baum

もと縫製屋の嫁が「日本の縫製屋の閑散期」についてまじめに考えたら、 生地と縫製副資材のリサイクルのお店【baum】になりました。

△ material recycle △
「誰かのつくるところで何にもなれなかったものを また別の誰かのつくるところへ」
facebook : https://www.facebook.com/baum40/
twitter : https://twitter.com/baum_40
instagram : https://www.instagram.com/baummaterial/


出店の告知と、出店後の報告をblogメインで掲載していましたが
いつしか他のSNSが中心となり、このところ更新をサボり気味でした。

春からの出店が一段落。今は秋に開催予定のイベントへ申し込んでいて、結果待ちというところ。
すこしのんびりできそうなので、その間はblogをまめに更新したいなと思います。

今回は出店をふりかえってみます。



baum_illust3


荷物運びってどうするの?ひとりで持っていくの?什器は?商品の見せ方、並べ方もわからない。
お客様へどうお声掛けして良いかもわからない。
でも決まってしまえば何とかするしかない!と、自分を追い詰める気持ちで応募し、出店の決まった

△埼玉県川口市 川口総合文化センター・リリアで開催された
「Handmade Park in LILIA」から、2年がたちました。
たくさんの方にお声掛け頂き、終わってみれば不安より楽しかった!と思えた初出店。


それから


△東京都中野区。中野駅にあるシェアカフェ
una camera livera(ウナ・カメラ・リーベラ)で開催の
「ウナカル合同祭」



△台東区役所近くのお寺、宋雲院(ソウウンイン)で開催の
「Tera De Marche」(テラデマルシェ)



△同じく宋雲院で開催の
「手芸作家さんの材料市」



△台東区入谷、SOOO dramatic!(ソードラマチック)で開催の
「good day market」



△清澄白河、fukadaso cafeで開催の「PPC」
△墨田区で開催のイベントにおまめさん出店させてもらったり。
△蔵前のカフェ「CAMERA」に並ぶ革製品の端に、布をすこし置かせてもらったり。

 
中には、3か月連続で出店させてもらったイベントもありました。
どの場所もイベントも、お客様とたくさんお話しできたり、おいしいものを食べたり飲んだり、偶然隣り合わせた出店者さんと情報交換をしたり
この活動をしていなかったら出会えなかった人やコト、場所やモノがたくさん。



そして2015年から、委託販売させてもらっている
 


昨年春から月に1度、店先で販売させて頂いている
墨田区のモノづくり支援シェアファクトリー「nuuiee」(ヌーイー)


イベントへの出店は不定期なので(申し込んでも落選しまったり)、こうして常に商品を置かせてもらえたり
出店させてもらえる場所があるというのは、とってもありがたいことです。



nui


hasamii



IMG_2988

目指すは街の手芸屋さんの「掘り出し物感」



わたしはできることが本当に少なくて、時々自分でもびっくりするのですが。
それでもたくさんの人に教えてもらえたり、甘えさせてもらったり、勉強させてもらったりして
初回出店の平面ディスプレイから、近頃少しは成長したのではないかと思ったり。。

今は一目で「材料のリサイクル屋である」ということがわかるようにもしたいのですが。
そのアイディアがまだわいてきません。

とつぜんふわっと思いつくこともたくさんあるのですが、妄想レベルで技術的にカタチにならなかったり
ざぼってしまったりして、ついついのんびりペースになってしまいます。

イベントの少ない今だからできることを、少しずつ整えていきたいと思いますので、お近くで出店が決まった際にはぜひ遊びにいらしてくださると嬉しいです。





クラフトイベントやhandmadeイベントなど、探そうと思うとたくさん見つかるのですが
「手作り品限定」などの条件があるものには、材料販売がメインのbaumとして参加することが難しく、出店できるイベントや場所が限られてしまします。

材料販売もいいよ!というイベントがあれば、ぜひ教えてください。

また、ずっと都内のイベントに出店しているので、今年は地元千葉県で出店ができたらいいなと思っています。
そんな情報も募集中です。このblogはもちろん、あちこちのSNSからでもお気軽にご連絡ください。


facebook : https://www.facebook.com/baum40/
twitter : https://twitter.com/baum_40
instagram : https://www.instagram.com/baummaterial/


イベント出店などのは上記SNSよりご確認ください。
主にfacebook・twitterにて告知しています。



次回の更新は「加工をふりかえる」の予定です。あくまで予定です・・






IMG_3022

フタつきの白い小さな紙箱が出来上がりました。

IMG_3024

手に持ってみました。サイズ感、伝わりますか?
つぶれないように厚めの紙を選んでいますが、とても軽い箱です。
さて何ができるでしょうか。





生地をカットしてサイコロ状に縫い、底にゴム板を入れます。
ちょっとした違いではありますが、箱が軽いので作業中の転倒防止に。
サイコロ状の袋に羊毛を詰め込んで、中身が完成しました。箱にセットしてみます。

IMG_316822

フタつきの針山ができました。
baumの材料を販売するとき、生地につける値札はひとつひとつ針と糸で縫い付けています。
イベントに出店するときは念のため道具を持っていくのですが、糸巻きに針を刺してそれを小袋に入れて持ち歩いていたんです。
針を迷子にしたことはないけれどやっぱり不安・・。でも針が突き出ない素材でできたちょうど良いサイズの入れ物もない。
そんなことがきっかけで、持ち運び用にと軽い材質のもので作りました。
フタは作業中、小さなゴミ箱になります。
紙製の為、外側に文字を書くこともできます。
持ち運ばずとも、用途別に針を収納しておくことにも向いているかもしれません。

IMG_316922


紙製の箱には直接絵や文字を書いたり、マスキングテープや布で装飾して完成となります。
でもその工程は、購入してくださった方にお願いしたいのです。
手を加えて頂くことで完成する針山です。
今回は小さな端切れで、丸い形の布シールも作りました。ただこの箱に貼るには大きすぎました・・。







実はbaumでは製品を作って販売する予定はありませんでした。
(baumのいう「製品」とは、手に取ってすぐに使える完成品のこと。
「加工」とは、まだ材料の段階のことを指しています。)

集まった材料は材料のまま、または新たに材料として加工して販売する。
それがbaumを始めるときに、わたしの中で作ったルールでした。
メーカーや縫製工場、クリエイターさんから集めた材料で製品を作って販売するということが
baumの活動としてどうしても繋がらなかったんです。

baumはあくまでも材料を材料のまま次の作り手さんにお繋ぎすることで、作る楽しみを提供したい。
そうして作る楽しみを知る人が増えて共有したり販売したり、自分のブランドを持ったり、販路を広げて
いずれ縫製工場へのモノ作りに繋がっていってくれたら。
元縫製屋の嫁であるbaum店主は、その思いでこの活動を始めました。
だから、製品を作って販売するというのは・・baumの役割とは違うな、と思っていたんです。


でもこの活動を始めてみると、頭の中だけで思い描いていたこととは違うケースも出てきました。


それは
チャコペンの跡がついたものや、日に焼けてまだらに変色してしまったもの、何度アイロンを当てても折り目のとれない生地の存在。
最後の画像にあるような、変形に切り取られた小さな小さな端切れも。
そのまま材料として使うことが難しいものたち。

誰にもどこにも繋げられず、ある場所が変わっただけ。

それもまたbaumの思い描いていたものとは違う。
そこから製品を作るということにも目を向け、今回のbaumの製品第一号
「自分で仕上げる、持ち運べる針山(仮名)」が生まれました。


6月10日(土)台東区入谷 SOOO dramatic!で開催の「作り手と話そう!good day market」へ
試作品として3つ持って行ったうちのひとつを、次の作り手さんへお繋ぎすることができました。
実はもう少し手を加えたい。完全なる完成品ができるのはもう少し先になりそうです。
でも、みなさまの反応を見せていただくため、しばらく試作価格で販売することがあるかもしれません。
その際はぜひ、ご意見ご感想を聞かせて頂けると嬉しいです。
もちろん、blogなどからでも大歓迎です。
端切れの可能性を、実験しながら探しています。

今後の製品作りは、キットや端切れを縫い合わせたものなどを考えています。
作る楽しみを感じてもらえる「baumらしい製品」を作ってゆきたいです。




誰かのつくるところで何にもなれなかったものを 
また別の誰かのつくるところへ



:::::::::::::::::::::::::::::::

baumの委託販売がはじまりました。
詳細につきましてはこちらの記事でご確認ください。

「委託販売開始のお知らせ。」
 
:::::::::::::::::::::::::::::::

墨田区のモノづくり支援シェアファクトリー「nuuiee」(ヌーイー)
にて月1「よもやもbaum」やって〼
詳細につきましてはこちらの記事でご確認ください。

友人の、りさちゃん。

「さん」・・と、いうより 「ちゃん」 のほうがしっくり来る。くらいのお友達。
昨年11月、りさちゃんは結婚しました。

その時、baumの材料で何かしたいと声をかけてくれました。
りさちゃんが選んだのは、太幅のレース。


IMG_2683



IMG_2684



IMG_2685

わたしのもとへも。
レースをたたんで両端を縫い合わせた小さな袋に、かわいらしいお菓子。


IMG_2680



IMG_2678



IMG_2682

ご両親へのプレゼントに選んだ長い靴ベラ。購入したお店ではラッピングの用意がなかったようで
レースを巻いて包装したそうです。
旦那さんのお母様はこのレースを、結婚式の思い出にと大事にしまっていらっしゃるのだとか。

何にもなれなかった材料が縫製工場からbaumへ、そしてりさちゃんの手や想いを介して大切な人のもとへ。

胸がいっぱいになりました。





りさちゃんは、1本の線をひたすら繋いでいます。
2015年には吉祥寺のギャラリーで個展を開催。


12241473_802311839914093_2021197467742129511_n



12239870_802311816580762_4156972732114927389_n

作品はInstagramで公開中です。とてもカッコいいので、ぜひご覧ください。
http://instagram.com/sen_risa
@sen_risa


IMG_2679

おめでとう。



:::::::::::::::::::::::::::::::

baumの委託販売がはじまりました。
詳細につきましてはこちらの記事でご確認ください。

「委託販売開始のお知らせ。」
 
:::::::::::::::::::::::::::::::

墨田区のモノづくり支援シェアファクトリー「nuuiee」(ヌーイー)
にて月1「よもやもbaum」やって〼
詳細につきましてはこちらの記事でご確認ください。


このページのトップヘ