ばってんバランス日記

練馬区大泉学園町の整体院【バランスステーション】院長が愛犬(保護犬)と一緒に車中泊の旅やキャンプでエンジョイ!

どうでもいい

邪魔な前髪!の巻

P2070007 (470x354)


いつの間にか、

前髪がこんなにも伸びていた・・・

うっとうしい!

前髪が邪魔なので、

とりあえず“横分け”にしてみます。

P2070010 (470x353)

気持ち悪い・・・

P2070025 (470x353)

怖い・・・

この普段とはひと味違う私の顔を

一星に見せたらどういう反応をするんだろうか?

P2070038 (470x352)


「おーい、一星。」

P2070035 (470x352)

「なーに?」

P2070036 (470x352)

「ん?」

P2070043 (470x351)

「えっ!」

P2070027 (470x352)

「変なオジサンがいる!」

かなり動揺しているようですね。

なので、とりあえず髪切りました。

P2090048 (470x354)




以上、

ばってん石橋

P2070033 (470x352)

ナウい私!の巻

P7270418 (470x353)


世の中、

良くも悪くも

「ポケモン」ブーム!

流行ってますよね。

ナウい私としては、

流行に乗らないわけにはいきません。

それではやりましょう!

「ポケモン、GETだぜ!」

まずは準備。

P7270358 (470x353)

P7270364 (470x353)


ゲームボーイポケット(スケルトン)!

一番最初のポケモンの緑のやつ。

それではスタート!

P7270404 (470x353)

P7270406 (470x354)


さぁ、始まりました。

すっかり夢中!

P7270408 (470x353)

P7270410 (470x353)

P7270412 (470x353)

P7270415 (470x355)

P7270422 (470x354)

P7270424 (470x352)


ゲームに夢中なので、一星は退屈そう。

実は私、始めてやりました、ポケモン!

私は今までゲームにハマった事がないんです。

あえて言えば、小学生の頃インベーダーにハマったかな。

名古屋撃ちやったりしてね。

40年近く前の話しですね。(笑)

その後、ファミコンが登場して

スーパーマリオとか流行ったけど、

私はまったくハマりませんでした・・・

さらにその後、ファイナルファンタジーとか

いわゆるロールプレイングゲームっていうやつが流行ったけど、

私は、やった事もありません・・・

あっ、

でも、セガサターンのマリオカートはちょっとハマったかも!

そうそう、このゲームボーイは妻が昔やっていたものです。

当時、私はやっていませんでした。

だから、初ポケモンなんです。

でも、今流行ってるポケモンって、

「ポケモンGO」ですよね。

私はやっていません。

やるつもりもありません。

「やるつもりありません」っていうか・・・

スマートフォンじゃないのでできません。

バリバリのガラケーです。(笑)

メール、フェイスブック、ツイッターなどもやりません。

ラインはもちろんやりません。(できません)

ケータイをほとんど使わない私、

そもそも携帯してません。(笑)

充電は、1ヶ月に1回ぐらいかな。

電話もかかってこないですから。(笑)

かかってきてもでないし。(気づかない)

今の時代にも、こんな人間が存在するんですよ。

気楽に自由に生きてます♪



以上、

ばってん石橋


P.S ゲームボーイのポケモンもハマりませんでした・・・
   結局、ポケモンGETできず・・・

バランスステーションに謎のプロレスラー参上!の巻

P1130009 (800x602)


私の整体院バランスステーションに、


謎の覆面レスラー!


が参上!

P1130012 (800x600)


なんか、カッコ悪いなぁ・・・

しかも、

どっかで見た事あるような・・・

P1130007 (800x601)


体つきからいって、

かなりの


ベテランレスラー!


のような・・・

しっかりとした筋肉の上に、

ちゃんと脂肪もついている。

若者レスラーだとこういう体つきにはならないはず。

鍛えて筋肉はつくけど、

その上に、

なかなか脂肪はつかない。

なので、この謎の覆面レスラー

かなりの


ベテラン


のはずです。

ところで、この

謎のベテラン覆面レスラー

いったい何しに来たんでしょうか?

試合で体を痛めたので治療に?

体の調子を良くするため整体に?

何が目的なんでしょうか・・・?

そこで私が「何をしに来たのか?」

を尋ねてみると、


「顔をシュッと

 させてください」



・・・・・・・・


はっ?



このベテラン

何を言っているんでしょうか?

「顔をシュッと」って・・・

えっ?

モテたいの?

っていうか、あなた・・・


覆面レスラーでしょ!


顔、どうだっていいでしょ!

ベテランの言う事は、

ワケが分かりません・・・

でも、頼まれたからにはやるしかありません。

やりたくないですけど・・・

というわけで、

顔をシュッと!させました!

施術前施術後

写真を見てみましょう!

施術前
P1130009 (800x602)


施術後
P1130013 (800x601)


わからんって!


覆面をとってみましょう。


施術前
P1130001 (800x602)



施術後
P1130004 (800x598)



シュッと!なりましたね!

施術前の顔は、

なんとなくわざとらしい感があって

ちょっとどうかと思いますが・・・

変わってますよ!

顔が全体的に細くなってますね!

たるみもとれてます!

・・・・・・・・・・

あれっ・・・

そう言えば、

顔、出てますけど・・・

大丈夫なんでしょうか?

「謎の覆面レスラー」なのに・・・



「ベテランは、

 そんな小さな事、

   気にしない!」


(By ベテラン)


だそうです。

「小さな事」って・・・

それ、

「大きな事」なんじゃないですか?

あなた・・・


覆面レスラー

  なんだから!




以上、

ばってん石橋


ーーーーーーーーーーーー


このベテランの正体・・・

知らない方のために、


タケオです。


私の幼なじみで、

昔のバンド仲間です。

体つきはプロレスラーですが、

ミュージシャンです。

Bloodest Saxophone

というジャズ&ジャンプバンドで

ウッドベースを弾いています。

先月は、あの夏フェス、

「フジロック」!にも出てましたよ!

P1130014 (800x601)

P1130013 (800x601)

間違いだらけの素敵なTさん!の巻

私のお店「バランスステーション」には、

素敵なお客様がたくさんいます。

その中のお一人、


Tさん


経営者の女性の方なのですが、

バランスステーションに通い始めて

8年近くになります。

8年近く、毎週通い続けていらっしゃいます。

スゴいですよね!

そんな素敵なTさんは、

驚くほど多忙な方で、


昼食なんか座って食べた事がない!


というくらい忙しい方です。

それなのに毎週毎週、

私の店に通い続けてくださっています。

本当にありがたい事です!

そんな多忙なTさんですから、

いつも遅刻気味にご来院されるんです。

お店に入ってくる時は必ず


ハァ、ハァ、ハァ・・・


と息を切らせながらフラついて入ってきます。

8年近く、ずっと変わらず、

そんな感じです。(笑)

そんなTさん

ご来院する直前に必ずシャワーを浴びて来るらしく、

急いでるもんだから、

髪の毛もいつもビショビショな状態です。

まぁ、スポーツ刈りなので、

そんなに気にならないのですが。

・・・・・・・・・


あっ、すいません!


表現を間違ってました・・・

「スポーツ刈り」じゃないですよね。

女性ですから、


ベリーショート


ですよね。(笑)

そんなスポーツ刈りTさん

いつも焦って来るせいか、

よく


間違ってるんです!


何をどう間違っているかと申しますと、

まず、着ている服・・・

裏返しに着ていたり、

前後ろが逆だったり・・・

たまにあるんです、こういう事が。

次に、靴下・・・

片方、裏返しに履いてたり

右と左、違う靴下だったり・・・

これ、よくあります。

それで、色が一緒とか、

なんとなく似てるっていうのは分かるんですが、


「えーっ!

 それはないでしょ!!」



的な間違え方をしている時もあるんで驚きです。

あまりの間違いに、一瞬、


「ファッション?」


と考える時もあるくらいです。

そして、次も靴下関連なのですが、


靴下のかかとの部分が、

足の甲の部分にきている



靴下が半回転している状態ですね。

ただ、Tさんの場合、

半回転しているわけではなく、


履いた時点で間違ってる


わけですから、

正しくは、


無回転!


というわけです。

これを見た時、

思いのほか、笑いをこらえるのが大変です。

右と左、違う靴下で、

片方、裏返しになってて、

片方、半回転になっていたら、

笑いをこらえ過ぎて、

気絶する可能性がありますが、

今のところ、

そこまでの複合技的な間違いはありません。


そんな間違いだらけのTさんですが、

ご本人はその間違いにほとんど気づいておりません。

まぁ、気づくくらいだったら、

間違えないとは思うんですが・・・

そして私も間違いを指摘しません。

笑いをこらえてるだけです。(笑)

でも、先日、

さすがに黙っていられないほどの


ありえない間違い!


が私を襲いました・・・

黙っていられないっていうか、

一目瞭然っていうか・・・

それは履いてきた靴なんですけど、


右がナイキで、

左がプーマ!



同じスニーカーで、色も白系ではありましたが、

デザインとかまったく違うし、

正直、


「どうやったら、

 こんな間違いするんだろう?」



と思うような大胆な間違えっぷりです。

そうとう焦っていたんでしょうね。

私がその間違いに気づいたのは、

施術が終わって、お見送りをする時。

玄関にあるTさん

右はナイキで左がプーマの靴を見て、

一瞬、頭の中が、


「?」


になりました。

次の瞬間、Tさんが、


「あらっ、やだ!

 なんでこんな間違いを!!」



そうとう恥ずかしかったのか、

かなり大きな声で、

恥ずかしさをごまかすかの如く叫んでました。

さすがのTさん

この大胆な間違いには気づいたようです。

かなり気づくタイミングが遅いですが・・・

そして、Tさんは、


「どうしよう・・・

 マルエツ(スーパー)

 行こうと思ったのに・・・

 これじゃ、行けないわ。

 恥ずかしくて・・・」



Tさん、気にするんですね、そういうの。

私はてっきり気にしないタイプかと思ってました。

そうと分かっていれば、

今までの、服が裏返しとか、

服が前後ろだとか、

ちゃんと指摘しておけばよかった・・・

おそらく、服が裏返しだったり、

服が前後ろだったりしたまま、

マルエツで買い物をしていたんだと思います。

まぁ、靴下は見えないからいいんでしょうが・・・

これからは、Tさんの間違いに対し、

ちゃんと指摘するようにしたいと思う今日この頃です。



以上、

ばってん石橋

ズボン!の巻

先日、ジーパンのズボンを買いに行きました。

今風に言うと、


「デニムのパンツ」


とでも言うのでしょうか?

46歳の私としては、

「ズボン」の事を「パンツ」と言うのは、

ちょっと抵抗があります・・・

46歳としては、


パンツ=下着


なのです。

だから、「パンツ」と聞くと、



ドキッ!



とします・・・(何の「ドキッ!」なんだか・・・)

だから「ズボン」の事を「パンツ」とは、

どうしても言えないんです・・・



「パンツスタイル」


という言葉を聞いた時、

私の頭の中では、


「ブリーフ姿?」


と想像してしまいます。

テレビとか見てて、


「今年の春コーデは、

 この柄のシャツに

 白いパンツを合わせて

 外出しましょう!」


(この表現はあっているのでしょうか?)


こういうのを聞くと、


「えーっ!

外出する時は、

ズボンぐらい穿けよ!」



とか思ったり、思わなかったり、ラジバンダリ・・・

しかも、よりによって、

「白いパンツ」って・・・

私の頭の中では、「白いブリーフ」・・・

ガチョーンです。

まさに、チョベリバ・・・

ほんと、最近のヤングの話にはついていけません。

私は自分の事をナウいと思っていましたが、

そうではないようです・・・

そもそも「ナウい」と言ってる時点でアウトですよね。

「今い」って言うんですよね、確か。

えっ?これも死語・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

って、私は何の話をしているのでしょう・・・

とにかく、ジーパンのズボンを買いに行きました。

昔はスリムなタイプを穿いたりしてましたが、

今は、そんなズボン穿いてたら、

ストレス以外何ものでもないので、

ゆったりしたものを穿きます。

今回買ったのも、

リーバイスの503(ゆったりストレート)です。

P1170232 (800x604)


こういうのが一番いいです。(笑)

ちょっとずんだれに見えますが、

ラクなんですよね。


ん?


「ずんだれ」って方言ですかね?

長崎弁?

「だらしない」の意味です。


私は以前、ブーツカットのジーンズを買った事がありますが、

もう二度と買いません・・・

なぜかと言うと、

裾が長かったので、裾上げをしてもらいました。

すると、広がった裾の部分を

ほとんど切られてしまったので、


もはや、ブーツカットではなくなっていました・・・



まるで、「ストレート」です・・・



私は、足は長くはありません。

決して足が短いというわけじゃないんです!

あくまでも、

足が長くないだけです。

長くない足を長くする事はできません。

でも、


長く見せる!


事は可能です。

どうすればいいのか?

その答えは・・・


胴を短く見せる!


という事です!

足の長さは変わらなくとも、

胴が短くなれば、

足は長く見えるはずです!

という事で、やってみました。

見事、成功です!

その証拠写真が、こちら!

P1010009 (800x599)


どうですか!

見事なまでの胴の短さ

足が長く見えるでしょ!!

完璧です


あ、それと、先ほど、

カッコつけて「ブーツカット」とか言いましたけど、

本当は、


「ラッパズボン」



と言った方がしっくりくるのは事実です・・・




以上、

ばってん石橋

あなたが私を産んだ日です!の巻

前回も書きましたが、

4月15日は、私の誕生日でした。

その日、ちょっと用があったので実家へ電話しました。

電話に出たのは母親です。

46年前の4月15日に、

お腹を痛めて私の事を産んでくれた人です。

私は電話で用件を母親に伝えました。

すると母親は、


「あぁ、分かった。

   そんだけ?」




と言うので、私は、


「まぁ、そうやけど・・・」



と言うと、

母親は、ガチャッ!と電話を切りました・・・

これは、完全に・・・



覚えてない!



そう、私の誕生日の事を、

完全に忘れているのです!

あまりのショックに呆然と立ちすくんでいると、

すぐさま母親から折り返しの電話がかかってきました!


やっぱり覚えてたんですね♪


そりゃあ、そうですよ。

お腹を痛めて産んだ我が子の誕生日を忘れるわけがありません!

だから電話をかけてきたんでしょう。

電話には妻が出ました。

母親と妻が何やら長電話をしています・・・

なんとなく聞こえてくる会話からは、

私の誕生日とは無関係の事を話してるようです・・・


そんな前置きはいいから


と思っている私。

それにしても長い前置きです・・・

すると妻が電話の子機を持って隣の部屋に行きました。


ん?


完全に怪しい行動です・・・

そして妻が母親に、


「今日、タカユキさんの誕生日よ!

 だから電話かけてきてると思ってるから!」



と、私に聞こえないようにコソコソ話しで話しています・・・

でも・・・



丸聞こえです!



もはやコソコソ話しではありません・・・

ただの会話です・・・

でも、私は聞こえてないふりをしました。

数分後、妻が、


「お母さんが、何か話あるって。」


と、私に電話を渡しました。

母親は私に、


「あんた今日誕生日やったね。」


と言ってきたので、


「そうやけど。

  覚えとった?」



と、母親に尋ねると、


「覚えとるさぁ!」


・・・・・・・・・・・




ウソばっかり!




よくそんなに平気でウソがつけるなぁ・・・

と思いつつも、


「やっぱ、覚えとったね。

      ありがとう!」



と言って電話を切りました。

すると妻が、


「やっぱりお母さん覚えてたね。」


と言うから、私は、


「そりゃあ、そうやろ。

      母親やもん!」



・・・・・・・・・・・



何なんだ!この会話!!



ウソばっかりです・・・

登場人物の誰一人、本当の事を言ってません!


ウソの上塗り会話です!


何なんでしょう、これは・・・

この話はこれだけではありません。

母親と電話で話してる時、

外出していた父親がちょうど帰ってきました。

その時、母親は受話器を手で押さえながら、


「今、タカユキから電話の

 かかってきとるとけどさ、

 今日、誕生日げなよ。」




と父親に言ってました。

すると父親は、


「誕生日?

 誰の・・・?」



・・・・・・・・・・・・

父親も覚えていません・・・

っていうか、両親の会話が丸聞こえです・・・

受話器を手で押さえるんだったら、

もっとしっかり押さえてもらいたいものです!

せめて私に聞こえないように・・・

もっと言うなら、

今、電話をかけてきているのは母親の方からです!

「電話のかかってきとるとけどさ・・・」

って、私から電話しているかのように話すのは

やめてもらいたいもんです!

その後、父親が電話に出て私に言いました・・・


「誕生日おめでとう!

 45歳になったんやな!」



・・・・・・・・・・・・・・・

46歳だし・・・



誕生日を忘れてただけでなく、

年齢までも間違えてる・・・

どういう事なんでしょうか?

まぁ、あまり深く考えないようにします・・・



以上、

ばってん石橋

タケオ、おでこを8針縫う!の巻

タケオ大暴れ (2)


いきなりタケオが院内で暴れだし、

偶然居合わせた施術後の女性が驚いている・・・

どうしてタケオはこんな事ばかりやるんだろう?

バカなのかなぁ?

こんな事ばっかりやるから、


おでこを8針縫うケガ


とかするんだよ。

タケオ大暴れ (4)


このおでこの傷、小さく見えるけど、

めちゃくちゃデカい傷です。

20センチぐらいあるかな。

小さく見えるのは、

タケオの顔がデカいからです。

めちゃくちゃ顔がデカいからです。

ケガした時、

肉がベロンと剥がれて、

大量の出血で救急車で運ばれたんだって。

どうしてそういう事になったのか理由を聞いてみると、


とてつもなくデカいオナラを出した瞬間、

力み過ぎて、おでこが「パカッ」って

開いたんだって。



それで大量の出血して救急車で運ばれ8針縫う・・・



まぁ、この話はウソなんだけど(当たり前)

救急車で運ばれて8針縫ったのは本当の話。

本当の理由は、

歩道を歩いてる時、


「目を閉じたまま、

 どこまで歩けるか?」



にチャレンジして、

チャレンジし過ぎて、

突き出している看板の角におでこをぶつけて出血し、

その場でうずくまる・・・


小3レベル!




この話を聞いて

先ほど怯えていた女性も、

「この人、バカなのかなぁ?」

と思ったに違いない。

タケオ大暴れ (3)


それで、

なぜタケオが来たのかっていうと、

こんなケガをしたというのに、

誰もお見舞いに来ないから、

自分でお見舞いの品を買って、

わざわざバランスステーションで食べてるってわけ。

タケオ大暴れ (5)


いつもの事だけど、

何しに来てんだか分からんヤツだよ・・・



以上、

ばってん石橋

早く帰ってくれ!の巻



「ミドリムシ」と「たけお」



空前の大ヒット商品となった

「ミドリムシのちから」の前で

Wピースのたけお・・・



「靴消臭」と「たけお」



チェック・・・



フットマッサージャーもチェック・・・

・・・・・・・・

ご満悦の様子。



フットマッサージャーの使用方法が間違っているたけお・・・

あえて注意はしなかった。



別のフットマッサージャー

使用方法も間違っているたけお・・・

あえて無視していた。



「光線治療器」を、

パーマの時に使う何かと間違えているたけお・・・

あえて見て見ぬふりをした。

まともに相手をすると、

面倒くさそうだから・・・

心の中で、



「どうでもいいから、

 早く帰ってくれっ!」




と、切に願った・・・



以上、

ばってん石橋

「お座り下さい」!の巻

イス・・・

誰でもそうだと思うんだけど、
イスに座る時って、
多かれ少なかれ、

ウケを狙う事を考えると思う。
そこで、まず最初に考えるのが、



「尻もちシットダウン」


一番ベタなやり方だ。
イスに座るフリをし、

イスの横に腰を下ろして、

こう、

そして、こう・・・
そのまま尻もちをつくパターンだ。
まぁ、演技によってはかなりウケは狙えると思う。
大げさだったら大げさなほど、ウケるはずだ。
叫びながら尻もちついて、
その後も転がってゆく、いわゆる



「尻もちローリング」


これはかなりの大技だ。

ゴロン・・・

ゴロンゴロン・・・

・・・・・・・
ただ、「大技」なだけあって、

リスクも大きい。
まず、尻もちをついた時に、
下手に尻もちをつくと、痛みを伴う。
そして、床が汚かった場合、
服が汚れてしまう。
ローリングなんてしようもんなら、
もう、最悪だ・・・
それと、これはまれにだが、

尻もちをついた時に、
ズボンのお尻の部分がビリッと裂ける事がある。
これはこれで、かなりのウケは取れるけど、
狙って取ったウケではないので、
かなりの恥ずかしさが伴ってしまう。
以上のような事を考えると、
やはり「尻もちシットダウン」や、

「ローリング尻もち」はリスクが大きい。

そこで俺がお勧めしたいのは・・・
これは「肘置き」が付いてるイス限定なんだけど、
座る時に「肘置き」めがけて腰を下ろし、

こう、

横から見ると・・・

こんな感じで尾てい骨を強打する。

その後、お尻をおさえながら痛さにもだえる・・・

あ゛ぁーっ!

うぉーっ!
名付けて、



「ザ・悶絶(もんぜつ)



「尾てい骨を強打」と言っても、
実際には強打はしない。

「お尻をおさえながら、痛さにもだえる」
という部分の演技により、

「強打」に見せるだけだ。
その後、うずくまって痛がったりすれば、

かなりの効果が期待できる。

うぅ・・・
それに「ザ・悶絶」は、

「尻もちシットダウン」「ローリング尻もち」
にくらべると、
痛みのリスクは低いし、
かなり動きもコンパクトになるし、
服が汚れたり、やぶれたりする事もない。
それなのに、
かなりのウケが期待できる。(演技によるが・・・)
だから俺は、

「ザ・悶絶」の方をよく使う。
まぁ、場合その場の空気によっては、

「尻もち」バージョンを使う時もあるけど、
やっぱりお勧めは、「ザ・悶絶」かな。


以上、
ばってん石橋

痛っ!の巻

最近、水道の水が

ものすごく冷たい。

でも、俺はお湯を使わず、

のままで洗い物をしていた。

そうすると、あまりの冷たさに、

手の感覚がなくなってきた。

そういう状態のまま、

思いっきり何度も手を振って、

手に付いた水を払った。

その時・・・


ビシッ!


流しの端っこに指がぶつかってしまった。

思いっきり手を振っていたから、

ものすごい勢いで指がぶつかった。

この痛さときたら、

尋常じゃない痛さだ。

指の感覚がないくらい冷えきった状態だったので、

痛さ倍増!って感じだ。

数分間、もがき苦しんだ。

まさに、


一人大暴れ状態!


子供の頃、寒い冬に運動場で縄跳びをやっていて、

二重跳びをやった瞬間に縄が足にひっかり、

素足の太ももにビシッ!っと当たった時のそれと同じような痛さだ。

そんなノスタルジックな痛さを味わっている時に、

ある事を思い出した。

ある事とは、

以前トイレに入ってる時に考えていた事だ。

俺はトイレに入るといろんな事を考える癖がある。

ある時、妙な事を考えていた。

それは、

「トイレに入った時に

 トイレットペーパーがなかったら」


という事だ。

俺は想像を膨らませてるうちに、

とんでもない事を考えてしまった・・・


トイレに入って用をたす。

お尻を拭こうとすると、

トイレットペーパーがない。

仕方がないので、指で拭く。

そうすると、指にう○こがつく。

そのう○こを取り払おうと思って、

思いっきり指を振り払う。

そしたら、思いっきり振り払った指が

便器の端っこに当たってしまう。


痛っ!


あまりの痛さに、反射的にその指を口の中に入れてしまう。

その指には・・・

気づいた時には、もう遅い・・・


どう?

なかなか恐ろしいやろ。

つい、そんな事を思い出してしまった・・・


以上、

ばってん石橋
プロフィール

ばってん石橋

ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
Archives
  • ライブドアブログ