May 11, 2007

ちょっとだけコラム

最近マスコミで賑わしている、、、


高校野球"特待生問題"


賛否両論あると思います。


実は私、十数年前"特待生"だったんです。
※学校側にしてみれば高い投資だったと思います(笑)

[壁]_-) ケッキョクホケツジャン


スポーツや学業で優秀な生徒を奨励する、"特待生制度"は、必要だと思う。
実際に野球以外のほとんどのスポーツには採用され、子ども達の個性を伸ばし、やる気や忍耐力、そして目標に向かって頑張る!という、強い人間性づくりに繋がっている。

そして、そういった選手を集めている学校は"つよいチーム作り"を目指しているため、レベルの高い(分かり易く言うとキツい練習)取り組みをしている。


そこでの成績や経験は、社会に出たときに100%役に立ちます。と、言い切っちゃいます!


ここぞっ!というときの踏ん張り、上下関係、言葉遣い、礼儀、元気良さ、明るさ。
などなど、沢山の学生バイトさんを採用して実際に感じるからです。
ただし、本人の人間性が重要ですけどね、、、


ここにきて、高野連が柔軟な対応をしてきましたね。
しかし、よ〜く考えると生徒・選手にだけ処分なんて、当たり前にあり得んです。

長年、周知の事実を知らぬ顔して、

『ルールに乗っ取って!』

の一点張りじゃあ、周りがゆるしません。まず、高野連のお偉いさんが謝り、時代に添ったルールの見直しをすべきだと思います。


私の場合、母子家庭に育ち、中学卒業と同時に姉が短大入学。
これ以上ない苦しい状況の中、学費・寮費が免除され、さらには大好きな野球が存分に出来る、ありがたい事でした。

そんな、ハングリーな選手も沢山いるはずです。



最後に、この"特待生問題"で、プロ野球裏金問題がフェードアウトしていく状況に、大人たちの黒い影が見えた気がします。

ガンバレ!野球少年・高校球児!!

baskin31robbins at 14:43│Comments(0)TrackBack(0)clip!ちょっとだけコラム 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔