ジュ~

スタミナをつけようと思い、



焼肉!



を食べに行った。

この店は、おいしい和牛(いわて牛)を、

思いのほかリーズナブルな値段で食べる事ができる。

お腹いっぱい焼肉を食べた後は、

もちろん・・・

これ、

チョコレートパフェ!


これを食べないと終らない・・・

んがっ!

チョコレートパフェを食べ終わり、



お腹いっぱい、幸せいっぱい!



自宅に帰ると、

・・・・・

一星が、あきらかにサイズが合っていないベッドに、

無理やり体を埋め込んで留守番していた。

そして、焼肉のニオイがプンプンする俺の洋服のニオイを嗅ぎ、

ギロッ!

「自分達だけウマいもん食べてきたな・・・」

と言いたげな表情をしていた。

俺は、おそらくこういう展開になるだろうと思っていたので、

一星のために、炭火で焼いた和牛を持って帰ってきていた。

それを一星に見せると、

目の色を変えて近寄ってきて、

ピタッ!

キレイなお座りをして、ちょーだいアピールをする。

「よしっ」の合図と同時に、

パクッ!

あっという間に食べてしまった。

そのあと、



ペロン!



と、「おいしかったよ!」の合図をしてくれた。

どうやら、喜んでくれたみたいだ。

とりあえず、持って帰って来たかいがあったかな。



以上、

ばってん石橋