2008年04月25日

【お知らせ】やめるのやめた

まったくもってお恥ずかしい話ですが、やめるのをやめることにしました。
理由は今日あった「あること」です。
何かはとても公にできる類の出来事ではありません。知ったらドン引きすることでしょう。
わたしは先週からある課題に取り組み失敗を繰り返してきました。失敗を教訓に準備を整え今日を最後の機会と心に定めてチャレンジしました。
結果はまたも失敗に終わりました。
しかし、今日の失敗はとても心地よい失敗でした。そして、とても幸運な出会いがありました。それによって、またトライしようとする意欲がわいたのです。
わたしに欠けていたのは、この感覚だったのです。
独りよがりに目標と期限を定めオールオアナッシングに突っ走りすぎた。
今日の失敗も含めて、わたしの独りよがりの計画はすべて失敗してよかったのです。
もしも、なまじ成功していたなら、わたしはトンデモナイ方向へ突っ走り周辺各位に多大な迷惑をかけることになっていたでしょう。
今日、失敗して幸運でした。そして、今日のこの幸運な出会いがなかったなら、わたしの心はどん底へ落ちていたことでしょう。

これを読んでいる皆様はわたしが何を言っているのか、さっぱり訳が分からないでしょうが、とにかく、わたしはついさっき「あること」により心境が大きく変わったのです。
単に鬱から躁に変わったダケかもしれませんが、とにかくわたしはもう一度やり直してみる気になりました。

北海道で落ち着いたら、また機会を見つけて別の作品を書いてみようと思います。いつか商業出版に持ち込みひと山当てるために。その為にはネット人格「哭きの竜」がまだ必要です。消去できません。

「哭きの竜」を消さないので子どもっぽい夢も捨てないことにしました。わたしの夢の最終目標である世界征服を目指します。

以上。土壇場になってやめるのをやめた理由でした。

わたしがやめるのをやめた「あること」と取り組んでいた課題については、オフ会などでお会いする機会があれば男性諸氏に限り、(どうして知りたいと言うのならば)お教えします。男性が聞けば一応筋が通った理由のハズです。大馬鹿なことをしているとドン引きするでしょうけど。なお、メール、メッセージ等でのお問い合わせにはお答えすることはできませんのであしからず。


2008年04月15日

【お知らせ】ブログやめます

ブログはじめました。(2007年09月25日)
http://blog.livedoor.jp/battlewatcher/archives/50506990.html

に書きましたとおり、ここのブログの小説は商業出版を目指していました。
人生一発逆転を妄想しておりました。
そして、先月21日なんとか「書き上げる」ことができました。これが作戦第一段階です。その後、6年前の雑誌連載の担当者などわずかな伝手を頼って出版社への「持ち込み」をはかりました。これが作戦第二段階です。

この間、細かい経緯はこちらのブログには書いていなかったのですが、なにやかにやとありましてわたしは東京の会社を辞めて、4月27日に東京を引き払い、実家のある北海道の田舎へ戻り、そこで新しい職を得ることになりました。

このあたりの経過はわたしのmixiの日記の方にあれこれ書いています。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=299351

編集者の方へ「持ち込み」をしてみて、しばらく待って、昨日、結果が出ました。

ダメでした・・・

やはり妄想の力では自己の克服「書き上げる」はできても、現実社会の「壁」の突破「持ち込み」はできなかった。

ことここに至り、作戦第二段階「持ち込み」を失敗と判定。出版社の「壁」の突破の望みはもはやなしと考えざるおえない。
作戦第三段階「一攫千金」への前進は不可能。
これをもって本ブログ小説出版企画:コードネーム「LAST GAMBLE」(「最後の賭け」)を終結。

これより全面撤退作戦:コードネーム「Death and Destruction」(「死と破壊」)を発令することとする。

というワケで、やはりというか世の中そんなに甘いものではありませんでした。
こんな独りよがりの作戦が上手くはいかんのよね。
いい歳してなにやってんだか・・・

ご助力いただいた編集者の方、お手数をおかけしまして申し訳りませんでした。
本当に感謝いたします。
さっくり無視していただいた編集者の方、このれがわたしの作品および今のわたし自身への会社人としての当然の対応かと思います。決しておかしな思いは持ちません。

というワケで子どもじみた一発逆転の妄想もここまでとします。
あとは粛々と撤退と自分自身の処理をいたします。
このあたりが潮時です。

全面撤退作戦:コードネーム「Death and Destruction」(「死と破壊」)の計画に従い、
4月25日をもって小説を書いていた本ブログとwikiを消去いたします。
mixiも退会します。
これをもってネット人格「哭きの竜」を消去します。

これは前々から考えていたことでして、この子どもじみた夢の最後のあがきだった小説企画が失敗したら、これを機に10年間つき合っていたわたしの中のネット人格「哭きの竜」を消去する方針でした。
北海道の田舎へ転職・転居し生活環境も大きく変わりますし、もういい歳です。子どもじみ夢を見るのもここらで終わりとするべきでしょう。
「哭きの竜」はそのわたしの子どもじみ夢そのものでした。
ですから、子どもじみた夢を捨てるならば「哭きの竜」も消し去らねばならないのです。
「哭きの竜」を消さなければ、わたしは子どもじみた夢をいつまでも引きずってしまう。

本来、「哭きの竜」は三年前の2005年1月にThe Battle Watcher ANNEX(BWP)を閉鎖した時に消し去るつもりでした。ところが、ある方のお誘いによりmixiに入会し、こうして「哭きの竜」の残留思念が不完全燃焼のまま残ってしまいました。
この三年間にわたしのリアルの状況は悪化の一途を辿りました。状況を打破したくて、なんとか一発逆転したくて、一昨年のある日唐突にひらめいたのがブログ小説企画「2ちゃんねるがなくなる日」でした。
これをやれば状況を変えられるかもしれないと思い、願ったのです。
妄想もいいところで、子どもじみてます。
途中挫折して、仕切りなおして着手障害という怠惰病に悩まされながら1年半かかって、ようやく「書き上げ」ました。
「書き上げ」、わずかな伝手をたよりに「持ち込み」をしました。
結果は、現実の「壁」は妄想の力では破れないという、ごく当たり前の結果が出ました。
ですが、「書き上げ」そして「持ち込み」をしてみて失敗したことにより、かつてBWPをグダグダにして潰したときの悔恨「もしも続けていたら、モノ書きとしてやっていけたかもしれない」という思いを清算するすることができました。
わたしは商品としてのモノを書く能力は最初からなかった。
そう思い、後に悔いを残さないことができます。
これは「書き上げ」たことそのものに意義がありました。

安定した職を持ち、安定した精神でこれからも何か作品を書いて出版社への投稿を続ければいいとのご助言もありましたが、わたしは、この失敗と生活環境が変わるのを機会に子どもじみた夢を捨てるつもりです。夢を捨てるのですから、作品を書いて出版社へ投稿を行うことは考えていません。
あと10歳若ければ、作家を目指して投稿生活もいいのですが、この歳になって、多くの若い作家志望者と張り合うのはキツいです。わたしには無理です。

また職が変わること、北海道の田舎へ帰り実家で親と同居するのはそんなに気楽なことではありません。
それまで経験のない職種の仕事となり、慣れて職場でお役に立てるまで時間がかかり気苦労も多いでしょう。また、大学入学以来20年以上、一人暮らしを続けてきた身として田舎で親と同居は正直気が重いです。とても、すぐに安定した精神状態なんかにはなれません。
正直、これからどんな生活になるのかイメージがわかず、展望も見えません。

この考えにご異論を持たれる方もあるかもしれませんが、ここはわたしの勝手にさせていただきます。
子どもじみた夢を持たなくなり、生活環境が変わってまで、ネットの片隅で「哭きの竜」を名乗り続け、2ちゃんねるだの、ひろゆきだの、切込隊長だのの事どもに関心を持ち関わろうとすることはできません。
子どもじみた夢を捨てるのだから、楽になりたい。

これまで、わたしの駄文をお読みいただき、お付き合いいただきありがとうございました。
4月25日をもって皆様の前から消えさせて頂きます。

これが全面撤退作戦:コードネーム「Death and Destruction」(「死と破壊」)です。
相変わらず、子どもじみてるでしょ。

なお、この撤退作戦は、小説を出版したいという申し出でもあれば中止し、ブログ小説出版企画:コードネーム「LAST GAMBLE」(「最後の賭け」)が再発動されます。
もっとも、ブログのアクセス数は1日10あるかどうかでして、そんな奇特な出版社はまず現れないでしょう。
また、ロト6で2億円またはキャリーオーバーで4億円そこまでなくて2等1000万円ぐらいでもいいですが、高額当選したらやはり作戦は中止し、子どもじみた夢を持ち続けることとします。もっとも、これこそ文字通り宝くじが当たる可能性そのものなのですけどね。

以上です。




2008年04月03日

ひろゆき氏を潰すのはとても面倒くさいと思う

昨日、ひろゆき氏が切込隊長(山本氏)との裁判で控訴したことが明らかになった。
いままでの裁判では原則弁護士なしの本人訴訟で(確か過去に一度ぐらい試しに弁護士を使ってみたことがあったはず)、あげくに敗訴ばかりなので、最近では出廷もしなくなり、そのまま自動敗訴して損害賠償を踏み倒してきた。
ところが今回は山本氏はVIP対応。ひろゆき氏は久々に出廷していた(ただし、出たり出なかったりだったが)。
地裁の判決は「これまでの枠組み通り」(オーマイニュースより)、名誉毀損については認められ発言の削除を命令され、損害賠償も減額されたが80万円の支払を命じられた。ただし、山本氏が求めていたスレ立て禁止は却下。
ここで、わたしはひろゆき氏の対応も「これまでの枠組み通り」だと頭から決めつけていた。つまり、判決の命令を無視して損害賠償を踏み倒す。これに対して、山本氏が何らかの「手」を打ってくるのではなかろうかという点だけは多少は関心があった。例えば、強制執行妨害かなにかの尻尾をつかまえて、ひろゆき氏を刑事罰に落とし込むとかね。

ところが、これはわたしが勝手に予想を裏切られたのだが、ひろゆき氏が自分から控訴した。想定外であった。
しかも、今度は弁護士を4人もつけてきた。これまた想定外であった。
迂闊である固定観念に縛られていた。

控訴したので損害賠償を含めた判決は確定せず、わたしが想定していた強制執行妨害のトラップは当面機能しなくなった(※別に山本氏がこの「手」を用意していたという証拠があるわけではない)。
おそらく、高裁でまた1年かそこら、詳細に証拠の検証をはじめればもっと。最高裁まで待ちこませる長期持久戦の構えではなかろうか。
何年間もの裁判の長期化で相手がいい加減疲れ果てたところで、最高裁判決が出て確定しても、ひろゆき氏には損害賠償を踏み倒すという伝家宝刀の必殺技がある。

思うんですけど、ひろゆき氏はあーすれば、こーする、こーすれば、あーすると実に面倒くさい。面倒くさい人間である。
わたしならとてもじゃないが相手にはしたくない類の人種だ。
しかも、人間的に面倒くさい上に金という武器を持ってる。やっかいに輪をかけてこの上ない。

とにかく、こういう人間が2ちゃんねるの管理人をやっている。やってるから2ちゃんねるなんぞが8年も持っている。
訴訟リスクを吸収できている。
そこいらの兄ちゃんやらニート君が、ひろゆき氏の代わりなんぞ、そうそうできはしない。
「2ちゃんねるがなくなっても、すぐに同じような掲示板ができる」とよく言われるが、そんなことはないとわたしは確信している。
ひろゆき氏みたいな面倒くさい男が他にそうそういてたまるか。

つねづね思うんだけど、裁判だのなんだの時間と手間暇がかかる手段で知恵を絞って正面からひろゆき氏を攻めても潰すのは容易ではない。潰せないんじゃないかな。

ひろゆき氏(=2ちゃんねる)を潰すにはその動脈である資金の流れを断つこと。言うだけで方法はさっぱり分らんが、その手が一番だと考える。

そんでは、作戦はどうするかである。
わたしは元ボードシミュレーションゲーマーであり、PCゲームのCOMではなく、生身の人間を相手に幾多の戦場を戦ってきた。
その経験から言うと、この手の面倒な相手。明らかに自分よりもゲームテクニックが上の相手を潰すにはどうするか?
仲間を集め、時間をかけて準備をして云々・・・愚策である。相手にこちらの行動を読まれ対応する時間を与えてしまう。しかも、おのおの思惑の違う仲間から裏切り者や脱落者が出るかもしれない(=仲間の調整が面倒くさい)。
時間をかけているうちに、気がついたら、こちらが逆に包囲され孤立する羽目に。わたしがそうなったんですけどね。
ではどうすればいいのか?

一発奇襲である。これしかない。

相手の配置上の弱点を見つけ、奇襲をしかける。こちらが終始イニシアチブを握ったまま、相手に物理的に対応できる暇を与えず、短時間のうちにただ一撃で殲滅する。その際の仲間は有能な人間ひとりでいい。下手に仲間を増やすと馬鹿がその中に入ってきて、馬鹿な思惑をもって馬鹿な行動に出て作戦を台無しにされてしまう。
わたしはかつて「戦国大名」(エポック)でこの作戦をもって長年わたしをいたぶってきた某先輩(ゲームテクニック、交渉能力、人脈がわたしより上)を2ターンで滅亡させることに成功している。配置の関係上、この某先輩を滅ぼさねば、早晩わたしが滅ぼされていたからだ。

相手の意表をつき、物理的に対応する暇を与えない。
歴史で言えば、本能寺の変である。
明智光秀は織田信長の意表をついて奇襲を仕掛け、物理的に対応できる暇を与えずに殲滅した。
後は・・・滅亡しちゃったけどね。でも信長は殺せたぞ。
でも、光秀が時間をかけて謀反の準備をして仲間を集める工作をしていたら・・・絶対に失敗していたね。もともと光秀は信長に勝てる器ではないから。
私が考えるに、ひろゆき氏を倒すにもこれしかない。本能寺の変を仕掛けるしかないのである。

では、具体的にどうやるのか?

さぁ・・・どうするんでしょうねぇ?
そもそも、俺はひろゆき氏を潰してもいいことないしぃ。


2008年04月02日

【2ch】なんと、ひろゆき氏が控訴【対切込隊長裁判】

2ちゃんねる管理人が控訴 山本氏との名誉毀損訴訟で - OhmyNews:オーマイニュース
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080401/22940

ひろゆき氏と切込隊長の裁判。
このままいつも通りに判決を無視して悠然と損害賠償を踏み倒すかと思いきや、ひろゆき氏の側が反撃に出た。控訴するという。しかも、今度は弁護士を4人もつけてくるという。
控訴の趣旨としては一審の判決を全面的に不服とし、訴訟費用も山本氏の負担とすべしというものだ。

しかし、山本氏サイドが控訴することはありうるとされていたが、ひろゆき氏が控訴するとは想定外。見通しが甘かった。

なにせ、ひろゆき氏は年収が一億円以上あるから弁護士4人雇うのも造作ない。
損害賠償80万円を払った方が安いと思うがそういう問題ではないのだろう。
どうも、こと山本氏とはとことん争う気らしい。

とにかく、宿命の対決は第二ラウンドへ。
こりゃ、最高裁まで行くね。そこで負けたら、山本氏への損害賠償は踏み倒すと。

しかしながら、わたしは北海道の田舎へ撤退するので、もうこの裁判を見物することもなかろう。


2008年03月21日

電網小説『2ちゃんねるがなくなる日』(その18)さよなら。2ちゃんねる

1年あまりの月日が流れた。小野寺は結婚して1児の父となっていた。

あれから、小野寺はしのぶちゃんとデートを重ね、重ねて。
そのうち、そういう関係になった。
そして、しのぶちゃんのおっぱいを吸っているうちに、本当におっぱいを吸うべき赤ちゃんができてしまった。

結婚前に、そういうことをするマナーとしての避妊は?

それがその、つい・・・

妊娠を告げられる。
テレビドラマや映画で見慣れていたことが、自分にも起きた。
実社会では円満な社会人たろうとしていた小野寺は修羅場を望まなかったし、そもそも遊びでしのぶちゃんと付き合うほど、女にモテていない。
小野寺は、とっさに以前に見たある映画での同じようなシーンでのセリフをまったく同じに口にした。
もっとも、これは高校生が妊娠を告白されたときのシーンだったが。
しのぶちゃんは涙を流した。そして、小野寺に抱きついた。
映画やドラマみたいに。

その後は、まったくの既定の路線のようにことが進んだ。

しのぶちゃんの両親へ挨拶に行き。その後、しのぶちゃんを岩手県の実家へ連れてゆき両親に引き合わせた。

結納。入籍。結婚式。とんとんとコトが進む。

小野寺は豊島区のワンルームマンションに住んでいたが、結婚して子どももすぐに産まれるとなるともっと広い部屋へ移らなければならない。

実は小野寺の岩手県の実家はそれなりに裕福だった。親に武蔵野市内の4LDKの中古マンションを買ってもらうことになった。このお部屋探しは、しのぶちゃんがもっぱら主導した。
お部屋探しの時に気がついたのだが、しのぶちゃんは小野寺の実家の経済状態をかなりの程度知っている様子だった。


「ただいまー」

「おかえりなサーイ。お食事にする?それともお風呂。」

しのぶはテレビドラマの帰宅シーンそのままのセリフを言う。

「メシ・・・」

と言うと、小野寺はリビングを通り、ベビーベットに眠る我が子のもとへ。
世間一般のパパらしく、これが習慣になった。独身の頃は、パソコンの電源を入れてまずは2ちゃんねるだったのだが。

2ちゃんねると言えば、結局、あのまま復活する様子はなく「Web ページがみつかりません」のままだった。ひろゆきのその後についても、確かなことは誰も知らない。東京湾の底に沈んでいるとも、莫大な資産をもって東南アジアの某国に豪邸を建てて、働かずダラダラと暮らしているとも言われている。

もっとも、小野寺は今ではほとんどインターネットにアクセスしなくなった。何か特別に調べ物をするときとか、ネットショッピングやチケットを買うぐらいだけになった。
自宅のパソコンは何日も電源をつけないことが多くなった。

小野寺は普通のパパらしく、適当にいじって我が子をあやす。
子どもは男の子で、名前については父親の名から一字を取って「哲也」にしようとしたが、しのぶが平凡だと強硬に反対して、結局、押し切られてしまった。この子の名は「月」と書いて「らいと」と読む。流行りのDQN名みたいであまり感心しないのだが、この件に関しては、しのぶがどうしても強硬で引き下がらなかった。

「らいと・・・」

将来、変なノートを拾って死神にとりつかれたりとか、不幸なことにならなければいいが・・・

「ご飯よー」

しのぶのあたたかい手料理がリビングのテーブルに運ばれる。前はほぼ毎日コンビニ弁当だったから、大変な進歩だ。もっとも、コンビニ弁当もレンジで温めてはいるがね。

ソファーに座り、晩御飯のフライとサラダを食す。味噌汁を飲みながらリモコンでテレビをつける。
お笑い芸人司会のバラエティクイズをやってる。他に見たい番組もないし、賑やかしみたいなモノだから、つけておく。
晩御飯を黙々と食す。しのぶはキッチンで洗い物をしている。

平穏無事息災である。

・・・ところが、おバカキャラアイドルがクイズでいかにもバカな回答をしていたそのとき、テレビ画面が急に切り替わる。報道センターのようだ。ベテランの安堂有子アナ。ただならぬ雰囲気。これは重大臨時ニュースか。

「臨時ニュースが入りました。北朝鮮で政変が起きました。繰り返します、先ほど北朝鮮で軍事クーデターが起きたことが明らかになりました。平壌でクーデターです。」

「えっ・・・」

箸に挟んでいたイカフライを取りこぼす。これは結構重大ニュースか。

画面が切り替わり、朝鮮人民軍の軍人がマイクを前に座っている。

「フンダラクンダラ、アニハショホンダラ・・・」朝鮮語は全く分らん。直ぐに同時通訳が入る。

「私は朝鮮民族救国軍事会議の皇柴龍大佐である。本日、我々は決起し、国家を破産させ、我が朝鮮人民を地獄の苦しみに陥れた悪の首魁金正日を打倒した。我々は平壌および共和国全土を完全に掌握しており、・・・」

これは、大事だ。東アジアの情勢が一変するぞ。キッチンでは国際政治に興味のない、しのぶはのんびりと洗い物をしている。

朝鮮民族救国軍事会議の5分程度の演説が終わり、報道センターに切り替わる。

「これは先ほど平壌国営放送から流された映像です。朝鮮民族救国軍事会議を名乗る軍人グループが北朝鮮の首都平壌を制圧した模様です。」

ここでやはりと言うか、北朝鮮問題専門の重松教授がかけつける。現在の北朝鮮、特に人民軍の状況について解説する。現段階では金正日総書記の生死は不明であり、この朝鮮民族救国軍事会議が本当に政権を完全に掌握しているかも定かではないという。朝鮮民族救国軍事会議についても全く不明で、改革派かもしれないし、金正日よりもより強硬な保守派の集団かもしれないという。

ここでロシアのタス通信が報道したという現地・平壌の映像が流される。今日の昼間の政変が起きた直後の映像とのことで、人民軍の戦車T-72やT-62が市内を発砲しながら走行し、市街戦を行っている。あつ!BMP-2が爆発した。砲撃を受けたビルが崩れる。

・・・むむむむ、思わず手に汗握る。

歴史が動こうとしているのに、しのぶは全く無関心で「もう、食べ終わった?お風呂に入る〜?」とか言ってる。

こんな面白いことが起きているのに風呂になんて入っていられるか。

また、重松教授が北朝鮮情勢にいろいろと解説する。要するに、詳しいことはなんも分らんということらしい。ここで軍事ジャーナリストの大川氏がスタジオに到着。今度は軍事情勢について解説をする。テポドンや北の核兵器がどうなるかという話をいろいろと。

食べ終わったと見たのか、しのぶがやって来て、そくさくとテーブルから食器を片づける。テレビの緊急報道特集は全く関心がないようだ。歴史的大事件なのに、ここまで無関心でいられるとは、逆に感心してしまう。

専門家の解説とすでに放送した映像のリピートばかりで別に進展がないのに、ついついテレビを食い入るように見てしまう。

うーん、実況したい。むしょうに実況したい。でも、もう2ちゃんねるはないんだよな・・・
もし、2ちゃんねるがあったら極東板やハングル板にどんなスレが立つだろう?
ホロン部の工作員が荒らにやって来たりして・・・たまらなくなった。

リビングを出て自分の部屋へ入り、パソコンの電源を入れる。
Windows Vista が立ち上がる。
2ちゃんねるがとっくになくなっていることは分かっている。
だけど、ひょっとしたら。これほどの事件が起こったなら。

IEを起動。お気に入りから「2ちゃんねる」をクリック。

・・・・重い、なかなか開かない。

・・・・・・・・・

開いた。

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

・・・・小野寺はマウスを動かし「お気に入り」から「2ちゃんねる」を削除した。


さよなら、2ちゃんねる。



にほんブログ村 小説ブログへ←ブログランキングです。もしも、面白かったらクリックしてやってください。

2ちゃんねる血風録(小説倉庫--最初からまとめて読む場合はこちらへ)
http://wiki.livedoor.jp/battlewatcher/d/FrontPage

==================================
この作品はフィクションであり、実在の人物、団体、インターネットサイト、事件とは一切関係ありません。この作品の中で描写されるような2ちゃんねるやその他のインターネットサイトの閉鎖やシステムトラブルは一切発生しておりません。文中の発言およびスレッド、トピック、報道記事などは架空のもので当該インターネットサイトには実在しません。掲示板等への荒らし行為は真似しないで下さい。
==================================

参考文献・サイト

「ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性」(荻上 チキ、筑摩書房、2007年)
「ネット右翼ってどんなヤツ? 嫌韓、嫌中、反プロ市民、打倒バカサヨ [別冊宝島] 」(宝島社、2008年)
「コマンドー」 DVD(出演: アーノルド・シュワルツェネッガー 監督: マーク・L・レスター、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン、2007年)

実況ニューサロ: コマンドーが2chで絶賛される理由
http://jikkyonews.blog109.fc2.com/blog-entry-54.html
金曜ロードショー「コマンドー」 実況本スレ案内所
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1184940079/l50
金曜ロードショー「コマンドー」  6
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1184929981/l50
金曜ロードショー「コマンドー」 12
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1184932267/l50
金曜ロードショー「金曜ロードショー「コマンドー」 36
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1184934337/l50
金曜ロードショー「コマンドー」47【修正済み】
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1184935628/l50
金曜ロードショー「デスノート the Last name」★3
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1202472316/l50
金曜ロードショー「デスノート the Last name」★038
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1202481073/l50

パンツァーリート 戦車の歌 歌詞・日本語訳 ドイツ
http://www.worldfolksong.com/anthem/lyrics/pat/panzerlied.htm
AA大辞典(仮)
http://members.at.infoseek.co.jp/maruheso/aadic/


電網小説『2ちゃんねるがなくなる日』(その17)鬱だ

200Y年1月12日(金)午後のひととき。

小野寺は事務所でひとりだらしなく椅子にもたれていた。同じセクションの上司は会議、同僚は外回りや、出張、倉庫の手伝いなどに出払っていまはひとりきりである。
だから、姿勢をだらしなくして、仕事をサボることができる。

小野寺は精神的に苦痛だった。何が苦痛かというと暇が潰せずにそれが限界に達しつつあったのだ。
なぜ、暇が潰せないのか?
2ちゃんねるがないからだ。

最近になって彼女なしの独身ひとり暮らしの孤独をひしひしと感じていた。
知り合いはたくさんいても、友達はいないのかもしんない・・・
そんな自分を再確認せざるおえなくなり、鬱になる。鬱鬱鬱鬱。

小野寺がだらしなくしていると、急にドアが開く。
・・・しのぶちゃんだ。
上司なら困るが、しのぶちゃんならいいや。だらしない姿勢を継続する。

「小野寺さん、体の調子悪いんですか?」

「・・・調子?悪いね。」

「そう・・・」

しのぶちゃんは書棚に向かい、小野寺に背を向けて何かファイルを探し始めた。

外は快晴でもなければ、雨でもない、はっきりしないどんよりした曇り空。
鬱にとってはなはだよろしくない天候だ。

「鬱だ・・・」

小野寺が鬱なのには理由があった。
昨夜、暇つぶしに決定的に失敗したのだ。
アレは痛かった。

話は少しさかのぼる。前日、木曜日の朝、出勤前に小野寺はいつものようにYahoo!テレビで今晩のテレビ番組をチェックしていた。

すると。

木曜プレミアム  21:00 「耳をすませば」

「こ、これは・・・」

制作:スタジオ・ジブリ、監督:近藤喜文の1995年のアニメである。
実は観たことがない。
観たことはないが、いつか必ず観たいと思っていた。
観るだけなら簡単だ。レンタルすればいい。だが、それでは意味がない。
実況しなければ。

なぜ「耳をすませば」を実況せねばならないのか?
話は1年以上前にさかのぼる、まだ2ちゃんねるが存在していた時だ。
その夜、小野寺は実況板で「デスノート the Last name」の実況をしていた。
CMタイムに次週の予告がなされた。「耳をすませば」だという。
その時、異変が起きた。
カントリーロードのミュージックが流れると共に実況民たちがいっせいに絶叫し始めたのである。

>耳すまwwwwwwwww

>耳をすませばキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!

>耳すまキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!

>耳をすませばらめえええええええええええええええええええええええええええええ

>鬱アニメキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

>ぎゃ嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああ

>いやああああああああああああああああああああああああああああああああああ

>大量破壊兵器きた

>鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱
>鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱

>鬱だ死のう


CMなのに、スレは一気に加速する。
な、なんだこれはいったい?
その後も、次週「耳をすませば」の予告が入るたびに実況民たちは絶叫した。

>鬱映画・・・・

>耳をすませばはやめてええええ

>童貞殺しの耳をすませば

>俺 耳スマを観た後京急線に飛び込むんだ

>童貞を何人自殺させれば気が済むんだ

>おまいら耳スマ後に心臓麻痺で死ぬぞ

>死にたい人にお薦め

> ∧||∧
>(  ⌒ ヽ
> ∪  ノ
>  ∪∪


いったいどういう映画なんだ?
ワクワクしちゃう。
これは是非とも実況せねばならない。
心に決めた。

ところが。

「耳をすませば」の放送当日。仕事上の急なトラブルが発生、小野寺は残業を余儀なくされた。それもただの残業ではない。大残業である。終電どころか徹夜させられ、会社で寝て、翌日の始発電車で帰宅した。まさか、2ちゃんねるで実況するからと残業を断れるほどの非常識人ではない。

そんなワケで、小野寺は「耳をすませば」を見逃し、実況もできなかった。
それでも、いつか見たいと思っていた。
そして、実況したいと。

だが、その機会がないまま2ちゃんねるは消滅してしまった。
小野寺は心残りだった。

その時がやっと来た。
実況民としての小野寺の魂が揺さぶられる。

だが、2ちゃんねるはない・・・

どこで?
どこか・・・
自分と同じ思いの者たちはいるはずだ。
必ず。
かつての同胞たちの集まる場所・・・小野寺は本能的に察知した・・・GigaBBS・・・今夜、ここに皆集まるに違いない。同胞たちよ・・・

熱い思いを胸にしまい。小野寺は出勤し、そして仕事を済ませ、とっとと帰宅した。

パソコンの電源をつける。まずは一応、2ちゃんねるへ。これは習慣だから。やっぱなし。
ほんじゃ、GigaBBSへ。そして邦画板へ。

---------------------------------------------
邦画板@GigaBBS

★☆★ 実 況 厳 禁 ★☆★

絶対、実況すんなよ。by管理人

---------------------------------------------

「構うものか。」

スレッドを探す。すぐに見つかる。

【実況】耳をすませば 鬱弐【木曜プレミアム】(362)

よしよし、みんな集まっているなぁ。

午後9時。木曜プレミアム開始。カントリーロードが鳴り響く。

>耳すまキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

>キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)−_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!

>耳をすませばkたああああああああ

>おまいら死亡wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>ぎゃああああああああああああああああああああああああああああ


怒涛の書き込み。100レス、200レスが奔流のようにスレッドになだれ込んだ。

こ、これが実況なんだ。

泣いた。30男なのに、いい歳して、本当に泣いた。

さっそくカキコしよう。
観たことないケド

うあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

[書き込む]ボタン クリック。

む・・・
お、重い、重いぞ、なかなか開かん。

あっ…

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

リロード。
重いなぁ。

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

デジャブー。

GigaBBSは実況民の圧力に耐え切れず、放送開始直後に陥落してしまったのである。

このあと、しょうがないから小野寺は「耳をすませば」を寝っ転がってひとりで見た。

そして、今、小野寺は会社でどうしょうもなく鬱に陥っていた。
ほとんど再起不能である。ふと、つぶやく。

「鬱だ・・・氏のう・・・」

当たり前だが、本当に死ぬ気はない。
そういえば、2ちゃんねるがなくなって本当に自殺したニートがいたとかネットで見たな。
遺書には・・・

2ちゃんねるだけが楽しみだった・・・

と、書かれていたとか。
ソースもなかったし、たぶんデマだろう。

とにかく、小野寺の今の気分は最高に鬱である。
なんもやる気がおきない。そこへオフィスに一人にされた。
そうなると仕事もせず、だらしなく椅子にもたれかかるしかない。

目の前では、しのぶちゃんが背を向けて書棚のファイルをいろいろ探している。
小野寺はしのぶちゃんの後姿を濁った眼でみつめる。

「おっぱいもいいけど・・・いい尻してやんなぁ・・・」

もちろん、声には出さない。

昨日の「耳をすませば」を思い返す。また鬱が深化する。
しのぶちゃんの後姿をながめる。
・・・ふと、意を決して、かぼそい声を絞り出す。

「しのぶちゃん・・・」

「・・・はい。」

しのぶちゃんが振り返る。今の気分で、よく見ると・・・ごくふつうの女の子の顔だなぁ。

「何です?」

「あー、その、あれだな・・・」

「はい?」

まぁ、いいやどうでも。

「明日、暇かなぁ?どこか付き合わない?どこでも好きなことろへ連れて行ってあげるよ。」

「・・・・・・・」

しのぶちゃんはうつむく。まぁ、いいや断られても。そーゆー気分。

「・・・・・・・」

しのぶちゃんが顔をあげた。断るかな?

「私でよかったら・・・」

・・・か、かわいい。



にほんブログ村 小説ブログへ←ブログランキングです。もしも、面白かったらクリックしてやってください。

2ちゃんねる血風録(小説倉庫--最初からまとめて読む場合はこちらへ)
http://wiki.livedoor.jp/battlewatcher/d/FrontPage

==================================
この作品はフィクションであり、実在の人物、団体、インターネットサイト、事件とは一切関係ありません。この作品の中で描写されるような2ちゃんねるやその他のインターネットサイトの閉鎖やシステムトラブルは一切発生しておりません。文中の発言およびスレッド、トピック、報道記事などは架空のもので当該インターネットサイトには実在しません。掲示板等への荒らし行為は真似しないで下さい。
==================================

2008年03月20日

電網小説『2ちゃんねるがなくなる日』(その16)変化

「古川が結婚する?」

しのぶちゃんと「タイタニック2」を観に行って、帰りにイタ飯を食べた古川が結婚するという話を聞かされる。
なんでも、この度、婚約して年明けに挙式するらしい。
ところが、お相手は、しのぶちゃんではなく、取引先の会社の女子社員らしい。
すると、しのぶちゃんは捨てられたか、遊ばれたか。
もう5ヵ月も前のこととは云え、ほんのいっとき意識してしまった女の子のため、かわいそうになる。

・・・ところが。

「古川さん、おめでとうございマース」

目の前で、当のしのぶちゃんはにこやかに古川を祝福している。
外見からは、気まずい様子も、嫌味な様子も微塵も見られない。

よく分らなくなる。女とは複雑な生き物だ。
分らないと余計なお節介だが、知りたくなる。

しのぶちゃんと仲良しの芳ちゃんにそれとなく小声で話しかける。

「・・・えっと、なんだな、その、古川はしのぶちゃんと付き合ってたんじゃなかったの?」

「えーー、そんなことぜんぜんないよ。・・・小野寺さん、それ本当?誰から聞いたの?」

芳ちゃんも怪訝な顔をして小声になる。
こ、これは、不味い。ふたりに関する変なデマをつくってしまうことになりかねん。

「い、いや、違う、単なる俺の勘違いだったようだ。ホントだよ。」

芳ちゃんは相変わらず疑っている様子。
まずいなぁ、「古川としのぶちゃんとの修羅場」なぞという変な噂が流れなければいいのだが。

それは、それとして、いつも仲良しの芳ちゃんも知らんというのは考えにくいなぁ。
別に不倫だったワケでなし。

しばし、考えてみる。
すぐに結論が出た。
これはアレだ。いっしょに映画を観に行ったり、晩飯を食うのはいまどきデートとは言わんのだな。

なんだか安心する。
しかしなんだな。そうなると、カラオケに誘われただけの自分は、さらに100歩後退した関係にすぎんワケだな。
それを変に意識したのは中学生以下のメンタリティであろうか。
しかし、あの時、野生の勘が・・・この勘、むかしから外しっ放しだからなぁ。

とにかく、なんだか分かったような気がして得心する。
世の中、無事平穏息災である。


午後7時すぎに帰宅。晩飯はいつものようにコンビニ。今日はちょっと趣向を変えて弁当ではなく、ナポリタンスパゲティとおにぎり2個だ。まずはパソコンの電源を入れる。スパゲティをすすり、おにぎりをほお張りながら、Windows Vistaが起動するのを待つ。
スパゲティをすすりながら、俺はいつまで、ひょっとすると一生、こんなコンビニ食生活をつづけることになるのだろうかと、ちょっと鬱になる。

マウスを動かして、お気に入りをクリック。

http://www.2ch.net/  へ

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

まぁ、これは習慣だから。苦笑する。
もう、12月か、「コマンドー」を実況していた最中に2ちゃんねるが消滅して、はや、5ヵ月になろうとしていた。もう、復活はないのかもなあ。

あれから、2ちゃんねるの後継を名乗る掲示板は雨後のタケノコのようにできていた。管理人は第二のひろゆきにならんとする男たち女たちである。ちなみに、まことくんもあれから復活して2ch2ndという総合掲示板を旗揚げしている。あいかわらず杜撰な管理で非難を受けまくっているようだが。

他はどうかというと、どこも上手くいっているとは言いづらかった。まず、技術的なスキルの足らない管理者の掲示板は容赦なくスクリプトのバクを見つけられて荒らされ、そしてクラックされ潰されていった。

それを乗り切った者にはサーバ運営という問題が待ち構えていた。あるていど上手くいく。ユーザーが集まる。ある程度以上集まるとレンタルサーバでは耐えきれなくなる。いつも重いわ、ひんぱんに落ちるはで使い物にならなくなる。それでも耐え続けると、サーバ業者から追いたてをくらうことになる。

また、ある者はひろゆきのマネをして同じような運営方針で誹謗中傷を放置し続けた。そしたら、ン百万円の損害賠償の訴訟をくらい係争中である。ひろゆきの判例から敗訴は見えている。これもひろゆきのマネをして踏み倒す腹だったようだが、彼はニートだったらしく、ことが親に知られてモメ事になり、そのサイトは強制閉鎖とあいなった。
いずれにしても、裁判に出ず、自動敗訴して、損害賠償を踏み倒して平然としているなぞ、そんじょそこいらのニートや学生にできることではないのだ。

2ちゃんねるの後継サイトはどこも、いつも落ちてるか、激重。そうでなければ、単にはやっておらず閑散としていた。どこもかしこも、いつなくなってもおかしくない、不安定さがあった。

一方、ネット企業が大規模匿名掲示板の運営に乗り出す動きはなかった。ひろゆきが証明してしまった通り、訴訟リスクが大きすぎるのだ。

いずれにせよ、小野寺の暇つぶしの場はなかなかできなかった。

当り前と言えば、当たり前だが、2ちゃんねるがなくなっても社会一般に変化は見られない。
社会に影響はないハズなのだが、少しだけ世の中が変わったように小野寺は感じていた。

世の中の風潮が少しずつだが2000年以前のそれに戻っているような気がしていた。
特に韓国や中国に対しての批判的論調が以前と比べて確実に弱まっている。
巷のおばさんたちの間では第二次韓流ブームが起きていた。

政治では10月の解散総選挙で民主党が大勝した。社民党も議席を伸ばし、民主・社民の連立政権が発足した。
外交では、長らく停滞していた日朝国交正常化交渉が再開され、来年中には日朝平和条約が結ばれるという。核・ミサイル問題は北朝鮮のペースで有耶無耶にされつつある。拉致問題も棚上げにされそうだ。
「未来志向外交」とやらが主張され、竹島問題も、尖閣諸島も昔のように当たらず障らずで中韓の居座りを見逃すような雰囲気だ。

「2ちゃんねるの消滅によりネット右翼は壊滅した」という言説がそこかしこで聞かれるようになった。
もちろん、Yahoo!掲示板やmixiのコミュで右と左の論戦はいまも盛んに行われている。
別にネット右翼と呼ばれた人々が消えたワケではない。ただ、どうも論客の人たちは残ったが、2ちゃんねるという場が失われた結果、大勢の書き捨ての有象無象やギャラリーたちがいなくなったようだ。
そして、メディアがネット右翼の論調を意識することも取り上げることもなくなったような気がする。
これまでは、ネット社会の右傾化という点では(印象論だが)2ちゃんねるが突出しすぎていた。その2ちゃんねるが突然消えたことにより反動が起きている。

世の中がいい方向に向かっているのか悪い方向へ向かっているのか、一介のサラリーマンの小野寺にはよく分らなかった。


にほんブログ村 小説ブログへ←ブログランキングです。もしも、面白かったらクリックしてやってください。

2ちゃんねる血風録(小説倉庫--最初からまとめて読む場合はこちらへ)
http://wiki.livedoor.jp/battlewatcher/d/FrontPage

==================================
この作品はフィクションであり、実在の人物、団体、インターネットサイト、事件とは一切関係ありません。この作品の中で描写されるような2ちゃんねるやその他のインターネットサイトの閉鎖やシステムトラブルは一切発生しておりません。文中の発言およびスレッド、トピック、報道記事などは架空のもので当該インターネットサイトには実在しません。掲示板等への荒らし行為は真似しないで下さい。
==================================


電網小説『2ちゃんねるがなくなる日』(その15)荒らしは解き放たれた

-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/23 22:33:40
まゆゆのオーパイをちゅちゅー吸いたい。
そんでもって、ぼくのちんぽもちゅちゅー吸ってもらいたいYO。


-----------------------------------------------------------

200X年10月23日(月)。小野寺は高視聴率ドラマ「コペルニクス掘廚離侫.鵐汽ぅ箸婆世蕕に変な人とリアルタイムで接近遭遇した。

しばらくこの人の様子を見る。
次々と書き込みをしてくる。

-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/23 22:35:52
あーあーあー、まゆゆのお尻に顔うずめたい
どんな臭いするんだろ

-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/23 22:44:10
まゆゆが撮影中におしっこ我慢できなくなって
トイレに駆け込んだところを待ち伏せして
でんぐりがえして、レオタードの隙間から
(ピー 放送禁止用語 ピー)をなーーめなめー
僕がじっくりなーーめなめーしてると
まゆゆはとうとうおしっこ我慢できなくなって
僕の顔面にシャワー
まゆゆ恥ずかしくて顔真っ赤!!!!

-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/23 22:50:05
あーーーー、まゆゆとセックスしてー


-----------------------------------------------------------

なかなか面白い人だ。
どうやら、「コペルニクス掘廚縫譽ュラー出演している佐藤真由(まゆゆ)の熱心な、いや頭のネジが外れたファンの人らしい。

しばらく眺めていると、20、30、50と怒涛の書き込みをしてくる。
放置されること、1時間弱。
この人の発言はバッサリときれいさっぱり削除されてしまった。
どうやら、管理人が気づいたらしい。

するとこの人は怒ったようだ。

-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/24 00:03:24
よくも消したな!
管理人は劣等種族・ウジ虫・淫乱、ばい菌、ダイオキシン・ダニ・ゴキブリ・シラミ・汚物・糞・ゲロ・アスベスト・クソブタ・ストーカー・小便・不要物・邪魔者・除け者・不良品・腐乱・腐臭・チンカス・膿・垢・フケ・

(30行ほど中略)

化膿菌・たわけ、怠け者、無能、無脳、カビ、腐敗、膿、クレイジー、マッド、ストーカー、ドジ・消えろ・くたばれ・潰れろ・間抜け・失せろ・馬鹿・あほ・氏ね


-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/24 00:03:46

よくも消したな!
管理人は死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね 死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね

-----------------------------------------------------------
城島 ...200X/10/24 00:05:50

糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞

(30行ほど中略)

糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞糞

-----------------------------------------------------------

荒らし始めた。

もちろん、管理人によって、これら荒らし投稿は全削除され

-----------------------------------------------------------
≪お知らせ≫
管理人 ...200X/10/24 00:05:50

城島さんをアクセス禁止にしました。
同じプロバイダで巻き添えの方がおられるかもしれませんが、
申し訳ありません。

-----------------------------------------------------------

あっさりアク禁にされる。

実は、この手の荒らしを目撃することは最近さして珍しくはなかった。
いろいろなところの掲示板やブログのコメント欄が荒れ気味で、以前よりも明らかに頻繁に荒らしが出没するようになっていた。
各サイトの管理人たちはこの激増した荒らしへの対応に苦慮するようになっていた。

これは2ちゃんねる消滅以後に顕著になった現象と言われる。
原因については諸説あるが、最も有力とされる説はこうである。

社会にはある程度の割合で荒らしとなるべき精神的な属性をもつ人々がいる。彼らは意図的または本能的にネットで荒らし行為に走ってしまうのだ。
これまで日本で最も荒らされていた掲示板は2ちゃんねるだった。ある意味、巨大な2ちゃんねるが彼ら荒らしたちの多くを囲っていたと考えていい。
ところが、その2ちゃんねるが消滅してしまった。
荒らしの精神属性をもつ人々は荒らす場所を失ってしまった。勢い彼らは各地に分散して、思い思いに衝動的に荒らし回るようになった。

この荒らしを根絶する決定的な対策は今のところないという。

そんなワケで、なにやら世の中荒れ気味であった。



にほんブログ村 小説ブログへ←ブログランキングです。もしも、面白かったらクリックしてやってください。

2ちゃんねる血風録(小説倉庫--最初からまとめて読む場合はこちらへ)
http://wiki.livedoor.jp/battlewatcher/d/FrontPage

==================================
この作品はフィクションであり、実在の人物、団体、インターネットサイト、事件とは一切関係ありません。この作品の中で描写されるような2ちゃんねるやその他のインターネットサイトの閉鎖やシステムトラブルは一切発生しておりません。文中の発言およびスレッド、トピック、報道記事などは架空のもので当該インターネットサイトには実在しません。掲示板等への荒らし行為は真似しないで下さい。
==================================


電網小説『2ちゃんねるがなくなる日』(その14)名無しの愉しみ

200X年8月14日(月)午後のひととき。

小野寺は会社の倉庫で荷物運びをしていた。取引先から小口の急ぎの発注があり、自分で倉庫から商品を引っ張り出し、開けて発注分をソートして梱包しなおして、社用車まで運ぶ。
よいっしょと。・・・ちょっと重いんですけどコレ。

ちょっと重い荷物をひとりで運んでいると、サンプル棚のところでしゃがんでいる、しのぶちゃんと行き会う。営業か企画の誰かからサンプルを取ってくるよう頼まれたのだろう。

つい、胸元へ目が行く。くそーいい乳してやんなぁ。
ケド、この子、古川と付き合ってんだよな。
しょせんは他人の花よ。
1ヶ月前にカラオケに誘われただけで、いっときとは言え中学生みたいにときめいた自分がつくづくアホウに思える。
もう忘れた。

よいっしょと。よいっしょと・・・重そうに荷物を担いでいると、しのぶちゃんが顔をあげる。

「小野寺さん、がんばってー。」

・・・か、かわいい。笑顔。

「あ、あ、、、なんとかね。」

不覚にも勃起した。
久しぶりに風俗でも行くかな・・・


午後9時半。残業を終えて自宅マンションへ帰る。ますはパソコンの電源を入れる。

http://www.2ch.net/  へ

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

これはもう習慣みたいなモノだな。無いとは分かってはいるのだが、ひょっとしたら復活しているかもしれないし、やっぱその瞬間には立ち会いたい。

コンビニ弁当を食べながら、軽くてきとうにネットをうろつく。

午後10時ちょい前になった。「報道ネットワークステーション」をつける。いま世間で最もホットな話題は「美少女子役殺人事件」である。テレビやCMにときどき出演していた9歳の子役の女の子が夜間自宅で何者かによって殺されたのだな。

犯人は不明で、例によってさまざまに憶測を呼んでいる。マスゴミはいかにも両親(のどちらか)が怪しいような調子で報道している。ぜんぜん懲りてないねぇ。その他、いや両親ではなく姉が怪しいだの、この子をストーカーしていた美少女マニアのロリコンの仕業だとか、いや業界関係者にそれらしい者がいるとかあれこれと取りざたされ、一億総探偵状態。これ以外にも華麗なアンダー16子役業界のドロドロの裏側を穿るとか、この事件はいろいろとネタが尽きない。

小野寺もそんな国民探偵のひとりであった。子供のころから邪推が趣味なのだ。

「邪推歴20ン年のわたしがはっきり言おう。犯人はコイツだ!m9(・∀・)ビシッ!!」

あー、邪推したい。自分のこの素晴らし的確かつ完璧な推理を世間に披露したい。

「犯人はコイツだ!m9(・∀・)ビシッ!!」

・・・と書き込みたい。

でも、実名ではなくても固定ハンドルで個体識別されるYahoo!掲示板やらmixiではできんのよ。
不道徳者扱いされ、後々まで自分のハンドルネームに傷がつく。
まして、まったくの間違いだったら・・・(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

Yahoo!掲示板やらmixiにも堂々と犯人を名指しする勇者は時に現れるが、たちまち良識家たちによって袋叩きされている。やりにくいこと夥しい。

それでは、2ちゃんねる類似の匿名掲示板はどうかというと。
GigaBBSや17ちゃんねるなど中堅どころは、

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

この事件でまた落ちた。たまにつながっても激重で書き込めたモンじゃない。

小野寺は思う。
名無しのときは良かったなぁ。2ちゃんねるは良かったなぁ。
思ったことを書き捨てできた。名無しだから後腐れないし、発言責任何それ?である。
まぁ、犯罪予告とかやったらタイ━━━━||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━━━ホ!!されるが、
それ以外は原則自由だった。あれはダメ、これはネットチケットに反するとか抜かす管理人や牢名主みたいな古参ユーザーがいない、束縛のない自由な場所だったなぁ。

犯人の名前をm9(・∀・)ビシッ!!と書いてやりてぇなぁ・・・

でも、書ける場所がない。

2ちゃんねるはよかった・・・


にほんブログ村 小説ブログへ←ブログランキングです。もしも、面白かったらクリックしてやってください。

2ちゃんねる血風録(小説倉庫--最初からまとめて読む場合はこちらへ)
http://wiki.livedoor.jp/battlewatcher/d/FrontPage

==================================
この作品はフィクションであり、実在の人物、団体、インターネットサイト、事件とは一切関係ありません。この作品の中で描写されるような2ちゃんねるやその他のインターネットサイトの閉鎖やシステムトラブルは一切発生しておりません。文中の発言およびスレッド、トピック、報道記事などは架空のもので当該インターネットサイトには実在しません。掲示板等への荒らし行為は真似しないで下さい。
==================================


電網小説『2ちゃんねるがなくなる日』(その13)炎上・・・発火せず

7月24日(月)午後9時ごろ。

http://www.2ch.net/  へ

----------------------------------------------------
Web ページがみつかりません
HTTP 404
可能性のある原因:
アドレスに入力の間違いがある可能性がある。
リンクをクリックした場合には、リンクが古い場合があります
----------------------------------------------------

2ちゃんねるがアクセス不能になってから10日たった。どうも、本当に閉鎖くさい。

今日は会社でとても嫌なことがあった。
しのぶちゃんと古川が「タイタニック2」の話をしていた。
聞くと、日曜日に二人で観に行ったと云う。
帰りにイタ飯屋で晩飯までいっしょに食べたという。

「へぇー、面白かったんだ。なら、俺も今度観に行こうかな。」

・・・と、適当に話を合わせるしかなかった。
屈辱である。
古川は26歳。23歳のしのぶちゃんとは年齢的にちょうどいい。
32歳である自分を呪うしかない。
失恋である。いや、これは失恋にもならんな。
ただ、屈辱であった。
いっときでも、若い子を相手に中学生みたいにときめいた自分が惨めだ。
今なら、あの日、カラオケに行かなくてよかったと思える。
うっかりデートに誘って、あっさり断られて恥をかくところだった。
そうだ。俺は2ちゃんねらーだったのだ。
200X年7月14日午後9時55分。2ちゃんねるが消滅するその瞬間に立ち会った。
俺はその場にいるべき人間だったのだ。

それにしても、このやり場のない鬱屈した思い。
どうしてくれよう。

“祭り”がしたい、“祭り”がしたい、“祭り”がしたい・・・
煽りたい、誰かを破滅させたい。

小野寺はあてどなくmixi内をマイミクつながりで、さまよい、あちこちに足跡をつけて回った。
ときに足を止めて、見ず知らずの人間の日記を読む。粗を探す。
ツマラン。次。
ツマラン。次。
ツマラン。次。
ツマラン。次・・・

「むっ・・・」

-------------------------------------------------
ラーメンヲタク            200X年7月22日

昨日、バイトしてたら閉店間際に
いかにものラーメンヲタク3人づれが来やがった。
風呂入ってんのかよオマエラって異臭がしたよ。
それが生意気に面の太さや、トッピングに細かい注文をつける
ちょいとムカついたんで、
仕上げにちょいと頭をかいてトッピングしてやりますた( ゚д゚)、ペッ

-------------------------------------------------
Sayuri
イヤーーーーきたない(><)

-------------------------------------------------
まもる
フケでトッピングwwww

-------------------------------------------------

見つけたぞ。犯罪自慢だ。食品衛生法違反。
プロフを確認。

名前:木下仁志
現住所:神奈川県
年齢:22歳
職業:大学生

ふっ。甘いな。実名の顔写真付き。おまけに大学のコミュニティに入ってやがる。これで、どの大学かマルっとお見通しだぜ。
あとは、過去の日記を探ってバイト先のラーメン屋をあぶりだしてやる。

・・・30分後。

判明。ラーメンチェーン月影庵だな。
チェーン店とはおあつらえむき、クレームにはもって来いだ。

お客にフケでトッピングしたラーメンを出すとは不届き千万。
祭って、その人生破滅させてやるわ。

祭り・・・祭り・・・2ちゃんねるが・・・ない・・・このネタ、どこにスレッドを立てればいいんだ・・・

小野寺は直接この不道徳な大学生の日記へ抗議の突入をする度胸はなかった。
そもそも、2ちゃんねるでもスレッドで煽るだけでブログへの突撃はしていなかったのだ。

2ちゃんねるがないと、このバカ大学生を晒すことができない。
祭るためには集団でやらないと、その集団を形成する場所がないのだ。

小野寺は2ちゃんねる以外の場所を考えた。
考えたが、考えあぐねた。
Yahoo!掲示板とかmixiはダメだ。個体識別される。匿名の名無しでやらないと。書き捨てできない。
他の匿名掲示板は・・・未だどこもサーバ落ち中だ。
祭りたくても祭れない・・・

小野寺はだいぶ後になって知ったが、2ちゃんねる消滅を境に日本におけるブログや日記の“炎上”が激減することになる。
ブログを炎上させるためには、ターゲットとなるブログを晒す場所が必要となり、そこには多数のユーザーが存在しけなればならない。つまり、人々の集合地点が必要なのだ。さらに、炎上させるためには“煽り”を入れてターゲットに対する敵意を増幅させ皆で共有する必要がある。この“煽り”はときとして過激な言説となるために個体識別されない匿名の書き捨てでないとなかなかできない。
いままでは、2ちゃんねるが集合地点の役割を果たし、ここで人々は犯罪自慢や不道徳行為の情報と敵意を共有し、個人情報を暴き、制裁を加える有効な戦術を練り、ターゲットへ突撃し、炎上陥落させてきた。
その2ちゃんねるが消滅したため、炎上の集合および発火地点がなくなってしまったのである。

とにかく、小野寺は絶好の獲物を目の前に歯噛みする思いで引き下がらざるをえなかった。

イラついた。


にほんブログ村 小説ブログへ←ブログランキングです。もしも、面白かったらクリックしてやってください。

2ちゃんねる血風録(小説倉庫--最初からまとめて読む場合はこちらへ)
http://wiki.livedoor.jp/battlewatcher/d/FrontPage

==================================
この作品はフィクションであり、実在の人物、団体、インターネットサイト、事件とは一切関係ありません。この作品の中で描写されるような2ちゃんねるやその他のインターネットサイトの閉鎖やシステムトラブルは一切発生しておりません。文中の発言およびスレッド、トピック、報道記事などは架空のもので当該インターネットサイトには実在しません。掲示板等への荒らし行為は真似しないで下さい。
==================================

Profile

battlewatcher

にほんブログ村 小説ブログへ
↑ブログランキングです。励みになりますのでよろしかったらクリックを。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カウンター
ニュース

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ