3月末から新制限適用のcsが始まりGW終了でとりあえず関東のcsが落ち着いた為に考えていた事などを書きとめようと思います。

テーマのカードやサブのカードの採用理由等を詳しく書きたい為長くなると思いますが宜しくお願いします。

  • 役割と採用理由について

①オルターガイストマリオネッター
必須枠 初動としては一番強く閃刀姫、ミラーに置いて維持する事が重要になるプロトコルを置けるために妨害を貰いづらい先行の場合に一番最初に出します。

また中盤以降はデッキ内のリソースが枯れた時にプライムバンシーやマテリアシルキタスで盤面+墓地+手札で回していく為に3。

②オルターガイストメリュシーク
必須枠 単体性能の高さやシズクへのヘクスティア+アニマの返しやペンデュラムテーマへのスケール剥がしなどシルキタスではできない除去の役割を持ちます。

初動に置いてはうらら等妨害により後続が確保できないゲームにはリンクリ等には変換はせず、維持し戦闘破壊からのマリオ等を加えに行きます。こちらも3

③オルターガイストマルチフェイカー
必須枠 後続の確保やシルキタスによる妨害
オルターモンスターは基本1アドになるモンスターが多くその中でもフェイカーは選択肢を増やせる札です。
フェイカーの出し方やssするオルターによって勝敗が分かれると言っても過言ではありません。
良く見るのがミラーでメリュシークに殴られた場合に手なりでシルキタスを出しメリュシークを戻すと言う行為を多々見かけます。

状況にも依りますが出す必要が無い場面で出してる方などが居て勿体無いなと思います。
ペンデュラムテーマに対してはライフを取り切られるまでは我慢して持ち続けます。

こちらも3

④オルターガイストシルキタス
必須枠 ですが基本的な役割はフェイカーからの妨害として3枚入れる程の札ではありません。

ミラーに置いては維持をし続ける事が重要になり終盤強欲で貪欲な壺等でリソースが切れる前にマテリア+シルキタス+マリオでデッキを触らずに回していく必要があります。閃刀姫相手は落されたオルター罠を拾い続ける役割とプロトコルをレイに起動しやすくする札になります。が閃刀姫相手は1枚サイドアウトします。

⑤オルターガイストクンティエリ
必須枠 主に閃刀姫やミラーで力を発揮します。
ミラーでの役割はわかりやすいところだとメリュシークの攻撃やシルキタスへの攻撃を止めたり等ですがフェイカーから出すことによって相手のプロトコルを無効にしつつ下級オルターに
殴られない守備を持つ為にフェイカーからの選択肢になります。

対閃刀姫に置いてはシルキタスが妨害として機能しづらくフェイカーによって増えた盤面を閃刀姫リンクから守る役割、マルチロール等を無効化等役割が多い為サイド後シルキタスと入れ替える形で増やしていました。

⑥オルターガイストプロトコル
必須枠 ミラーや閃刀姫相手には妨害の要となるプロトコルやアンカー等を考慮せずにその他のギミックでの勝負にもちこめます。

特にミラーに置いての素引きは勝敗に関わりやすく罠としてのスペックも通告に近い為に3
後述するパーソナルのコスト(オルターネーム)として増やすにしても一番使いやすいです。

⑦オルターガイストマテリアゼーション
必須枠 自由に起動出来ない点や初動としての弱さ等を踏まえ最低限の1枚です。

ヘクスティアの蘇生やシルキタスの蘇生等で中盤以降に盤面を増やしていく札です。

強欲で貪欲な壺やフェイカーによってデッキ内のリソースが尽きた場合にプライムやマリオを蘇生、チェーンしシルキタスで戻し続ける事で前を増やしていきます。

⑧パーソナルスプーフィング
必須枠 オルターネームを主にフェイカーに変換させれる事やデッキ内に眠っていて欲しいオルターをデッキリソースに出来る為に3

サイク系やうらら等で1:2交換される危険のあるカードだがメインにあるサイク系が閃刀姫くらいなものでミラーにおいては先にフェイカーを起動できる優位性や維持する事により後引きの誘発への強さやアンカー等に役割が持てる為使い方で強さが変わると思います。

良く見るのが マリオ プロトコル パーソナル という盤面で羽根やツイツイを貰った時プロトコルを戻す方が結構見ますがフェイカーが通る前提で考えるとシルキタスで拾えるために1アドを損失してる人をよく見ます。
クンティエリが手札にある場合などで変わるために一概には言えませんが細かいプレイを見直してみると気付く事多々あると思います。     


  • 次は選択した罠の採用理由を書きます。 しばらくお待ちください