真太郎日記

初めまして、真太郎と申し上げます。 鉄道とかスポーツとかエンターテイメントとかの出来事などパンチのある小話とかなど、時事ネタをドカンと楽しくやりますので以後、よろしくお願い申し上げます。

今日(10月15日)の都電イベント

e1a1bf43.jpg
6ed450ea.jpg
afb6743d.jpg
今日(10月15日)は、友人のよしちゃんもまた東京さくらトラム(都電荒川線)の荒川電車営業所(荒川車庫)で行われた荒川線の日イベントに行ってきました。

今回の荒川線の日イベントも、昨年10月16日と同様にお子様連れがターゲットとなっていました。

この時に展示されていた車両は、東京さくらトラムのラッピング電車である8500形の8502号車と、9001号車だけだったので物足りなさを感じたのはその為であるし。

このように、今年も都電の荒川線の日イベントに行くことが出来て良かったです。

東京さくらトラム

ff426128.jpg
aee70bc8.jpg
8f11633b.jpg
4758af26.jpg
3c0c641b.jpg
本日、川崎市多摩区の友人が荒川車庫前で行われた「荒川線の日2017」で撮影した8502号と9001号、東京さくらトラム荒川車庫前で撮影した8904号車と8905号車の並び、同じく東京さくらトラム荒川車庫前で撮影した7707号車、最後に東京さくらトラム三ノ輪橋駅で撮影した8807号車号車の画像です。

都電荒川車庫のイベント

c98f7c6f.jpg
0923a5b7.jpg
d878eac0.jpg
本日は、北区の友人が荒川車庫前のイベントに行きまして、雨天にも関わらず多数の家族連れや鉄道ファンが来ていました。

会場にて撮影した9001型と8502型の画像です。

E657系のK10編成によるときわ88号

8d46a0d3.jpg
4c3b602f.jpg
e163b967.jpg
こちらは、10月8日に、友人のよしちゃんがJR常磐線の上野駅17番線で撮影した、E657系のカツK10編成によるときわ88号と、折り返しのときわ83号(ときわ号で唯一のいわき行き)です。

ときわ88号は、勝田駅(茨城県ひたちなか市)を18時47分に発車し、途中、水戸、友部、石岡、土浦、柏に停車してから上野駅へと向かう列車であり、鉄道の日に当たる明日(10月14日)のダイヤ改正からは、ときわ86号の品川行きとなります。

折り返しのときわ83号も品川発に変更されることになるし。

常磐線の品川発着の増発の改正が明日に迫ったということで、このことを話題にしたのであります。

その分上野駅の地平ホーム(低いホーム)に発着するE657系が大幅に減ってしまうことで寂しさを感じました。

この改正では、品川発高萩行きの普通列車(品川 16時27分発)も廃止されることになり、東京経由高萩の表示が見納めとなります。

これにより、品川発の常磐線の列車は日立まで(品川 18時53分発のみ)となり、高萩 6時51分発の品川行きが残ることになるし。

このように、改正前に上野駅の17番線でE657系を撮影することが出来て良かったです。

京王7000系の7729Fによる特急京王八王子行き

d316e8cd.jpg
0157062a.jpg
f7666884.jpg
10月1日は、友人のよしちゃんが府中から高幡不動まで、京王7000系の7729Fによる特急京王八王子行きに乗りました。

京王7000系の7729Fは、8両固定編成だった7710Fに、7702Fの中間車2両が組み込まれた編成であり、10両中先頭車を含めた7両が、7000系の10両固定編成で唯一の1984(昭和59)年製であります。

7000系は、1984年のデビュー当初から1987(昭和62)年に6両化されるまでの間は5両編成となっていたし。

この編成に乗った時は、かつて各停専用車(阪神電車の青胴車と同じポジション)だった7000系が特急にも使われていることで時代の流れを感じていました。

1972(昭和47)年5月から2011(平成23)年まで活躍していた京王6000系は、初期の段階で優等列車専用となっていたので、阪神電車の赤胴車と同じポジションとなっていたし。

7000系が優等列車の運用に進出したのは、2001(平成13)年3月27日のダイヤ改定のことであり、その翌日の3月28日に、東急東横線で、8000系(2008(平成20)年1月まで活躍していた車両)が各停専用車から急行や当時新設されていた東横特急にも進出していたので、似たような現象となっていました。

逆に急行専用車だった東急8590系が各停にも進出していたので、京王6000系と同じような流れであったし。

京王線の府中駅は、1916(大正5)年10月31日に、京王電気軌道(当時)の飛田給〜府中間の開業と共に出来た駅であり、1925(大正14)年3月24日に、玉南電気鉄道によって府中〜東八王子(現、京王八王子)間が井の頭線と同じ1067mmの狭軌で開業した時には、乗換駅となっていました。

玉南電気鉄道は、翌年の1926(昭和元)年12月27日に京王電気軌道に吸収合併されていたけど、当時は旧、玉南電気鉄道の区間が1067mmのままだったので、京王線と玉南線に分かれていました。

後に玉南線が京王線と同じ1372mm(馬車軌間)に改軌され、1928(昭和3)年5月22日には、新宿追分(当時)〜東八王子間の直通運転が実現していたし。

1944(昭和19)年5月には、陸上交通事業調整法により、京王電気軌道が東京急行電鉄(東急電鉄)に合併され、大東急として東急線の一部となっていたけど、1948(昭和23)年6月1日には、東急からの分離・独立(大東急の崩壊)によって、京王帝都電鉄となり、あれから50年経った1998(平成10)年7月1日に京王電鉄に社名変更されたことで現在に至っています。

京王帝都電鉄の帝都とは、井の頭線の前身の帝都電鉄(小田原急行鉄道(現、小田急電鉄)の系列だった鉄道会社)のことであり、帝都電鉄によって、1933(昭和8)年8月1日に帝都電鉄によって渋谷〜井の頭公園間が、翌年の1934(昭和9)年4月1日に井の頭公園〜吉祥寺間が開業していました。

帝都電鉄は、1940(昭和15)年5月1日に小田原急行鉄道(翌年の1941(昭和16)年3月1日に小田急電鉄となる)に吸収合併され、小田急井の頭線ならぬ小田急帝都線となり、1942(昭和17)年5月1日に前述のように大東急として東急に合併され、1948年6月1日に京王帝都電鉄となったと共に、京王のものとなったのであります。

井の頭線は、帝都電鉄→小田急→東急(大東急)→京王と移り変わっていることが分かるし。

井の頭線の路線名は、東急との合併時から使われており、大東急の時代は東急井の頭線と呼ばれていました。

小田急線と京王井の頭線の下北沢駅で、小田急線の駅が地下化された現在でも中間改札がないのは、井の頭線が帝都電鉄→小田急時代だった頃の名残であるけど、来年3月の小田急線の地下複々線化工事に伴う改良工事の完成により、ようやく中間改札が設けられることになります。

1998年7月に、帝都の名が外されて京王電鉄となった理由は、1990(平成2)年3月30日に現在のKEIOのCIロゴマークが導入されたことにより、京王の名が定着していることはもちろんのこと、分かりやすくする為でありました。

井の頭線で1067mmの狭軌のままとなっているのは、小田急の系列だった帝都電鉄の名残であり、京王線との直通運転の必要がないことから改軌せずに残されていたのであります。

小田急と京王は、新宿、下北沢、永山〜多摩センター間で接続しているけど、共に地上を走っているのは、京王相模原線の京王永山〜京王多摩センター間と、小田急多摩線の小田急永山〜小田急多摩センター間だけとなっています。

京王線と井の頭線の乗換駅である明大前駅は、1913(大正2)年4月15日の開業当時は、陸軍の火薬庫が周辺にあったことから、火薬庫前駅と呼ばれていました。

1917(大正6)年に松原駅(東急世田谷線の駅(旧、玉電松原駅)とは別)となったことを経て、1935(昭和10)年2月8日に現在の明大前駅となっています。

今年3月25日からは、周辺にある明治大学の和泉キャンパスに因んで、明大前駅の京王線ホームの接近メロディーが、明治大学(明大)の校歌となっているので、明大前駅らしくなっているし。

府中市は、東京都のほか、広島県にもあり、広島県の府中市には、JR福塩線の府中駅があります。

広島県の府中駅は、福塩線の電化区間(福山〜府中間、105系または115系電車による運用)と、非電化区間(府中〜塩町〜三次間、キハ120形気動車による運用)との境目の駅であり、それぞれ乗換が必要である為に、玉南線だった頃の府中駅に似たような状態となっています。

京王線の府中駅で撮影した、7804Fによる各停京王八王子行きは、競馬場線に乗った後に、東府中から府中まで乗った列車であり、北野駅で準特急高尾山口行きに接続しています。

特急京王八王子行きも、北野駅で高尾山口行きに接続しているし。

7804Fは、1993(平成5)年に導入されたビードプレス車体の後期型であり、コルゲート車体の初期型車の7704Fとペアが組まれています。

京王線の特急が登場したのは、1963(昭和38)年10月1日のことであり、新宿と東八王子(同年12月11日から京王八王子駅)の間が約40分で結ばれるようになっていました。

当時は、途中明大前、調布、府中、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動に停車し、分倍河原と北野は通過していたし。

初代5000系によって105Km/h運転が行われていたけど、現在は110Km/h運転と、馬車軌道を走る列車で最速となっています。

このように、府中から高幡不動まで、京王7729Fによる特急京王八王子行きに乗ることが出来て良かったです。

会津若松駅

c618f6fd.jpg
5e149f39.jpg
d40dcde0.jpg
a787618b.jpg
358b300d.jpg
帰りに、ワシの友人が会津若松の駅に寄ったら、SL磐越物語が来てました。


それに、719系の後継のE721系と会津鉄道の気動車の画像も送られました。

野沢駅

cb9129eb.jpg
2d4d8d7e.jpg
今日は、ワシの友人が仕事で西会津に行ったので、ついでに野沢という磐越西線の駅で、停車中の列車を撮影いたしました。

10月1日の都電 8810号車

80be166a.jpg
c52ccf8f.jpg
0600c64f.jpg
10月1日(荒川線の日)は、友人のよしちゃんが大塚駅前から早稲田まで、元祖幸せの黄色い都電である8800形の8810号車に乗りました。

こちらは、最近になってから再塗装(化粧直し)され、新車同様に綺麗になっています。

8809号車も全般検査からの出場と共にラッピングが解除されて再塗装されているのを確認しました。

このように、再塗装された8810号車を撮影することや、大塚駅前から早稲田までそれに乗ることが出来て良かったです。

画像は、大塚駅前電停と早稲田電停で撮影したものです。

9月30日の都電 8806号車

bfa5ebbd.jpg
b4bd4d94.jpg
f941836a.jpg
こちらは、友人のよしちゃんが9月30日に東京さくらトラム(都電荒川線)の高戸橋の撮影ポイントで撮影した、8800形の8806号車で、再塗装前提により、ラッピングが解除されていました。

これにより、久しぶりに8806号車のラッピングなしの姿を見られたほか、Tokyo Sakura Tram(東京さくらトラム)の表示に変わる前のArakawa Lineの表示を撮影することが出来たのであります。

最近になってからは、8810号車(元祖幸せの黄色い都電)が再塗装されていたので、現在8806号車が再塗装の為に入場していることが分かります。

同じ紫色塗装の8807号車は既に再塗装され、現在は8810号車から受け継がれた大起エンゼルヘルプのラッピングが施されているし。

現在7700形、8800形、8900形のArakawa LineからTokyo Sakura Tramの表記の変更は、完了しているので、Arakawa Lineの表示が過去のものとなっているし。

8806号車の塗装変更前の非ラッピング状態は、9月30日限定だったので、撮影出来て良かったと思っています。

京王7000系7807Fによる特急京王八王子行き

d6a19d26.jpg
412566a1.jpg
33e4f7e5.jpg
10月1日は、友人のよしちゃんが新宿から府中まで、京王電鉄7000系の7702+7807Fによる、特急京王八王子行きに乗りました。

この編成は、8両固定編成だった7711Fと7715Fから組成された編成であり、7701+7806Fと同様に、コルゲート車体同士となっています。

この時には、後ろ側の7807Fの7807号車に乗っていたけど、こちらは、元7711→7811号車だった車両でありました。

7807Fは、新宿寄りの3両が初代7711F、京王八王子寄りの1両が7715Fから組成された編成であり、2010(平成22)年8月の組み替え当時は、7811Fを名乗っていました。

同時期には、7715Fの新宿寄りの3両と、初代7711Fの京王八王子寄りの3両から、2代目7711Fが組成されていたし。

2014(平成26)年3月には、2代目7711Fが2代目7702Fに、7811Fが7806Fに改番されて現在に至っています。

7806Fは、2012(平成24)年3月に、初代7702Fから組成された編成であり、7000系の4連で唯一の1984(昭和59)年製であるし。

ビードブレス車体の7000系の4連は、1993(平成5)年から1994(平成6)年に掛けて7801〜7805Fの5編成20両が導入されたけど、2011(平成23)年3月28日から7801Fに多摩動物公園のラッピングが施され、2代目TamazooTrainとして、動物園線専用車となっています。

7801Fは、6000系の6722F(5ドア車、初代TamazooTrain)が活躍していた頃に、ワンマン運転の予備車となっていたけど、7801Fが2代目TamazooTrainとなったことにより、7802Fが動物園線でのワンマン運転の予備車となっています。

7802Fは、競馬場線の7000系の2両編成のうちの7421,7422F(ワンマン改造車)と同様に本線と兼用となっているし。

7000系の行先表示は、7721〜7725Fを除いて方向幕式であるのが特徴であり、撮影する楽しみもあります。

LED式の場合は、携帯、スマホ、デジカメで撮影した時に切れる場合があるというデメリットがあるけど、方向幕の場合はこのような心配がないです。

京王線の京王八王子発着の特急は、新宿を出た後、途中、明大前、調布、府中、分倍河原、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、北野に停車するけど、この日は、味の素スタジアムでの試合が行われていたので、飛田給駅にも臨時停車していました。

味の素スタジアムは、2001(平成13)年3月10日に開業した多目的スタジアムであり、東京スタジアムが正式名称であります。

こちらは、サッカーJリーグのFC東京と東京ヴェルディ1969のホームグラウンドであり、この日は、東京ヴェルディ対FC町田ゼルビア(町田市がホームタウンのチーム)の試合が行われていました。

隣接するアミノバイタルフィールド(東京スタジアム補助グラウンド)では、関東大学アメリカンフットボールリーグ戦2017が行われていたし。

味の素スタジアムの名は、味の素(AJINOMOTO)によるネーミングライツであり、2003(平成15)年3月1日から使われています。

イベント開催日での飛田給駅の臨時停車は、準特急や急行でも行われているし。

東京競馬場(府中競馬場)での競馬開催日には、特急と準特急が東府中駅に臨時停車することもあり、下りの場合は競馬場線の列車の乗換えが楽であります。

府中駅周辺には、府中ショッピングセンター、府中グリーンプラザ、さくら食品館、くるる、フォレストサイドビル(伊勢丹府中店、専門店街フォーリス)などがあるけど、そのうちの府中グリーンプラザに関しては、来年3月末をもって閉鎖されることが決まっています。

くるるは、かつて西友があった場所に建設されており、建設中に現場から出土されていたくるる鉤に因んでくるると命名されていたし。

伊勢丹の府中店は、府中駅南口市街地再開発事業計画の一環として1996(平成8)年4月3日に、フォーリスと共に開店した店舗であります。

すぐ近くには、大國魂神社があり、京王競馬場線の府中競馬正門前駅やJR南武線と武蔵野線の府中本町駅へも歩いて行くことも出来ます。

1973(昭和48)年4月1日に武蔵野線の府中本町〜新松戸間が開業する前は、周辺に下河原支線(国分寺〜北府中〜東京競馬場前間)の東京競馬場前駅があったけど、武蔵野線と入れ替わりに廃止されていました。

京王新5000系の導入により、初期型の7000系(コルゲート車体)の動向が気になると言われているので撮影も行いました。

このように、新宿から府中まで、7000系による特急に乗ることが出来て良かったです。

E657系のK15編成によるときわ85号in柏駅

45ac2ebc.jpg
b34bc99f.jpg
29e76742.jpg
こちらは、友人のよしちゃんからメールでは、9月24日に、常磐線の柏駅で撮影した、E657系のカツK15編成による特急ときわ85号の土浦行きです。

ときわ85号は、上野駅の16番線を21時15分に発車し、途中、柏、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖に停車してから土浦へと向かう列車であり、10月14日からは、これまでのときわ87号と統合されて品川 21時15分、東京 21時23分、上野 21時30分発の勝田行き(品川まで逆延長されると共に、ひたち野うしく、荒川沖駅にも停車化される)となるので、ときわ85号の土浦行きが見納めとなってしまいます。

土浦発着の特急ときわ号は、かつて485系(旧ひたち号に使われていた車両)によって運転されていたホームライナー(おはようライナー)土浦号の名残のある列車であり、改正後は、ときわ73号(上野 18時15分発)、ときわ77号(上野 19時15分発)、ときわ52号(土浦 6時06分発)の下り2本、上り1本の3本となります。

夕方以降の上野始発のときわ号は、上野 20時15分発のときわ81号(勝田行き)を含めた3本まで減らされてしまうし。

柏駅では、東武アーバンパークライン(野田線)の60000系との並びで撮影することも出来ました。

複々線化される前の常磐線の柏駅は、相対式ホームの2面3線で、貨物列車用の中線がありました。

上野 23時12分発→勝田 1時15分着の下りの勝田行き普通列車(E531系で、全区間10両編成)は、10月14日の改正から、品川発(新橋、東京駅にも停車)となり、編成のほうも土浦まで15両編成(土浦駅で前の5両切り離し)となることで混雑が緩和されます。

このこととは限らず、E531系による品川発着の中距離電車(土浦、水戸方面)が増えることになるし。

10月14日の改正からは、高萩 5時31分→上野 7時46分着のときわ58号が、時刻の繰り下げの上で品川まで延長され、朝の通勤時間帯にも品川発着の特急が運転されるようになります。

時刻は、高萩 5時45分発、勝田 6時16分発→上野 7時57分(土休日は7時58分)、品川 8時13分(土休日は8時15分)着となり、高萩、日立エリアから東京エリアへのお出掛けにも便利になるし。

平日の朝には、勝田 6時01分発→上野 7時42分着のときわ56号が、これまでのときわ58号の勝田→上野間に近い時間に運転されるようになるけど、これまでのときわ56号(勝田 5時53分発→上野 7時34分着)が廃止されるので、下り2本、上り1本のときわ号が削減されることになります。

土休日に運転されているときわ68号(勝田 9時04分発→上野 10時23分着)は、ときわ66号として品川(10時45分着)まで延長されることにより、東京方面へのお出掛けに適した列車となるし。

上野 9時ちょうど発のひたち5号(いわき行き、途中、水戸、勝田、大甕(おおみか)、常陸多賀、日立、高萩、勿来(なこそ)、泉、湯本に停車)は、土休日のみ品川始発(品川 8時45分、東京 8時53分発)となるけど、平日は上野始発のままとなるので、上野駅では、平日は低いホーム、土休日は高いホームからの発車となるので注意が必要となります。

柏駅の西口(東武アーバンパークライン側)には、柏高島屋ステーションモールが、あり、バスターミナルも併設されています。

柏高島屋ステーションモールは、1992(平成4)年4月23日に、これまでの柏高島屋(高島屋柏店)と、柏ローズタウン(現在のS館)の統合により出来た駅ビルであり、S館、本館、新館から成っています。

新館は、これまでのりそな銀行柏支店のあった場所に建設されており、その1階には、りそな銀行の柏支店があるし。

柏駅のある柏市は、1954(昭和29)年9月1日に、柏町、土村、田中村、小金村との合併によって出来た東葛市が前身であり、その直後の同年11月15日に柏市に改称されていました。

2005(平成17)年3月28日には、東葛飾郡沼南町との編入合併により、旧、沼南町域が柏市の一部となっています。


昨年4月25日に開設されたセブンパークアリオ柏(イトーヨーカドーなどが入っているショッピングセンター)は、旧、沼南町域にあり、柏、新鎌ヶ谷、我孫子の各駅からバスに乗って行くことになります。

常磐線革命のダイヤ改正と言える10月14日の改正まであと5日となりました。

この改正では、黒磯〜新白河間のE531系やキハ110系の進出も見逃せないし。

このように、柏駅でも、もうすぐなくなるときわ85号の土浦行きを撮影することが出来て良かったです。

本日の山さんの総括

20ca2022.jpg
30d184f2.jpg
199f0fed.jpg
f178c195.jpg
76f46e0c.jpg
08b50c30.jpg
c5691d6e.jpg
1da56e68.jpg
f10e249c.jpg
f7a0d449.jpg
先程、友人の山さんからメールが届きました。


本日は、先ず東京モノレールまつりに初参戦し、その後アリオ亀有で豊岡真澄氏トークショー、そして日比谷公園鉄道フェスティバルにトリプルブッキングを敢行しました。


そして、最後の鉄道フェスティバルでは友人らと交流し、途中で山さん自身は単独行動となりましたが楽しい一時を過ごす事が出来ました。


こちらは帰りは中目黒で日比谷線メトロ03・東武20000系列を撮影して恐らく来年以降は東武も70000系、メトロは13000系が大多数を占めるかも知れません。


尚、画像は本日の東京モノレールまつりとアリオ亀有の豊岡ますみんトークショーの光景です。

小田急ロマンスカーLSE7000系

4c6d8781.jpg先程、川崎市多摩区の友人からメールが届きました。

小田急小田原線新宿駅地上ホームにて7000系LSE7004編成による「はこね45号」箱根湯本行を撮影しましたので送信します。

尾久駅にて

32128d31.jpg9月30日の午後、北区の友人が尾久駅のホームからDE10−1017を撮影しました。正面から撮影する事を中心に行っていますが、今回はサイドのアングルから撮影しました。尾久車両センターに所属するDE10は、センター内での客車の入れ換えを主に行っています。

東京モノレールまつり

4f3e81fc.jpg
85f34f95.jpg
a6258162.jpg
ccacf2f5.jpg
先程、友人の山さんが東京モノレールまつり昭和島車両基地会場入口前から撮影した画像です。


本日、昨日予定していた東モノまつり順延開催となったので、その画像を送信します。

京王新5000系に新宿から若葉台まで初乗車

09fdd25f.jpg
47b9077d.jpg
ddfab956.jpg
10月4日は、友人のよしちゃんが新宿から若葉台まで、京王電鉄の新5000系の5731Fによる各停若葉台行きに乗りました。

京王新5000系は、来年春に登場予定の新ライナー(座席指定制の通勤ライナー)に対応したロングシートとクロスシートに切り替え可能な車両であり、9月29日から先行導入された5731Fが、ロングシートモードで営業運転入りしていました。

初日の9月29日は午前中のみの運用で、土日の9月30日と10月1日の運用が無かったです。

10月2日からは、日中の運用にも入ることを期待していたけど、期待通りとはならず、朝と夜のみの変則運用のままとなっています。

この日は、高幡不動 18時46分発→新宿 19時59分着、20時03分発→若葉台 20時55分着の列車に使われ、高幡不動から若葉台まで送り返されていたので、それを狙って乗りに行ったのであります。

新5000系は、10両編成で、来年春のライナー運用開始までの間に、5編成50両が総合車両製作所横浜事業所(旧、東急車輛製造)で製造される予定であり、そのうちの5731Fが、今年6月26日から30日に掛けて、総合車両製作所横浜事業所から若葉台検車区(京王のメインの車両基地で工場も併設されている)まで陸送され、9月29日に営業運転が開始されていました。

9月には、5732Fが総合車両製作所横浜事業所から若葉台まで陸送され、現在は試運転の段階となっています。

これまでの京王電車の常識を打ち破るような傾斜のある丸みを帯びた前面スタイルが特徴であり、このことが評価されてグッドデザイン賞が受賞されていました。

これにより、8000系や9000系に続く京王の車両のグッドデザイン賞受賞となっていたし。

このスタイルは、東急車輛製造の時代に製造された東急多摩川線と池上線の新7000系に似ている状態であり、現行の日野セレガといすゞガーラ(通称セレガーラ、観光バス、高速バスタイプの車両)にも似ているところがあります。

系列の京王電鉄バスグループや京王自動車にもセレガーラがあるという縁もあり、チェリーレッドの帯のカーブや前面の面積の広いブラックフェイスの部分が似ているし。

新宿駅のエンド側の撮影ポイントでは、噂を聞き付けてきた人たちで賑わっていました。

この日の運用情報は、前日までに問い合わせることも出来ます。

新宿寄りの先頭車1両(10号車)は、平日の朝7時30分から9時30分までの間に新宿駅または新線新宿駅に到着する上り(新宿、本八幡方面)の特急、急行、区間急行の全区間(最前部、都営新宿線直通列車も対象)と、平日の18時以降に新宿駅を発車する下りの特急、準特急の新宿→調布間(最後部)で女性専用車両となる為に、京王仕様(白地でタカオスミレがデザインされている)の女性専用車のステッカーが貼られているけど、新5000系では、そのステッカーが従来車よりも小さくなっていました。

こちらは各停だったので、最後部が女性専用車両とならなかったです。

座席のほうは、高尾山の木々がイメージされた茶色に、繊維の街である八王子の絹糸がモチーフとされたデザインであり、座ってみて座り心地が良かったです。

新宿駅を発車した時点では満席だったけど、途中から座れたし。

無料の無線LANや空気清浄機が採用され、ライナー運転時には、コンセントによって携帯電話やスマートフォン(スマホ)などを充電することが出来るようになるので、今年3月25日にデビューした西武鉄道の40000系(S-TRAIN)と同様の設備を持つ車両となります。

京王新5000系には、東武鉄道(東上線)の50090系によるTJライナーと同様に、西武40000系にあるような車内トイレやパートナーゾーンがないし。

京王線では、現在トイレ付きの車両が1両もない状態だけど、戦前期に京王御陵線で活躍していた500号車(貴賓車)には、例外的にトイレが取り付けられていました。

西武40000系と同様に、固定式ロングシートにもコンセントが取り付けられており、照明(もちろんLED式)のほうも、通常のロングシートモードと、ライナー運用時のクロスシートモードで異なっています。

京王新5000系の空気清浄機は、パナソニック(Panasonic)製のnanoe(ナノイー)であり、シャープ(SHARP)製の空気清浄機であるプラズマクラスターが使われていることと対照的であります。

この時には、新宿から若葉台まで通しで乗ったけど、桜上水、八幡山、つつじヶ丘の各駅で通過待ち(つつじヶ丘の場合は急行の待ち合わせやつつじヶ丘から調布への回送列車の出待ちも含まれている)が行われていたのて記念撮影することも出来ました。

実際に乗ってみて、音も静かで振動が少なかった為に乗り心地が良かったです。

京王新5000系のもう一つの特徴は、9000系30番台と同様に都営新宿線乗り入れ対応であり、8月17日には実際に試運転で大島まで乗り入れていました。

このように、新宿から若葉台まで、京王新5000系に乗ることが出来て良かったです。

京王8000系の8713Fによる高尾線開業50周年記念列車2 新宿駅

ab61e0bd.jpg
dc4f43de.jpg
23816741.jpg
続いては、友人のよしちゃんが京王線の新宿駅の3番線で撮影した、京王電鉄8000系の8713F(高尾山トレイン)による折返しの準特急高尾山口行きです。

この日は、高尾山温泉でゆっくりしていた時に高尾山トレインが新宿からの折返しで高尾山口駅に戻ってきていたので、高尾山口から新宿まで乗ることも出来たのであります。

これにより、京王高尾線の記念すべき開業50周年の記念日(50回目の誕生日)に、高尾山トレインで往復することに大成功しました。

京王線の新宿駅が現在の地下駅に移転された1963(昭和38)年4月1日時点や、それ以前の地上駅の時代は、2000系列などの緑色の電車が当たり前となっていたけど、この高尾山トレインの緑色塗装は、新宿駅が地下化されたばかりの頃を彷彿とさせます。

地下化当時の京王線新宿駅は、5面4線(18m車6両分)となっていたけど、1975(昭和50)年の20m車8両対応の4面3線への改良を経て、1982(昭和57)年には、20m車10両編成の乗り入れ対応に改良されたことにより、現在の3面3線となっています。

地上駅時代の京王線新宿駅は、4面5線で、1945(昭和20)年7月24日の移設から1963年3月31日までの18年間使われていました。

当時は、新宿駅を出た後に甲州街道の併用区間(最後まで路面電車の面影があった区間)を通っていたことで有名であったし。

このように、京王線が昔路面電車であったことは、歴史に詳しい人でないと分からない状態であります。

京王線が1372mmの馬車軌道のままとなっているのは、当時の名残であるし。

このことは、1997(平成9)年10月11日に、急勾配を通る併用区間として有名だった京阪京津(けいしん)線の京津三条〜御陵間が、京都市営地下鉄東西線の三条京阪〜御陵間にシフトされて廃止されたことに似ている状態でありました。

京阪京津線が現在の路線となってから10月12日に20周年を迎えるのであります。

京王線の新宿駅が地下化された直後の1963年4月16日には、京阪本線の天満橋駅が地下化され、淀屋橋まで延長されたことで話題になっていました。

その後の1963年6月17日には、阪急京都本線の大宮(阪急大宮)〜河原町間が開業していたし。

新宿駅は、日本一利用客の多い駅として有名であり、京王線の新宿駅も利用客が一番多い状態であります。

京王線の準特急は、2001(平成13)年3月27日に新宿〜高尾山口間の急行からの格上げにより登場した当時は、特急の停車駅に分倍河原駅と北野駅を加えたものとなっていました。

2012(平成24)年8月19日の調布駅付近の地下化による改定で、準特急への統一により、特急が一旦廃止されていたけど、翌年の2013(平成25)年2月22日の改定では、特急が分倍河原、北野駅停車化により復活し、土休日に北野〜高尾山口間が各駅停車となる列車が準特急となり、京王八王子発着の準特急が一旦廃止されていました。

一昨年9月25日のダイヤ改正では、準特急が笹塚駅と千歳烏山駅にも停車するようになり、京王八王子発着の準特急が復活し、橋本発着の準特急も新設されています。

現在の準特急は、平日が京王八王子発着、土休日が高尾山口発着がメインであり、平日の日中と土休日には、橋本発着の準特急も運転されています。

高尾山口発新宿行きの準特急は、途中、北野までの各駅と、高幡不動、聖蹟桜ヶ丘、分倍河原、府中、調布、千歳烏山、明大前、笹塚に停車しているし。

このように、高尾山口から新宿まで再び高尾山トレインに乗り、新宿駅で記念撮影することが出来て良かったし。

京王8000系の8713Fによる高尾線開業50周年記念列車

3cbd02a2.jpg
8fccbe2c.jpg
c5e43fbc.jpg
10月1日は、友人のよしちゃんが高幡不動から高尾山口まで、京王電鉄の8000系の8713F(緑色の高尾山トレイン)による準特急高尾山口行きに乗りました。

この日は、京王高尾線(北野〜高尾山口間)が開業してから50周年を迎えていたので、この8713Fに往年の高尾号がイメージされたヘッドマークが取り付けられていました。

京王高尾線は、今から50年前の1967(昭和42)年10月1日に、高尾山へのアクセスの為に開業した路線であり、登山口付近に高尾山口駅が出来たことにより、新宿から高尾山の麓まで乗換なしで行けるようになったという喜びがありました。

北野〜高尾山口間のうち、北野〜山田間は、1931(昭和6)年3月20日に京王御陵線(北野〜山田〜多摩御陵前間)として開業した区間であり、1945(昭和20)年1月21日に休止、1964(昭和39)年11月26日に正式に廃止され、1967年10月1日に高尾線の一部として復活していたのであります。

復活と共に片倉駅(国鉄→JR横浜線の駅とは別)から京王片倉駅に変更されていたし。

山田〜高尾山口間は、高尾線として新規開業した区間であります。

このように、廃止された区間の一部が復活した例は、今年3月4日に復活した、JR可部線の可部〜あき亀山(旧、安芸亀山)間も挙げられています。

こちらは、2003(平成15)年11月末に廃線となった可部線の非電化区間(可部〜三段峡間)の一部であり、復活と共に電化されていたし。

京王高尾線の開業日が10月1日となったのは、秋の紅葉シーズンに間に合わせる為であったことが分かります。

高尾線が開業した当時は、当時のフラッグシップ車両だった初代5000系による祝賀列車が運転されていたけど、8713Fと同じ緑色の2000系列も活躍していました。

2000系列は、1984(昭和59)年まで活躍していた車両であり、グリーン車(JR等の特別車両とは無関係)として親しまれていたし。

下高井戸駅では、1984年までの間、京王2000系列と、東急世田谷線(旧、玉川線)の緑色の電車との組み合わせも見られていました。

東急からは、2001(平成13)年2月10日の150形をもって緑色の電車が全廃されていたし。

東急でも、9月4日から新5000系の5122F(8両編成)に、1986(昭和61)年6月まで活躍していた青ガエルこと初代5000系がイメージされた緑色のラッピングが施されているので、京王と東急で緑のラッピング電車が走っていることが分かります。

京王の高尾山トレインは、一昨年の9月30日に登場し、同年10月27日に高尾山口駅前に開設された京王高尾山温泉極楽湯のPRも行われていました。

友人(よしちゃん)は、今回も京王高尾山温泉極楽湯に入ったけど、これが出来てから2年経つことで早いもんだなと思いました。

高尾山温泉が出来たことにより、登山を楽しんだ後に温泉で登山の疲れを癒すことも出来るようになったので、高尾山に行く楽しみが増えたのであります。

高尾山口駅で、夜の帳が降りた後も賑わっていたのはその為であったし。

高尾山温泉は、紅葉シーズンの書き入れ時に間に合わせる為に出来たことが分かります。

リニューアルされた高尾山口駅も、夜でも明るい雰囲気があるし。

高尾線開業50周年を迎えたこの日は、新宿〜高尾山口間中心の運用に入っていたので、ムード満点でありました。

緑色の塗装は、2000系列だけでなく、高尾山の緑もイメージされていることが分かります。

高尾山では、今後紅葉シーズンを迎え、賑やかになるし。

この日は、9月29日に、営業運転が開始された京王新5000系が運転されていなかったけど、5731Fが高幡不動の車庫で寝ていたことを確認したので、車窓からでありながら、初めて生で見たことになりました。

この8713Fを撮影したことに成功したことにより、今後新5000系の追っ掛けに専念出来るようになったし。

新5000系は、9月29日の初日は午前中のみの運用だったのが残念でありました。

高尾山温泉の後、新宿から折り返してきた8713Fに乗って帰ることも出来たので、新宿駅でも記念撮影したのであります。

高尾線開業50周年記念ヘッドマーク付きは、期間中に京王八王子や橋本へも乗り入れることもあります。

このように、京王高尾線の50周年記念の開業記念日(誕生日)である10月1日に、8713Fによる高尾山トレインに乗ることや、その記念ヘッドマーク付き電車を撮影することが出来て良かったです。

画像は、高幡不動駅と高尾山口駅で撮影したものです。

東急世田谷線の招き猫ラッピング電車

e8115b84.jpg
b13d746c.jpg
5a93b423.jpg
9月26日は、友人のよしちゃんが三軒茶屋から下高井戸まで、東急電鉄世田谷線の308Fによる、招き猫ラッピング電車に乗りました。

こちらは、今年3月6日に、東急世田谷線の前身である玉電の道玄坂上〜三軒茶屋間が、玉川電気鉄道によって開業してから110周年を迎えたことにより施されているラッピング電車であり、9月25日から営業運転入りしていました。

玉電110周年のラッピング電車は、開業当時の木造電車がイメージされた305Fも挙げられているけど、こちらは、宮の坂駅付近にある豪徳寺(招き猫発祥の地)の招き猫(商売繁盛の縁起物)がイメージされたラッピングとなっています。

小田急線の豪徳寺駅は、その名の通り豪徳寺の最寄駅だけど、徒歩10分程度掛かります。

このことは、かつての玉電(東急玉川線)の支線(現在の世田谷線)が豪徳寺の近くを走るという縁もあるし。

308Fは、赤色塗装であるので、このラッピングが施されている間(来年3月31日までの予定)は、赤色の電車が見られなくなっています。

305Fのピンク色塗装も、玉電100周年ラッピングが施されている間(こちらも来年3月31日までの予定)、見られなくなっているし。

一昨年2月27日から5月30日までの間には、308Fに当時のNHK大河ドラマであった「花燃ゆ」のラッピングが施されていたこともありました。

一昨年の2015(平成27)年は、現在の世田谷線部分が開業してから90周年を迎えた年であり、10編成異なる塗装に魅了された為に都電荒川線(現在は東京さくらトラムと呼ばれている)よりも東急世田谷線の追っ掛けによく行っていました。

同年7月に下高井戸駅のポイントが交換される前は、到着した時に撒水が行われるポイントとなっていたことも世田谷線に魅了されたきっかけとなっていたし。

花燃ゆは、井上真央氏が主演で、一昨年1月4日から同年12月13日に放送されていたけど、一時期は視聴率低迷で問題となっていました。

松陰神社前駅付近にある松陰神社は、花燃ゆの縁の地であります。

花燃ゆのラッピング電車は、JR西日本の山口県エリアでも運転され、山陽本線の115系や美祢線のキハ120系に施されていました、

因みに、今年のNHK大河ドラマは、「おんな城主 直虎」で、今年12月まで放送予定だけど、柴咲コウ氏(井伊直虎役)が主演となっています。

縁の地は、静岡県浜松市北区(井伊谷)であり、来年1月14日までの間、浜松市北区にある「浜松市みをつくし文化センター」に大河ドラマ館が設けられています。

来年のNHK大河ドラマ(1月7日放送開始予定)は、「西郷(せご)どん」であり、鈴木亮平氏(ホリプロ所属の俳優、西郷吉之助/隆盛役)が主演となります。

西郷どんは、鹿児島県が縁の地であり、上野の西郷隆盛像にも関連してくるし。

上野と言えば、今年6月に生まれた上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が、シャンシャン(香香)に決まったことで話題になっています。

豪徳寺の招き猫は、右手を挙げている姿が特徴であり、豪徳寺に行けば沢山飾られていることが分かります。

小田急線の豪徳寺駅(世田谷線の山下駅と隣接)から豪徳寺までは離れているけど、駅前に招き猫が飾られているので、ムード満点であります。

日本一の招き猫の生産地は、愛知県常滑市(常滑焼(窯業)で有名な場所)であり、イオンモール常滑(名鉄空港線のりんくう常滑駅前、セントレアこと中部国際空港の手前)には、高さ7mの巨大な招き猫である「お多福」があることで有名であります。

同じ愛知県の瀬戸市も有名な招き猫の産地であるし。

瀬戸市は、瀬戸内海をイメージしてしまう人も多いので、区別する為に尾張瀬戸(名鉄瀬戸線の終点でもある)と呼んでいます。

車内には、招き猫の吊革や猫の足跡のステッカーがあります。

このように、東急世田谷線の招き猫ラッピング電車に乗ることや、撮影することが出来て良かったです。

画像は、東急世田谷線の三軒茶屋駅で撮影したものであり、ドーム状の駅に似合っています。

E657系のK6編成によるときわ83号in柏駅

3b3c4dbd.jpg
ab76cb42.jpg
fce7eecc.jpg
こちらは、9月24日に友人のよしちゃんがJR常磐線の柏駅で撮影した、E657系のK6編成による特急ときわ83号(上野発いわき行き)です。

ときわ83号は、ときわ66号と共に1往復しかないいわき発着のときわ号であり、いわき行きのときわ号は、このときわ83号だけであります。

こちらは、E653系によるフレッシュひたち号がいわきに乗り入れていた時の名残のある列車であるし。

上野駅を20時30分に発車し、途中、柏、佐貫、牛久、土浦、石岡、友部、赤塚、水戸、勝田、大甕(おおみか)、常陸多賀、日立、高萩、泉、湯本に停車してからいわきへと向かうことになるけど、10月14日からは品川発着に変更されます。

いわき行きの最終特急は、品川 20時45分、東京 20時53分、上野 21時ちょうど発のひたち29号(ときわ83号の30分後に上野駅を発車)であり、途中、土浦、水戸、勝田、大甕、常陸多賀、日立、磯原、勿来(なこそ)、泉、湯本に停車してからいわきへと向かうことになります。

柏からいわきまで乗換なしで行ける列車は、ひたち3号とときわ83号の2本であるけど、前者は、10月14日以降も上野始発のままとなるし。

柏駅は、JR線、東武アーバンパークライン(野田線)共に、2面4線であり、東側が常磐緩行線(東京メトロ千代田線、小田急線に直通運転)、中央部分が常磐快速線、西側が東武アーバンパークライン(野田線)から成っています。

柏駅は、1896(明治29)年12月25日の田端〜土浦間と共に開業した駅であり、日本鉄道によって開拓されていました。

東武アーバンパークライン(野田線)が柏に乗り入れるようになったのは、1911(明治44)年5月9日の千葉県営軽便鉄道の柏〜野田町(現、野田市)間の開業のことであったし。

1971(昭和46)年4月20日に、常磐線の綾瀬〜我孫子間が複々線化された時には、柏駅が快速の通過駅となっていたけど、迷惑乗り入れ問題が発生したことや、柏駅の利用客が予想以上に多いことから、翌年の1972(昭和47)年10月2日に、快速線部分にホームが増設されて快速停車駅となっていました。

1980(昭和55)年10月1日には、当時存在していた客車列車を除いた全ての普通列車が柏駅にも停車するようになり、1986(昭和61)年11月1日には、特急ひたち号(初代)の停車駅に格上げされていたし。

柏駅の快速線ホームは、1998(平成10)年7月12日に拡幅され、翌年の1999(平成11)年には、常磐線側にも南口が新設されていました。

2005(平成17)年7月9日の特別快速(常磐特快)の新設と共に、特急フレッシュひたち号の千葉県での停車駅が柏駅に統一(松戸、我孫子駅通過化)されていたし。

柏駅の東口には、そごう柏店があったけど、ちょうど1年前の昨年9月30日に惜しまれて閉店していました。

14階には、開店展望レストランがあったし。

その跡地はそのままとなっているけど、11階にあったよみうりカルチャー柏も周辺に移転されることになります。

隣接するスカイプラザには、ビックカメラが入っているし。

ときわ83号は、品川発となるだけで変化はないけど、東武アーバンパークライン(野田線)の8000系をバックに撮影することが出来て良かったです。

国際興業バスの赤23系統で赤羽から西新井へ2 乗車レポート

40f68ea6.jpg
2087f120.jpg
9354bab5.jpg
こちらは、友人のよしちゃんからのメールでは、9月12日に西新井駅で撮影した、国際興業バスのいすゞ(ISUZU)新型エルガの3120(練馬200か33-37)号車(QDG-LV290N1)で、折り返しは、赤23系統の赤羽駅東口行きとなりました。

2002(平成14)年1月15日までの間は、西新井駅前のロータリーの整備が不十分だった為に、手前の西新井警察署(現、西新井陸橋)で折り返す赤24系統が大半を占めていました。

赤23系統は、埼玉県川口市の領家エリアや足立区の鹿浜エリアと赤羽、西新井の両駅を結ぶことがターゲットであり、全区間通しで乗るなら環七経由の赤27系統が早いということになります。

ここで乗車レポート。

赤羽駅では、東口の1番乗り場から発車していたので撮影しやすかったです。

こちらは赤23系統、赤23-3系統(深夜バス、西新井大師西駅行き、平日の23時30分発のみ)、赤21系統の深夜バス(鳩ヶ谷公団住宅行き、鳩ヶ谷営業所所属)が発着しているし。

赤羽駅を出た後、東京メトロ南北線と埼玉高速鉄道線の赤羽岩淵駅へ。

こちらは、1972(昭和47)年11月11日まで、都電27系統の赤羽電停があったことで有名であり、三ノ輪橋〜王子駅前〜赤羽間で直通運転が行われていました。

その代替で開設された都営バスの王57系統(北自動車営業所所属)は、1991(平成3)年11月29日に営団地下鉄(当時)の南北線の赤羽岩淵〜駒込間が開業し、赤羽岩淵〜王子駅前間で重複するようになったけど、赤羽駅東口や豊島五丁目団地にも乗り入れているので廃止されずに残されています。

2001(平成13)年3月28日に、埼玉高速鉄道線(赤羽岩淵〜浦和美園間)が開業した当時は、赤羽〜鳩ヶ谷エリア間のバス路線(鳩ヶ谷営業所所属)が再編されたけど、一部のみ廃止されたものの、赤20系統(赤羽駅東口〜川口市立医療センター間)、赤21系統(赤羽駅東口〜鳩ヶ谷公団住宅間)が再び増便された上で残されています。

こうなった理由は、赤羽駅と赤羽岩淵駅が離れていることや、埼玉高速鉄道の運賃が高いことにより、継続してバスを使う人が多いからであります。

赤羽駅と鳩ヶ谷を結ぶ路線が現在でも鳩ヶ谷営業所のドル箱路線となっているのはその為であるし。

鳩ヶ谷市は、2011(平成23)年10月11日に川口市に編入合併されたので、川口市の一部となっています。

埼玉高速鉄道の南鳩ヶ谷、鳩ヶ谷の両駅は、旧鳩ヶ谷市に位置しているけど、川口市となったことにより、赤羽岩淵、浦和美園の両駅以外(中間駅)は全て川口市に位置しています。

埼玉高速鉄道のSR一日乗車券は、東京メトロによる管理駅である赤羽岩淵駅で買うことが出来ないので、赤羽駅東口または川口駅東口から国際興業バスで川口元郷駅まで行くか、JR武蔵野線で東川口駅まで行って買うことになります。

赤羽岩淵駅を出た後、鳩ヶ谷方面行きのバスと同様に荒川大橋(新荒川大橋)を渡り、埼玉県へ。

赤羽営業所の路線は、赤23系統(赤羽駅東口〜荒川大橋、鹿浜経由〜西新井駅間)のほか、赤25系統(赤羽駅東口〜ハートアイランド間の循環)、赤27系統(赤羽駅東口〜環七(江北大橋)経由〜西新井駅間)、赤31系統(赤羽駅東口〜環七(大和町、野方駅)経由〜高円寺駅北口間、関東バス阿佐谷営業所との共同運行)、赤50系統(赤羽駅西口〜西が丘経由〜王子駅間)、赤51系統(赤羽駅西口〜豊島病院経由〜池袋駅東口間)、赤53系統(赤羽駅西口〜ときわ台駅間)、赤54系統(赤羽駅西口〜桐ヶ丘高校循環)、赤80系統(赤羽駅西口〜赤羽車庫間)、赤58系統(赤羽駅西口〜東京北医療センター間)などであり、そのうち埼玉県に入るのは、赤23系統と、赤72系統(赤羽駅西口→戸田公園駅、深夜バスで平日の2本のみ)となっています。

赤23系統は、荒川大橋〜鹿浜五丁目間で埼玉県川口市(埼玉県運賃区間)を通るので、都内区間のみ及び埼玉県区間に跨がる場合には、都内運賃(大人220円)となるけど、埼玉県にある荒川大橋、門樋下(もんびした)、仙元橋、領家、梛木の橋(なぎのはし)、領家工場街、榎木橋、山王橋際(赤羽行きの場合は、元郷二丁目、エルザタワーも通る)の間だけ使う場合は埼玉県運賃となるので、これらのバス停から乗る場合には、乗務員(運転士)さんに行先を訪ねられることになります。

埼玉県区間は、東京都シルバーパス、都内定期券、都内一日乗車券での適用外となるので、埼玉県区間での乗り降りが不可能となっているし。

荒川大橋バス停は、埼玉県側にあるけど、赤羽駅東口〜荒川大橋間は、都内扱いとなります。

新荒川大橋を渡った後は、すぐに芝川沿いの狭い道に入っていました。

荒川大橋〜仙元橋間は、西新井行きと赤羽行きが別ルートであり、赤羽行きの場合は、元郷二丁目、エルザタワーも通ることになるし。

この時に車内から眺めた夕日は綺麗でした。

このルートは、川21系統(川口駅東口〜鹿浜、領家循環線、川口営業所所属)も通るけど、14時を境に運用が変わることになります。

榎木橋で左折してから、山王橋際へと向かい、右折してから新芝川を渡ってすぐに東京都に戻り、鹿浜五丁目へ。

ここで首都高速川口線(江北ジャンクション〜川口ジャンクション間、川口ジャンクションで東北自動車道(東北道)と東京外環自動車道(外環道)に接続)と交差しました。

こちらは、1987(昭和62)年9月9日に、首都高速中央環状線の葛西ジャンクション〜四つ木出入口間、千住新橋〜江北ジャンクション間、東北道の川口ジャンクション〜浦和インター間と同時に開通したものであり、首都高と東北道が結ばれてから今年で30周年を迎えていました。

首都高速の中央環状線のほうは、一昨年3月7日に、大橋ジャンクション〜大井ジャンクションの間をもって、全線開通していたし。

その後に、左折し、鹿浜十字路へ。

以前は、ここから左折していたけど、2008(平成20)年3月30日の日暮里・舎人ライナー(日暮里〜見沼代親水公園間)の開業により、西新井大師西駅を通るルートに変更されたので、そのまま直進していました。

日暮里・舎人ライナーの西新井大師西駅は、その名の通り、西新井大師の西側にある駅であり、西から始まり、西で終わるというユニークな駅名となっています。

その手前には、東京北部病院バス停があるので、東京北部病院へのアクセスにも使われていることが分かります。

東京北部病院は、けいせい会(景星会)による病院であり、赤羽駅東口付近にある赤羽東口病院も同じ系列であります。

西新井大師西で左折し、尾久橋通りを通ってからすぐに右折していました。

赤羽行きの場合は、谷在家二丁目バス停にも停車することになるし。

その後、西新井三丁目まで行き、その後右折してから第一団地方面へ。

大師前交差点北で、東武大師線と交差し、大師前駅の東側を通ったけど、1991(平成3)年7月に高架化されるまでの間は踏切がありました。

環七通りを通り、赤27系統や都営バスの王40系統などと同じルート(栗原町、西新井陸橋経由)で西新井駅へ。

東武バスセントラルの西07系統(西新井駅〜谷在家公園、鹿浜経由〜鹿浜都市農業公園間、足立営業事務所所属)は、西新井駅〜鹿浜間で赤23系統と競合する路線となっているけど、こちらは赤23系統の旧ルートだった谷在家公園経由が守られています。

赤羽駅東口と足立区を結ぶ国際興業のバス路線は、赤23系統と赤27系統のほか、赤26系統(赤羽駅東口〜鹿浜橋、加賀団地経由〜舎人(とねり)団地間)もあるけど、西11系統(西新井駅〜見沼代親水公園駅間、足立区コミュニティバス(はるかぜ3号))と同様に、都内しか走らない川口営業所所属の路線(東京23区で当たり前となっている前乗り後ろ降り)となっています。

赤26系統は、椿二丁目まで環七通りを走ることになるし。

西11系統に使われる車両は、いすゞジャーニーJ(小型車、日野リエッセのOEM車)であります。

西新井駅でも記念撮影を行いました。

このように赤羽駅東口から西新井まで乗った車両が新型エルガで良かったと思っています。

おまけの画像は、西新井駅で撮影した赤27系統の先代のいすゞエルガの5440(練馬200か27-92)号車(QPG-LV234L3)であり、先代エルガにもHIDヘッドライトが使われていることが分かります。

E657系によるときわ92号で柏から上野へ

8669f4c9.jpg
23fe7ab1.jpg
0d15d5bc.jpg
9月24日は、友人のよしちゃんが柏から上野まで、E657系のカツK2編成による常磐線特急ときわ92号に乗りました。

ときわ92号は、勝田駅を20時47分に発車し、途中、水戸、友部、石岡、土浦、柏に停車してから上野へと向かう列車であり、10月14日の改正からは、ときわ90号として、品川まで延長されることになります。

これにより、ときわ92号がときわ94号に代わって勝田発品川行きの上り最終特急となるので、ときわ94号と共に、ときわ92号の上野行きの表示が見納めとなるし。

折り返しは、上野 22時30分発のときわ93号の勝田行き(途中、柏、佐貫、牛久、土浦、友部、赤塚、水戸に停車)となっていたけど、品川発のときわ89号(ひたち野うしく、荒川沖にも停車化)に変更されるので、見納めとなるときわ93号の表示も撮影しておきました。

先発の上野 22時15分発勝田行きのときわ91号も廃止されることになるので、こちらも撮影も行ったし。

柏から上野まで乗ったときわ号の指定席特急料金(普通車)は、750円であり、同区間の平日の普通列車のグリーン料金(770円、自由席)より安いです。

土休日の場合は、普通列車のグリーン料金が570円(ホリデー料金)と安くなるけど、自由席なので始発でなければ座れる確率が低くなるし。

一昨年3月13日までの間は、自由席で500円掛かっていたので、全席指定化による値上げとなっていました。

座席未指定券(ひたち号、ときわ号共通、普通車専用)は、料金が普通車の指定席特急券と同じなので、乗る列車が決まっている場合は、確実に座れる保証のある指定席特急券がお薦めであります。

座席上のランプが赤色の場合は空席で着席可能、黄色の場合は間もなく指定席発売済の区間となりますので、未指定券の場合は、ご移動願います。緑色の場合は、指定席発売済み区間なので、座席指定券をお持ちの方は、ご自分の座席にご着席願います。ということになるし。

赤色は塞がっているイメージが非常に強いので、紛らわしい点があります。

E657系によるひたち号やときわ号に初めて乗る場合には、注意が必要であるので、車内の座席背面のテーブルにも注意書があるし。

希望の列車が満席の場合、座席未指定を買うことになるけど、途中駅で座席が開くまでの間は、デッキ等に立っていくことになります。

座席未指定券から指定席特急券への変更は、手数料なしで行うことも出来るし。

駅で配布されている常磐線特急ひたち、ときわかんたんご利用ガイドのパンフレットにも詳しく書いてあります。

座席は1号車(上野、品川寄りの先頭車)の8Dに当たっていたので、エンド側の撮影が容易であったほか、帰りの山手線で自宅の最寄り駅の出入口に近い後ろ側の車両にも近いということで便利でありました。

座席未指定券の場合は、普通車に限り好きな号車に乗ることが出来るし。

5号車のグリーン車の場合、従来通りのグリーン車特急券が必要となります。

常磐線の上野〜柏間は、特急で約20分程度であり、中央線特急(スーパーあずさ、あずさ、かいじ号)の新宿〜立川間に匹敵しています。

スーパーあずさ号と言えば、今年12月に新型のE353系が導入される予定であり、E351系が順次置き換えられていくことになるし。

E353系のほうも是非乗ってみたいと思っています。

常磐線で130Km/h運転が行われている区間は、上野〜日立間であり、上野〜柏間でも130Km/hで快走していました。

友人(よしちゃん)がE657系によるときわ号に乗ったのは、今年2月18日のドラゴンボールスタンプラリーの後以来であり、改正前の記憶残しの目的で乗ったのであります。

このように、柏から上野まで特急ときわ92号に乗ることや、上野駅でそれを撮影することが出来て良かったです。

9月28日の都電 8808号車 荒川線の日

cad05be7.jpg
b9543cf2.jpg
d34725f7.jpg
こちらは、友人のよしちゃんが9月28日に東京さくらトラム(都電荒川線)の鬼子母神前電停で撮影したオレンジ色の8800形の8808号車で、最近になってからは、前面と側面(非ラッピング電車のみ)のArakawa Lineの表示が、東京さくらトラムを表すTokyo Sakura Tramの表示に変わっていました。

他の8800形、7700形、8900形も順次変更されることになるけど、ラッピングが解除されたばかりの8806号車は、昨日(9月30日)の時点でArakawa Lineのままでありました。

東京さくらトラムの愛称名は、今年4月28日から使われているけど、荒川線が正式な路線名として残されています。

こちらは東武伊勢崎線の浅草、押上〜東武動物公園間が、東武スカイツリーライン、東武野田線が東武アーバンパークラインと呼ばれていることと同様であるし。

都電荒川線は、今から43年前の1974(昭和49)年10月1日に、27系統(三ノ輪橋〜王子駅前間)と、32系統(荒川車庫前〜早稲田間)の統合によって出来た路線名であり、このことに因んで、毎年10月1日が荒川線の日となっています。

1974年当時の都電荒川線は、ワンマン運転化される前で車掌さんが乗務していた時代であり、6000形、7000形、7500形が使われていました。

7000形や7500形に関しては、車体が載せ替えられる前の旧車体であり、塗装は、6000形と同様の黄色に赤帯(晩年7001号車が纏っていた塗装)でありました。

今年6月まで活躍していた7000形のうち、8両は、7700形に更新されていたけど、足回り品が交換されて新車同様となっているので、全盛期の面影が無くなっています。

7700形と言えば、青色の7704号車(旧、7015号車)に、初のラッピングであるウルトラ育毛剤(ウルトラマン)のラッピングが施されていることで話題になっているし。

8808号車に関しては、再塗装され、8月に全般検査から出場していたので、こちらも新車同様の輝きとなっています。

8809号車(同じオレンジ色)や8810号車(元祖幸せの黄色い都電)も再塗装されて出場することになるし。

8800形の非ラッピング電車である8803号車(ローズピンク)も、Tokyo Sakura Tramの表示に変わっていることも確認しました。

8900形に関しては、Arakawa Lineの表示からTokyo Sakura Tramの表示に変わったと共に、非ラッピング電車の&TOKYOのロゴマークが廃止されていました。

8900形に取り付けられていた&TOKYOヘッドマークも、今年になってから突然外されていたし。

このように、鬼子母神前電停で、綺麗な姿の都電8808号車を撮影することが出来て良かったです。

おまけの画像は、9月18日に荒川車庫前電停で撮影した、Arakawa Lineの表示時代の8808号車で、ビフォーアフターであります。

オペラガラ公演〜世界の音楽を訪ねて〜 世界歌の旅

ee706057.jpg
f4443567.jpg
d526c1dc.jpg
今日、ワシは京成高砂駅から京成八幡駅まで快速1本で向かいまして、ワシの友人の門さんが出演しているコンサート会場である市川市文化会館に行きました。

今回のコンサートのタイトルであるオペラガラ公演〜世界の音楽を訪ねて〜世界歌の旅の内容としては、世界一周旅行の感覚を味わうようなコンサートで、やはり今日のコンサートとしては、最高のコンサートでございました。


最後は、友人の門さんと市川オペラ振興会の理事長である木村珠実さんのツーショットを実現し、楽しく交流して、最高の一日でした。

横軽区間の廃止から20年 碓氷峠鉄道文化むらのこと

e42b26f0.jpg
8bb36c2b.jpg
0798c33d.jpg
信越本線の横川〜軽井沢間(碓氷峠越えの横軽区間)が、長野新幹線(現、北陸新幹線)の長野までの開業により、廃止されてから今日(9月30日)で20年経ちました。

この区間は、当初アプト式であったけど、1963(昭和38)年からEF63型電気機関車との協調運転(粘着式)に切り替えられ、1997年9月30日の廃止まで、この方式での運転が切り替えられていました。

当時は、上野〜長野、妙高高原、直江津間の特急あさま号(189系または489系)や上野〜長野、直江津経由〜金沢間の特急白山号(489系)が行き来し、横川駅と軽井沢駅で、EF63型電気機関車の連結、切り離し作業が行われていたし。

横川駅では、長い停車時間を利用して、峠の釜めしを買い求める人たちで賑わっていたけど、現在は静まり返っています。

9月7日は、廃線から20年を迎える前の碓氷峠鉄道文化むらに行き、EF63型電気機関車や189系を撮影してきました。

ちょうど、友人(よしちゃん)のモバイルデビュー20周年記念によりスマホを導入したことで撮影する為に碓氷峠鉄道文化むらに行って、画像投稿用の画像を撮影したのであります。

横軽区間が廃止された1997年9月30日は、火曜日の平日で、営団地下鉄(現、東京メトロ)の銀座線と南北線の溜池山王駅の開業と重なっていました。

横軽区間や特急あさま号の最終列車は、上野発長野行きのあさま37号で、当然のことながら賑わっていたけど、当時使われていた編成は、クハ189-506号車を含めたN105編成となっていました。

こちらは、中央線特急あずさ・かいじ号に転用された後、1999(平成11)年2月に廃車となり、同年4月18日に開園していた碓氷峠鉄道文化むらで静態保存されるようになっています。

碓氷峠鉄道文化むらは、開園当時よりも大幅に来園客が減っているという残念な出来事があります。

碓氷峠の鉄道を後世に残すために作られたものなので、是非行ってもらいたいと思っています。

友人(よしちゃん)が久しぶりに碓氷峠鉄道文化むらに行ったのはその為であるし。

このように、横軽区間廃止20周年を迎える前に碓氷峠鉄道文化むらに行くことが出来て良かったです。


こちらから一言提言ですが、やはり永遠に語り続けるのも大切ですが、外国人観光客を誘致していてもおかしくはないなぁと思います。

ダイエー三芳店閉店の瞬間

bcd2fcb6.jpg
d6acb1b8.jpg
80c063c6.jpg
4ae0188a.jpg
18531933.jpg
ce986fbe.jpg
3c1a4b62.jpg
2f504d16.jpg
1ee86a55.jpg
b1d39c71.jpg
先程、友人の山さんからメールが届きました。


今日はYOKOHAMAトレフェスの後、本日40年5ヶ月の歴史に幕を下ろしたダイエー三芳店閉店の瞬間を富士見市の友人と一緒に見送りました。


昭和52年(1977年)4月28日に忠実屋三芳店として開店し、1994年3月にダイエーに吸収合併された後も、地元密着のスーパーとして多くの人々に愛されてきました。


そして、あらゆる諸事情で本日遂に閉店の運びとなりました。

これまで、山さんは小学校5年生の時からこの店舗に愛着があり、一階と屋上にも(後者は後に撤去され1階のも3階に移動した。)そしてかつては3階にもファミレスや1階には寿がきや(すがきや)のラーメン屋もあって、小学校の頃よく昼飯で食べてました。

また、3階にかつてあった電化製品コーナー(後に消滅)では、夏の高校野球をテレビでかじりついて視ていた事もありました。また、オーディオ機器をよく弄くって、店員に散々怒られた事もありました。


今となっては、とてつもない思い出となってます。

その後は、ベルクやダイレックスが出来、そっちへシフトするようになり、ダイエー利用も大幅に減りました。


以上簡単ではありますが、ダイエー三芳店閉店の解説とさせていただきます。


ダイエー三芳店よ、永遠に。


そして、ありがとうございました。

本日の山さん総括

f940c35c.jpg
ee0c4290.jpg
b67db127.jpg
cc2ab1ba.jpg
ad52586e.jpg
6487c445.jpg
249befe2.jpg
84dc070e.jpg
41a69be3.jpg
01b5e305.jpg
先程、友人の山さんからメールが届きました。


本日は、先ずとしまえんでSUPER BELL"Zのライヴと豊岡ますみんを生観戦し、その後YOKOHAMAトレフェスでシーサイドラインプロモーションガールのこゆりんこと幸野ゆりあ氏のPRステージを観戦して、最後にダイエー三芳店閉店の瞬間を見届けた画像も送信してくれました。

9月24日の都電 8807号車と交通安全運動の旗

29164a9e.jpg
3da222cf.jpg
a2628b70.jpg
こちらは、9月24日に、友人のよしちゃんが東京さくらトラム(都電荒川線)の高戸橋(面影橋〜学習院下間)の撮影ポイントで撮影した、8800形の8807号車(大起エンゼルヘルプのラッピング電車)で、9月21日から9月30日までの 秋の全国交通安全運動により、旗が取り付けられています。

都電で旗が付くのは、祝日の日旗、全国交通安全運動と火災予防運動の時であり、交通安全運動と火災予防運動は、春と秋の年2回行われることになります。

秋の火災予防運動は、11月に行われることになるし。

このように、全国交通安全運動の旗付きの8807号車を撮影することが出来て良かったです。

西武30000系38111Fによる臨時の高麗行き

01ba935e.jpg
e4344cf3.jpg
65ed3a82.jpg
9月23日は、友人のよしちゃんが飯能から高麗まで、西武鉄道30000系(スマイルトレイン)の38111Fによる、高麗行きの臨時列車に乗りました。

こちらは、高麗駅付近にある巾着田(埼玉県日高市)で、曼珠沙華(彼岸花)の見頃を迎える時期に合わせて、30000系などの4ドア車の8連により、飯能〜高麗間で運転される臨時列車であり、普段見られない高麗行きの表示も見られていました。

この時には、特急レッドアローの増発、石神井公園及び高麗駅の臨時停車も行われていたので、曼珠沙華輸送にも力が入っていることが分かります。

飯能〜高麗間の臨時列車は、6月3日に武蔵丘車両検修場で行われていた「西武・電車フェスタ」の時にも運転されていたし。

30000系は、2008(平成20)年から昨年に掛けて、8連18本、2連6本、10連6本の216両が、日立製作所の笠戸製作所(山口県下松市)で製造されていました。

今回乗った38111Fは、2011(平成23)年11月に営業運転入りした当時は、新宿線系統所属だったけど、現在は池袋線系統所属であり、臨時列車等で西武秩父へも乗り入れることもあります。

高麗行きの臨時列車では、ワンマン化改造前の4000系が使われていた頃には、高麗の幕が入っていなかったので、高麗の表示で運転されていました。

4000系がワンマン改造された時に高麗と横瀬の幕が追加されていたけど、2008年6月14日の改正に伴う方向幕の一新により正式に追加されていたし。

普通から東急電鉄(東横線)と同じ各停の表示に変更されたのは2008年6月のことであり、30000系は同年4月26日のデビュー当初から各停の表示となっています。

東武東上線(東武鉄道全般)では、普通の表示のままなのでややこしい点があるし。

飯能駅に到着した時には、高麗行きの表示を見つけたので、4000系による西武秩父行きを見送り、後続の高麗行きに乗ったのであります。

高麗駅に到着した時には、折返しの各停飯能の表示となっていたので、飯能駅で高麗行きの表示を撮影したのであります。

友人(よしちゃん)が前回巾着田での曼珠沙華の見物をしたのは、一昨年の9月23日のことであり、丸2年ぶりに行ったのであります。

前回行った時には、高麗行きの臨時列車を撮影することが出来なかったので、今回撮影することが出来て良かったです。

デビュー2周年を迎えた都電8900形

edafec51.jpg
eb6e4ca8.jpg
f3541462.jpg
東京さくらトラム(都電荒川線)の8900形の8901号車と8902号車(オレンジ色)がデビューしてから、9月18日で2周年を迎えていました。

都電の8900形は、一昨年9月から昨年8月に掛けて、8901号車から8908号車までの8両が、7000形の一部の置き換え用として導入された車両であり、前面スタイルが8800形と比較して角張っています。

ヘッドライトは、8500形以来の角形となっているけど、前照灯と尾灯の位置が逆に配置されているし。

このデザインは、8800形のデザイン案3点の中から投票2位となった直線デザインとなっているので、新たにデザインし直す必要が無くなっていました。

一昨年9月18日にはオレンジ色の8901号車と8902号車から導入され、同年10月18日の荒川線の日イベントで展示されていました。

9月18日の初日には、出発式等が行われていなかったけど、その代わりに大塚駅前から早稲田まで、8902号車に初めて乗ったのであります。

これらの2両の導入により、7013号車と7025号車が置き換えられていました。

同年12月には、青色の8903号車と8904号車が、翌年の3月に、赤色の8905号車と8906号車がそれぞれ営業運転入りし、同年8月1日(都営交通の創業記念日)に、黄色の8907号車と8908号車が営業運転入りしたことにより、8両全て出揃っていたのであります。

8900形も8800形と同様にラッピング対応であり、8902号車と8906号車に城北信用金庫(城北信金)、8904号車に帝京平成大学、8908号車に都電落語会のラッピングが施されているし。

8902号車と8906号車は、城北信金のラッピングが施されていることに加え、今年4月28日から東京さくらトラムの愛称決定記念のヘッドマークが取り付けられています。

8502号車がさよなら7000形のラッピングから東京さくらトラムのラッピングに衣替えしていた時に8907号車に取り付けられていたヘッドマークが移されていたし。

8900形の特徴は、屋根上の補助電源装置が床下に移されてすっきりした印象となっていることであります。

座席は、8800形や9000形と同様に優先席以外全てロングシートであり、8806号で試行されたとあらん(都電のマスコットキャラクター)の柄となっています。

このように、デビュー2周年を迎えた都電8900形を話題にすることが出来て良かったです。

画像は、友人のよしちゃんが9月18日(デビュー記念日)に荒川車庫前、9月19日に鬼子母神前で撮影したものです。

やっと、連絡が取れました

今日は仕事の待ち時間の合間に、同じ語学スクール時代に一緒に勉強して津波で亡くなった友人弟さんが岩手県大船渡市の小学校の教壇に立っていたのを、先週の東京タワーでの大船渡さんままつりに出店しておりました酔仙酒造の関係者に聞きまして、連絡しまして無事確認出来ました。


後は、友人の弟さんが携帯の連絡先を教えてくれまして、来年のゴールデンウィークあたりに行く計画を建てるつもりです。


昨年夏に、岩手県大船渡市と陸前高田市に行った時は会えなかったので、後は楽しみにしております。

国際興業バスの赤23系統で赤羽か西新井へ

00c47f08.jpg
23e01a39.jpg
80f96981.jpg
9月12日は、友人のよしちゃんが赤羽駅東口から、西新井駅まで、国際興業バスのいすゞ(ISUZU)新型エルガの3120(練馬200か33-37)号車(赤羽営業所所属)による赤23系統に乗りました。

赤羽駅東口と西新井駅を結ぶ国際興業バスの路線は、赤23系統(新荒川大橋経由、一部埼玉県川口市を走行)と、赤27系統(環七経由)の 2路線(どちらも赤羽営業所所属)があるけど、赤23系統のほうが、埼玉県川口市領家(りょうけ)や足立区鹿浜エリアの裏道を迂回することで面白みがあるので、赤23系統を選んだのであります。

赤27系統は、東十条四丁目まで南下し、環七通りを通って西新井駅へと向かう路線なので、渋滞していなければ赤27系統のほうが早いということになるので、赤羽から西新井まで通しで乗る場合によく使われています。

赤羽から西新井まで国際興業バスで往復する場合は、行きは赤23系統、帰りは赤27系統、またはその逆で行くことも出来るし。

国際興業バスの営業所は、都内が、池袋、練馬(練馬北町)、志村、赤羽の4ヶ所、埼玉県が、戸田、川口、鳩ヶ谷、さいたま東、西浦和、飯能の6ヶ所の計10ヶ所であり、都内の4営業所が練馬ナンバー、戸田、さいたま東、西浦和の各営業所が大宮ナンバー、川口市にある川口、鳩ヶ谷の両営業所が大宮ナンバーまたは川口ナンバー、飯能営業所が所沢ナンバーとなっています。

赤羽営業所は、東京都北区西が丘(国立西が丘サッカー場付近)にある営業所で、赤羽駅と西新井、高円寺、王子、池袋、ときわ台の各駅などを結ぶ路線担当であり、赤羽駅では、西新井、ハートアイランド、高円寺方面が東口、他は西口発着となります。

国立西が丘サッカー場へは、JR埼京線の十条駅または都営三田線の本蓮沼駅から歩いて行くことも出来るけど、国際興業赤羽営業所の路線バスもアクセスに使われているし。

国際興業バスの赤羽営業所が、赤羽出張所からの格上げ、移転により開設されたのは、1959(昭和34)年のことであり、現在のような白地に緑帯塗装が導入されていました。

1998(平成10)年には、ノンステップバスの導入に合わせて、濃い緑色が黄緑色に変更されていたので、同じ緑系塗装の都営バスと同様の動きとなっています。

1978(昭和53)年10月31日までの間は都営バスと国際興業バスの共同運行便として東京駅に乗り入れるていたこともあったし。

赤羽駅に乗り入れる一般路線バスは、王57系統(赤羽駅東口〜王子駅前〜豊島五丁目団地間、都営バス北自動車営業所所属)と、赤31系統(赤羽駅東口〜高円寺駅北口間の関東バス便(阿佐谷営業所所属))を除いて国際興業バス(赤羽営業所所属路線中心)で占められています。

東口からは、川口、鳩ヶ谷の両営業所、西口からは、池袋、練馬、志村の各営業所の路線も出ているし。

国際興業のバス路線で、中央線の駅に乗り入れる路線は、池11系統(池袋駅西口〜中野駅北口間、池袋営業所所属)と、赤31系統(赤羽駅東口〜環七経由〜高円寺駅北口間、赤羽営業所所属)であり、どちらも関東バスとの共同運行路線で、前者は丸山営業所、後者は前述の阿佐谷営業所所属となっています。

国際興業バスの車両は、系列の北海道いすゞ自動車(本社は札幌市中央区にある)との絡みにより、一部を除いていすゞ車であり、系列のバス会社を含めて北海道いすゞ自動車から導入されています。

同じ札幌市中央区に本社のある国際興業グループの運送会社である札樽(さっそん)自動車運輸も、いすゞ自動車のトラック(北海道いすゞ自動車からの導入)が使われているし。

国際興業は、1950(昭和25)年に、東急系だった東都乗合自動車との合併により出来たバス会社であり、当初は、ライトパープルとマルーン塗装が使われていました。

飯能営業所には、その塗装に復刻された9501(所沢200か17-45)号車があるけど、こちらは2000(平成12)年式で、江ノ電バスから中古で導入された最後のいすゞキュービック(エルガの前身)であります。

国際興業が故・小佐野賢治氏によって設立されたのは、1940(昭和15)年5月15日のことであり、当初は自動車部品販売の第一商会となっていました。

東洋自動車工業、国際商事を経て、国際興業となったのは、1947(昭和22)年のことで、その前年の1946(昭和21)年に東京急行電鉄(東急電鉄)の傘下だった東京観光自動車と東都乗合自動車の買収により、乗合バス事業に進出していたのであります。

東急は五島家、西武は堤家、東武は根津家によって設立されたように、国際興業は小佐野家によって設立されていたことが分かります。

国際興業バスの前身は、東都乗合自動車、鳩ヶ谷自動車、中仙道乗合自動車、川口乗合自動車、池袋乗合自動車、飯能交通であるし。

国際興業の本社は、東京都中央区八重洲(かつて国際興業バスが乗り入れていた東京駅付近)にあり、周辺には、2014(平成26)年3月まで系列の八重洲富士屋ホテルもありました。

今回乗った国際興業バスの3120(練馬200か33-37)号車は、今年導入された新型エルガ(QDG-LV290N1、AT仕様)であり、昨年度の下期に導入された都営バスの新型エルガと同様に、フルカラーLED表示となっています。

国際興業バスに新型エルガが導入されたのは、一昨年10月のことであり、さいたま東営業所所属の3001(大宮200か25-01)号車がその第一号として話題になっていました。

現在は飯能以外の各営業所に導入されています。

飯能営業所のほうは、1997(平成9)年以来新車とは無縁であり、他の営業所からのお下がりで賄われているし。

さいたま東営業所(さいたま市緑区)は、2000年10月に、浦和営業所と大宮営業所の統合によって出来た営業所であり、国際興業の営業所で最大の敷地となっています。

こちらは、2004(平成16)年から国際興業バスまつりの会場としても使われているけど、それ以前は、戸田営業所で行われていました。

1999(平成11)年までは、江東区越中島に東京営業所(観光東京営業所)があり、足立ナンバーの観光バスや高速バス車両も配置されていたこともありました。

現在は観光バスタイプの車両が子会社の国際興業観光バス(現、国際興業グループ)の、板橋、さいたま(西浦和)、川崎の各営業所)に移管され、高速バス車両は、池袋、志村営業所に分散配置されています。

国際興業観光バスは、2007(平成19)年12月の国際観光バス(日野自動車(東京日野自動車)の系列だった観光バス会社、本社、板橋区東新町)の買収により、日野車の割合が高くなっているし。

こちらは同じ国際繋がりでの買収となったことが分かります。

このように、赤羽駅東口から西新井駅まで、国際興業バスの新型エルガに乗ることが出来て良かったです。

画像は、赤羽駅と車内後部から撮影したものです。

9月16日の都電 8807号車によるラッピング電車

59b043a1.jpg
e071518a.jpg
1e822428.jpg
こちらは、友人のよしちゃんからのメールでは、9月16日に、東京さくらトラム(都電荒川線)の荒川車庫前電停で撮影した、バイオレットカラー(紫色)の8800形8807号車で、8810号車(元祖幸せの黄色い都電)から受け継がれた大起エンゼルヘルプ(荒川区町屋に本社のある介護関連の会社)のラッピング(水色系)が施されていました。

都電8800形は、2009(平成21)年から翌年の2010(平成22)年までの間に、7500形の置き換え用として10両導入された車両であり、8801〜8805号車がローズピンク色、8806,8807号車がバイオレットカラー(紫色)、8808,8809号車がオレンジ色、8810号車が黄色と、都電沿線に咲き誇るバラに因んだ塗装となっています。

8800形がデビューしたのは、2009年4月26日のことであり、当時は8801号車と8802号車の2両となっていました。

翌年の2010年3月には、同じローズピンクの8803,8804,8805号車の3両が追加され、同年10月には、8806号車と8807号車が、12月には、8808,8809,8810号車が導入されたことで10両出揃っていたし。

8800形のお気に入りの点は、丸みを帯びた前面スタイルであり、それぞれの塗装とマッチしています。

こちらは3つのデザイン案の投票により選ばれたものであり、一位となった丸みを帯びたデザインが採用されていたし。

4色の塗装は、一昨年から昨年に掛けて7000形の一部の置き換え用として導入されていた8900形にも受け継がれているけど、8903号車と8904号車が青色、8905号車と8906号車がローズレッドと8800形と異なる色となっています。

一昨年9月18日にデビューした8901号車と8902号車は、オレンジ、8907号車と8908号車は黄色と8800形と同じ色となっているし。

8900形は、8800形とは異なり、角張ったデザインであります。

8800形がデビューした時は嬉しくてたまらない状態だったけど、あれから8年経ったことで早いもんだなと思いました。

都電で一番のお気に入りの車両である8810号車(元祖幸せの黄色い都電)は、今年の暮れで7年経つし。

現在は、8800形の後期形の再塗装や全般検査入場が進められており、8808号車が全般検査から出場していました。

現在は8809号車が全般検査入場中であり、8810号車に関しては、ラッピングが8807号車に移し替えられたということで再塗装されることが予想されています。

8807号車は、2010年10月のデビューの時からラッピングが施されていなかったけど、今回ラッピングが施されたことにより10両全てにラッピングが施されたことになったし。

8800形のうち、ラッピングが施されていないのは、8803号車と8808号車の2両であります。

今年の荒川線の日イベント(荒川車庫での秋のイベント)は、10月15日に行われる予定であるけど、撮影会がないのが残念であります。

昨年の荒川線の日イベント(10月16日に行われていた)と同様に、お子様連れがターゲットとなっているし。

こちらは、東京さくらトラムとなってから2回目の荒川車庫でのイベントとなります。

都電のイベントの時には、都電が混雑するので、上野東京ラインの尾久駅から徒歩で行くことも推薦されているし。

荒川車庫前電停は、デルタ線による一方通行での出入庫となっているので、町屋駅前、三ノ輪橋行きの場合、営業所棟前の降車専用ホームで降車扱い及び乗務員(運転士さん)の交代が行われた後、乗車専用ホーム(王子駅前、大塚駅前、早稲田方面乗り場側)まで移動し、乗車扱いが行われることになります。

乗務員交代に関しては、早稲田方面乗り場でも行われているし。

今回は、乗車専用ホーム側て撮影したのであります。

このように、荒川車庫前で、8807号車によるラッピング電車を撮影することが出来て良かったです。

昨日の東武動物公園駅とせんげん台駅

1d978eed.jpg
70ab7d53.jpg
367f6b22.jpg
3ff8cf95.jpg
c446fea3.jpg
f55f806d.jpg
ebcce4e8.jpg
e081bcf5.jpg
69247c9f.jpg
7c58136c.jpg
続いては、友人の山さんからこのようなメールが届きました。


横浜市電保存館復活!花電車しでんまつりの後は、上野東京ラインで横浜から久喜経由で東武動物公園駅西口の「子供祭り駅」を撮影に成功しました。


これで、東武は本線(スカイツリーライン)と東上線ふじみ野駅(ももいろクローバーZ駅)を制覇したことになります。

山さんは、これで両者完全制覇となりました。


その後は、日比直のメトロ03系と20000系をそれぞれせんげん台駅でも撮影しました。これらは、いずれも廃車候補となっているので、今後の動向が注目です。


尚20000系は、先頭車が4連化改造に残されるようです。

昨日の横浜市電保存館

24494cfe.jpg
3b026cfa.jpg
147608e1.jpg
db6eccbe.jpg
b51266db.jpg
d29df9f8.jpg
8bb3ed86.jpg
5d16a329.jpg
eba56598.jpg
c82eb9e7.jpg
先程、友人の山さんからメールが届きました。


昨日は小田急LSE名残乗車をした後、町田から大船行直通電車(横浜線内快速)で根岸より横浜市交通局バス21系統(桜木町駅始発)で市電保存館(Y市交運営)で復活 花電車市電まつりの式典見物と花電車の撮影に成功しました。

今日の一日

ed26b5cc.jpg
a846299a.jpg
40563e51.jpg
今日は、最初に東京タワーに行きまして、大船渡さんままつりに行きました。


そこに、ワシが同じ語学スクール時代に一緒に勉強した津波で亡くなった友人が勤めていた会社が出店してまして、スタッフにご挨拶して参りました。


そして、都営地下鉄と京急線に乗り継いで横浜駅に向かい、横浜そごうでも産直即売品イベントに友人が勤めていた会社が出店してまして、そこでもスタッフにご挨拶しました。


その後、横浜駅で友人と合流し昼食を取り楽しく交流いたしました。


友人と別れた後に、ワシは羽田空港国際線ターミナルビルに向かい、外国人と対話を楽しく交流いたしました。


羽田空港国際線ターミナルビル駅から、京急線と都営地下鉄と西武新宿線に乗り継いで久米川駅に向かい、久米川駅から歩いて久米川ボウルに向かいました。


久米川ボウルに到着したら、愛甲猛先生にご挨拶して参りまして、帰宅しました。

E657系のK2編成によるひたち28号 茨城のスポーツ

a57075e5.jpg
ff3b711c.jpg
5d59e0f3.jpg
続いては、友人のよしちゃんが9月18日に品川駅の9番線で撮影した、E657系のカツK2編成によるひたち28号→ときわ95号で、気になるイバラキキャンペーンの茨城のスポーツのラッピングが施されていました。

茨城のスポーツのラッピングは、1号車(品川、上野寄り)がつくば霞ヶ浦りんりんロード(180Kmのサイクリングロード)、5号車が常陸太田市の竜神大吊橋のバンジージャンプ(高さ100m)、10号車が茨城の海水浴がテーマとなっていました。

つくば霞ヶ浦りんりんロードは、その名の通り、霞ヶ浦沿いを通るサイクリングロードであり、筑波山を眺めることも出来ます。

霞ヶ浦は、日本で2番目の大きさを誇る湖であり、常磐線の土浦駅や高浜駅から歩いて行くことも出来ます。

因みに、日本一の面積を誇る湖は、滋賀県にある琵琶湖であり、3番目は、北海道のサロマ湖(オホーツク海沿いで、北海道一の湖でもある)となっています。

1987(昭和62)年3月までは、湧網線(中湧別と網走を結んでいたローカル線)が出ていて、サロマ湖沿いを通っていました。

こちらはJR北海道に継承されずに分割民営化直前で廃止されていたし。

中湧別駅で接続していた名寄本線(名寄〜遠軽間と中湧別〜湧別間)のほうも1989(平成元)年4月30日に廃止されていました。

現在オホーツク海沿いを走る鉄道は、釧網本線(東釧路(釧路)〜網走間のうちの知床斜里〜網走間)だけとなっています。

2007(平成19)年3月31日に廃止された鹿島鉄道線は、霞ヶ浦を眺めることの出来る区間もあったので、廃止されたことで残念に思いました。

土浦市などの霞ヶ浦沿岸地域は、日本一のレンコンの産地として有名であります。

土浦市の隣のかすみがうら市は、2005(平成17)年3月28日に、霞ヶ浦町と千代田町の合併によって出来た市であり、その名の通り、霞ヶ浦に面しています。

神立駅は、土浦市とかすみがうら市に跨がっている駅であり、駅舎は土浦市側にあります。

現在は駅舎の改築工事中であり、仮駅舎に移設されているし。

神立駅は、一昨年3月13日まで、特急停車駅であり、上野 22時15分発のフレッシュひたち73号(現、ときわ91号)と、勝田 5時39分発のフレッシュひたち4号(現、ときわ54号で、末期は651系が使われていた)が停車していました。

そのうちの初代ときわ91号は、2代目ときわ89号に統合されて廃止されることになるし。

一昨年3月14日の改正で、特急停車駅から除外された駅は、神立駅のほか、松戸、取手、藤代、十王、大津港、植田の各駅も挙げられており、大津港駅と植田駅から上野に直通する列車が全滅していました。

松戸駅に停車していた常磐特急は、上野 8時ちょうど発のスーパーひたち7号(現、ひたち3号)であり、2011(平成23)年3月11日に東日本大震災が発生する前は、仙台まで直通運転が行われていたし。

ひたち3号は、松戸駅の代わりに、ひたち号で唯一柏駅に止まるようになっています。

品川発着のひたち号は全て柏駅通過(大部分が上野〜水戸間ノンストップ)なので、品川または東京から柏まで行ける特急及び柏から乗れる上り特急(上野または品川行き)が全てときわ号となるし。

ひたち28号は、いわき駅を19時18分に発車した後、湯本、泉、磯原、日立、常陸多賀、大甕(おおみか)、東海、勝田、水戸、上野、東京に停車してから品川へと向かう列車であり、いわき駅で、竜田からの普通列車から接続しています。

折り返しは、品川 22時45分、東京 22時53分、上野 23時ちょうど発のときわ95号(勝田行きの下り最終特急)であり、途中、柏、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖、土浦、石岡、友部、水戸に停車し、勝田駅には、日付が変わった後の0時29分に到着することになります。

こちらは、定刻通りの場合、土浦→石岡間で日付が変わることになるし。

ときわ95号は、10月14日の改正で、2代目ときわ91号に変更されるけど、車内点検、清掃の終了→乗車扱い開始まで表示が変わらなかったので、側面表示を撮影出来なかったのか残念でした。

変わるまで待っていると帰りがより遅くなるのでそのはずであるし。

E657系のカツK2編成は、2011年10月に近畿車輛(1〜5号車)と日立製作所(6〜10号車)が製造され、同年11月19日に尾久車両センターで行われていたイベントで初お披露目されていました。

気になるイバラキのラッピング編成は、K8編成ばかり撮影していたけど、今回はK2編成を撮影することが出来て良かったです。

小田急LSE乗車成功\(^o^)/

424fc3dc.jpg
2afd8686.jpg
3a75dd85.jpg
72c2c366.jpg
5ac00c3e.jpg
a80888a4.jpg
0fc5ea3a.jpg
11368a61.jpg
先程、友人の山さんが小田急ロマンスカーLSE7604はこね71号の画像が届きました。


当初、満席(SOLD OUT)と表示されていたLSEロマンスカーはこね71号乗車と特急券ゲットに大成功しました。


この他、新宿駅で撮影した画像も併せて送信してくれました。

小田急新宿駅より

766ebf66.jpg
b67eeea3.jpg
83579f4a.jpg
先程、友人の山さんから小田急新宿駅で撮影したロマンスカーの画像が届きました。


昨日、中止を決めていたロマンスカーは急遽執り行い、7003FLSEを撮影に大成功しました。

E657系のK8編成によるときわ89号

34b92472.jpg
2f2ba667.jpg
66cdaa63.jpg
こちらは、9月18日に、友人のよしちゃんが品川駅の9番線(常磐線特急専用ホーム)で撮影した、E657系のK8編成(気になるイバラキのラッピング編成)による特急ときわ89号(勝田行き)です。

ときわ89号は、品川駅を21時45分、東京駅を21時53分、上野駅を22時ちょうどに発車し、途中、土浦、石岡、友部、水戸に停車してから勝田へと向かう列車であり、10月14日の改正では、2代目ときわ87号として、高萩まで延長されることになります。

これにより、上野から東海、大甕、常陸多賀、日立、高萩へと向かう下りの特急の最終が30分繰り下げとなるし。

その前の運用は、いわき 18時16分発のひたち26号であり、途中、湯本、泉、勿来(なこそ)、高萩、日立、常陸多賀、大甕(おおみか)、東海、勝田、水戸、上野、東京に停車してから品川へと向かう列車であります。

新生ときわ87号は、水戸駅で、新設される水郡線の下り最終列車(常陸大宮行き、水戸 23時17分発→常陸大宮 23時48分着)に接続することになります。

これまでは、水戸 22時30分発の常陸大子行き(常陸大宮 23時01分着、常陸大子 23時42分着)が最終(水戸駅で、品川 20時45分、東京 20時53分、上野 21時ちょうど発のひたち29号(いわき行きの最終特急でもある)から接続)となっているので、常陸大宮までの最終が47分繰り下げとなるし。

常陸大子行きの最終列車(水戸 22時30分発)は、上菅谷駅で常陸太田行き(常陸太田支線)の最終列車(上菅谷 22時47分発)に接続しているし。

水郡線にキハE130系が導入され、キハ110系が全面的に置き換えられたのは、2007(平成19)年のことであり、同年1月19日にデビューしてから、9月12日に置き換えが完了するまでの過度期には、キハE130系とキハ110系による併結運転が行われていました。

水郡線沿線の常陸太田市、常陸大宮市、久慈郡大子町も、高萩市と同様に9月30日まで放送される予定のNHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のロケ地として有名であります。

ひよっこに出てくる奥茨城村は、架空の村であるし。

友人(しゃもじ)が水郡線の本線(水戸〜安積永盛、郡山間)に初めて乗ったのは、キハ110系の時代の1995(平成7)年8月27日のことであり、水戸から郡山まで乗り通した後に、郡山からいわきまで磐越東線にも初めて乗っていました。

常陸太田支線の終点である常陸太田駅は、2005(平成17)年3月31日まで、日立電鉄線(常北太田〜大甕〜鮎川間)の常北太田駅への乗換駅となっていたので、常陸太田支線とセットで乗りに行ったことを覚えています。

日立電鉄線は、昨年2月までの銚子電鉄線と同様に、元営団地下鉄(現、東京メトロ)銀座線の2000形から改造された車両が活躍していたことで有名でありました。

銚子電鉄線に譲渡された営団2000形改め1000形は、日立電鉄に譲渡されるはずがキャンセルされて銚子電鉄入りしていたので、日立電鉄線の廃止と共にお役御免となっていた車両よりも長生きしていたことが分かります。

日立電鉄線の廃止から2年後の2007年3月31日に廃止された鹿島鉄道線(石岡〜鉾田間)のほうも、廃止直前に乗りに行っていたけど、こちらは廃止から10年経ったことで早いもんだと思いました。

鹿島鉄道線は、1987(昭和62)年3月31日に日本国有鉄道(国鉄、JNR)と共に廃止された筑波鉄道筑波線(土浦〜筑波〜岩瀬間)と共に、1979(昭和54)年3月31日まで関東鉄道の路線(鹿島鉄道線は鉾田線と呼ばれていた)でありました。

鹿島鉄道線は、末期に親会社である関東鉄道による支援が行われていたけど、2005(平成17)年8月24日につくばエクスプレスが開業したことにより、関東鉄道の業績が悪化したことで、支援が打ち切られて廃止されていたのであります。

鹿島鉄道の廃止当時は、415系及びE501系の上野乗り入れ撤退と重なっていたし。

石岡駅は、昨年3月に橋上駅舎に改築され、鹿島鉄道線の駅や車両基地が撤去され、更地と化したことにより、鹿島鉄道線の面影が無くなっています。

石岡駅の発車メロディーは、昨年9月1日に一新されたものであり、1番線は、「バラが咲いた」、2番線は、「ここで君を待っているよ」、3番線は、「石岡のおまつり」であり、バラが咲いたに関しては、茨城県の県花に因んで使われています。

バラが咲いたの原曲は、1966(昭和41)年にリリースされた、マイク眞木氏のフォークソングであり、50周年の節目の年に石岡駅の発車メロディーに採用されていたし。

関東鉄道竜ヶ崎線の乗換駅である佐貫駅(茨城県龍ヶ崎市)は、今年6月3日に発車メロディーが一新されており、1番線は、「RYUとぴあ音頭」、2番線は、「かえるの合唱」、3番線は、「白鳥の湖」となっています。

白鳥の湖(チャイコフスキー作曲のバレエ音楽)は、周辺にある牛久沼の白鳥に因んで採用されているし。

マザー牧場の最寄駅である内房線の佐貫町駅(千葉県富津市)と紛らわしい状態であり、マザー牧場のHPには、茨城県に類似駅名「佐貫駅」がありますので、検索時にはご注意ください。の表示があるのもそのはずであります。

マザー牧場へは、君津駅または佐貫町駅からバスに乗って行くことになるし。

ときわ89号は、品川発が30分繰り下げされると共に、柏、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖、赤塚駅にも停車するようになるけど、現在のときわ93号と同様に勝田行きのままとなるので、行先部分とラッピングの撮影としました。

新生ときわ89号のときわ93号からの変更点は、品川発となることに加え、ときわ91号との統合により、ひたち野うしくと荒川沖にも停車することであります。

高萩駅の発車メロディーは、2013(平成25)年11月1日から高萩市の縁の曲である「あしたの風とひとつになって」となっており、1番線と2番線でバージョンが異なっています。

このように、品川駅で気になるイバラキのラッピング編成であるE657系のK8編成による特急ときわ89号を撮影することが出来て良かったです。

E657系のK14編成によるひたち24号 湯本駅

82918de4.jpg
0f6b9644.jpg
5022227c.jpg
こちらは、友人のよしちゃんが8月29日に、JR常磐線の湯本駅(福島県いわき市)で撮影した、E657系のカツK14編成による特急ひたち24号で、編成全体を撮影することが出来ました。

常磐線の湯本駅は、いわき湯本温泉や、スパリゾートハワイアンズの最寄駅である2面3線の駅で、「フラガールと湯けむりに出逢える町 いわき湯本」という副駅名があります。

駅舎は西側(1番線)側にあり、駅構内に足湯があるけど、今回は使われていなかったです。

ひたち24号は、いわき駅を17時21分に発車し、途中、湯本、泉、磯原、日立、勝田、水戸、上野、東京に停車してから品川へと向かう列車であり、折り返しは、品川 20時45分、東京 20時53分、上野 21時ちょうど発のひたち29号(いわき行きの最終の特急)となります。

ひたち29号は、品川駅を発車した後に、東京、上野、土浦、水戸、勝田、大甕(おおみか)、常陸多賀、日立、磯原、勿来(なこそ)、泉、湯本に停車してからいわきへと向かうことになるし。

10月14日の改正以降、ひたち号では、土休日のひたち5号(上野9時ちょうど発)の品川発着化(品川 8時45分、東京 8時53分発)、ひたち23,25,27号の上野→水戸間ノンストップ化(土浦駅通過化)で変化することになるけど、ときわ号とは違って本数には変更がないので、号車名はそのままとなります。

ひたち5号は、平日は上野発、土休日は品川発となり、上野駅での発着ホームが異なることになるので注意が必要となります。

土浦駅に停車するひたち号は、3往復(朝2往復(ひたち1,3,2,4号、3号は上野始発)、夜1往復(最終のひたち29,30号))と減ってしまうけど、ひたち23,25,27号が品川発着化されたときわ号によってカバーされるし。

気になるイバラキのキャンペーン終了後の10月1日〜12月31日の間は、福島県の秋のデスティネーションキャンペーンである「福が満開、福のしま。」が開催される予定であり、9月下旬から12月中旬までの間に、ひたち号とときわ号に使われているE657系の3編成に、「福が満開、福のしま。」キャンペーンのラッピングが施される予定となっています。

こちらは、1号車から10号車までの全ての車両のドア横にラッピングされるし。

いわき市にある塩屋埼灯台は、2013(平成25)年3月16日まで運転されていたE653系のフレッシュひたち号(現、ときわ号)の青編成のテーマとなっていました。

こちらは、福島ラッピングで4号車に施されることになるし。

11月19日の大洗あんこう祭の時には、勝田 16時26分発上野行きの臨時特急ときわ98号(途中、水戸、友部、石岡、土浦、柏に停車)が運転される予定となっています。

10月29日に水戸市で行われる第2回水戸黄門漫遊マラソンの時には、上野〜勝田間にときわ41,42号が、品川→勝田間にときわ43号が運転されるけど、こちらは柏〜水戸間ノンストップとなります。

651系によって上野→勝田間で運転される急行水戸マラソン号(途中、松戸、柏、水戸に停車)も柏→水戸間でノンストップとなるし。

このように、常磐線の湯本駅でも、E657系を良い感じで撮影することが出来て良かったです。

東京総合車両センターのイベント E217系による試乗電車

25dd2a7c.jpg
a3f2dca9.jpg
e4efed87.jpg
8月26日は、こちらは仕事で行ってませんが、代わりに友人のよしちゃんが行ってくれまして、東京総合車両センターのイベント(夏休みフェア2017)で、横須賀・総武快速線のE217系のクラY106編成(クハE217-2006F、4両付属編成)による試乗電車に乗りました。

東京総合車両センターのイベントでの試乗電車は、毎年試運転線が使われた上で運転されているものであり、昨年は、E233系の4両編成、今年はE217系の4両編成が使われていたので、比較的短い編成が使われていることが分かります。

E217系の付属編成は、一昨年3月16日から今年3月3日のまで、平日の日中に運転されていた内房線の東京〜館山間直通の特別快速に使われていたことで有名であり、今回特別な館山の表示も再現されていました。

内房線の君津〜館山、安房鴨川間は、普段209系による普通列車しか走らない区間に成り下がっていたので、東京湾アクアラインが出来たことの影響を受けていることが分かります。

東京湾アクアラインが出来てからは、今年12月18日で早20年経つし。

E217系は、当時増備が進められていた209系ベースの4ドアの近郊型電車であり、1994(平成6)年から1999(平成11)年までの間に、スカ色113系の置き換え用として、11両基本51本、4両付属46本の計745両が導入されていました。

1994年12月3日のデビュー当時は、量産先行車の2編成30両が、大船電車区(現、鎌倉車両センター)に導入されていたけど、当時は15両編成で、逗子〜東京〜成田空港間での限定運用が組まれていました。

翌年の1995(平成7)年には量産化され、1997(平成9)年には、幕張電車区(現、幕張車両センター)にも配置され、1999年12月4日には、E217系への置き換えが完了していました。

横須賀・総武快速線の車両の大船→鎌倉区と幕張区の分散配置は、113系の時代から受け継がれていたけど、2006(平成18)年3月18日には、鎌倉車両センターに集中配置されています。

編成記号は、F編成(幕張車はR編成)からY編成となり、11両基本編成は0番台、4両付属編成は100番台となっているし。

2000(平成12)年にデビューしたE231系から通勤型と近郊型の共通設計となったのは、E217系があるからこそであり、それがE233系にも受け継がれています。

山手線に導入されたE235系のほうは、今のところ通勤型バージョンのみとなっているし。

E217系の量産先行車を含めた3編成(F-01〜03,F-51〜53編成)は、2006年3月に東海道線(東京〜熱海間)で最後まで残されていたパンプキン塗装の113系の置き換え用として国府津車両センターに回されていたけど、当時は、10+5の15両固定編成扱いにより、東京〜熱海間で限定運用されていました。

一昨年3月14日の上野東京ラインの開業により、古巣の鎌倉総合車両センターに戻されていたし。

最後まで東海道線で活躍していたのは、F-02+52(現、Y2,102編成)であり、一昨年1月6日に熱海駅でそれを撮影していました。

インバータ装置は全編成で更新済であり、更新と共に前面のE217のロゴマークが、JR東日本のロゴマークに変わっていました。

E217系の運転範囲は、横須賀線の東京〜大船、逗子、久里浜間、総武快速線の東京〜千葉間、総武本線の千葉〜佐倉、成東間、成田線の佐倉〜成田、成田空港、佐原、香取間、鹿島線の香取〜鹿島神宮間、内房線の千葉〜君津間、外房線の千葉〜上総一ノ宮間であり、成田〜鹿島神宮間は、4両付属編成のみの乗り入れとなります。

2001(平成13)年12月1日から2004(平成16)年10月15日までの間は、湘南新宿ラインとして新宿まで乗り入れていたこともありました。

横須賀・総武快速線の路線(久里浜〜東京間は横須賀線、東京〜千葉間は総武快速線)

久里浜〜衣笠〜横須賀〜田浦〜東逗子〜逗子〜鎌倉〜北鎌倉〜大船〜戸塚〜東戸塚〜保土ヶ谷〜横浜〜新川崎〜武蔵小杉〜西大井〜品川〜新橋〜東京〜新日本橋〜馬喰町〜錦糸町〜新小岩〜市川〜船橋〜津田沼〜稲毛〜千葉

総武本線(千葉〜佐倉、成東間)では、東千葉駅が、内房線(千葉〜君津間)では、巌根駅が快速の通過駅となるけど、外房線直通の場合は、永田、本納、新茂原、八積の各駅が通過となります。

横須賀線の田浦駅は、トンネルとトンネルの間に挟まれた駅であり、ホームが短い為に11両の場合は、先頭車の1両目(下りの横須賀、久里浜行きは1号車、上りの東京、千葉方面は11号車)の全てと、先頭から2両目の前のドアが開かないので注意を促すステッカーがあります。

4両編成(逗子〜久里浜間の区間運転)の場合は問題はないし。

このことは、かつての京王井の頭線の神泉駅に似たような状態であり、吉祥寺寄りの2両がトンネル内でドアが開かずに停車していました。

当時の井の頭線は、3000系(3ドア18m車、同じ東急車輛製造製)が当たり前だったし。

乗換駅

久里浜 京急久里浜線(京急久里浜駅)

鎌倉 江ノ島電鉄線(江ノ電)

大船 東海道線(小田原、熱海方面)、根岸線(京浜東北線または横浜線へ直通)、湘南モノレール江の島線

戸塚 東海道線(一部上野東京ラインまたは湘南新宿ラインとして高崎線またはJR宇都宮線へ直通運転)⇔横須賀線、横浜市営地下鉄ブルーライン

横浜 東海道線、京浜東北線(一部は横浜線へ直通)、根岸線、京急本線、東急東横線、みなとみらい線、相鉄本線、横浜市営地下鉄ブルーライン

武蔵小杉 南武線、東急(東横線、目黒線)、湘南新宿ライン(東海道線⇔高崎線直通列車(快速または特別快速))

西大井 横須賀線⇔湘南新宿ライン(横須賀線⇔JR宇都宮線直通列車)

品川 山手線、京浜東北線、上野東京ライン(東海道線⇔高崎線、JR宇都宮線、常磐線直通)、東海道・山陽新幹線、京急本線

新橋 山手線、京浜東北線(日中は快速運転の為通過)、上野東京ライン、東京メトロ銀座線、都営浅草線、新交通ゆりかもめ

東京 山手線、京浜東北線、中央快速線、上野東京ライン、京葉線、東北・北海道・山形・秋田・上越・北陸新幹線、東海道・山陽新幹線、東京メトロ丸ノ内線、東京メトロ東西線(大手町駅)

新日本橋 東京メトロ(銀座線・半蔵門線(三越前駅))

馬喰町 都営新宿線(馬喰横山駅)、都営浅草線(東日本橋駅)

錦糸町 中央・総武緩行線(御茶ノ水、新宿、三鷹方面)、東京メトロ半蔵門線

船橋 東武アーバンパークライン(野田線)、京成本線(京成船橋駅)

津田沼 新京成線(新津田沼駅)

千葉 総武本線(佐倉、成東、銚子方面)、成田線(成田、成田空港、佐原、銚子方面)、内房線(木更津、君津、館山、安房鴨川方面)、外房線(大網、上総一ノ宮、勝浦、安房鴨川方面)、千葉都市モノレール(1号線、2号線)、京成千葉線(京成千葉駅)

逗子駅からは、京急逗子線の新逗子駅まで歩いて行くことも出来ます。

E217系のトイレは、1,11,増1号車と5号車(グリーン車)にあり、11号車と増1号車は和式、1号車と5号車は洋式となっています。

デビュー当時は、1号車のトイレも和式となっていたけど、1997年から車椅子対応の幅広洋式トイレ(誰でもトイレ)となり、それ以前に製造された車両も組み替えが行われています。

E231系の近郊バージョンからは、5両の付属編成のトイレも幅広の洋式トイレに変更されていたので、2000年に施行された交通バリアフリー法の影響であることが分かります。

交通バリアフリー法では、列車内にトイレを設ける場合、1ヶ所は車椅子対応の洋式トイレにしなければならない状態となっているし。

2004年に東海道線(国府津車両センター)に導入されたE231系近郊バージョンの後期型からは和式トイレが廃止されて洋式トイレに統一されているけど、その後に登場したE531系やE233系の近郊バージョンのトイレも全て洋式となっています。

E217系の座席は、4,5号車のグリーン車が回転リクライニングシート、9,10,11号車がセミクロスシート(ボックスシートあり)で、他は4両付属編成を含めて全てロングシートとなっているし。

今回の試乗電車に使われたY106編成は、1996(平成8)年に東急車輛製造(現、総合車両製作所横浜事業所)で製造されたもので、当初はF56編成を名乗っていました。

E217系が製造されたメーカーは、ベースとなった209系と同様に、東急車輛製造、川崎重工業、新津車両製作所(現、総合車両製作所新津事業所)であり、東急車輛製の一部には、大船工場(のちの鎌倉総合車両センターの深沢地区で現在は廃止されている)で分担製造されたものも含まれています。

新津製の基本編成には、東急車輛製のグリーン車が組み込まれているし。//

信越線(高崎〜横川間)の115系2 高崎駅

5d7203a2.jpg
32a84573.jpg
7dd5aea2.jpg
続いては、9月7日に友人のよしちゃんが高崎駅て撮影した、115系のT1041+T1022編成による折り返しの横川行きです。

こちらは、156Mの折り返しの153Mであり、高崎駅を19時39分に発車することになります。

115系が使われる列車は以下の通りです。

吾妻線(高崎、新前橋〜長野原草津口、万座・鹿沢口、大前間、3両編成)

521,527,537,539,547,520,526,528,536,544M(うち、521,527,526,528,536Mは大前発着)

信越線(高崎〜横川間)

145,149,153,163,126,152,156,160M

上越線(高崎〜水上間)

731,738M

両毛線(高崎〜桐生、小山間)

435,465,481,424,456,474M

うち、465,474Mは、115系で唯一小山に乗り入れる運用となっています。

高崎駅では、ラッピングなしの115系のT1022編成も撮影することも出来ました。

高崎駅が開業したのは、1884(明治17)年5月1日のことであり、当時は、日本鉄道によって、新町〜高崎間が開業していました。

高崎駅の1番線は、2004(平成16)年10月16日をもって客扱いが中止されていたけど、1997(平成9)年9月30日までは、特急旧あさま号や白山号の下り列車に使われていました。

現在は、高崎線(上野東京ラインと湘南新宿ラインを含む)が2,4,7,8番線、上越線、吾妻線、両毛線、信越線(高崎〜横川間)が2,4,5,6番線、八高線(高麗川〜高崎間)が3番線発着となっています。

新幹線ホーム(上越・北陸新幹線)は、東側(ヤマダ電機側)にあり、11,12,13,14番線となっているし。

2005(平成17)年7月3日には、東西に分かれていた改札口が1ヶ所となり、旧1番線の通路の一部が改札外となっていました。

上信電鉄の駅や改札が独立したことにより、9番線から0番線に変更されていたし。

今年10月13日には、高崎駅の西口に高崎オーパ(OPA)が出来る予定となっています。

こちらは同じイオングループだった高崎ビブレ(VIVRE)の跡地であり、隣には高島屋もあるし。

西口には駅ビルのモントレーがあり、スタバ(スターバックス・コーヒー)も入っています。

このように、高崎駅でもパンプキン塗装の115系を良い感じで撮影することが出来て良かったです。

信越線(高崎〜横川間)の115系 グンマラッピング

3f5cadaa.jpg
214a41f2.jpg
4f50d862.jpg
9月7日は、友人のよしちゃんが横川から高崎まで、信越線の115系のタカT1041+T1022編成(3+3編成)による高崎行きに乗りました。

今回は、T1041編成(クモハ115-1031F) 側に乗ったけど、こちらには、「お前はまだグンマを知らない」のラッピングが施されています。

そのラッピングが施されているのは、中間車に当たるモハ114-1041号車のみであり、先頭車には、ヘッドマークが取り付けられているし。

高崎車両センター(旧、新前橋電車区)の115系は、JR宇都宮線や高崎線で活躍していた頃と同じ湘南色(パンプキン塗装)の115系であり、現在は3両編成10本30両(T1022,1030,1032,1036,1037,1038,1039,1041,1043,1046編成)が上越線(高崎〜前橋間)、信越線(高崎〜横川間)、両毛線、吾妻線で最後の活躍をしています。

そのうちのT1040編成(クモハ115-1030F)は、最後まで残された非リニューアル編成となっているし。

昨年12月には、4両編成もあったけど、211系に優先的に置き換えられていました。

最後まで残された4両編成は、両端クハ(Tc車)のT1146編成(クハ115-1137F)、水上・大前・小山・横川寄りがクモハ(Mc車)のT1159編成(クモハ115-1065F)とT1044編成(クモハ115-1033F)であり、そのうちのT1044編成に関しては、今年5月に廃車となるまでの間、サハ115-1007号車が抜かれた3両編成として活躍していました。

今年5月には、T1030編成(クモハ115-1566F)も廃車となっていたし。

115系の4両編成は、以前付属編成として高崎線の上野まで乗り入れていたこともありました。

115系が高崎線(上野〜高崎間)から撤退したのは、2001(平成13)年11月30日のことであり、2004(平成16)年10月15日には、JR宇都宮線からも撤退していたし。

T1159編成は、以前初期型のサハ115
-22号車が連結されていたこともあったけど、トイレが使用停止となっていました。こちらは、本線7連から捻出されたサハ115-1019号車(トイレなし)に差し替えられていたし。

今回乗ったT1041Fは、1978(昭和53)年3月に川崎重工業で製造されてから新前橋電車区→高崎車両センター所属の生え抜きであります。

一方のT1022編成は、1978年2月に日本車輌製造で製造された新前橋電車区→高崎車両センターの生え抜きであるし。

昭和時代の末期の小山電車区(現、小山車両センター)は、115系で埋め尽くされていたことを覚えています。

1990(平成2)年に211系が小山電車区にも進出するまでの間、東北線→宇都宮線は115系、高崎線は211系という時代でありました。

115系は、2001年12月1日から翌年の2002(平成14)年7月までの間、湘南新宿ラインにも使われ、大船駅にも乗り入れていたこともありました。

それだけでなく、小山の115系がホリデー快速鎌倉号として、武蔵野線経由で鎌倉まで乗り入れていたこともあったし。

小山車両センターの115系が完全に引退したのは、2005(平成17)年1月15日の団臨のことであり、115系の日に因んだ企画でありました。

最近になってからは、前面の種別幕が埋められているけど、このT1041編成もこうなっていました。

種別幕が使われていた頃は、白地の普通の表示となっていたし。

今年10月で20周年を迎えるしなの鉄道では、115系の国鉄色リバイバル企画が行われており、その一環として、初代長野色、湘南色(パンプキン塗装)、スカ色(かつての中央東線塗装)がリバイバルされています。

高崎車両センターの115系では、3+3の6両のほか、吾妻線での3両単独での運用もあり、末期を迎えた107系(211系の4連との共通運用)とは異なり、115系の固定運用となっているので狙いやすい状態であります。

今回乗った列車は、横川駅を18時50分に発車する156M運用であり、軽井沢発のJRバスから接続していました。

高崎車両センターの115系は、今年10月初旬から10月下旬までの間に、1編成にハロウィンの装飾が施されることで話題になっています。

3+3の6両の場合は、片方がラッピングなしとなるし。

お前はまだグンマを知らないのラッピング電車は、7月1日から10月まで運転される予定となっています。

107系に続いて、115系も211系に置き換えられる予定となっているので乗車及び撮影はお早めにということになります。

次回の18きっぷの期間(今年12月10日から来年1月10日までの間)には115系がどうなっているのか分からないので、今回の18きっぷの期間に行ったのであるし。

両毛線のうち、足利〜小山間は、休日おでかけパスでも乗れる区間であります。

このように、碓氷峠鉄道文化むらや峠の湯に行った帰りに、貴重となった115系に乗ることが出来て良かったです。

画像は、信越線の横川駅で撮影したものです。

八高線のキハ110系 ノーマルカラー

fe3c6f7f.jpg
4b3759f8.jpg
0e9f49a7.jpg
9月3日は、友人のよしちゃんが高麗川から高崎まで、八高線(八高北線、高麗川〜高崎間)のキハ110系のキハ111-206Fに乗りました。

この時に乗った列車は、高麗川駅の2番線を14時33分に発車する高崎行きの241Dであり、ワンマン運転が行われている為にワンマンの表示となっています。

高麗川〜高崎間(八高北線)の運転本数は、高麗川〜高崎間が16往復、高麗川〜小川町間が4往復、小川町〜高崎間が1往復、児玉〜高崎間が3往復であり、八王子〜高麗川間よりも少ないことが分かります。

八王子〜高麗川間の区間運転は、非電化時代から行われているし。

1987(昭和62)年頃には、八高線でキハ30系列やキハ38形のほか、キハ45形やキハ40形も使われていたこともありました。

キハ45形は、1987年7月の会津線の第三セクター化(会津鉄道への移管)により転用された車両であったけど、すぐに運用離脱されていたし。

キハ35形では、1963(昭和38)年に非電化だった房総地区(房総西線(現、内房線)と房総東線(現、外房線)中心)向けに東急車輛製造(現、総合車両製作所横浜事業所)で10両製造されたステンレスバージョンの900番台(901〜910号車)もありました。

こちらは当初銀色の無塗装で活躍していたけど、1974(昭和49)年10月の北総地区の路線の電化により、高崎地区(八高線)に移り、八高線では、1987年、相模線では1991(平成3)年3月16日の全線電化の時まで活躍していました。

そのうちのキハ35 901号車は、晩年の朱色塗装のまま碓氷峠鉄道文化むらで静態保存されています。

相模線のキハ30系列は、1986(昭和61)年から1991年までの間、ステンレス車を含めて、クリーム色に青帯の相模線塗装となっていました。

群馬藤岡駅は、群馬県藤岡市の中心にある駅であり、先に開業した東武日光線の藤岡駅(栃木県栃木市藤岡町)があることにより、群馬藤岡と呼ばれています。

旧国名である上野(こうずけと読む)だと上野駅と混同する恐れがあるので、群馬の付く駅となっているし。

こちらは、上越線の群馬総社駅、信越線(高崎〜横川間)の群馬八幡駅、吾妻線の群馬原町駅と群馬大津駅でも言えることであります。

上信電鉄の場合は、上州新屋、上州福島、上州富岡、上州七日市、上州一ノ宮と、上州の付く駅名となっているし。

北藤岡駅は、1931(昭和6)年7月1日の開業当時は、小野信号所となっていました。

駅に昇格され、北藤岡駅となったのは、1961(昭和36)年2月21日のことであり、八高線側のみにホームが設置されていたし。

北藤岡駅を出た後すぐに高崎線と合流し、倉賀野駅へ。倉賀野駅から高崎線に乗り入れて高崎駅の3番線に到着。

こちらは、かつてキハ110系列が活躍していた水郡線の安積永盛〜郡山間に似ているところがあります。

倉賀野駅は、日本オイルターミナル(JR貨物グループ)の高崎営業所(油層所)があるので、郡山駅(福島県郡山市)と同様にタンク車が盛んに乗り入れているし。

根岸駅(横浜市磯子区)と倉賀野駅を結ぶタンク車による高速輸送列車もあるけど、川崎貨物駅での継走も行われることもあります。

八王子にもタンク車があるのは、日本オイルターミナルの八王子営業所との絡みもあるし。

日本オイルターミナルの営業所は、盛岡、郡山、高崎(倉賀野)、宇都宮、八王子、松本(南松本)、高知にあるけど、かつて札幌、旭川、帯広、上田(西上田)にもありました。

高崎駅の3番線(八高線専用ホーム)は、2,4番線の奥(倉賀野寄り)にあり、気動車しか発着しないのにも関わらず電化されています。

ワンマン列車の場合は、発車ベルが鳴らないので、注意を促す表示もあるし。

この点も、郡山駅の水郡線専用ホームの3番線(2,4番線の奥)に似ている点があります。

2014(平成26)年10月18日には、12系客車+DD51型ディーゼル機関車のプッシュプルによる八高線全線開業80周年記念号が運転され、八王子から高崎までの直通列車が1日限りで復活していました。

10月14日の改正では、黒磯駅構内の完全直流化工事(デッドセクションの黒磯〜高久間への移設)の進捗により、黒磯〜新白河間がE531系3000番台(5両編成)またはキハ110系に置き換えられる予定であり、郡山、福島方面へは、新白河駅での乗り換えが必要となります。

キハ110系は、Dの付く列車に使われるけど、車両のほうは、郡山総合車両センター所属の車両(磐越東線と共通)が使われることになるし。

このように、高麗川から高崎まで八高線のキハ110系に乗ることや、それを話題にすることが出来て良かったです。

八高線のキハ110系 リバイバルカラー

a355cdbd.jpg
ab908369.jpg
35c65ae9.jpg
9月3日は、友人のよしちゃんが八高線の高麗川駅で、留置線で休んでいたキハ110系(八高北線、高麗川〜高崎間専用)のキハ111-204F(キハ38形風のリバイバルカラー)を撮影することが出来ました。

こちらは、2014(平成26)年10月の八高線全線開通80周年記念により施されたリバイバルカラーであり、1996(平成8)年3月16日の八王子〜高麗川間(八高南線)の電化まで活躍していたキハ38形がイメージされています。

八高線のキハ110系(高崎車両センター高崎支所所属)は、1993(平成5)年3月18日に寄居〜高崎間で先行導入されていたけど、当時導入された車両は、両運転台(トイレ付き)のキハ110-207,208,209,210,218,219,220号車の7両でありました。

1996年3月には、キハ110-221,222号車と、2両固定編成のキハ111-204,205,206,207,208,209Fも追加導入され、高麗川〜高崎間がキハ110系列に統一されていたし。

これらの車両は、関東で唯一のキハ110系列であり、側面表示がLED化されています。

八高線が全線開通したのは、1934(昭和9)年10月6日の小川町〜寄居間のことであり、東武東上線の小川町〜寄居間(1925(大正14)年7月10日)よりも後に開業していました。

八高線の竹沢駅と、東武東上線の東武竹沢駅は、至近距離にあるけど、八高線の場合は竹沢駅を出た後に西側を通ることになります。

東武竹沢駅は、1932(昭和7)年7月23日の開業当時は竹沢駅となっていたけど、八高線の駅が出来てからは東武竹沢駅に改称されていたし。

寄居町(竹沢駅の北側)には、本田技研工業(HONDA)の寄居完成車工場(埼玉製作所寄居工場、2013(平成25)年7月に出来た比較的新しい四輪車工場)があり、シビックセダン、フィット(ハッチバックタイプのコンパクトカー)、ヴェゼル(クロスカントリーSUV車)、グレイス(4ドアのコンパクトセダン)、シャトル(5ドアのステーションワゴン)と言った小型乗用車が製造されています。

小川町には、本田技研工業の小川エンジン工場があり、そこで製造されたエンジンが供給されているし。

HONDAのシビック(CIVIC)は、1972(昭和47)年に発売が開始された市民という名の車であり、2010(平成22)年9月をもって国内販売が打ち切られていたけど、今年になってから日本国内での販売が7年ぶりに再開されることで話題になっています。

トヨタ自動車(TOYOTA)では、ハイラックスというピックアップトラックタイプの車の国内販売が2004(平成16)年以来13年ぶりに再開されていたので、名車の復活の流れが組まれています。

キハ38形は、国鉄時代の1986(昭和61)年から1987(昭和62)年に掛けて7両(トイレ付きの0番台4両、トイレなしの1000番台3両)が製造された3ドアロングシートの車両(キハ35形の廃車発生品も流用されていた)で、八高線初の冷房車(サブエンジン方式)として話題になっていました。

1996年の八高線の電化後は、久留里線に移され、2013年12月1日にキハE130系に全面的に置き換えられるまで活躍していました。

久留里線を追われた後は、キハ38-2,3,4,1001,1002号車がミャンマー国鉄に輸出、キハ38-1003号車がキハ30形やキハ37形と共に水島臨海鉄道(岡山県)に譲渡され、キハ38-1号車は、千葉県いすみ市にあるポッポの丘で静態保存されています。

八高線のキハ110系のキハ38形風リバイバル塗装は、撮影出来ない状態が続いていたけど、今回、このような形で初めて撮影することが出来て良かったです。

211系のC4編成による横川行き

41fa683c.jpg
f62168ca.jpg
b6599620.jpg
9月7日は、友人のよしちゃんが高崎から横川まで、信越線(高崎〜横川間)の211系タカC4編成による横川行きに乗りました。

このタカC4編成は、6両固定編成扱いの3+3編成のC編成のうちの1本であり、以前高崎線または宇都宮線でグリーン車付きの10両基本編成(元をただせばA4編成とA5編成)として活躍していました。

211系で、グリーン車付きの旧C編成は、C1〜C17編成があったけど、C9,10,11,12編成は、長野総合車両センター(山梨、長野ローカル用)に転用され、C2,4,6,8,13,15,17編成は、C編成のまま、3+3の6両編成として使われるようになっています。

以下の旧C編成は、分割の上で4両化され、C1編成はA2,A3編成、C3編成はA58,59編成、C5編成はA56,57編成、C7編成はA51,52編成、C14編成はA60,61編成、C16編成はA9,10編成と、元の編成番号に戻されているし。

5両付属編成だったA編成のうち、A25,26,27,28,30,31,32,33,34,36,37編成は、4両化されています。

211系のA編成は、両毛線から小山駅を経由して宇都宮まで乗り入れる運用が1往復あるけど、今年3月3日までは、黒磯へも乗り入れていました。

今回乗ったC4編成は、旧A5編成側のクモハ211-3005号車で、6号車の号車札があることから、6両固定編成扱いであることが分かります。

信越線(高崎〜横川間)の路線

高崎〜北高崎〜群馬八幡〜安中〜磯部〜松井田〜西松井田〜横川

高崎駅は、高崎線(一部、上野東京ラインまたは湘南新宿ラインとして東海道線に直通運転)、上越線、両毛線、吾妻線、八高線(八王子方面へは全て高麗川駅で乗換)、上越・北陸新幹線、上信電鉄線への乗換駅であります。

横川〜軽井沢間のバス(JRバス関東による運行)が7往復あり、高崎 7時30分、9時24分、11時22分、13時22分、14時22分、16時43分、18時12分発の横川行きから接続しています。

こちらは、1997(平成9)年9月30日まで運転されていた横川〜軽井沢間の普通列車の代わりとなっているし。

信越線の高崎〜横川間が開業したのは、1885(明治18)年10月15日のことで、当時は、北高崎駅が飯塚駅(福岡県飯塚市にある筑豊本線(福北ゆたか線)の駅とは別)と呼ばれていました。

横川〜軽井沢間は、1893(明治26)年4月1日に開業した当時は、アプト式で有名であり、1912(明治45)年5月11日に第三軌条方式により電化されていました。

それ以前の1888(明治21)年9月から1893年3月までの間は、碓氷馬車鉄道によって、横川と軽井沢の間が結ばれていたし。

1963(昭和38)年7月15日には、新線でのEF63型電気機関車による粘着運転に切り替えられ、アプト式の旧線が同年9月30日に廃止されていました。

アプト式の廃止から34年経った1997(平成9)年9月30日に信越線の横川〜軽井沢間が廃止されたことにより、高崎〜横川間の開業当時に戻ったことになったのであります。

横川駅は、1番線と3番線があり、現在は1番線発着がメインと使われ、3番線が一番列車とSL碓氷号などの臨時列車用となっています。

EF63型電気機関車の基地であった横川運転区の跡地は、1999(平成11)年4月18日に開園した碓氷峠鉄道文化むらであり、その建物が鉄道資料館に転用されています。

この時には、2012(平成24)年12月26日以来久しぶりに碓氷峠鉄道文化むらに行くことが出来ました。

横軽区間の全盛期に使われていた4番線は、横軽区間の廃線後にあさま色の189系とEF63型が疎開留置されていたこともありました。

現在は、どちらも碓氷峠鉄道文化むらに移されたけど、解体されなかった189系のクハ189-5号車とモハ189-5号車は、EF63型と共に片隅に置かれています。

あさま色の189系は、国鉄特急色となったクハ189-506号車とは異なり、残念なことなやボロボロに色褪せているし。

碓氷峠鉄道文化むらは、碓氷峠の鉄道の歴史を後生に残す為に造られた鉄道テーマパークで、1999年の開園当初は賑わっていたけど、現在は入園者が減ってきています。

現在サポーターズ制度が導入されているのはその為であるし。

友人(よしちゃん)も、碓氷峠鉄道文化むらを守る為に入園したのであります。

帰りは横川から高崎まで115系に乗ったけど、横川まで行った目的は碓氷峠鉄道文化むらや峠の湯に立ち寄ることもあったし。

信越線で現在の残されている区間は、高崎〜横川間、篠ノ井〜長野間、直江津〜新潟間であり、群馬県、長野県、新潟県のエリアに分かれていることが分かります。

今回碓氷峠鉄道文化むらに行ったもう一つの理由は、9月30日に横川〜軽井沢間が廃止されてから20年という節目の時を迎えるからでもありました。

このように、211系で横川まで行くことや、碓氷峠鉄道文化むらに行くことが出来て良かったです。

E657系のK11編成によるときわ87号 高萩行き

61555cac.jpg
4c6e98fb.jpg
7ee632e6.jpg
続いては、友人のよしちゃんのメールでは9月7日に上野駅の17番線で撮影した)、常陸多賀、日立に停車してから高萩へと向かう高萩行きの下り最終特急であり、勝田 19時47分発上野行きのときわ90号(途中、水戸、友部、石岡、土浦、柏に停車)の折返しでもあります。

10月14日の改正で、品川発勝田行きのときわ85号(2代目)となり、ひたち野うしく、荒川沖停車化と共に勝田行きとして短縮されるけど、その代わりに品川 21時45分、
東京 21時53分、上野 22時ちょうど発のときわ89号(勝田行き)が、2代目ときわ87号として高萩まで延長されることになります。

これにより、高萩行きの下り特急の最終特急が30分繰り下げとなり、品川駅や東京駅からも乗れるようになるし。

こちらは下りときわ号で唯一上野→土浦間ノンストップ(柏駅通過)なので、遠近分離が行われるのもそのはずであります。

いわき発着のときわ号は、83号と66号の1往復のみであるけど、10月14日の改正で、下りの83号(いわき行き)が品川発、上りのいわき発のときわ号が66号から64号に変更されるし。

10月14日からは下りの常磐線特急の品川発の増発により、上野発の定期特急が朝の4本(土休日は3本)、夜の3本の計7本(土休日は6本)に激減してしまうことで寂しさを感じるようになります。

これにより、16,17番線の「あゝ上野駅」の発車メロディーを聞ける回数も減ってしまうことになるし。

あゝ上野駅は、1964(昭和39)年に発売された故・井沢八郎氏の代表曲であり、かつて上野駅が北の玄関口として賑わっていた時のことが歌われていました。

この発車メロディーは、2013(平成25)年7月28日に上野駅開業130周年記念として、夜行列車も発着していた13番線で使われていました。

昨年11月1日からは、「Cielo Estrellado」と入れ替わる形で、16,17番線の発車メロディーとして使われるようになっています。

「Cielo Estrellado」の発車メロディーは、山手線の五反田駅で初めて聴いたものであり、現在は2番線(外回り)で使われているし。

それに対して、「Water Crown」の発車メロディーは、隣の目黒駅のイメージが強い状態であります。

どちらも、りんかい線の駅の標準発車メロディーとなっているので、1996(平成8)年3月30日に臨海副都心線として新木場〜東京テレポート間が開業した時に初めて乗りに行った時にJRみたいだな!と思っていました。

70-000形のほうもJRの209系がベースとなっているし。

上野駅が開業したのは、1883(明治16)年7月28日のことであり、日本鉄道の上野〜熊谷間(現在の高崎線)と共に始まっていました。

路線が延長されるにつれて、北の玄関口の役割を果たすようになったけど、1991(平成3)年6月20日の東北・上越新幹線の東京駅までの延長により、北の玄関口の役割が徐々に薄れてきています。

常磐線も、日本鉄道によって開拓された路線であるけど、そのうちの友部〜水戸間は、現在の水戸線と共に水戸鉄道(のちに日本鉄道に吸収合併されていた)によって開拓されていたし。

高萩駅は、1897(明治30)年2月25日に水戸〜平(現、いわき)間で開業した時からある駅であり、今年で開業120周年を迎えていました。

今年は、NHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台として話題になっていたし。

10月2日から来年の3月31日まで放送される予定の次期の朝の連続テレビ小説は、「わろてんか」であり、京都や大阪が舞台となります。

こちらは、葵わかな氏(スターダストプロモーション所属で、元乙女新党のメンバーの女優)がヒロイン役(藤岡てん役)として活躍することになるし。

わろてんかの主題歌は、松たか子氏の「明日はどこから」となります。

今年4月1日まで放送されていた朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の主題歌には、Mr.Children(ミスチル)の「ヒカリノアトリエ」が使われていました。

上野駅は、浅草と共に日本で初めて地下鉄が乗り入れた駅であり、東京メトロ銀座線の一部である浅草〜上野間が開業してから今年末の12月30日に90周年を迎えることになります。

上野駅では、ちょうど18年前の1999(平成11)年9月に常磐線特急専用ホームだった18番線が廃止されていたけど、16,17番線とは異なり、発車ベルのままとなっていました。

東北・上越新幹線の上野乗り入れ工事により、1980(昭和55)年5月に旧20番線が、1983(昭和58)年7月に旧21番線がそれぞれ廃止されていたので、東京駅と同様に新幹線の乗り入れにより廃止された在来線ホームがあったことが分かります。

東北・上越新幹線の上野駅は、1985(昭和60)年3月14日に開業した日本の新幹線で唯一の地下駅であります。

当時の常磐線では、急行ときわ号の廃止、特急ひたち号の増発、つくばの科学万博輸送、白に青帯塗装の登場などで話題になっていました。

ひたち野うしく駅は、1998(平成10)年3月14日に開業した2面4線の駅であり、つくば万博で使われていた万博中央臨時駅の跡に建設されています。

万博中央臨時駅は、2面2線の相対式ホームだった駅であり、ここで使われていた跨線橋が残されていたことでその名残がありました。

ひたち野うしく駅には、西口に万博中央駅の記念碑(飛翔)があるけど、万博中央臨時駅跡であることを知らない人が多い状態であります。

こちらは牛久市と住宅・都市整備公団(現、都市再生機構)による負担で建設された請願駅であり、そのお陰で万博中央駅がひたち野うしく駅として開業していたし。

同時に開業したJR武蔵野線の東松戸駅も、松戸市からの要請によって開業した請願駅であります。

そのお陰で、先に開業していた北総線への乗り換えが可能となり、現在は東松戸駅にも停車する京成のアクセス特急に乗り換えることで成田空港や羽田空港へもすぐに行けるようになっているし。

上野駅の17番線からは、E657系を良い感じで撮影出来るけど、その回数が減ってしまうのが残念であります。

このように、上野駅の17番線でE657系によるときわ87号の高萩行きを撮影することが出来て良かったです。

おまけの画像は、ときわ90号上野行きの表示で、10月14日以降はときわ88号の品川行きとなります。ときわ90号のほうは1時間繰り下げとなるし。

E657系のK4編成によるときわ85号 土浦行き

439fb420.jpg
2f364e91.jpg
43d13365.jpg
9月7日は、友人のよしちゃんがJR常磐線の上野駅の16番線で、E657系のカツK4編成による特急ときわ85号の土浦行きを撮影しました。

こちらは、上野駅の16番線を21時15分に発車し、途中、柏、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖の各駅に停車してから土浦へと向かう列車であり、10月14日の改正で、上野 22時15分発のときわ91号(勝田行き)と共に廃止されることになります。

その代わりに、後続の上野 21時30分発のときわ87号(上野発高萩行き)が、品川発勝田行きのときわ85号(2代目)に変更され、ひたち野うしく駅と荒川沖駅にも止まるようになるし。

品川発高萩行きの最終特急は、品川 21時45分、東京 21時53分、上野 22時ちょうど発のときわ87号(ときわ89号から変更されると共に、高萩まで延長される)となります。

上野 22時30発のときわ93号(勝田行き)も、品川発のときわ89号に変更されると共にひたち野うしく駅と荒川沖駅にも停車するようになるし。

上りのときわ号では、勝田 5時56分発上野行きのときわ56号(平日のみ運転)が、後続のときわ58号(高萩発上野行き)との統合により廃止され、ときわ58号から変更される新ときわ56号が平日のみ運転の勝田発上野行きとなります。

その代わりに、勝田始発上野行きのときわ60号が高萩始発品川行きの新ときわ58号に変更されるし。

ときわ号は、下り2本、上り1本が削減されるので、ときわ93,95,94号がなくなることになります。

ときわ号の上野行きは、朝の4本(土休日は3本)だけとなるし。

土浦発着の特急は、下り2本、上り1本が残ることになるので、完全に見納めとなる訳ではないです。

このように、上野駅で廃止される予定のときわ85号の土浦行きを撮影することが出来て良かったです。

八高線の209系3000番台 八王子駅

0f8928ea.jpg
dfc10e12.jpg
68e937c7.jpg
9月3日は、友人よしちゃんが八王子から高麗川まで、八高線(八高南線)の209系3000番台のハエ61編成(クハ209-3001F)による川越行きに乗りました。

こちらは、八王子駅を13時48分に発車する川越西線(川越〜高麗川間) 直通列車であり、高麗川で、14時33分発の八高北線高崎行きに接続していたので、高麗川までそれに乗って行ったのであります。

この日は高崎から桐生まで107系の名残乗車をしていたけど、高崎線経由ではなく、八王子から八高線の高麗川乗継ぎの旅を楽しんだのであります。

1996(平成8)年3月16日に八高南線の八王子〜高麗川間が電化される前は、キハ30系列やキハ38形による八王子〜高崎間の直通運転が行われていました。

現在は高麗川駅での乗換が必要となっているので、高麗川で高崎行きに(から)接続する列車は、八王子〜高崎間の直通列車の名残があるし。

ハエ61編成は、1996年3月16日の電化の時に4編成導入された209系3000番台のうちの1編成であり、3000番台で唯一の川崎重工業製でもあります。

こちらは、一昨年8月22日の東京総合車両センターのイベント(夏休みフェア2015、山手線のE235系が初お披露目された時)での試乗列車に使われていたので、それに乗った時のことを思い出しました。

今年の試乗会には、横須賀・総武快速線のE217系のクラY106編成(4両編成)が使われていたし。

八王子駅では、タンク車のタキ1000形の15両編成が止まっていて、ハイブリッドDLのHD300-7号機と連結されていました。

この時に見たタキ1000形は、タキ1000-258,817,867,586,874,580,259,152,754,253,145,160,295,17,83号車であり、そのうちのタキ1000-580号車との並びを撮影することが出来たのであります。

八高線の209系3000番台は、前面も方向幕となっているので、こちらもお気に入りのポイントとなっているし。

このように、八王子から高麗川まで、209系3000番台に乗ることが出来て良かったです。
Archives
楽天市場
TagCloud
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ