小さな一歩の毎日。

自分の道を作るべく、一歩をだす。 なにがなんでも。 振り返れば、それは道になっている。

仲間。

秋田に来て、半年が経ちました。試合としては20試合が終わりました。秋田に来て、アシスタントとして、色んな事をさせていただいています。色んな事を学んでいます。

埼玉戦。群馬戦。沖縄戦。岩手戦。青森戦。高松戦。

高松に所属していたメンバーとの対戦は特別なものがあります。一緒に戦ったメンバーだから。

プロの世界だから、毎年メンバーは変わりますが、全員が今となっては仲間と感じます。

問、ゆーたくん、勇、のり、しげさん、ポール、きく、かつお、ゆーや、ポールビュートラック、しゅういち、かずき、つばさ、だいき、れん、まこさん、宮下さん、たか、星島社長、取口さん、

そして高松を支える全てのブースターの皆さん、関係者の皆さん。みんなの顔が浮かびました。

改めて、本当にありがとうございました。

今回高松と試合をして、僕は素晴らしい時間を共有していた事を再確認しました。


秋田に来て半年。新しい場所で、新しい仲間と共に、また素晴らしい時間を作っていきたいと思います。HC代行としてやらしてもらった今回。ロッカールームで皆んなにお願いをした。

7年いた高松から秋田にきたのは自分を成長させるためにきた。だから絶対に今回負けたくない、負けれない。


こうやってまた周りに支えられバスケットができています。なぜ今ここにいるのか、初心を忘れずに過ごしていきます。

秋田ノーザンハピネッツの一員として、このチームで優勝する。

2日間たくさんの応援ありがとうございました!

これからも宜しくお願いします。日々成長!

秋田ノーザンハピネッツ。

いよいよ明日開幕です。

秋田に来た理由はいくつかあります。複数の球団と話をし、たくさんの方に相談をし、自分の中で一切迷いの無い状態でこの秋田ノーザンハピネッツに入団を決めました。

昨季のファイナルで、有明の会場で試合を見ていました。秋田が浜松に負けた瞬間、絶対に秋田に行きたい、そしてこの球団の一員として優勝したいと想いました。アシスタントコーチとして、裏方に徹します。チームに貢献する事。新しい挑戦です。

そして個人としては5年後・10年後の自分をきちんと描きながら勝負していきたいと思っています。焦らず、確実に準備していきます。

貪欲に、謙虚に。

秋田ノーザンハピネッツ宜しくお願いします!


ではー!

NBAで感じた相違。

アメリカから更新です!チームが変わり、まだリリースが出てませんが(笑)、アメリカにリクルートとNBA smmer leagueのチーム帯同という事できております。今日をもって帯同が終わりました。

帯同した内容は試合当日のシュートアラウンドとミーティング、試合前のミーティング、試合中のベンチワーク、ハーフタイムミーティグ、試合後ミーティング、試合が無い日の練習とミーティング。試合は合計3試合ベンチから色々みさせて頂きました。

ジェット機で移動、1試合の純利益が2億円以上、選手は複数年で数十億円の契約、ホテルはスイート、スタッフはHCにアシスタントコーチが5名にビデオコーディネーターが3名+各トレーナー陣にマネージャー、セキュリティーなどなどとにかく話を聞けば聞くほど、世界が違っていました。

だけど、練習や、試合、ミーティングが始まるとそこの現場は何も自分がいる世界と変わりませんでした。ロッカールームにはホワイトボードとペン。プロジェクター。バスケットボール選手とコーチ。帯同初日にそれに気づいて少し焦りました。

この人達は自分と同じ仕事をしている。そういう目線でみた時に、ものすごく刺激になりました。もっともっともっと成長できるし、しないといけない。憧れではいけない。自分もできるはずだから。と思いました。

選手はでかいし上手い。だけど、シュートも落とすし、ミスもします。そこに対してどうコーチングするのか?どういうアプローチでチームをまとめるのか。これだけ多いスタッフがどうやってまとまっているのか。そこに非常に興味がありました。色んな部分で自分の中での疑問に対して良いきっかけをもらえました。

このような素晴らしい機会を頂けて感謝しかありません。そして成長します!

謙虚に、感謝で、向上心。ぐーーーーーーんと伸びます。

ありがとうございました!


では!

家族に会いたいなーーーーー!!!






始まりと終わり、現実。

こんばんわ!6月18日のスクールを最後に、ファイブアローズとしてのお仕事を終え、19日に引越しもしました!次のチームに関してはまだリリースが出ませんので公表できませんが、節目という事で少しまとめておきます。

高松ファイブアローズに入団を決定したのは、子供がボールをもってファイブアローズの練習をみていたのを、たまたまみて、プロってすごい仕事だなぁって思った瞬間でした。そこから7年間。そんな始まりでした。

ヘッドコーチとして4シーズン。2勝50敗。20勝32敗。23勝19敗。17勝35敗。4シーズンで通算62勝136敗でした。プロのヘッドコーチとしては非常に厳しい結果となりました。

終わってみれば、本当によくやらせて頂けたと感謝しかありませんでした。

プロというのは結果が全て。という反面、結果だけではない大切な事があるという事も、高松では学びました。退団が決定して、この6月19日までにたくさんの方に挨拶をし、送別会などを開いてもらい、子供たちから手紙をもらい、本当に素晴らしい7年間だった事を再確認しました。高松のチームに惚れ、土地と人に惚れました。その場所から離れるという事は自分にとって次のステップへの挑戦と感じています。

今のままではいけない。もっと成長しないと。

単純に、この感情が僕の中で大きくなりました。

また厳しい現実がまっています。ただ、厳しいからこそ楽しい。厳しいからこそ挑戦できる。成長できる。

高松ファイブアローズを支えて下さった皆さん、本当にありがとうございました!いつか恩返しできるよう、成長した姿を見せれるよう、突っ走ります!!!全員でつないできた高松ファイブアローズ、これからも宜しくお願いします!


ではー!

高松Life。

こんばんわ!先日、ブースターの皆さんが送別会を開いてくださいました!その時に作って頂いたDVD。一年一年、毎日毎日、本当に小さな一歩がこの7年間につながりました。皆さんからたくさんの力を頂きました!

是非見てください
感謝DVD from アローズブースター

と思ったら見れないですね!!汗 

すみません!どうしたらいいのかわからないので、諦めました!


よーし、がんばろう!!!


感謝です。




岩手県宮古市での試合。

岩手戦2連敗でした。結果として勝てなかったのはやっぱり自分の責任。上位チームに勝つために、自分達の強みをだせるように、挑戦し続けます。

今回、宮古市での試合で感じた事を残しておきます。僕自身、震災以降、東北の被災した地域に来たのは初めてでした。ホテルから試合会場へいくだけでもたくさんの所で復興工事がされていました。

その中、試合会場へいくと、特に今日の試合は子供達が非常に多かった。試合が始まるウォームアップの時から本当に楽しそうに観戦していました。プロスポーツの存在意義というのは本当にこういう事なんだと強く思いました。

試合をする時、少なくとも、多くとも必ずそこには応援してくれている人たちがいます。その人達に何を自分達は魅せれるのか?楽しかった。元気をもらった。そういうふうに思ってもらえてこそプロだと感じました。

一つ一つ、大切に、そしてベストを尽くす事が僕達にできる事ですが、各カテゴリーでバスケットに対して熱意を持った人達が必死に動いていれば、必ず上手くいくはずだと信じています。

ホテルに戻ってインカレ決勝もみましたが、そこでも素晴らしいスタッフ・選手達が必死でプレーしていました。

今、現場でトップで仕事している自分達が、しっかりした環境を作り、魅力あるバスケットボール界にしていく。今日会場にきていたたくさんの子供達、日本中のバスケットをしている子供達がしっかりした夢をもてる環境を作る事。

大切な事を感じる事ができました。


よし、新潟戦に向けて準備します。




もうすぐ開幕。

お久しぶりです。今週末に開幕します!8月からチームが始動して、色々ありました。今シーズンはリクルートが一番スムーズにできたと安心していたら、そこから一転、二転とドタバタしました。そんな中でも選手達は集中して練習してきてくれました。プレシーズンの試合は大分と大阪の2試合。両試合とも負け。そんな中でも掴んだ手ごたえと、課題。チームとしては良い方向に向かってきています。

今シーズン、高松ファイブアローズで契約更新。7年目。自分の想い、フロントの皆の想い、選手の想い、支えてくれている多くの方の想いを胸に戦います。最高のシーズンにするために。

一人でも多くの方に応援してもらえるように、誇りに思われるようなチームにしたいです。

皆さん、一緒に戦ってください!


自分がプロの世界でヘッドコーチとして4年目を迎えます。本当にありがたいことです。初心を忘れず、全力で挑戦します。なぜアローズで挑戦するのか。バスケットを盛り上げたいから。一番しんどいから。その中で信じれる仲間がたくさんいるから。

高松ファイブアローズを応援していて良かった。そう思ってもらえるシーズンにします。

開幕は奈良とアウェーで対戦です!


ではー!





オフシーズン。

2014年の長いオフシーズンが終わりました。明日からチーム練習開始です。

5月・6月・7月。反省、勉強、リクルート、準備。と色々な作業をする中で、クリニックへ呼んでもらったり、講演会でお話をさせてもらったり、そして何よりも家族とたくさんの時間過ごせた事でとても充電できました!

自分達の負け試合、勝ち試合。bj、ユーロ、NBL、WJBL, NBA、日本のミニ、中、高、大学、アメリカの女子大学。

どのカテゴリーみても面白いですし、ヒントになる事がたくさんあると思います。色んな人達と会い、話をして、たくさん刺激をもらいました。

今シーズンも高松ファイブアローズ宜しくお願いします。一緒に戦ってください!一人でも多くの人に応援してもらえるようチームも頑張ります。

では!!

決断と決意。

過去を振り返った時に、今、この感情を残しておきたいので書いておきます。

来季も高松でヘッドコーチとしてやらさせて頂く事になりました。決断するまで時間がかかりました。自分がやるべきなのか?やっていいのか?ありがたいことに他球団からもオファーを頂きました。今までは、色んな話を頂いても、具体的に聞かずお断りしていました。

バスケットを盛り上げたい。という気持ち。高松が苦しんでいるのに、たぶん日本一苦しんでいるのに、他へいくの?それは自分にうそをつく事になるんじゃないのか?高松をまず盛り上げないと。 

そんな風におもっていたからです。自分ひとりでできるとは思っていません。素晴らしい人達がここにいるからです。絶対にできると信じているから。

ただ、今年は違った。初めて高松で怖さ、不安というのを感じました。それは家族が増えたからかもしれません。今まで考えなかったリスクを考え出していました。

そして他球団のお話も聞かせてもらいました。非常に魅力的でした。安心でした。色んな方に相談をしました。親も含めて。全員が他球団へ行きなさいといってくれました。僕の事を想って言ってくれました。

最後に相談したのが嫁。色んな事を話ながら、嫁はこういいました。

それでいいの?らしくないよ。

2年前。2勝50敗でシーズンを終え、それでも挑戦させてほしいと社長にお願いし、その場で給料も最大限にカットしてください。それでもいいのでやらせてください。と。嫁に相談もせずめちゃくちゃでした。

帰り道に、嫁に電話。給料も大幅減。リスクもある。それでもやりたい。ごめん。と伝えたときでした。

それでいいの?と。

うん。と応えた僕に、じゃあ良かったやん。と一言だけ。

そんな嫁は今年も同じ質問でした。ただし、今回は’らしくない’がついていました。

自分の中にある大切にしたい事。根底にある物。そして大切にしないといけないのは人。彼女の一言で気持ちがすごく楽になりました。

決断と決意。

今まで見てきたこの球団の歴史、戦ってきた仲間、支えてくれた仲間、応援してくれる仲間、この人達を信じてもう1年絶対にやりきる。そして結果をだす。そしてこれからこういう岐路に立ったとき、自分の根底にある部分はブレないように。そして家族を大切にする事。毎年がラストチャンスと思い、挑戦する事。

相談にのっていただいた皆さん、本当にありがとうございました!

そして嫁。ありがとう!だから頑張れる!高松ファイブアローズ宜しくお願いします!

では〜






2013-2014Season終了。

こんにちわ。大分戦を終えて、今シーズンが終了しました。結果は23勝29敗でした。ヘッドコーチとして3年目のチャレンジも終わりました。本当にたくさんの応援ありがとうございました。そしてプレイオフに届かず申し訳ない気持ちと悔しさで一杯です。

全員が本気で目指したプレイオフ。昨日、試合の前半を終えた時に大阪が勝利していたのでそこで僕たちのチャレンジは終わってしまいました。リードして勝っていたのですが、選手には正直に伝えました。全員の悔しそうな顔。涙。胸に突き刺さりました。

良い時は良い。悪い時、苦しい時にどうなるか?その時にそのチームのキャラクターがでると思います。アローズは今シーズン幾度となく色んな問題に直面しました。チームもフロントも。その度に苦しみ、だけどもがいてくれました。その結果が最後の6戦を5勝1敗で終える事ができたんだと思います。本当に素晴らしい人たちに恵まれました。そして助けられました。

昨日の後半戦。このメンバーで最後の20分間。サイドラインから皆の気持ちのあるプレーが嬉しくて、そして終わるのが寂しくて仕方ありませんでした。素晴らしいハートをもったチームでした。

プレイオフには1勝届きませんでした。これは自分の責任だと感じています。3年契約での3年目の年。結果を出さないといけなかった年。僕を信じてくれた球団、選手、スタッフ。本当に感謝しています。そしてごめんなさい。今シーズン、何度も何度も、選手、スタッフに救われました。自分の力不足を皆がカバーしてくれました。

ブースターの皆さん、スポンサーの皆さん、球団に関わる全ての皆さん、本当に今シーズンもアローズを支えて頂き、そして共に戦って頂きありがとうございました。皆さんがいなければ僕達は闘う事はできませんでした。これからもアローズを宜しくお願いします!

ありがとうございました!

All Star Game & 後半戦。

秋田から更新です。雪すごいです。

昨日・今日とAll StarのWESTチーム、アシスタントコーチをやらせていただきました。色んな選手・スタッフと話ができ、そして4500人の観客の前でコーチンスタッフとしてあの場所にいれた事がすばらしい経験でした。

自分が大学でバスケットをしていた時、5000人くらい人が入る時がありました。その時、日本ではこんな事ないんだろうなぁって思っていました。だけど、bjリーグができ、運営が成功しているチームは本当に素晴らしい環境を作り上げています。10年前までは考えれなかったと思います。日本のバスケットはまだまだ盛り上げれる。盛り上げないといけない。遠征先で、たくさんの観客をみると本当に悔しい気持ちでいっぱいになります。

高松で、たくさんの人にみたい。応援したい。そんなチームにしていかないといけない。僕たちはどん底を経験しました。そこからどれだけ上にいけるか。チームもフロントも。1つの球団として。

今回大分の鈴木監督とたくさん話をさせて頂きました。大分も苦しんだからこそ、色んな話をしてもらえました。色んな経験をする中で、自分の中でぶれてはいけないもの。再確認できました。


さて、来週から後半戦です。13勝15敗。シーズン始まる前は16勝で前半を終えたいと考えていました。後半戦は秋田(東の首位)、沖縄4戦(西の首位)、たくさんの厳しい試合が待っています。それに加えて、運営面での問題。

高松ファイブアローズは、最後にどの場所にいるんやろう。

この状況だからこそ、チャレンジしたい。余計に勝ちたい。選手を信じ、自分が成長し、フロントと共に歩み、僕はこの状況を打破したいです。

日本のバスケットを盛り上げたい。そんな気持ちでアメリカから帰ってきました。今は、高松を盛り上げたい。


信じる事。行動する事。


後半戦、宜しくお願いします!


ピンチはチャンス。戦い続ければチャンスに変えれる。 変える!やる!


出産。

11月21日に次男が生まれました。少し出産で感じた事を残しておこうと思います。

11月20日に破水し、そこから26日までの6日間を助産院の1室で過ごしました。

今までの生活だと、仕事部屋で仕事をしているので、嫁や子供の様子など常に見れる機会ってなかなかありませんでした。8畳くらいの部屋で過ごし、出産に立会い、子供の世話をし、皆が寝てから仕事をする。そんな生活でした。この時の僕の睡眠は実質3時間くらいだったと思います。朝3時から4時くらいに寝て、子供が6時、7時に起きる。

その中で見た光景はこちら。
IMG_3451
これは金曜日(1試合目の後)の夜4時前くらい。嫁は泣いている赤ちゃんに授乳をしています。この日は夜通しでずっと世話をしてくれていました。朝起きて、聞いたら、1時間くらいしか寝てない。と。

すごく力が入りました。長男の時、僕はこの過程を知りませんでした。母親の大変さ、頑張り。感謝の気持ちで一杯でした。






試合の日でしたが、息子と散歩。

IMG_3473この笑顔にまた力をもらいました。
そして、助産院をでる時は赤ちゃん(尊志:とうし)から元気をもらいました。
IMG_3540

この助産院で、家族と過ごす時間がたくさんあり、その中で嫁さんがどれだけ家族を支えてくれているかを目の当たりにし、そして子供たちから元気をもらってると実感。
本当に素晴らしい時間でした。責任も増えるけれど、その分楽しみが何倍にもなるような気がしています。








最後はやっぱり寝てました。笑
IMG_3480

勝誠、強く、誠実な人に。
尊志、人を大切に、そして志をもった人に。

子供は親をみて育つ。まず自分からっ!子供は最高、嫁も最高、あとはオレっ!笑

家族って良いですね☆


最後に、Facebook,試合会場でたくさんの方から、おめでとう!という言葉を頂きました、本当にありがとうございました!!!感謝、感謝、感謝、そして嬉しかったです!

では!



シーズン開始。

久しぶりの更新。シーズンが開幕して、4試合が終わりました。現在1勝3敗です。今週は試合が無いのでチームとして京都戦2連敗から学び、強くなるために練習をしています。開幕戦の相手の福岡から1勝取れたのはチームとして非常に良かったです。去年勝てなかった相手に勝てる。去年出来なかった事ができる。そういう事をチームが経験できると自信につながります。

ただし、まだまだまだまだまだ。チャンスは1回。あと48試合、全てに最高の準備をしてベストを尽くす事。今シーズン、何がなんでも結果を残す。自分自身も成長していかないといけないと思っています。今シーズンも応援宜しくお願いします!来週末は岡山での試合!是非近くの方は見に来てください!

さて、来月は2人目の子供も生まれる予定です。そんな楽しみもあり、しゃかりき頑張ります!

最近は毎朝、息子と散歩しています。色々言葉も覚え会話ができるようになってきました。今週はひたすら僕の事をおじいちゃんと連呼します。

おじいちゃん、がんばります。笑
ke

2013-2014シーズン始動。

8月1日から日本人選手のみでチーム練習が始まりました。オフの期間はシーズン中できないことをたくさんでき、充実した時間をすごせました。それと同時に、今シーズンの準備を色々しておりました。

また高松で指揮をとらせてもらえることに感謝し、全力でやっていきます。

よく、チームは家族。といいますが、本当に家族といえるくらい、お互いを大切にし、そして厳しく、成長していけるチームにしていきます。そして何より強いチームに。

明日も練習です。体育館は非常に暑いですが、選手達はハードに練習しています。絶対にこの時間を無駄にしない。強い気持ちをもってシーズンまでの時間をすごしていきます。

今シーズンもよろしくお願いします!

おやすみなさい。

家族旅行。

久しぶりに更新!このブログはアメリカの大学でバスケ部に入ってから書いています。いわば、日記みたいなものですね。ちょっと書き残しておきたいので、書きます。

今回は2泊3日で大阪へ家族で実家へ帰ってきました。

1日目:海遊館
2日目:子供と遊ぶ、兄貴と会う、実家で晩御飯
3日目:嫁の親族で昼ごはん、心斎橋をぶらぶら

家族で実家に帰る事は年に1回。なので、いつもの自分の用事は作らずに行きました。家族と楽しい時間を過ごせました。父・母・兄・親族。家族との時間は本当に良い時間です。

今日(3日目)の朝は母が喫茶店に連れて行ってくれました。

大きなテレビが置いてあり、僕の後ろに置いてあったので、もちろんみえてません。そしてそのテレビではタヒチの特集がしていたようです。

真剣な顔でオカン(母)が、僕に


バナナってやっぱり木から直接とって食べたら甘かったん?

僕:??何の話なん?

オカン:いや、バナナって木から直接とって食べたら甘かったん?

タヒチの番組に感情移入しすぎて、僕が留学していた場所がタヒチ的な場所になってたようですね。

僕:ネブラスカでバナナは無理やで。笑

そんな感じのオカンは色々笑わしてくれました。楽しかったです。

最後に、大阪から帰ってくる道中、淡路のSAで休憩。息子と遊び、嫁と色んな話をし、楽しい時間を最後まで過ごせました。息子ができて、家族が増えました。家族が増えて、色んな事が変わるなかで、幸せを感じれる毎日に感謝です。

家族旅行。今ある生活に感謝でき、家族とたくさん向き合える良い時間となりました。

さぁ、また明日から頑張ろうっ!

写真は帰りの淡路SAでのショット。足の短さにびっくりやな。笑

では!

写真

2012-2013シーズン。

おはようございます。

先週末をもちまして、高松ファイブアローズのシーズンが終了しました。最後までたくさんの応援ありがとうございました!チームとしては20勝32敗でプレーオフには届きませんでした。非常に残念でした。個人としてはヘッドコーチ2年目で、色んな事にチャレンジさせて頂きました。
  
ヘッドコーチ1年目は2勝50敗。

今年僕がヘッドコーチをさせてもらえた事が1番のミラクルでした。球団には感謝の気持ちでいっぱいです。それと同時に、もっと成長しないといけねjavascript:void(0)いと常に感じています。

今年のチームの課題は「成長」にあったと思います。状況として、資金がない中で、去年と予算も同じでどうチームを強くするのか?社長とよく会話をする事から始まりました。そこにアシスタントのシゲさんが加わり、色んなサポートをうけながらロスターが決まりました。

オフェンス・ディフェンス共に自分なりに去年の反省を活かせた部分、まだまだな部分がありましたが、チームの土台を作る作業は本当に楽しかったです。

シーズン初めに比べると、チームのまとまりは非常に強くなり、チーム意識をもってシーズンを終えれた事が本当に選手に感謝です。そしてその中で個人の成長もあり、コーチとして、このチームで出来た事を嬉しく思います。最後の試合、終わるのが寂しいくらいでした。

球団の努力、スポンサー、ブースター、地域の多くの方の協力もあり、もがきながらも少し良い流れができたシーズン。一緒に戦って頂いた皆さんありがとうございました。

最後に、ボランティアスタッフの皆さん。どんな時でもずーーーっと一緒に戦ってくれたメンバー。本当にありがとうございました。

最終戦、ハイタッチでコートをまわった時に、ありがとうございました。と言うと、たくさんの方が「ありがとう」って返しくれました。何で??と思いながら泣きそうなりました。笑

夜のスカウティングや練習の準備や何もかもが終わり、夜11時すぎに寝ると朝6時半に目が覚めました。笑 

では!

前半戦終了。

おはようございます!今日沖縄から高松に帰ります!

前半戦最後に沖縄を倒せたのはチームにとってすばらしい経験になりました。ミーティングで12月頭に今回の沖縄戦までにどれだけチームが成長できるかがポイントになる。そんなことを共有してから1ヶ月と少し。それに全員が応えてくれました。

今回の沖縄戦を終えてシーズン52試合中、26試合が終わりました。10勝16敗。自分なりに色々工夫してもうまくいかない事のほうが多かったです。笑 思い描いていた結果ではありませんが。。。

だけど、うまくいかない時に、選手、スタッフには本当に色々救われました。自分の力の無さを皆がカバーしてくれました。そして色んな方がこの球団を支えてくれています。感謝です。

後半戦26試合。

チームはまだまだ成長できると信じています。何より自分が一番成長しないとっ!!

後半戦も応援よろしくお願いします!


息子も来月で1歳です☆息子の成長も楽しみで仕方ありませんっ!

IMG_1841

指導。

2013年、今年もブログ書いていきます。宜しくお願いします。

今、ニュースで桜ノ宮高校の事が取り上げられています。本当に悲しく、残念です。事実がどうあったかというのは僕はわからないので何とも言えませんが、1つ大きくいわれている体罰に関してだけ書きます。

生徒を叩く。殴る。蹴る。

事実、この問題は非常に根が深いと思う。誰が悪いというよりは、日本にはこれが指導の一貫として普通に行われている。

叩かれる理由。叩かれたあとのフォロー。それがあれば、子供のためになる。そんな風潮がある。あの先生に厳しく指導してもらったから今の自分がある。そういう人はたくさんいると思います。僕もその一人。

ただ、自分が海外へ行った経験や、今自分が指導する立場になって思うのは、指導の一貫で手を出すのは間違っている。どんな理由があってもあってはいけない。それを指導としてほしくない。

今、愛情をもって指導している方はたくさんいると思います。もし手を使っているのなら違う指導方法みつけてほしいです。

スポーツの根底にあるのは”楽しむ”

強くなるためには厳しさはもちろん必要。


だけど手をあげる必要は絶対にない。どんな理由でも必要ない。


指導方法を変えていかないといけない。それを見つけていくのは今指導に関わっている全ての人の責任だと思います。


手をあげるのは簡単ではない。愛がなければ出来ない。の指導はやめてほしい。


本当の指導って手を使わなくても、人を導く事ではないでしょうか。


自分はそんな指導者になりたい。 



変えていこう


長尾強司。

こんばんわ!今日は告知です。

元高松ファイブアローズ、そして兵庫ストークスでプレーしていた長尾強司。今週23日、今回ストークスの試合前に引退セレモニーが行われるようです!強司の地元淡路島でのセレモニー。粋な計らいですね。

彼がアローズにいた頃、一緒によくクリニックをやらしてもらいました。

是非、香川からも近いので強司の最後の姿みにいってください!

長尾強司引退セレモニー

アローズは今週は滋賀との対戦!こちらの応援も是非宜しくお願いします!

チャレンジしてきます!

ばあちゃん

おじいちゃんが2004年に亡くなってから8年間。一緒に連れ添ったパートナーがいなくなり、本当に寂しかったと思います。1人になってからは、一緒にスーパーに買い物いったり、商店街のベンチで座って話をしたり、本当にイイ思い出です。

少しずつ、そんな事も出来なくなり、自分は香川に移動し、年に数回しか会えなくなって。。会うたびに、自分の事もはっきりわからなくなっていった。

隣に座って、ばあちゃんは一生懸命話をしてくれた。同じ話だったり、もうなんの話かもわからない時もあったけど、それでもそんな時間も好きやった。

隣で寝ていると、毛布を何枚もかけてくれた。

今年の夏にもうダメかもしれないという連絡があり、入院したばあちゃん。見事に退院してから3ヶ月、よく頑張った。本当にタフやった。92歳。

おばちゃんから木曜日あたりもうダメかもしれないとメールが入り、木曜日練習終わってすぐに大阪にいった。

間に合わんでごめんよ。本当にごめんなさい。

葬式にも、でれず、ばあちゃんの前で手を合わす事しか出来なかった。ごめんなさい。ありがとう。ほんまはありがとうって亡くなる前に伝えかった。

この春、息子を抱いてもらった事が本当に今想うと最高の思い出となったよ。

92歳まで生きてくれてありがとう。おじいちゃんとまた一緒にゆっくりと過ごしていたら嬉しいな。

ばあちゃん、おれの宝物で、この写真。息子が大きくなったらみせてあげるんよ。

自慢のばあちゃん

ありがとう

IMG_1004

プロフィール
前田顕蔵 1982年生まれ。大阪出身 現在秋田ノーザンハピネッツアシスタントコーチ。日本のバスケットをとにかく盛り上げたいと強く思っています。大商学園卒業後、渡米。大学はUNK(NCAA div.II)で2シーズンプレー。ヒューマンアカデミーでアシスタントコーチを経て、高松でアシスタントからヘッドコーチに。高松で7シーズンを経て、現在秋田。日々の想いを書いています。
  • ライブドアブログ