2008年06月26日

あなたがくれた袋いっぱいのMMチョコレイトを食べても食べてもあなたがいなくなった後に残った苦味は消えないよ

これは君がクリスマスにくれたんだっけか。

それもはっきり思い出せないなんて最低だけど、あの時はもうあんなクリスマスが二度と来ないなんて思ってなかったから、いつまでも続くとばかり思って感謝が足りてなかったんだ、いま本当に悔しいよ、自分が憎いんだ。


もらった靴いっぱいに詰まったチョコレイトにグミ、二人で食べたっけ。あんなに幸せな時間はなかったのに、あの時の僕はそれを脳に深く刻むことをしてなかった、君が目の前にいる幸せでいっぱいだったんだよ。


君がいなくなってもう3ヶ月もするよ。元気にやってるのかな。
ここんとこ学校でも会わないから、メールもしないから、もう本当に遠くに行っちゃったんだって、最近よく思うんだ。



今日は自転車のチェーンがはずれたもんだから歩いて学校に行ったんだ。

学校に行くときに通るどの道にも君との思い出がしみついてるもんだから、下を向いて歩いたよ。 上を見てたらグズグズぐずってる曇り空、見てるだけで目の奥からなんかにじみ出てきたよ。
でも学校に行かなきゃだから、泣いてられない、最近は泣いてなかったのにな。



だんだん僕と過ごしたあの娘の面影が、匂いが髪が、全てが変わっていって、いつかは僕の知らない君になっちゃうんだろう、あの一緒に寝て隣に感じた温もりだって、もう思い出せないよ、もう君の声も思い出せなくなってきた。


こうやって会うのが怖くなる。前もそうだったな。

会わない時間がありすぎて、もう会うのがこわくなって。




あなたが笑っていられるならいいなんて綺麗事は言わないけど、あなたの素敵な笑顔を、元気な姿を一目でも見たいんだ、それだけだ。




この世の単位じゃあ表せないほどの愛をこめて。


風邪ひきませんように

bastard89 at 17:30|PermalinkComments(1)clip!

2008年06月12日

想い続けても届くかどうかわからないけどもそれでも意味がなくても僕はあなたを想い続けようそれしかできない僕だから

明日、僕は踏み出すさ、新たな一歩のためにも、一歩を踏み込むための一歩を明日ふみたいんだ。

もうあれから約2ヶ月、別れて2ヶ月も経つなんてな、長かったようで短かったような不思議な期間だったよ。
あなたがふと見せる、まだ僕を愛してるんじゃないかって素振り。それと裏腹にいきなり冷たい態度を見せられ、いやもうないんだと思わせる素振り、周りの友達は僕が振り回されてるとか言ってた、僕もそうなのかと感じたこともあった、だけどね、そうじゃなかったんじゃないかと今は、なんの根拠もないのに僕は確信してるんだ、根拠がないのにしっかりとした確信があるんだよ。


あなたはきっと迷っていたんだろう。何もかもが初めての二人にとっては別れだって初めてだったんだから。

その中で君は答えを見つけて僕から離れることにした、知ってた僕はまだ希望があるだなんて、確信でもなんでもないただのそうであったらいいなって言う自己中心的な願望だった。

この2ヶ月もの間、僕は君を想うふりをしながらも僕は結局自分のことを考えてた、情けないよと思っても今じゃ仕方ないか。


いまの僕が精一杯できることなんてたくさんあるけど、これ以上君にできることは何もない。


だから僕は明日、君にお別れを言って、そしたら君を想い続けようと思うんだ、結局自己満なのかもしれないけど、もう君に関わることができない僕にはそれしかないんだ。


君を愛することは僕の自由だから、一方的な恋にはなれてるから。



君がいつまでもいつまでもいつまでもその素敵な笑顔でいられますように、誰にも負けない愛をこめて。

bastard89 at 16:57|PermalinkComments(1)clip!

2008年06月08日

君と僕はきっとディズニーランドに共に行くことができない運命を背負って生まれてきたんだろう

こう考えるのはあまり好きじゃないし、現実逃避してるかのように自分は感じるけど、いまはそれすら構わない、君がいないならなんでもいいなんて歌い文句をいまの僕は誰よりも真顔で何度でも言えるんだ。



誰を責めることじゃない、ただ行くことは二人にとって好ましくないことなんだろうと思う。


来週で君は二十歳になる、僕のプレゼントはもらってくれるかな、アイスクリームぐらいは食べに行ってくれるかな。



全てが寂しいよ、全てが。

君が好きだった歌も君が好きだった映画もなにもかもが今の僕には辛すぎる、君を忘れたいわけじゃないけど今はしみちゃうんだ、涙が溢れちゃうんだよ。


誰を責めることもできないよ、自分が責められるのは自分だけだから、僕は自分を責めるよ、後悔するんじゃなく反省するよ、なんてったって僕には諦めがつくもんじゃないんだ、自分に絶望でもしない限り。



君を愛し続けるよ、僕が君を好きでいる限り、一方的な恋にはなれてるんだ、ただ君といたことの幸せに酔ってしまってただただ今は受け入れられないだけなんだ。



愛してるなんてもう君に言えないのかもしれないけど、僕は叫び続けるよ、届かなくても発することに意味があるんだと信じてるよ。


届かなくてもいい、愛してるから君が笑って過ごせるならいいんだ、愛してるから。




バレーボール、オリンピックおめでとう。

bastard89 at 01:33|PermalinkComments(1)clip!

2008年05月20日

気持ちを出したらいけないのかな

やっぱり好きなのは変わらないわけで、変わるくらいならそんな悩まないし。


好きなのは変わらないから好きなんだけど、自分の気持ちをもう外に出しちゃだめなのかな、それがあいつを苦しめてるならやめるべきだけど、伝えることをやめたらもう俺はあの娘が好きだってことをあの娘に伝えられないんじゃないか。


どうしてもあの娘に少しでも気にしてほしいんだ。






bastard89 at 00:36|PermalinkComments(1)clip!

2008年05月05日

MANGO可愛かったのに色を間違えた

本当のこと言うとわからないことがある。


あの娘は本当に自分のことが好きなのかなって。


何をしてても考えちゃう、何か足りないと感じるのはあの娘。


あの娘はそんな風に僕を感じてくれているのか、わからない。


結局相手の気持ちをちゃんと理解するのは無理なんだと思うけど、でもだからって諦めないよ、理解しようと努力する、一緒にいたいから。


そういうのが付き合うことなのかなぁなんても思う。


確かなことは一つだけ。


あの娘が大好きだってこと。



伝わりますように、この想い。

bastard89 at 17:49|PermalinkComments(4)clip!

2008年04月25日

近くにいたんだキミとボクは、なのに離れてからしかわからない自分が本当に嫌なんだ、本当

付き合ってる間ですらボクはキミとの間に壁を感じていて
友達といるときのキミのほうがボクといるときよりも楽しそうで
ボクと一緒にいて幸せなのかなって疑問がいつもつきまとってた
キミが友達に向ける笑顔をボクにも向けてほしくて
いま、友達になったボクにキミのあの笑顔は向いてるのかな
それともボクにはもうあの娘の笑顔は手に入れられないのかな

近くにいたようで遠くに感じられたキミ
いま キミが遠くにいって初めて気付けた
キミはあの時そばにいてくれたこと

気づけなかった
ごめんね、ありがとう
キミはもう前を向いてるのかもしれないけど
ボクはまだ向けないよ
前を向いてるけど結局キミを目指して歩いてる

愛してるんだもん


やっぱ想い続けたい


いつか振り向いてくれるまで


好きなんだもん

bastard89 at 22:51|PermalinkComments(1)clip!

2008年04月22日

あの娘は包帯を取った左手に気づいてくれなかった。

心機一転、ブログタイトルを変えました。

『あの娘はチョコミントアイスが好き』は僕の中学からの思い出。

やっとあの娘を思い出さなくなって前を向いて、好きな人ができて付き合うことができた。


そしてその娘との別れも。


うまくいってるようでなんにもうまくいってなかった、わかってたようでなんもわかってなかった。


いま僕はあの娘への想いが止まらない。


真剣に愛して、真剣に好きだった、結婚したい、将来ずっといたいと思ってたから。

そしていま、あいつは俺の仲のいい親友のような男が気になり始めてる、、



フェアじゃない世の中、あの娘がいない僕のくだらない世界、どれだけあの娘が俺を支えていたのかがいなくなってわかった、感謝したくてもいないあの娘。


引きずって引きずって、いつかあの娘をもう一度抱きしめられるその日まで、このブログを書き続けたいと思います。


今まで読んでくれた方々ありがとうございました、よければこれからもよろしくお願いしたいです。




負けない。

bastard89 at 12:39|PermalinkComments(0)clip!

2008年04月15日

待つことの辛さ

返事をいつまでも待つよって言ったのに、自分はもういっぱいいっぱい。



君が好きなだけ…



それじゃあもうすまないのか、君は何を悩んでるのか。



待つよ、頑張って。

bastard89 at 21:16|PermalinkComments(0)clip!

2008年03月21日

世界は広すぎるけどキミと逢えて良かった

久しぶりに更新です〜

この間、夢をみた。
彼女がまさに、ボクの彼女なのに『アイデン&ティティ』の麻生久美子さんのセリフをボクにはいていた。



自分『…したの?』
彼女『うん』
自分『なんで!?』
彼女『成り行きだったの、仕方なく断りようなくて』





悪夢だった。



彼女が汚れた気がして気持ち悪くなった。

束縛したいわけじゃないのに、結局考えは束縛してる。


でも彼女が他の人とするとか嫌だ。


彼女の初めてはボクがもらって彼女ももらってくれた。


その彼女が他の人、好きでもない人と成り行きで。



夢の終わりでボクらは別れた。


成り行きでした彼女は人が変わってしまった。


たかがセックス、されどセックス。



ボクはこの夢を彼女に教えていない。

bastard89 at 09:21|PermalinkComments(0)clip!

2008年02月08日

こんなに自分が嫌になることなんて初めてだぁ

自殺って勇気いるよなぁ…しないけど、いまはちょっとしてみたい気もするんだ、自分がなにしたいかわからないのに明らかな苛々がどこかにあって、どうしたらいいかわからないよーこのまま電車にとびこんだらグシャグシャになってみんなに迷惑かかるんだろうけど、死んだ後の俺にしたらなんだっていいべなぁ、帰って寝よう。

bastard89 at 20:29|PermalinkComments(0)clip!