batten_balance

ばってんバランス日記

練馬区大泉学園町の整体院【バランスステーション】院長が愛犬(保護犬)と一緒に車中泊の旅やキャンプでエンジョイ!

車中泊快適化

4 8月

車中泊時の換気(自作ボーンバー&どこでも扇風機)の巻

1 (3) (470x352)


車中泊する時の換気問題。

夏は特に大事ですね。

窓を開けて網戸にするだけでは

空気が流れないので不十分。

そこで扇風機を使っての換気と、

空気の流れの事を考え、

車のバックドアを少し開けた状態で

ロックができるような道具を作ってみます。

それではホームセンターへ。

1 (1) (470x353)


私が部品を探してる間、

運転席で私を待つ一星。

1 (2) (470x353)


帰ってくると・・・

1 (4) (470x353)


喜んでいます。(たぶん・・・)

必要な部品も調達したので、

気分転換も兼ねて「秋ヶ瀬公園」へ。

BlogPaint


いつ来ても気持ちのいい場所です。

この日は暑かったので、

車のサイドドアとバックドアを開け

扇風機をまわします。

5 (470x352)

P7060031 (470x353)


30℃以上ありましたが、

風を通せば木陰にいる感じで気持ちいいです。

虫が入ってきそうなら網戸にして、

6 (1) (470x353)


昼間はこれでいいんですが、

寝る時はそういう訳にはいきません。

ドアを閉めてロックしないと寝れませんよね。

まぁ、換気のため小窓ぐらいは開けられます。

ただ、先ほども言ったように、

窓を開けるだけでは十分な換気ができません。

なので、小窓を開けて

ロールインバグネット(小窓用網戸)をし、

そこに扇風機を外に向かって置きます。

2 (1) (470x353)


外から見るとこんな感じ。

2 (2) (470x353)

2 (3) (470x353)


置いただけで偶然にも位置的にばっちりなので、

あえて加工や固定はする必要ありません。

電源はポータブル電源から。

1 (2) (470x353)


これで反対側の小窓を開けたり、

運転席と助手席の窓を開けてバグネット(網戸)

をやれば換気できます。

P7110029 (470x353)


ここで使用してる扇風機、

ロゴスの「どこでも扇風機」なんですが、

非常に風切り音がうるさいです。

なので後日、「どこでも扇風機」よりも風量があり

しかも4段階の風量調節ができ、羽の角度も変えられ、

なんと言っても音が静かな薄型扇風機、

「DCモーターファン」を購入しました。

P7190197 (470x353)

P7190019 (470x353)

P8030029 (470x353)


見た目の雰囲気もこちらの方がGood!

さて、これで換気はできるんですが、車内の後ろの方は

どうしても熱がこもってしまいます。

そこで、バックドアを少しだけ開けた状態で固定し、

ちゃんと施錠できるようにするための道具を作ります。

こういう道具は車中泊グッズとして売っているんですが、

8,000円ぐらいします。

自分で作れば、私の場合わずか317円でできました。

さきほどホームセンターで買った材料はこちら

3 (1) (470x353)


「丸カンボルト」
3 (2) (470x353)


「U字フック」
3 (3) (470x353)


「長ナット」
3 (4) (470x353)


「ラバースポンジ」
3 (5) (470x353)


これらを、

3 (6) (470x353)

3 (7) (470x354)


これで出来上がり。

製作時間は、わずか1分!

これ、「ボーンバー」って言います。

使い方は、

バックドアを開けてボーンバーのU字フック部分を

写真のようにを引っかけます。

3 (8) (470x353)


ゆっくりとバックドアを閉めていき

丸カン部分をカチッというまではめ込みます。

あれ?

はまらない・・・

丸カンが太過ぎる・・・

ショック・・・

ハイエースならこのサイズで大丈夫なはずです。

しかし、うちのキャラバンではサイズが合いません・・・

なのでサイズを落として作ってみました。

1 (9) (470x353)


さぁ、どうでしょう?

1 (7) (470x353)

1 (6) (470x353)

1 (4) (470x353)


ばっちりです!

カチッとなるまではまれば施錠できるはず。

試しにやったらできました。

もちろん集中ロックもできましたよ。

外す時はロックを解除してドアノブを引けば、

1 (5) (470x353)


外れます。

ラバースポンジをしてるので

車体が傷付く事はありません。

ロックを解除しない限り外れませんから

安心して寝る事ができます。

ちなみにこういうフックだと

1 (3) (470x353)


施錠はできますが、

ボーンバーを外される可能性があります。

フックではなくカラビナを使用しても、

1 (1) (470x353)


施錠はできますが、外される可能性があります。

U字フックだとボーンバー自体を横にしないと外す事はできないので

施錠さえしていれば外される事はありません。

(試行錯誤してみてわかりました。)

後日、ボーンバーの

超ロングバージョン

も作りました。

P7130016 (470x353)

P7130017 (470x353)

P7130018 (470x353)


これは、寝ている時ではなく、

「バックドアを開けたいけどスペース的に全開できない・・・」

とか、

「バックドアを全開したら丸見えになるので恥ずかしい・・・」

など、そういう時に使用するためのものです。

こんな感じになります。

P7190068 (470x353)

P7190027 (470x353)

P7190076 (470x353)


これだけ開いてれば、十分な風通しです。

ここまで来たらサイドのスライドドア問題も解決しましょう!

スライドドアを全開ではなく少しだけ開けておきたい時ってあります。

その時、平らな場所だといいんですが、

傾斜に車を停めているとスライドドアが閉まってしまったり、

逆に開いてしまったり・・・

そんな時もボーンバーがあればこの通り、

P7190041 (470x353)

P7190028 (470x353)


少し空いた状態で固定できます。

さて、自作ボーンバーも無事完成したので、

昼食を食べる事に。

ベーコンを炒め、

P7060041 (470x353)

P7060044 (470x353)


トマトを炒め、

P7060047 (470x353)

P7060054 (470x353)


クロワッサンにバジルペーストを塗り、

P7060073 (470x353)


炒めたベーコンとチーズを挟み、

P7060057 (470x353)

P7060063 (470x353)


炒めたトマトも挟みます。

P7060085 (470x353)

P7060082 (470x352)


なんか、失敗したみたい・・・

でも、なんとか出来上がり!

P7060087 (470x353)

P7060107 (470x353)

P7060114 (470x353)


食べましょう!

P7060116 (470x353)

P7060126 (470x353)

P7060128 (470x353)


これ、美味しい!

一星も食べる?

P7060131 (470x353)

P7060136 (470x353)

P7060118 (470x352)


いい顔してますね♪

他のパンも食べましょう!

「豆乳パン(ホイップクリーム入り)」
P7060146 (470x353)


「クリームチーズとラズベリーのパン」
P7060149 (470x353)


食後はお散歩♪

P7060175 (470x353)

P7060186 (470x353)

P7060198 (470x353)


走る一星!

P7060201 (470x353)


私の所に一目散!

P7060207 (470x356)


かと思ったら・・・

P7060208 (470x357)


完全無視して、素通り・・・

全力で、

P7060209 (470x355)


妻の所へ・・・

P7060210 (470x353)


気を取り直して散歩を続けます。

P7060212 (470x353)

P7060219 (470x355)

P7060224 (470x352)

P7060233 (470x353)


夕方になると、雲の隙間から光が差し込み、

幻想的な空になっていました。

P7060239 (470x353)

P7060244 (470x354)



以上、

ばってん石橋

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴車中泊の旅へ
にほんブログ村
16 2月

車中泊便利アイテム(ポータブル電源)!の巻

キャンピングカーショーに行って、

「やっぱりキャンピングカーっていいなぁ〜」

なんて思ってしまいましたが、今乗ってる車で

「いかに快適に車中泊をできるのか」

を考えなければなりません。

車中泊の旅をやってて、

やっぱり必要となるのが電源。

以前乗っていた車には、

走行充電のサブバッテリー(105A1500W)

を付けていたので、

車の中で電子レンジ使ったりしていました。

でも、今の車には付いていません。

なのでシガーソケットから電源を取り、

炊飯器や電気ポットを使ったりしています。

ただ、こうやって車のバッテリーを使っていると、

バッテリーの寿命は短くなるし、

バッテリー上りの原因になったりもします。

そこで役に立つのが、ポータブル電源

P1330326 (470x353)

PB300640 (470x353)


これは、リチウム電池のポータブル電源なので、

鉛電池と比べると小型で軽量、寿命も長持ちです。

電池残量や使用中の電力なども

液晶画面で確認できます。

PB300652 (470x353)


さすがに電子レンジは使えませんが、

300Wぐらいまでの電化製品だったらOKです。

車用炊飯器を使ってみると、

PB300649 (470x353)

P1320492 (470x354)

PA270308 (470x353)


ばっちグーです。

車用電気ポットも、

PC210384 (470x353)

PC210388 (470x353)

PC210390 (470x353)


これまた、ばっちグー!

テレビも、

PC210215 (470x353)


カメラのバッテリーの充電も、

PC210252 (470x352)


いろいろと使えます。

ポータブル電源本体の充電は、

ソーラー、AC(家庭)、DC(車)と3パターンで便利。

ソーラーは別売りのパネルが必要です。

これ1台あると、かなり役立ちますよ。

災害時にも役立ちますし。

現在、かなり活躍してくれています!

ポータブル電源の話はここまで。

ここからは関係ないんですが、

車の中で下駄箱として使っているこれ、

PC210100 (470x353)


私がイスとしても使っております。

先日、ここに座っていたら、

バキッ!

嫌な予感・・・

案の定、

PC210098 (470x353)


重さに耐えきれず天板が割れておりました。

確かにこの作りだと、上からの重みには耐えきれないですよね。

なので、縦の板よりも幅がある天板を取り付ければ

上からの重みにも耐えられます。

とりあえず天板を用意。

PC210102 (470x353)


これを乗せるだけだとズレてしまうので、

もともと付いてる2段重ね用のジョイント金具、

PC210101 (470x353)


これに合わせてドリルで穴を開け、金具を接着、

PC210104 (470x354)

PC210103 (470x353)


本体のジョイント金具と天板の穴を合わせて乗せると、

PC210105 (470x353)


いい感じ。

まったくズレません。

この天板は取り外しできるので、

2段重ねも今まで通りできます。

P9280489 (470x353)


これでイスとしても安心して使う事ができます。

小テーブルとしてもグーですよ。

PC210213 (470x352)


いろいろと試行錯誤しながらDIYでやっていくのも

楽しみの一つなんですよね。


以上、

ばってん石橋

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴車中泊の旅へ
にほんブログ村


13 11月

車中泊での車中食のための便利アイテム!の巻

PA270324 (470x353)


車中泊の旅をやっている時、

食事しようと思っても

「食べ物屋さんが見つからない!」

とか、

「外食ばかりで飽きた・・・」

とか、

「食事代を節約したい!」

など、そういう時に役立つアイテムを紹介します。

紹介しますっていうか、試してみます。

PA200001 (470x353)


「タケルくん」

「ワクヨさん」

「ムスヨ婆さん」


ネーミングが・・・

でも、わかりやすいですね。(笑)

まずは「タケルくん」

PA200004 (470x353)

PA200009 (470x353)


車のシガーソケットで使える炊飯器です。

次は「ワクヨさん」

PA200006 (470x353)

PA200007 (470x353)


これもシガーソケットで使える電気ポットです。

そして「ムスヨ婆さん」

PA200005 (470x353)

PA200011 (470x353)


これは「タケルくん」を利用して、

蒸したり、温めたり、煮たりできるアイテムです。

これあると便利そうですね。

さぁ、それでは実際に使ってみましょう。

「タケルくん」でご飯を炊いてみます。

ちなみに1.5合まで炊けます。

米を入れて水を入れます。

PA260037 (470x352)


今回、炊き込みごはん風にしたいので、

鶏肉を切って入れます。

PA260041 (470x353)

PA260044 (470x353)

PA260050 (470x353)


これで炊き上がった後に味をつけようと思います。

それでは炊飯!

PA260051 (470x353)


30分ほどで炊飯が終わり保温になったので

蓋を開けてみます。

なんか、ワクワクしますね!

いざ、ふたを開けてみると・・・


ガーン・・・


炊けてない・・・

下の方がおかゆ状態で、上の方は硬いお米のまま・・・

確かに出るはずの蒸気が出てなかった・・・


ショック!


これでは食べれません・・・

仕方なくゴミ袋に。

でも、一星が!

PA260181 (470x353)


一星だけは諦めていませんでした!

さすが、元のら犬!

鶏肉には一応火は通っていたし、

味付けもしていないので、

まぁ、大丈夫でしょう。

PA260182 (470x353)

PA260183 (470x352)


一星、思わぬご馳走に大喜び!

私達はというと、お腹ペコペコ・・・

仕方なく近くのコンビニでおにぎりを買ってきました。

でも、これで終わるのは悔しいので、

ここで、「ワクヨさん」登場!

PA260057 (470x352)


「ワクヨさん」でお湯を沸かします。

PA260059 (470x353)


90℃を越えました!

PA260075 (470x353)


沸騰してきましたよ!

PA260072 (470x353)

PA260070 (470x353)


これでインスタント味噌汁を作ります。

PA260078 (470x336)

PA260079 (470x353)


おにぎりだけだと寂しいけど、

あったか〜いお味噌汁があるだけで、

心も体も温まります。

PA260101 (470x353)

PA260105 (470x354)


「ワクヨさん」凄いです!

ちゃんと沸騰するし、保温もできるし、再沸騰もできる。

保温の温度も設定できるし、

しかもガラス製なので臭いもない!

これ、凄いです!

他のメーカーも使った事ありますが、

沸騰しなかったり、臭かったり、再沸騰できなかったり・・・

「ワクヨさん」は走行中でも使えるんですよ。

もちろん自己責任ですけどね。

ところで、「タケルくん」・・・

なぜ、ご飯が炊けなかったの?

不良品?

もしかしたら私が悪かったのかも・・・

「タケルくん」を使用する時、

シガーソケットから2メートルの延長コードを使って

炊飯してしまいました。

なので、電圧電流にロスがでて

加熱がうまくいかなかったのかも。

これは、リベンジする必要があります。

翌日・・・

リベンジの時が来ました!

今度は延長コードを使わず、直接シガーソケットへ。

すると・・・

PA270279 (470x353)


蒸気が出てきました!

炊飯が終わり、10分ぐらい蒸らしたあと・・・

PA270308 (470x353)


見事に炊き上がっています!

いやぁ〜、うれしいですね。

それでは、フライドチキンをおかずにご飯を食べてみます。

PA270315 (470x353)

PA270317 (470x353)

PA270318 (470x353)

PA270325 (470x353)

PA270334 (470x353)

PA270360 (470x353)


ウマーいっ!

PA270365 (470x353)

PA270401 (470x353)

PA270369 (470x353)

PA270362 (470x353)


今回は大成功です。

炊き立てのご飯が食べられるって、

最高のご馳走かも!

あっ、そうそう、

今回、「ムスヨ婆さん」の出番はありませんでした。

そのうち出番が来るでしょう。


数日後・・・

「ムスヨ婆さん」

の出番が来ました!

車中泊で朝食の時、

前日に買ったパンを食べようとしたところ、

冷たい・・・

ここで登場です!「ムスヨ婆さん」

「タケルくん」に水を入れ、

ステンレス製スノコをセットし、

PA200012 (470x353)


容器の中にパンを入れ、

P1320531 (470x353)


蓋をします。

P1320521 (470x353)


この状態で炊飯スイッチを入れると、

スノコの下の水が沸いて、その蒸気で温まるんです。

P1320522 (470x353)


おぉー!

温まってます。

この日の朝の温度は4℃ぐらいだったので、

温かいパンを食べられるって幸せですね♪

前に乗っていた車は電子レンジが付いていたので

チンして温められたんですが、

今の車は電子レンジが付いてないので、

「ムスヨ婆さん」大活躍です!



以上、

ばってん石橋

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴車中泊の旅へ
にほんブログ村






9 10月

DIYで車内の模様替え!の巻

P2200005 (470x352)


今回は、車内の模様替えをします。

以前、車内にテーブルを作りました。

こういう形のテーブルを作って、

P1230426 (800x599)


セカンドシートに設置し、

キャラバン12 (13) (470x353)

キャラバン12 (12) (470x352)


テーブルを使用する時は、スライドさせる。

キャラバン12 (11) (470x353)


これ、なかなかいいアイデアで良かったんですが、

テーブルを使用しない時に、

テーブルの上に物を置いたり、

テーブルの下に荷物を置いたり・・・

そうすると、いざテーブルを使用しようとする時、

テーブルをスライドさせるには、

その荷物を全部よけなければならない・・・

これが面倒でテーブルをあまり使用していませんでした。

でも、物置きとしてはとっても便利なんです。

そこで、物置きとテーブルを兼ね備えたものを

DIYで作ってみる事にしました。

ついでなので、床から改造していきます。

セカンドシートを1つ外してある状態の床に、

P9140004 (470x353)


クッションフロアーを貼り、カットします。

P9140005 (470x353)

P9140008 (470x353)


おっ、

なんかいい感じですね!

雰囲気が変わります。

それでは棚を作ります。

セカンドシートに合ったサイズの

棚板とフレームをホームセンターで購入し、

組み立てます。

P9140015 (470x353)

P9140020 (470x351)


木材を切って加工するのではなく、

組み立てるだけなので簡単だし、

見た目がキレイに仕上がります。

組み立てた棚を設置してみましょう。

P9140026 (470x353)

BlogPaint


ジャスト、フィット!

この時、ドア側にステップがあるため、

棚の脚を置く場所がありません。

そこで細い棚板を使い足場を作ります。

P9210097 (470x353)


反対側も高さを合わせるため

同じように足場を作ります。

P9210062 (470x353)


これで大丈夫。

次にテーブルになる部分を作ります。

これも棚板を使って作ります。

まず、棚板に蝶番(ちょうつがい)をつけ、

P9140043 (470x352)


設置した棚に取り付けます。

P9140045 (470x352)

P9140048 (470x353)


これでテーブル部分が自由に動きます。

あとは脚が必要ですね。

じゃまにならないようにポールの一本足にしようと思います。

ポールにアジャスター付きの留め具をつけます。

P9140054 (470x353)

P9140055 (470x353)

P9140056 (470x353)


これで微妙な高さ調整ができます。

テーブル側に受け具をつけます。

P9140052 (470x353)


これにポールを差し込むと、

P9140062 (470x353)


良さそうですね。

テーブルを使用しない時は、ポールを抜いて、

P9210093 (470x353)


こんな感じです。

次は、下駄箱&イスになるものを作ります。

P9150089 (470x352)


これも組み立てるだけなので簡単。

組み立てたら設置してみましょう。

P9150125 (470x353)

P9150133 (470x352)

P9150131 (470x352)

P9150134 (470x353)


けれ、下駄箱としてだけではスペースがもったいない。

収納スペースとしても利用しましょう。

P9280358 (470x353)

P9280382 (470x353)


二段重ねもいいかも!

P9280489 (470x353)

P9280474 (470x353)


座る時は一段外して、座ってみます。

P9210135 (470x352)

BlogPaint


うん、強度的にも問題なし。

これでテーブルとイスはいいんじゃなでしょうか。

P9210063 (470x353)


この状態で食事したりしてる時、

テレビを見たくなったりするかも・・・

向かい合ってる状態でテレビを見るには、

どこにテレビを置くか?

テーブルの横の棚の上に置けばいいんでしょうけど、

その都度テレビを置いたりするのは面倒なので、

スライドドアの上の天井付近に設置するのがベスト。

BlogPaint


この部分、

なにやらポッチが2つあります。

BlogPaint


これを外してみると、

P9280478 (470x353)

P9280479 (470x353)


ネジが差し込めるようになっています。

ここを利用すれば車に穴を開けずに

テレビを設置できるんじゃないでしょうか。

さっそくやってみます。

まずポータブルテレビの土台部分にドリルで穴を開け

ネジで固定します。

P9280483 (470x353)


バッチリですね!

土台ができればあとはテレビを付けます。

P9280484 (470x353)


これでテレビ設置完了!

ちゃんと映るかな?

P9280372 (470x353)


OKです。

車内の模様替えもだいぶできました。

でも、もう一ヵ所やりたい所があるんです。

それは車内のベッド部分。

P2210002 (470x353)


ここは寝るだけではなく、

まったりしたり食事したりするスペースでもあります。

その時、小テーブルを出すんですが、

「サイドテーブルがあれば便利だなぁ・・・」


って常々思っておりました。

そこで目を付けたのがこの部分

P2210004 (470x353)


出っぱりがありじゃまな部分です。

ここにサイドテーブルがあればGood。

この部分にも、こういうポッチがあります。

P9210071 (470x353)

P9210072 (470x353)


ポッチを外すと、

P9210073 (470x353)


ネジが付けられます。

これを利用してサイドテーブルを設置できれば

車を傷つけることなくてBest。

それではサイドテーブル作成。

細長い棚板にドリルでネジを通す穴をあけます。

P2200003 (470x352)


4か所穴を開けたら設置。

P2210014 (470x352)

P2210018 (470x353)


うまく設置できました。

裏を見るとこんな感じ。

P9210142 (470x353)


思った以上にしっかりと付いております。

P9210075 (470x353)

P9210139 (470x353)


サイドテーブルがあると何かと便利になりそう。

食事する時、飲み物置いたり、

寝る時、時計やランタン置いたり。


これで今回の模様替えは終了です。

これだけやりましたが、車に穴を開けたりせず、

車を傷つける事なくできたのがうれしいです。

いやぁ、模様替えって楽しいですね。

気分が変わります♪

これでまた「くるま旅」が楽しくなりそうです!



以上、

ばってん石橋

P9210157 (470x353)

P9210182 (470x335)


にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴車中泊の旅へ
にほんブログ村
6 7月

車中泊を快適に!(網戸編)の巻

P1230564 (800x600)


車中泊の旅をしていると、

車の中でのんびりしたりする時間が多々あります。

例えば、

木陰に車を停めて、

爽やかな風の中、

小鳥のさえずりを聞きながら昼寝をする・・・

BlogPaint


最高に気持ちいいです!


でも、ドアを開けていると、

季節によっては虫が入ってきて、

とてもじゃないけど気持ち良くなんか寝れません・・・

そこで大活躍してくれのが、


網戸!


これがあると、快適です!

P1230545 (800x600)

防虫ネット (11)


これ、ほんといいです!

安心してドアが開けられます。

P1230554 (800x600)

P1230571 (800x600)


妻も一星も、

かなり気持ちがいいようで、

本気でぐっすり眠っております。(笑)

P1230573 (800x600)

P1230578 (800x600)


いやぁ、

本当に気持ちいいんですよ!

そして、使わない時は、


ロールアップ!


P1230592 (800x600)

P1230594 (800x600)

P1230597 (800x600)


こうすればジャマにはなりません。

まさに、


夏の必需品!


ですね!

ドアを全開にまでもしなくていい時は、

小窓だけでも網戸にすると、

それだけでも全然違います!

小窓 (4)

小窓 (5)

小窓 (6)


外から見ると、

こんな風になります

小窓 (8)

小窓 (7)




以上、

ばってん石橋

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴車中泊の旅へ
にほんブログ村






プロフィール

ばってん石橋

Archives
ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ