マコンドの雨

誰も理解してくれる人がいなくても良いなんて、思わないけれども、100年生きた後、たった一人でも自分を心に理解してくれる人がいたらそれでいい。 マコンドに降る雨は、すべてを流し去るけれど、そこに暮らした人々の記憶は永遠に残るはず。 硬いことは抜きにして、理解してくれる人が1名でもいればいいというスタンスで、自分の人生を書いてみよう。

↑このページのトップヘ