カルマ値上昇中☆

映画は予告が一番面白いし、アニメは切り出されたキャプションが一番面白そう

ゆゆ式にない皮肉 毒舌 ジョーク 



2007年04月11日

海外アニメファンが語る「アニメにはサーカズム(皮肉)が足らない


モンキーアイランド™の動画を見て、アニメゆゆ式を見ている

記事のなかのあずまんがの部分をゆゆ式に置き換えたい
日本の日常モノってギャグの大部分をダジャレと常識の掘り下げ(ゆゆ式の特徴。水って何みたいな)が担保するところが多すぎる

たとえば、何にもエキサイティングなことなんかない状況で
日本だと→けどそんな時間がじつはちょっぴり幸せ 全部これ
モンキーアイランド™(米)だと→くそったれめ、このやり取りにもいい加減飽きた

もっと相手が傷つく可能性があるようなことを言ってほしい
そしてそれに傷つかずに倍にして返す
ゲームの中にジョーク飛ばし合いながらチャンバラするシーンがあるがまさにそう
剣戟の応酬で有るべき
気遣いのジョークはイヤなの!!

日本人がこのセンスを習うにはどうしたら良い
サーカズムってどこにある?

ライ麦畑で捕まえてに近いものを感じるが
モンキーアイランド™みたいな小説、映画、なんでも心当たりがあれば教えてほしい
そういうものに飢えている

外人が日本語を学んで秋葉原にアニメグッズ買いに来るみたいに
英語を勉強してカリブ海沖の入江に就職活動しに行かねばならんのか?

たまこは消費できない

終始女ってやつは的失礼な感想である、注意されたし



ネット上で見た、おそらくtwitter発祥だろう2つの文章がある
うろ覚えだし検索もうまくできなかったご無礼
内容はこう
1 男からしたらぽっちゃりくらいがいいとか言うけどかっこいい服が着たいんだよ
見当違いなフォローすんな
2男が女を好きなほど、女が男が好きじゃない
1のような事が起こるのはおそらく2が理由だろう
男は女が(特に体のフォルムが)好きすぎるので
女も同じくらい男のことが好きだろうと勝手に投影してしまう

こういうのもある

アメトークのカメラかじってる芸人に出てた小藪がガチすぎて
「どうせあいつら空、犬、猫、おしゃれなカフェのカプチーノくらいしか撮ってないんすよ」
ってカメラ女子disってたから自分の一眼レフ見てみたら
空、犬、猫、おしゃれなカフェのカプチーノの写真が並んでたからふとんかぶって震えてる。

—     Twitter / hummy_

おそらく小籔が見てるものが女性

たまこまーけっとに出てくるのは犬でも猫でもないから
空、とり、餅、おしゃれなカフェは‥出る。おk
5話の夏の空はよかった

たまこを9話まで見て
個人的な当たり回はあんこちゃん+オヤジの回
つまり4話と最新9話
あんこちゃんはだいたいいつも可愛いんだが
4話の好きなシーンはあんこちゃんが博物館に行きたいとねだるシーン
どこかの回の茶の間のシーンでも見られるが
あんこちゃんがオヤジに自己主張するもなしのつぶて
みたいなときにオヤジが終始高圧的な態度に出ないところが良い
博物館にも別の日に連れてくとか抜かす
そしてお父さんといっても意味ないとか言われる。涙目
だがオヤジ取り乱さない、あっかんベーとかされても平気
オヤジは娘が大事である

そして問題は最新9話
あんこちゃんがんばる+オヤジの過去話、その終わりがけ
モチゾウに実はお誕生祝いを用意してたたまこ
モチゾウ感涙
一方オヤジ
「お父さんのこと、もーっと好きになった!」
「うっせー!!(絞りだすような震え声)」

共に取り乱すのは 男 で あ る
消費されるのは 男 性 である
これは萌豚は吐く

二次元において女の子を可愛く見せたい場合
どんなシチュがいいだろうか
普段着たこともないような服を着せてみるか
女の子が許容できない失敗をさせるか
とっぴな勘違いを指摘するか
これは全部チョイちゃんのことだが一言で言えば
「恥ずかしがらせること」

こうしたウケるための人格とは
当の女の子から見たらどうだろう
いい気はしないんじゃなかろうか
そしてこの人格を消費するということは
言い換えれば底が知れてる、理解の範疇ということでもある
やれやれ系主人公がモテる時になぜ不快かといえば
自分は心を全く晒さないくせに周りの女の子が勝手に脱ぎ始めるからだ
お前のことだぞおにあい

たまこ9話エンドのモチゾウとオヤジは
たまこに可愛いとこを晒しちゃってるわけだ
一方たまこは鉄面皮である
何を考えてるかよくわからない
そのくせあんこちゃんに餅を持たせていいとこかっさらっては
モチゾウありがとねなんて言っちゃうわけであるぐぬぬ
たまこは照れたりなんかしない
そこにはたまこを消費させまいとする見えざる手が働いているように…
見えてんだよ!!クソっ!!
その手は女の手だ!

たまこまーけっとの謎

たまこまーけっとは高クオリティを保ちながらつまらないように見える謎のアニメである
さらに自分は制作陣が女ばっかだからつまらんと言い切ってしまいたいひとりである
だがそれはあまりに忍びないので書きなぐる

一つにはひろ、ぺっぱーと話して知ったことだが、山田監督はけいおんの監督で
それも監督としては二作目であること。これがでかい
一作目で大きなジャンプをした創作人は大抵2作目は確かめに入る
3作、4作と求められた時、1作目で吐き出した空手の自分が何を作れるか
手当たり次第もがく人もいるが、大体は自分のフォームを作りにいく
それがうまくいけば監督自身に客がつく
漫画だと前者的にもがいて23巻で終わる漫画を連発したりするがアニメは集団で作る
より置きに行く創作

一つには女性の感性がシラフである点
物語にはよく型があるといわれる
主人公は元いたところから旅立って、帰って来なければならない
道を外れた場所にいる者(大体は老人)から助言を受けなくてはならない
(例えばケリィ・レズナーが老人であり敵)
主人公は失っていて、旅によって取り戻さなければならない
(だいたい主人公は親類がそばにいない、作中で重要人物になることもしばしば)みたいなやつ
これらは数々の物語を総体としてみた時、物語は繰り返している
まどマギは話を12話でよく広げたと言ったが本当はこう言いたかった
12話で物語に必要だといわれているポイントをたくさん抑えたと
それぞれ違うアニメで同じ骨格に違う肉をつける
ちょうどあの花10話で6人が再現したように
彼らは再現することによって時を戻してやり直したが
あれは結局のところ彼らの中で一時戻っただけで他人からしたら戯言である
この呪術的さこそがが自分にとって物語で、たまこまーけっとにはそれがない

けいおんもみてみないとわからないけども
けいおんはライブシーンがあるから・・・という弁がよくある
けいおんの5人が過ごした時間が
ライブに結実するというのは最もよく知られた物語の型
「人は成長する」
だめな奴は何をやってもだめ、では
作中で共有した時間は何だったのかとなってしまう
けいおんではおそらくライブでわかりやすくなってるものが
たまこまーけっとにはない
だからたまこまーけっとを制作陣のことなんか考えずに
ただ消費しようとした時につまんないとか思ってしまうのではないか

男が見るアニメには女の子が出てきて
女が見るアニメには男の子が出てくる
魔法少女はあっても、魔法少年は稀有
少女漫画は自分が商品の市場で戦うリアルな戦場が描かれる
女性が女性を全開にした時、呪術的なものなどないのではないか
いてつくはどうであらゆるバフがふっとばされ
アフロはうさ湯の女の子に振られてすらいない
仕事とはなりきることで
名札が社長の人は社長になり、ヒラはヒラになる
男は一生なりきらなければいけないし、なりきっていられるといえる
女はシラフでもいいと言えるしシラフであらざるをえないとも言える
男にとって出産は他人ごとで女にとっては当事者だから
男は役割に身を置く運命だし
女に子供ができたらどんなに無軌道な子供の挙動も見てられなきゃならない

つまり男が見るアニメとは男の価値観の中に女の子が生きているというフィクションで
逆もまた然り
異性は理解し難いので、頭のなかでくらい予想の範疇で有って欲しいと思うのは
甘えなんでしょうかね
ついった
  • ライブドアブログ