2004年09月18日

星野待望論

 ストが始まる。
 ブログを中心として情報収集している感覚からすれば、これはもう既成事実だったことが予定通り始まったというだけ。古田氏と彼に率いられた選手会においては、存分に頑張ってもらいたい。少なくとも現時点では、圧倒的な数の世論を掴んでいるのだから。

 さて、そんな中、なんにもしない根来コミッショナーが辞意を表明したらしい。昨日の協議に、職を賭して(笑)提出された提案書が選手会に承認されず、結果としてストを回避できなかったからということだそうな。
 進退に関しては、今回の騒動、彼がナベツネと組んで(もしくは操られて)事態をここまで抜き差しならない状態に誘導したことを考えれば、当然といえるだろう。が、しかし、なにもこのタイミングでやるこたぁないんじゃないか。本当にこの手合いの責任者ってヤツらはなんにも判ってない。貴様が辞めることで、本来やる必要のない事務作業がどれだけ増えるのかを想像する力は無いのか、と小一時間問い詰めたい。馬鹿か、と。
 まぁしかし、あんな老害がいなくなることは組織の健全さを図るために間違いなく必要なことなんで、その点に関しては評価するとしよう。そこで考えなきゃいけないのが、この後の展開。
 プロ野球のコミッショナーという職は、代々法曹界の天下り先として位置されてきた。それこそ、毎度毎度よくもここまで野球とカンケー無いひとを選んできたといわんばかりである。愛も無ければ情熱も無い。あるのはこすっからい知識だけ。当然、自信も無いから決断力なんぞ発揮できるはずも無い。そして最大の問題は、こんな連中を天辺に仰いでた状況を平気で是認していたNPBという組織の体質だろう。言い換えれば、それだけ平和だったとも言えるが。
 だがここ10年、内にはJリーグを初めとするサッカー人気の台頭、外にはメジャーへの選手流出とそれに合わせたメディアとファンの変心、更にはワールドカップを目指した国際基準への対応などが、日本プロ野球そのものを圧迫し始めてきた。もはや従来のマーケティングは通用しない。組織全体が変わっていく必要が迫られている。だが、組織の運営を牛耳る経営者陣にはそのことが見えなかったらしい。

 ヒントは今までにもある。ダイエーが道を拓き日本ハムがフロックでないことを証明させた地域密着戦略や、日本代表メンバーへのプロ選手参加。メジャーで行われているインターリーグなどだって、有効なお手本になるだろう。少なくとも地域密着戦略に関しては、個々の経営者側の努力を認めるべきだ。残念なのは彼らが今回のようなオーナー会議全体に取り込まれたとき、個性の輝きを失ってしまうこと。実に日本的だといわざるを得ない。正直言って今の組織をアタマに抱いている間は、ドラスティックな改革を望むことは難しい気がする。例えば川淵キャプテンに象徴される日本サッカー協会のような組織をつくることはできないのだろうか。
 私は可能だと思う。ミスター長嶋が旗印となったオリンピックでのプロアマ共闘や野茂秀雄らによるクラブチーム支援、野村氏の社会人シダックスの監督就任、そしてプロ引退選手たちへのアマ球界復帰規制緩和。高畠氏のプロ経験者による高校野球部監督第一号こそ残念ながら氏の病死で潰えたが、今後この道も開けていくことだろう。
 だからこそ、今、NPBと日本アマチュア野球連盟、高野連を統括する上部組織を打ち立てるべきなのだ。既存の組織はすべてその傘下に下り、新組織が諸外国との窓口として国際ルールや選手の流通などを管理するのだ。中途半端で傀儡にしかならない外部組織を急増したところで、たかがしれている。ここはこの際、全体を飲み込む超法規的組織を作らない限り、本当の事態収拾は訪れないんじゃないだろうか。
 で、私はそのトップ人事に星野仙一氏を推すワケだ。
 
 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bathyscaphe/6936847
この記事へのトラックバック
とうとうこの週末はスト突入。この決断を下した古田会長、あなたは偉いです(泣) 団交延長のニュースを聞き、「もしかして、ストライキはあくまで交渉の道具で、実行する...
プロ野球スト決行を支持します【PurpleMoon blog】at 2004年09月18日 02:17
プロ野球労使交渉決裂、スト決行へ(日経) 午後5時が交渉期限だったはずだが、2時間延長って、なんか裏取引でもあるのかな? と思って、7時のNHKニュース見てたら、まだ結果が出ない。 7時20分に機構側の担当者が「もうしばらくお待ちください」って言っていたの
ついにスト突入!自分は古田さんを支持します!多分、みんなも!そうだよね!?【阪神優勝、巨人最下位】at 2004年09月18日 08:49
プロ野球選手会と経営側の話し合いが決裂。 18日・19日・25日・26日のストライキ決行を決めた。 記者会見で古田選手会長は紙を読まずにコメントしていた のに対し、ロッテの瀬戸山代表は紙を棒読みするという醜態。 経営側に全くと言っていいほどやる気が見えない
プロ野球、ついにスト突入【FUKUHIROのブログ】at 2004年09月18日 10:08
 とうとう現実のものになってしまいました。僕もストライキは行われそうだし、行われても仕方がないと思っていましたが、やはり実際に起こってしまうと寂しいものです。中日の優勝やパリーグのプレーオフ進出争いは確かにこれからの球界を考えれば些細な問題かもしれません
プロ野球史上初のストライキ突入【スポーツメンタルトレーナーの小噺】at 2004年09月18日 16:18
昨夜の報道ステーションで見た機構側と選手会の交渉後の会見は、用意されていたのかと思われるような機構側の会見と・・・それに対し苦悩が伺える古田会長の会見。 機構側の会見は今朝の新聞を読むまでもなく、選手会を批判する物だった。 自分達はこれだけやったのに・・
一日が過ぎ【雑 記 帳】at 2004年09月19日 01:30
人気・実力で巨人に対抗する一方の雄としての立場を確立したかに思えた 阪神タイガース。 ところが、球界再編をめぐって、球団首脳の右往左往の迷走ぶりに、馬脚を あらわし、当事者能力の欠如を露呈。プロ野球でリーダーシップをとる資格も 実力もないことを世間に知らしめ
万死に値する阪神の罪【頭がスッキリするコラム】at 2004年09月22日 05:27
ずいぶん男っぷりを上げたな、古田は。「苦難は人間を大きくする」か。 なんかもう、野球選手というよりは一端の企業人って感じだ。ホリエモンよりよっぽど”らしい”んじゃないか?(w 『古田選手会会長譲歩 週末スト回避へ急転 再来年参入確約でOK』 さぁて、交
相変わらずの交渉巧者だな、古田は【楽天的脳天気 雑記編】at 2004年09月22日 07:29
 根来泰周コミッショナーが今日のNPBの委員会(12球団の代表者による実行委員会)で辞任するというが、それに先立つ26日、和歌山大教育学部付属小の同窓会世話人総会の席で講演したそうな。  その内容というのが振るっている。いわく「(プロ野球界は)感情で動く社会。(
オマエモナー【深海日誌】at 2004年09月27日 13:55
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。

>私たちブロガーの出来ることは、そうさせないための(つまり飽きさせないための)さまざまな考察や意見を発信することだと思います。

その通りです。いろいろな意見を発信することによって更なる野球の発展に貢献できると思います。頑張りましょう。
Posted by fukuhiro at 2004年09月18日 22:26
はじめまして。
星野SDのコミッショナー就任、私も以前から思っていました。
野球に今まで携わっていなかった法曹界の天下り人間が、コミッショナーをやれる時代ではなくなってきていると思います。
リーダーシップをとれて人望の厚い星野氏こそが、ふさわしいと思っています。
10月からは是非、星野コミッショナーになるのを望みます。
Posted by ベル at 2004年09月19日 01:29
>fukuhiroさん
こちらこそコメント、サンクスです。
今後も拝見させていただきます。
生活が破綻しない程度(笑)に、頑張ってください。
Posted by bathyscaphe at 2004年09月19日 15:49
>ベルさん
コメントありがとうございます。
イチローのコメントで、
「客観的な立場から見ると、何かが変わっていくチャンスという気もする」
というのがありました。
少なくともコミッショナーという役職について、後任が何ひとつ変わらない思想背景で就任するようなことがあったら、日本プロ野球というのは凋落を約束されるでしょう。
そうならないためにも、そろそろ本気で考え直してもらいたいですね。ホント、いい機会ですし。
Posted by bathyscaphe at 2004年09月19日 15:56