夜中の3時ぐらいからいってきました
釣行場所はいつもの埼玉南部某所


本日の釣行は雨と魚の活性がどう関係するか・・・等
調査してみたくなった為ってのもありましたw


前日から雨が降り続いていて
雨が上がった直後ぐらいから釣行にいったのですが
釣り場について感じた事は魚の活性がよさそう・・・
って感じでした


早速
以前買ったアイバムシのノーシンカーで開始しました

アイバムシってこれだけで重量が4gあって
ベイトタックルでも十分キャストする事が可能なんですよね

ってことで早速キャスト
そしたら一投目からいきなり
ボシュッ!!

おーさすがアイバムシ?
しかしのらない・・・

再びキャストして
ボシュッ!
しかしのらない・・・


ボシュッボシュッボシュッ
のらない・・・

ワームのつけ方等色々工夫しましたが
バスがコバッチなのかアイバムシの浮力が強すぎる為が一切のりません(´・ω・`)


そこでPOP-X(オイカワカラー)に
そしたら今度はデネー・・・(´・ω・`;)


しょうがないから釣り場でアイバムシの
トレーラーフックを自作w

使わないであろうと思われる
バイブレーションからトリプルフックを外す
ワームフックにトリプルフックを通す
スナップをラジオペンチでつぶしてワームフックに固定w
ちっこいガンダマとかあったら便利だったかも?
自分は持ち合わせていませんでしたが・・・
高浮力と言っているアイバムシでもさすがにトリプルフックを装着すると
ゆーーーーーくりと沈んでいきます

※画像クリックで拡大
釣行時はゴム管ではなくスナップでとめていました
帰宅後ゴム管にチェンジした写真
ゴム管の微妙な浮力で沈まないようになるかも??
アイバムシ トレーラーフック 自作


しかし
そうこうしてる間にもう明るくなってきました・・・

明るくなってくるとTOPに一切反応しなくなりました


やっぱバスも鳥達からの攻撃が怖いのですかね?
自分が攻めていたポイントはオーバーハング等ない場所だったので
関係があるかも・・・?


ここでいつも通りのリグにチェンジ
センコーの出番です


しかしギルのあたりがある程度・・・
ストラクチャーとなる
急激なブレイクを探します


ん?ここいい感じのブレイクがあるぞ・・・
と、思ってロッドを立てたら
ゆーーーーくりしたバスのあたりっぽいものが・・・
反応をみてみると明らかにバスなのでスイープにフッキング

一瞬かかった直後にばれました・・・orz
40ぐらいありそうな重さでした・・・orz

多分アフターのバスだった為か
相当食いがおかしいアタリでした(´・ω・`)

そんなこんなで6:00帰還
ボーズです


ボウズです
ハゲです


今日はバスの活性はよかったので
ボーズは痛いです(´・ω・`;;;;;;)


本日の釣果
0匹
水温16℃
風速0m



えー
自分の中では雨が降った後は活性が悪くなると思っていましたが
逆でしたねw

phが関係してくると思っていましたが
埼玉南部では関係ないみたいです

また雨によって濁りも関係してくるか?
とか思ってたりもしてましたが
台風でも来ない限り気にする事はなさそうです

雨のせいで表面の水の温度が下がり
かるーいターンオーバー気味になったりもするんじゃないのか?
等、考えてたりもしましたが一日中雨降ったぐらいでは
関係ないみたいですw
結局はこの時期は雨で水温の変化は気にしないでいいみたいですね

水の温度も以前と比べ1度下がっていただけでした

逆に雨のお陰で酸素量が増え
ベイトフィッシュの活性も良かったです

水面をポチャポチャやっていました


秋終盤ぐらいまでは雨で魚の活性が悪くなる
とは、考えなくてよさそうです

逆に雨が降ったりしたら釣りにいきましょう
って結論になりました


今日はボーズでしたが雨によって
得た知識は想像以上に多いものでした

またもうすこし明るくなってくれれば夜釣りはTOPで
決まりそうですね


ただアイバムシののりの悪さは以上w
後、自分が通っている釣り場では虫を捕食しているバスは
いないと思われますが(オーバーハングみたいな木がない為)
アイバムシにアタックしてくる限り
虫を捕食してるからアイバムシ。って感じでもなさそうですね


ってことでまた次回の釣行日記で