年齢になったらその地位だけでも後進に道を譲ったら良いではないか。
組織も活性化して、誰もが無駄だと思える高額な経費も削減できる。
もしまだ社会に恩返ししたいと思われるのであればボランティアとして何処にでも活躍の場所は用意されている。

取り巻きのゴマすり腰巾着達も、引退してくださいとはっきり言うべきであろう。
この手の人達は言われないと分からない人達が殆どである。


こんなブログに書いても個人のぼやきにしかならないが、最大の問題福島原発の行方には、国民の生命がかかっている。
菅総理に投票した民主党議員は現在の混乱に最大の責任がある。
あの時ああすれば良かった、こうすれば良かったとかではなく(それは後でできる)

今は最悪の状況も想定して、リスクをコントロールできる体制、政治家に託すべきだ。


それでもうまく行くかどうか分からないほど状況は危機的である。