カンボジア 〜バッタンバンの風〜

【バッタンバン】カンボジアのライスボウルと呼ばれる大穀倉地帯。内戦が最後まで続いた影響が残り、タイ国境地域は地雷被害が大きかった地域の自然豊かな森と共生して来た伝統的な暮らしの復興と平和の構築。

「ひとり一人に未来をつくる力がある」
認定NPO法人テラ・ルネッサンス

巣箱制作状況を確認

ラオスのシエンクアンの村にミツバチの巣箱の確認に行ってきた。 養蜂事業をする村で、村人に巣箱の制作をお願いしていたので、その制作状況を確認し、特に蓋をどうするか、話してきました。IMG_20181101_190424_069

IMG_20181101_112448

IMG_20181101_110517

IMG_20181101_190424_070

とても上手に巣箱を作ってくれていて、頼もしかったです。 こうした村もまだ不発弾だらけ。 IMG_20181101_114359

IMG_20181101_115058

家の裏のドラム缶の中を開けてみるとそこには、いっぱいの不発弾。 IMG_20181101_115206

まだ畑の中、田んぼの中、家の周り、あらゆる所に不発弾が眠るラオスの村。 IMG_20181101_110457

不発弾さえなければ、自然豊かで、とても綺麗なところ。 IMG_20181101_110503

IMG_20181101_105942

 

マルベリーの木になったもの

ラオスの現地スタッフの家の庭に生えているマルベリー(桑)の木になったのは、マルベリーの実だけではなかった。 IMG_20181031_181436_348

まだ小さいコミツバチの巣。 閉じた空間を好まないので、巣箱での養蜂は出ないけど、美味しい蜂蜜が採れる。 IMG_20181031_181436_355

IMG_20181031_181436_354

マルベリーの実も甘くて美味しい。 IMG_20181031_181436_356

IMG_20181031_181436_349

IMG_20181031_181436_350

ラオスの伝統織物

ラオスの織物の産地、サムヌアで織られたという布。 IMG_20181030_204808_808
伝統織物の模様がモダン過ぎて、圧倒される。 シエンクアン、ポーンサバンの市場で売られていて、ちょっと目にしたけど、お金があったら買いたかった。 IMG_20181030_204808_809

天と地

IMG_20181028_163426_206

IMG_20181028_162611

天と地の境目。

雨季の道

カンボジア、バッタンバン州サムロン・チェイ村に野菜栽培訓練に行く。IMG_20181025_192034_654

IMG_20181025_192034_655

IMG_20181025_192034_653

雨季の終わりの道はこんな感じ。 現地の人は、こんな道なんの苦もなく、スタスタと歩いていく。 IMG_20181025_192034_658
以前の訓練で配った野菜の種からカボチャ、菜っ葉、ヘチマなどが、栽培されていました。
IMG_20181025_192034_652

IMG_20181025_192034_657
今回は、プティというカンボジアの野菜。
IMG_20181027_082256_725
ミネラル豊富で、栄養価の高い野菜です。
IMG_20181027_082256_721

  25ー30日で収穫出来るので、早く食べられるのもいい。

バン・ソーン

今日のカンボジア朝食。 IMG_20181024_073321_473
バン・ソーン。 手作りお米のヌードルに甘酸っぱいタレをかけて、食べます。 ピーナッツや香草、野菜が絶妙のハーモニー。

落書きart

落書きart。 IMG_20181023_172353
IMG_20181023_193442_753

ヤギが我が家にやってきた!

IMG_20181023_083225

ヤギが我が家にやってきた! カンボジアのバッタンバン州で地雷被害者ソム・ヴゥーンさんの家から、もう1人の地雷被害者の家に家畜銀行のヤギを移動させました。
IMG_20181023_083216

IMG_20181023_083210

IMG_20181023_081629
早速子どもたちの人気者に。
IMG_20181023_083201

IMG_20181023_082525

IMG_20181023_081638
犬には気をつけて、世話をしてやってほしいとおもいます。

野菜栽培訓練のあとで

このおばちゃん達。野菜栽培のトレーニングの後、フィールド事務所の薬草を取って、めっちゃ嬉しそう。IMG_20181021_145438_957
家の周りにはなかなかないので、持って帰って植えるとか。 IMG_20181021_145438_957

ハリナシミツバチの巣箱

ハリナシミツバチの養蜂家4名を確認してきました。最初の訪問したソム・ヴゥーンさんの巣箱は、問題を発見。 IMG_20181022_091246
シロアリが巣箱を侵食し始めていて、もう少しで穴を開けてしまうところでした。 IMG_20181022_081555
IMG_20181022_082049
中身は、もう蜜でいっぱい。 IMG_20181022_093357
採蜜もやってしまい、分蜂もしてしまいました。 IMG_20181022_091212
花がまわりに沢山ある環境は、ミツバチにとって理想的環境。 スピーカーにかってに住み着いた東洋ミツバチもいます。 これから乾季になり花がさらに咲くシーズンになるので、これからまた楽しみです。

種の保存

ローングビーンズとかぼちゃの種を保存しているプオン・チュレイさん。 IMG_20181021_074516_759
8月に障害者者世帯の野菜栽培訓練で渡したローングビーンズは、既に収穫して、種をペットボトルに保存。 IMG_20181020_163644
カボチャも大きくて、実の詰まったのが採れて、カンボジアの伝統的なお菓子を作って自分たちで食べたそう。 IMG_20181020_163104
#カンボジア #バッタンバン ##cambodia🇰🇭 #Battambang #archiveseedbank https://www.instagram.com/p/BpLO54GBHlk/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1amsg2atzv306IMG_20181020_163258
IMG_20181021_074516_758
IMG_20181021_074516_762
IMG_20181020_163654

初めてのハリナシミツバチ養蜂の視察!

今年5月にラオス、シエンクアン 県で開催された第1回ナショナル・ハニー・ワークショップで、出会ったNon-Timber Forest Products (NTFPs)のカンボジアのメンバーのケオ・タイ氏から、連絡があり、テラ・ルネッサンスのカンボジアでのハリナシミツバチの養蜂を視察したいとのこと。

IMG_7103

6月は、日本にいて、7月前半もラオスに出張中だったので、ラオスから帰国してから、来てもらうことにしていました。

IMG_7099

その前にskypeでハリナシミツバチの養蜂に関して、2時間ほど説明はしたものの、遠隔だったのと、実際に見てもらわないとどんなものか分からなかったりするので、百聞は一見に如かず。

IMG_7105

7月20日の午後、事務所に来てくれて、ハリナシミツバチを実際に見に、コッコン、プレア・ヴィヒア、ストゥン・トラエン、クラチェ、シェムリアップから、15−6名のカンボジアの人たちが視察してくれました。

IMG_7093

簡単にハリナシミツバチの養蜂をすることになったきっかけを話した後、実際に養蜂している6つの巣箱を見てもらうことに。

IMG_7114

事務所の裏にある畑で見つけた自然のハリナシミツバチの巣から、巣箱にコロニーを移す方法を見てもらったあとは、分蜂する方法をデモンストレーション。

IMG_7131

女王蜂の卵があれば、それを他のプロポリス、蜂蜜の入った蜜ポット、卵ともに新しい巣箱に入れてあげればいいのですが、この日はなかなか女王蜂の卵が見つかりません。

それでも卵の奥にあるかもしれないので、卵をいくつか切り取って、分蜂させました。

IMG_7129

1ヶ月置いておいて、様子をみないといけません。

すでに訪問してくれたメンバーの中には、家に吊るしていたカバンのなかにハリナシミツバチがいるとのこと。

IMG_7077

でもどうしていいかいままで分からなかったそうです。

他のミツバチたちよりも簡単なので、ぜひ巣箱にいれて養蜂して欲しいと思います。

IMG_7041

帰り際、彼らが製品化しているオオミツバチの蜂蜜と、お箸をいただきました。

IMG_7161

ハリナシミツバチは、まだまだカンボジアではメジャーではありませんが、 自然の恵の1つとして、認知度を高めるとともに、森を保護し、共生していけるようにしたいです。

ハリナシミツバチを飼育し始めてから、初めてハリナシミツバチの養蜂を目当てに来てくれた人たちでしたので、これからもいろいろ情報を共有していければと思います。

時代の最先端をオーガニックマーケット

ラオスの養蜂支援をする村から1番近いナムガム村の日曜市。

37659072_2099149920297208_7536417124751769600_n

あいにく朝から雨☔。

37687018_2099149776963889_629374380022956032_n

それでもこれだけの人達が、自分で採ったり育てた自然の食材を、市場に持って来ている。

37691228_2099149950297205_4891761879476600832_n

オーガニックなんて当たり前すぎて、まるでケミカルなものが珍しいこの市場は、ある意味時代の最先端を走るTR。

37705642_2099149850297215_5284545421903921152_n
37742685_2099149983630535_6211312885214216192_n

でもここで売ってる人たちは、そんなこと思いもしないだろうなぁ。

37772310_2099150013630532_7581824184725012480_n
37783613_2099149820297218_8765909795937976320_n

ビエンチャンで最も重要なお寺

#ラオス #ビエンチャン で1番重要なお寺 ワットシームアン。IMG_20180314_150014_939

IMG_20180314_150014_937
IMG_20180314_150014_935
IMG_20180314_150014_936

恋愛以外のお祈りはここで。

#laos #vientiane #watsimuang #watsimuangtemple #praying  @ Wat Si Muang

#犬 も借金する時代。

#カンボジア は、今、#犬 も借金する時代。
IMG_20180131_141729_850

カンボジアの人たちが自虐的にあまりに借金をしている人達が多くて、みんなが借金をしているという意味で、使う言葉。

オレたちはそんなことは、知らないよと昼寝をする犬たち。

今朝も脹らんだ借金25,000ドルぐらいが返せなくて、3ヘクタール弱の土地を売らないといけないという地雷被害者と話しをしてきました。

龍眼250本が既に植わった畑。

あと2-3年もすればその収入も入ってくるけど、それまで金貸しは、待ってくれない。



派手さはないし、時間はかかるけど、確実に生計を向上するテラ・ルネッサンスの支援方法に理解を示してくれる人が増えて来たのは嬉しいこと。

生計向上といっても単に収入が向上すればいいわけではない。

健全な収支バランスと周囲の人々との繋がりや環境を守りながら、持続的に生活していけるかどうかを考えなければ、本末転倒。

#cambodia #battambang #debt #balance #environment 

お先真暗だった。

IMG_20180130_162652
バッタンバン州カムリエン郡の地雷被害者を含む障害者家族100世帯の支援を昨年の4月から始めています。
IMG_20180130_161947
1年目の訓練や活動が一段落して、1年目の状況をモニタリング調査を今日からしています。
IMG_20180130_162138
カウンターパートの農業局職員、社会福祉局職員、現地NGO:CRDNASEのスタッフと、立場はそれぞれ違いながら協力して調査をしていきます。
IMG_20180130_162000
特に社会福祉局の職員は、毎四半期ごとのミーティングには参加してくれるものの、実際のフィールドでの受益者の家庭の状況を直接見ていただくのは、今回が初めて。
IMG_20180130_161857
実際にどのように支援をしているかも含めて、活動を見ていただく意味でも、貴重な時間になりそうです。
IMG_20180130_162009
この日は、地雷被害者の村とも言ってもいい、地雷被害者が村の大半を占めるスララオトン村を調査。

地雷被害者のイン・ヴァンさんは、こちらが聞かなくてもいろいろと話をしてくれていました。

まだ、鶏なども収入までつながっていませんが、20羽ぐらいまで増えていて、家庭菜園も、以前はゴミが散乱していたところが、立派な畑に変わっていました。

「日本のNGOは、カンボジアの人達が怠け者とは言わなかった。でもこうして家畜の訓練や野菜栽培をしてみると、出来ることはあったんだと気づいた。支援してもらう前は、お先真っ暗で、何していいか分からなかったんだ。」

と話してくれました。

村の人達がやらないのは、やり方を知らないのか、やり方は知っていてもやりたくないのか?見分ける必要があります。
IMG_20180121_145215

農業の先生たちが教える有機栽培や家畜の飼育方法は、知らなかったら、どう判断していいのか分からないもの。

訓練を受けて、自分に出来ることが見えてくる人たちもいるはずです。


そこをよく見分けながら、寄り添っていきたいと思います。

今日の献立

カンボジアのバッタンバン州カムリエン郡プレア・プット村に2014年に編入された地雷原の残る場所で生活する子どもたち。IMG_20180122_073050
2015年に建設した幼稚園では、給食を提供しています。
IMG_20180122_080610
幼稚園では、幼稚園児だけでなく、小学校も遠いため、この建物で小学2年生の授業も実施中です。

IMG_20180122_072251
給食は、村で採れた野菜を中心にカンボジア料理を村の人に作ってもらっています。
IMG_20180122_072935
今日の献立は、茄子の炒め物と空芯菜のスープ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_ce16

化学調味料を使わないで作ってもらった料理は、素朴な味ですが、美味しい。

カンボジアの伝統料理は、本当に健康的で美味しいです。

次世代にもこのカンボジアの素晴らしい文化を伝え残したいと思います。

牛とヤギのケーキ作り

IMG_20180121_170811
前日に下ごしらえをするカウンターパートの現地NGO: CRDNASEのスーン農業専門家。
IMG_20180122_095144
何を作るかというと牛や山羊にあげるケーキ。
IMG_20180122_095211
いろんな自然の材料を混ぜ合わせて、つくります。
IMG_20180122_100241
カンボジアのバッタンバン州カムリエン郡の牛やヤギの飼育をしている障害者約50世帯への2回目の訓練。
IMG_20180122_105415
途中からどう見ても、大の大人達が泥遊びをしているようにしか見えませんが、決して遊んでいる訳ではありません。
IMG_20180122_105808
一人ひとりが、持って帰るケーキを分けているところ。
IMG_20180122_111003_1
ケーキとはいえ、鉄分、ミネラル、カルシウムなど家畜に必要な栄養素が詰まったサプリメント。
IMG_20180122_111018
もしこれがなかったら、、、
IMG_20180122_105812
昔はミネラルなどが不足した牛たちは、汗をかいて干していた服を舐めてしまっていたそうです。

1回目に作ったあとに家畜を見に行ったら、ものすごい勢いで舐めていて、必要性を実感しました。

みんなで協力して作るのも、いいです。

先週生まれたばかりの子ヤギ、可愛すぎ。

IMG_20170822_162822

先週生まれた子ヤギ。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc4f

可愛すぎ!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cb2b

カンボジアの地雷被害者への生計向上支援で、提供したやぎ。

まだ支援できていない地雷被害者もいます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc4e

ご存知の通り、テラ・ルネッサンスでは7月から 夏季募金キャンペーンを実施しています。

すでにご支援くださった方、ありがとうございます!

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cb08

期日の8月31日までに、活動を続ける上で この夏必要な<600万円>を集めているのですが、 あと<70万円>足りていません。(8/29時点)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cb01

終了期日まで、ご支援くださる皆様へ、
広くご支援のお願いを継続していくのですが、
このうちの一部を、可能な範囲で、
ご支援、ご協力いただけますと幸いです。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

IMG_20170811_154844

8月のオーガニック野菜栽培技術訓練終了

カンボジアのカムリエン郡の地雷被害者100世帯へのオーガニック野菜栽培の技術訓練の4、5回目が終わりました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc8d

これで全100世帯への今月の野菜栽培の訓練は完了です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc82
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc77

朝、事務所で集まってくれた受益者のなかには、なかなか野菜が芽が出ないと言ってくる人もいましたが、事務所で栽培している野菜の様子を見て、こんなにちゃんと芽を出すんだと驚いていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc8a

トレーニングの方法は、伝えるだけでなく、実際にやって見せることもすごく重要です。

これまでも村でのトレーニングをしてきましたが、タネが芽を出さないという村人たちには何人もあいました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc71 2
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc67

そこで、こうやって事務所でモデルファームを作ってやってみせてあげることで、自分のやり方がきちんとすれば育つんだと分かってもらえ、モチベーションの向上にもなります。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc65
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc74

さて、私が活動しているテラ・ルネッサンスでは、 現在、夏の募金キャンペーンを実施しています。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

現場の支援を継続するために必要としている 600万円のうち、
【 あと、370万円 】の活動資金が足りていません。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_cc76

フェイスブックでは、シェアのご協力をはじめ、 ご寄付の呼び掛けをお願いしています。

IMG_20170823_094045

たとえば、私が活動している アジアのカンボジアの場合だと、

IMG_20170822_150637

□ 2,000円の寄付で、野菜のタネ1種類を地雷被害者100世帯に支援できます

IMG_20170823_093406

▼クレジットカードで支援ができます
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

▼ 銀行振込で支援ができます
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html

▼ 郵便振込で支援ができます

【ゆうちょ銀行】

加入者名:テラ・ルネッサンス国際協力基金
口座番号:00970-4-259873
※用途をご指定されたい場合は、郵便振替用紙の通信欄にその旨をお書きください。
※入金確認後、領収書とお礼状、資料をお送りいたします。

IMG_20170823_144204

【確定申告に、寄付が便利です】
テラ・ルネッサンスは認定NPO法人なので、
寄付控除の対象となります。

IMG_20170824_095241

可能な範囲で構いませんので、
ぜひ、テラ・ルネッサンスの夏季募金に、
ご支援ご協力をよろしくお願いします。

IMG_20170824_134250
IMG_20170824_095422

江角 泰 拝

donation

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。

ご協力ください。
あなたの1クリックが、
世界を変える!

Profile

Tai

NPO法人テラ・ルネッサンスのアジア事業、カンボジア、バッタンバン事務所の駐在スタッフのブログ。カンボジアのバッタンバンとラオスのシエンクアンよりホットな風をお知らせします。

バッタンバンとは?

Tourism MAP Battambang
カンボジア北西部、首都プノンペンより293kmに位置。

Milestone in front of Provincial Office
Battambang Street
バッタンバン州の州都バッタンバン、もしくはバタンバンは、かつてカンボジア第2の都市と言われ、カンボジアの北西部地域で、タイとプノンペンを結ぶ交通の要所。

BattamBang
カンボジア第2の都市と言われた面影は、街の中心を流れるサンカー(サンカエ)川の両側に並ぶフランス様式の落ち着いた美しい街並みに見ることができる。

Battambang Town
French Colonial Building BTB
France Building
French Colonial Houses
その中に、仏教寺院が多くあり、どれもとてもきれいに整備されている。

■ワット・サンカエ
(Wat Sangker)
Wat Sangkae

■ワット・カムペン
(Wat Kampheng)
Wat Kampheng

■ワット・リアプ
(Wat Leap)
Wat Leap

■ワット・スラーカエト
(Wat Slakaet)
Wat Slakaet

■ワット・クドル
(Wat Kdol)
Wat Kdol

■ワット・サウ マノアハ
(Wat Sau Manoaha)
Wat Sau Manoaha

■ワット・アエクプノン
(Wat Ek Phnom)
Wat Ek Phnom

■ワット・クバエン
(Wat Kbaeng)
Wat Khbaeng
Wat Nov Banon
Wat Dambich
Wat Bobil
Wat Banon River

バッタンバン州全体では、『ライスボウル』と呼ばれるカンボジア随一の大穀倉地帯が広がり、肥沃な土地でのお米や野菜、果物が採れる。バッタンバンで採れる『香り米』と呼ばれる独特の香りのするお米は特に美味しく、高値で売られる。

バッタンバンとは、クメール語でBat=失くす、Dombong=こん棒という2つの語からなり、『こん棒を失くした』という意味。その昔、ター・ドンボン・クロニューンという将軍が、この地でお米を美味しくするという魔法のこん棒を失くしたことからついた名前。

■プサー・ナット
Phsar Nath

■プサー・ルー
Lue Market Battambang

また『クローチ・ポーサット』と呼ばれるオレンジも、バナン郡産のものが、一番甘く美味しいことから、最も有名。

■オレンジ(クメール語:クローチ・ポーサット)
Porsat Orange Battambang

■ガヴァ(クメール語:トロバエク)
Trobaek Guava

■シュガーアップル(クメール語:ティアプ)
Sugar Apple

英字旅行ガイドブック『Lonely Planet』には、「カンボジアの中でも最もホスピタリティの高い人々…」とも書かれるほど、親切で思いやりのある人々が多い。
Stung Sankae Battambang
Stung Sankae
Stung Sangkae Banon
Sangkae River Banan District
Sangkae River Banan
Sangkae River
Kompong Pae Sangkae
近年、町中のサンカー川両岸は、公園として整備され、夕方になると多くの人々が、夕涼みに集まる憩いの場所となっている。Battambang もしくは、Bat Dambongなどと表記されることが多い。

■橋
Old Bridge Battambang
Spean Banon
Rainbow Bridge
Bridge Banon
Spean Samaki
New Bridge Thmor
Spean Smau Samaki

■郵便局
Post Office Battambang

■州観光局
Provincial Tourism Department Battambang

■州立博物館
Battambang Museum

■鉄橋
Train Bridge Battambang
Train Bridge BTB

■州役所
Govt Office
Battambang Govt Office

■国立銀行
National Bank

【バッタンバンの観光地】
1.プノン・サンパウ(サンポー山)
  Phnom Samphov
Phnom Sampav

バッタンバン近郊の最も有名で、人気が高い観光地は、プノン・サンパウと言われ、街の中心から車で約15分、バイクで約20分ぐらいのところにある山である。
Reachkol on the Boat Battambang
この山自体は、カンボジアで有名な伝説の舞台になっており、遠くから見ると伝説に登場する船が、ひっくり返った形をしている。

Phnom Samphau Mountain
見どころは、洞窟や山の頂上のお寺、バッタンバン平原を見渡せる絶景、山の裏にあるポル・ポト時代の虐殺跡、キリング・ケイブなど。

2.プノン・バナン(バナン山)
  Phnom Banon Phnom Banan
街の中心から車で、約30分、バイクで約40分。バナン山の頂上には、アンコール時代の遺跡が残る。
View from Banan Mountain
Srey Banan
アンコール時代の遺跡も、戦争での爆撃で、塔の一部が破壊されている。
Prasat Banan
Prasaht Banan
Phnom Banan Prasat
また、このバナンの山の麓も、ポル・ポト時代の虐殺の現場、キリング・フィールドとなった。約5000人の人々が虐殺されたという。
Banan Mountain
現在の山に登る長い階段の手前に出るお店の辺りの下には、遺骨が埋まっているという。現在は土が盛られているというが、以前は土が雨で流れると下から犠牲者の骨や衣服が見えることもあったという。
Banan Windon
Banan Ruins
山の裏には、2つの洞窟があり、それぞれ伝説の舞台ともなっている。
Banan Cave Praying
Banan Cave

3.アエク・プノン
  Aek Phnom
Aek Phnom
街の中心から車で、約40分。お寺とアンコール時代の遺跡が残る。
Ek Phnom Preah Put Ek Phnom
ポル・ポト時代の虐殺の現場のひとつでもあり、今ではその面影は見ることができないが、すぐ手前の小さな橋のあたりの下に多くの遺骨が眠っているという。
Ek Phnom Through window

4.プノン・ニアン・ロムサイ・ソック
  Phnom Neang Romsai Sok
Phnom Neang Romsai Sok Battambang
バナン山の裏に位置する山で、中腹ぐらいに有名な伝説の主人公の一人である長い髪を持つ女の子ロムサイ・ソックの部屋だったといわれる洞窟がある。
Steps at Phnom Neang Rom Say Sok

5.トロン・モアン・トロン・ティア
  Tron Moan Tron Tia
Phnom Moan
プノン・サンパウのすぐ近くの山で、それほど高くない山全体にお寺がある。
Phnom Moan GatePhnom Moan Wat
お寺自体はとてもきれいで、お寺からは、見事な景色が見渡せる。
From Top of Phnom MoanPhnom Moan stupaWat Phnom Moan
また山の下には不思議な洞窟が広がっている。この山も伝説の舞台になった場所のひとつ。
Srey Phnom Moanhanuman nau Phnom Moan

6.プノン・プレア・プット
  Phnom Preah Put
Phnom Preah Put
バッタンバンの街の中心から車で約3時間半。地元の人以外、ほとんど知られていないタイ国境に位置するプレア・プット山。2010年現在道路を整備中で、道が舗装されれば、今後観光地としての潜在性を多く秘めている。

カムリエン郡プレア・プット村にある大きなごつごつした岩の多い山で、以前は山のまわりにおびただしい数の地雷が埋められていた。山の頂上は大きな岩があり、その上からは目と鼻の先のタイからカムリエン郡を見渡せる絶景が広がる。

7.ストゥン・カムリエン
  Stung Kamreang
Stung Kamreang
バッタンバンの街の中心から車で約3時間半。プノン・プレア・プットと同じプレア・プット村にある。パイリンからカムリエンへつながる道の途中の橋の下に隠れ家的にレストランがあり、水浴びやハンモックでのんびりしながら、食事を食べることができる。
Stung Kamreang BTB
クメール正月などには、地元の人でにぎわう。

8.バンブー・トレイン
  Bamboo Train
Bamboo Train
街の中心からトゥクトゥクで15分。シハヌーク時代に整備されたシハヌークビル―プノンペン―バンコクまでつながる鉄道も、内戦で貨物列車が1日一本走るだけ。すでに鉄道整備が開始されており、工事がされるまで、地元の人たちが走らせているトロッコで、地元の人の移動手段であるが、外国人に珍しがられて観光地となっている。

9.コンピン・プオイ
  Komping Puoy
Komping Puoy Battambang
街の中心から車で約40分。ポル・ポト時代に多くの人々を強制労働させ、人力でほとんど作られたという巨大な貯水池+ダム。ダム自体は中国の支援があったといわれるが、多くの人々が建設によって亡くなっている。

10.バナン・ワイン
街の中心から車で約20分。バナン山へ行く途中にあるカンボジア人夫妻が始めたワイナリー。バッタンバンの中でも最も肥沃な土地のバナンで栽培されたグレープから作られたワイン。グレープジュースを試飲、購入できる。 View from Phnom Neang Rom Say Sok

【人口】
合計 1,024,663人(2008)
(General Population Census of Cambodia 2008)

【行政単位】
郡の数 13
区の数 96
村の数 741
(General Population Census of Cambodia 2008)

■District(郡)とCommune(区)
1. Ek Phnom
Koh Chiveang
Peam Ek
Prek Khpob
Prek Luong
Prek Norin
Prey Chas
Samraong Khnong

2. Banan
Bay Damram
Chaeng Meanchey
Chheu Teal
Kantueu Muoy
Kantueu Pi
Phnom Sampov
Snoeng
Ta Kream

3. Battambang
Chamkar Samraong
Kdol Daun Teav
O Char
O Mal
Prek Preah Sdach
Rotanak
Sla Kaet
Svay Paor
Tuol Ta Aek
Voat Kor

4. Bavel
Ampil Pram Doeum
Bavel
Kdol Ta Hen
Khnach Romeas
Lvea
Prey Khpos

5. Kamreang
Boeung Reang
Kamreang
O Da
Ta Krey
Ta Sen
Trang

6. Kaors Kra Lor
Chhnal Maon
Daun Bar
Hob
Kaors Kra Lor
Preah Phos
Thipakdey

7. Mong Russey
Chrey
Kar Koh
Kear
Moung
Prek Chik
Prey Svay
Prey Touch
Prey Tralach
Robas Mongkol
Russey Krang
Ta Loas

8. Phnom Proek
Barang Thleak
Chakrey
O Rumduol
Pech Chenda
Phnom Proek

9. Ratanak Mundol
Andeuk Heb
Phlov Meas
Sdao
Traeng

10. Sam Lot
Kampong Lapov
Meanchey
O Samrel
Sam Lot
Sung Ta Sagn
Ta Toak

11. Sampov Loun
Angkor Ban
Chrey Seima
Sampov Loun
Santepheap
Srey Meanchey
Ta Sda

12. Sangkae
Anlong Vil
Kampong Preah
Kampong Preang
Norea
O Dambang Muoy
O Dambang Pi
Reang Kesey
Roka
Ta Pon
Voat Ta Muem

13. Thmar Kul
Anlong Run
Bansay Treng
Boeng Pring
Chrey
Chroy Sdao
Kok Khmom
O Ta Ki
Roung Chrey
Ta Meun
Ta Poung

【年齢別人口構成】
0 - 14歳 44.4%
15 - 64歳 52.5%
65歳以上 3.2%

【識字率】
全体 65.0%
男性 72.4%
女性 58.0%

■バッタンバンのキャラクターたち
Tevada with people
Tevada
Tao
Ta
Ta Ebisu
Nheang Romsai Sok
Monk Gold
Budha Prayed by people
Budha Nehanbutu
White Ompal

Laos Manga Book Cover

クラスター爆弾啓発用漫画
『ラオスからのメッセージ』

好評発売中!

定価:500円(税別)
発行:特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
原作:江角泰
漫画:西原大太郎
デザイン:小田起世和

c83c9399

Archives
ギャラリー
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • 巣箱制作状況を確認
  • マルベリーの木になったもの
  • マルベリーの木になったもの
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ